むてきのぐんかんって

いるんですか


しつもん
 しんぶんしゃの人へ
 わたしはこうてつかんです。わたしを作った人たちのなかには、わたしにたいこうできるぐんかんはいないという人もいます。ヤンキーだってそんなものはもってないというのです。「サン」はヤンキーのしんぶんですから、おしえて下さい。わたしはむてきのぐんかんなのですか?

バージニア(もと・メリマック)ハンプトン・ローズ


回答:
 ヴァージニア、君を造った人たちは間違っているよ。その人たちは技術者が陥りがちな過剰な自信にとらわれているんだ。そういう人たちは、すぐに「これ以上のものは技術的に不可能だ」と言いたがる。自分の持っている技術よりすぐれたものはないと思い込んでいるんだ。
 でもヴァージニア、南部のものに劣らず、北部の技術力というのは偉大なものだ。この広い世界の中で、われわれ人間は本当に小さな虫や蟻みたいなものだけれども、人間の頭脳の中の世界はわれわれが住むこの世界全体と、そしてそれをお作りになった方とくらべても決して見劣りしないくらい広大なものなのだ。

 そう、ヴァージニア、君を凌駕する艦は必ず現れる。臼砲艦や水雷艇が現れたように、それは必ず現れるのだ。この過酷な戦場において、必要なものは必ずもたらされるのだということは、当の君が一番よく知っていることじゃないか。
 新兵器が出現しない戦場だって? もしそんなものがあったとしたら、人類の技術はいかに原始的なものだろう。そのような世界では、ヴァージニア、君だって生まれてこないのだよ。
 そこには、戦術の基本を変えてしまうような、パロット・ライフルもスペンサー銃も蒸気艦もないだろう。ナポレオン戦争で戦った老人たちでもわかるような、そんな戦場しか残らないのだ。
 今われわれが足を踏み入れようとしている、科学技術の粋を集めたような発明が渦巻く戦場は、どこかへ消えうせてしまうだろう。

 無敵の軍艦だって!
 君は潜水艇のことを聞いたことはないかい。君が見張り員に命じて泊地の水面をくまなく見張らせていたとしても、そして見張りが何も発見しなかったとしても、それが何の頼りになるだろうか? だれも潜水艇を見ることはできない、でもそれは潜水艇がいないということにはならないのだ。
 新兵器というのはそうしたもので、いつも軍人や市民の思いもよらないところから現れるものなのだ。
 君は装甲砲塔艦が半分水没しながら海上を進むのを見たことがあるかい? もちろんないだろう、でもそれは、装甲砲塔艦が存在しないという証拠にはならないのだよ。
 今はまだだれの目も見たことがなく、見ることもできないようなことでも、想像力と技術力で実現してしまうというのが、人間というものなのだ。

 君は旧時代の木造艦を衝撃してあっという間に撃沈してしまうことはできる。
 しかし、君の大砲や衝角、いや、それよりもっと強力な砲でも破壊できない艦というものが必ず建造されるだろう。
 それを破壊するには、もっと優れた砲、もっと新型の水雷、もっと新しい何かが必要なのだ。
 そんなものができるのかって? ああ、ヴァージニア、人間がひとたび作ろうと本気で思ったものは、いつの日か必ず現実に作られるのだよ。

 無敵の軍艦! どっこい、君に対抗できる軍艦は必ず現れ、そればかりでなく君と対決することになるだろう。君が建造されて1年のうちに、いや、1ヶ月もたたないうちに、その艦は姿を現し、君と砲火をまじえることになるだろう。


参考ページ:
「サンタクロースはいるのですか?」
三脚檣「翼をなくした大鷲」


index