ヤン・ウェンリーの飲むシロンの紅茶は苦い


 統治する者とされる者、そのおこぼれを狙う者。
 権力を持たぬ者は生きていかれぬ政治の街。
 あらゆる悪徳が議席を持つハイネセンの街。
 ここは百五十年戦争が生み出したバーラト星系のバビロンの都。
 ヤンの身体に染み付いた硝煙の臭いに引かれて危険な奴らが集まってくる。
 次回「出会い」
 ヤンの飲む、シロンの紅茶は苦い。


 かつてあの重々しき歌に送られた戦士たち。
 故国を守る誇りを厚い装甲に包んだパンツァー・グレナディーアの、ここは、墓場。
 無数のヴァレンシュタインたちの、ぎらつく欲望にさらされて、
 リュッツェンに引き出される自由惑星同盟の薔薇の騎士。
 魂なき亡命者たちが、ただ己の生存をかけて激突する。
 次回「ローゼンリッター」
 光るヘルメットからヤンに熱い視線が突き刺さる。


 回廊という嘆きの海に見え隠れするイゼルローンという球体。
 どうやら鉄壁の裏の謎の根は深く、重い。
 人の運命は神が遊ぶ双六だとしても、
 上がりまでは一天地六の賽の目次第。
 鬼と出るか、蛇と出るか、謎に挑む要塞攻略。
 次回「襲撃」
 ヤン、あえて火中の栗を拾うか?


 ファウストはメフィストフェレスに心を売って明日を得た。
 マクベスは三人の魔女の予言に乗って地獄に落ちた。
 ヤンは策略に己の運命を占う。
 ここ、イゼルローン回廊で明日を買うのに必要なのは鹵獲艦と少々の危険。
 次回「取引」
 ヤンの作戦にはペテンの臭い。


 昨日の夜、全てをなくして慰霊祭の席にいた。
 今日の昼、命を的に詐欺師が作戦を練っていた。
 明日の朝、ちゃちな偽装とちっぽけな演技が白銀の球にガスを撒く。
 第13艦隊は百五十年戦争が造ったパンドラの箱。
 質を問わなきゃ何でもある。
 次回「攻略」
 明後日、そんな先のことはわからない。


 鉄の巨艦が走る、飛ぶ、吼える。
 惑星が陥ち、凱歌が上がる。
 同盟軍が回廊の扉をこじ開ける。
 金髪の小僧と手を結ぶ、ゆらめく影は何だ。
 今、解き明かされる焦土作戦の謀略。
 今、その正体を見せる補給の罠。
 次回「侵攻」
 ヤン、危険を嗅げ。


 百五十年戦争とイゼルローン、ヤン、ラインハルト、オーベルシュタイン。
 もつれた糸を縫って、神の手になる運命のシャトルが飛び交う。
 帝国領に織りなされる軍師のたくらんだ策とは何?
 巨大なタピストリーに描かれる壮大な作戦。
 その時ヤンは叫んだ。「逃げろ!」と。
 次回「罠」
 いよいよ、キャスティング完了。


 誘爆する機雷、突き進む黒騎兵。
 戦略と戦術と暴力の星、アムリッツァが燃える。
 圧倒的、ひたすら圧倒的パワーが蹂躙し尽くす。
 ささやかな望み、芽生えた希望、誤認、健気な野心。
 敵も味方も、男も女も、昨日も明日も飲み込んで、走る、炎、炎。
 音を立てて同盟軍が崩れ去る。
 次回「脱出」
 不死鳥は炎を浴びて蘇る。


 外伝ではヤンがキリコ(郷田ほづみ)だと聞いたので作ってみた。


top