Marines’ Hymn

海兵隊賛歌

- Halls of Montezuma -
モンテズマの広間からトリポリの浜辺まで


From the halls of Montezuma, to the shores of Tripoli,
We fight our country’s battles in the air, on land and sea.
First to fight for right and freedom, and to keep our honor clean;
We are proud to claim the title of United States Marine.

モンテズマの広間からトリポリの浜辺まで、
我ら国のために戦う、空で、陸で、海で。
何よりも正義と自由のため、そして我らが名誉を守るため。
我らが誇れるその名ぞ、合衆国海兵隊。


Our flag’s unfurled to every breeze from dawn to setting sun.
We have fought in every clime and place, where we could take a gun.
In the snow of far off northern lands and in sunny tropic scenes,
You will find us always on the job, The United States Marines.

我らが旗はいかなる風にもはためく、夜明けから日の沈むまで。
我らはいかなる土地にても戦う、我らの手が銃を持てる限り。
はるか北の国の雪の中から、太陽の照りつける熱帯の地まで、
どこにおいても我らの務めを見るであろう、我ら合衆国海兵隊の。


Here’s health to you and to our Corps which we are proud to serve.
In many a strife we’ve fought for life and never lost our nerve.
If the Army and the Navy ever look on heaven’s scenes,
they will find the streets are guarded by United States Marines.

乾杯、自ら誇るに足る我らが軍団よ。
幾多の戦いに命をかけたが、一度もひるんだことはない。
陸軍や海軍が天国を見ることがあるならば、
そこへの道は合衆国海兵隊に守られているのを見るであろう。


Listen it by YouTube!

Lyrics by W. E. Christian
Melody by J. Offenbach


 中学でブラスバンド部に入って初めて演奏したのが、この「海兵隊賛歌」をトリオに使ったマーチ、「海兵隊マーチ」でした。
 しかし調べてみると、アメリカではあまりその行進曲への編曲版は知られていないようです。
 毎日新聞の「余録」で取り上げられたのを機会に、歌詞の全訳を載せておこうと思って作ったページです。



top