Hahnenrippen

 日々思いつること。
 "Hahnenrippen" とは、「鶏の肋骨」という意味です。念のため。
(7. 4. 2018 更新)





(7. 4. 2018)

 「大和」と「五十鈴」が撃沈された日。(ともに1945)


 「日本臨床衛生検査技師会」を略して「日臨技(にちりんぎ)」というなら、「江戸川区臨床検査技師会」は「エリンギ」か。


 「地球の危機」/「気球の父」


 コンバーチブル星人。


 「ラララ ラララ ラブライバー♪」というのを思いついたが、ネット上には何人か先人がいた。


 第二次世界大戦中の「マーケット・ガーデン」作戦で有名な、オランダのアルンヘムにかかるライン川の橋が、現在では「ジョン・フロスト橋」と名づけられているのは一部で有名だが、少し下流に建設の計画がある橋は「スタニスワフ・ソサボフスキ橋」と名づけられる予定だそうだ(ウィキペディアより)。
 ちなみに映画「遠すぎた橋」の撮影に使われたのは、アルンヘムの北にあるデヴェンテル Deventer の橋だそうだ。


 「遠すぎた橋」の「ガーデン」作戦で先鋒を務めるジョー・ヴァンデリュア中佐がワーテルローの会戦に参加して騎兵を指揮したジョン・ヴァンドルール少将の子孫だということを知らなかった。つづりは Vandeleur で、見てわかるようにオランダに由来する名前。


 英語版ウィキペディアによると、イスタンブール対岸のスクタリ(ユスキュダル)とアルバニア北部のスクタリ(シュコデル)の名前の由来には関係がないそうだ。前者はギリシャ語由来、後者は不明でおそらく原アルバニア語由来。


 「姑息」の意味は「卑怯」でなく「一時しのぎ」だ、という指摘をよく見かけるが、「姑息」を「卑怯」の意味で使っている人をあまり見たことがない。どちらかというと「セコい」という意味で使われているのを見る。
 もともとの用法では、「姑息な弥縫策」というのがよく出てくる共起表現である。


 銀英伝新シリーズの予告編にロシヤ語字幕をつけたものを見た。「自由惑星同盟」は ≪Союз Свободных Планет≫ “Soyuz Svobodnuikh Planyet”「ソユース・スヴォボードヌイフ・プラニエト」なのね。ついソ連国歌が脳裏に流れてきそうな国名だ。
 ちなみに「銀河帝国」は ≪Галактический Рейх≫ “Galakticheskiy Reykh”「ガラクティチェスキー・レイフ」である。「レイフ」は Reich ね。

 それにしても、„Das Neuer These” とかでなくてよかったなぁー(何かを見る)
 なにせ、„Kosmosinsek” の前科がある作品だしね。

 「ファイエル!」はもう「『帝国語』だからしょうがない」としか言いようがない。ヤマトの「発射!」(「打て!」とか「テーッ!」ではなく)と同じだよな。
 2199で「テーッ!」にしたことで何かがよくなったとも思えないので、無理に「フォイアー!」にしなかったのは一見識か。


https://twitter.com/wingnews/status/981383147379191810
「海上幕僚監部は4月3日、3900トンクラスの平成30年度護衛艦の艦種記号を「FFM」に決定した。諸外国で同程度サイズの艦艇に付与される“FF(フリゲート)”に加え、機雷の“Mine”や、多機能性を意味する“Multi-purpose”から「M」を明記して、新たな艦種記号を付与することとなった。」
 量産型ワイルドキャット?航空機銃? とにかくセンスのない記号。「フリゲート」にそもそも「何でも屋」的な性格はあるんだから、「FF」で何が悪かったのか。掃海隊へのいいわけか。
 Mとかつけるなら「アブディール」並みの攻勢機雷戦能力がほしいな。


 誤った言い回しとして有名な「押しも押されぬ」。これを神戸大学図書館新聞記事文庫で検索してみる。
 すると、「押しも押されもせぬ」150件よりかなり少ないが、21件のヒットがある。
 しかもその中で最も古い大正10年の例を書いているのは「押しも押されぬ」法学博士様なのである。
 百年前の知識人が新聞に堂々と書いている表現を単純に「誤り」「誤用」とかたづけていいものかどうか。もう少しこの言い回しについては調べた方がいいかもしれない。
 「引きも切らぬ」「見も知らぬ」などの類似表現は誤りとはみなされていないようである。


 今日も今日とて神戸大学新聞記事文庫ネタである。
 「銀ブラ」の語源は「銀座のカフェー・パウリスタでブラジルコーヒーを飲む」だ、という説があって、カフェー・パウリスタのウェブサイトにもそういう説があると書いてある。
 ところが、新聞記事文庫で「銀ブラ」を検索してみると、最も古い例が
「銀座にはライオンやパウリスタといった有名なカフェーがあるが、最近「銀ブラ」連中に人気なのは台湾喫茶店でウーロンチーを飲んで町をブラついた足を休めることだ(大意)」
書いてある記事なのだ。
 この時期には「銀ブラ」は一般的な意味、「銀座をブラブラ」という意味で使われていることがわかるが、その引き合いに出されているのがカフェー・パウリスタであるところがそこはかとなくおかしい。
 ちなみにこの記事は大正11年のもので、カフェー・パウリスタが銀座に開店したのは明治44年だから、10年あまりの間に語源が忘れ去られて、現在知られるように「銀座をブラブラ」という用法で使われるようになっていてもおかしくはない。
 また、カフェー・パウリスタは関東大震災のあと店を閉めてしまうので、「銀ブラ」の初期の用法が知られなくなっていてもこれまた不思議ではない。
 時代が少し過ぎて、昭和のモボ・モガたちが「銀ブラ」をする頃には、完全に「銀座をブラブラ」の意味になっていることは間違いないのだが。




(11. 3. 2018)

 日本軍のミンダナオ島上陸記念日(1942)。


 2018年2月23日に、トップページ18万アクセスに達しました。
 17万アクセスが2017年6月8日でしたから、260日、約8ヶ月と3週間で1万アクセスをいただいたことになります。
 今後ともご愛顧をいただければ幸いに存じます。


 本年の花粉症は、前日からの暖気によって花が一斉に開いたと思しき3月2日から症状発生。くしゃみとのどの違和感が初発症状。
 3月10日現在、鼻水と目のかゆみがひどい。


 ツイッター上で、弊サイトにかなり前に書いた駄じゃれに笑ってくれた人を見つけた。やはりほめられるとうれしいし励みになる。
 はるか以前のネタにも反応してもらえるのが、こうしたクラシックなウェブサイトの良いところだろう。


 「命を崇禎帝 俺は自殺 命を崇禎帝 俺は〜自殺〜♪」


 台所のメモに「スターリングラード」と書いてあったので、何を買うつもりだと思ってよく見たら「フローリングシート」だった。


 チョコを配るバレンタイン少佐にいつの間にか「ヴァレンタイン・D・クラーク」というフルネームが設定されていたのを知った。奥が深い……。
 しかもその話を信じていると思しきサイトも散見される。まっことネット社会はデマ増幅器だよな。


 本サイトに「日本語のこのことばは○○語っぽい」というネタを何度か書いているが、この分野の達人はマンガ家の速水螺旋人先生である。「ロシヤ人の人名っぽいことば」として「ミキリヒン司令官」「シーチキン先生」を思いつくセンスはすごい。

 「シーチキン先生」は実在する人名の「シーシュキン」から発想したのかもしれない。


 家永三郎教授「日本の軍事支配が欧米の支配を一時切断したことが旧支配者の力を弱める結果となったのは事実であるが……」(リンク) p3
 そう、日本軍はクトゥルフと戦っていたんだよ! ナ、ナンダッテー


 スタートレックの連邦宇宙軍には「USS Io」も「USS Oi」もいるんだな。

 ヨーロッパ海軍では特務艦に川の名前をつける風習があるので、それにならって「USS Aa」(フランスのアー川に由来)がいるかと思ったがそれはなかった。


 春分の日・秋分の日国民の祝日である。
 なぜこんな天文学上のイベントを国民が祝わねばならないのか、と思って調べてみると、明治12年に「春季/秋季皇霊祭」として新たに宮中行事として始まった祝祭日がそのもとなのだという。
……根拠が薄い日だなぁ。
 日本には祝日が多すぎるという意見もあるし、ここらでもう一度「国民が記念とすべき日」を考え直してもいいのではないか。
 私見では、国民の祝日・記念日は次の5日くらいでいいと思う。
1/1 元日 5/1 メーデー 5/3 憲法記念日 8/15 終戦の日 12/23 天皇誕生日(代替わりで変更)
 もう少し増やすにしても、9/1か3/11に「防災の日」を加えればもうそれくらいでいいのではないか。


 今年も模型同好会「ミンダナオ会」の展示会に行ってきた。
 今年のテーマは「世界の巡洋艦」。例年より艦数は控えめ?だったが、それでもテーブルを埋めつくす700分の1ウォーターラインモデルには圧倒される。
 模型の艦たちを見て思ったのが、「阿賀野」型っていい巡洋艦だなあということ。艦上のスペースに余裕があり、飛行機も楽に積める。これで基準7000トンを切って35ノット出るのだから、水雷戦隊旗艦としてはほんとに理想的な艦じゃないだろうか。
 対空武装が貧弱なのは、そういう任務の艦じゃないから、としか言いようがない。戦況が性能に合わない方向に流れてしまったのはまことに残念である。

 「オマハ」級が1944年の「マーブルヘッド」しかいなかったのが少し不満。なんでも、新造時の模型は既製品にはないとのこと。

 「オマハ」級と「ペンサコラ」級のシルエットは意外と似ている。


 アンディ・ウィアー「火星の人」(新版)ハヤカワ文庫 下巻148ページの冒頭にある「敵とはじめて遭遇して生き残れるプランはない」というのは、プロイセンの軍人、ヘルムート・フォン・モルトケの残した格言 „Kein Plan überlebt die erste Feindberührung.” 「敵との最初の接触で生き残る計画はない」のこと。
 意味は「敵と遭遇したのちもそのまま進められるような計画はない」「どんなに綿密に計画を立てても、敵と遭遇するや否や、必ず予期せぬ事態は起こる」ということ。
 より原文を生かすなら「敵と遭遇したのちも役に立つプランというものはない」くらいか。
 ウィアーの英文原文では “No plan survives first contact with the enemy.”


 東京の中心部に通勤している。
 通勤時間帯の歩道は歩行者がいっぱい歩いている。信号のないような脇道の入口の歩道の切れ目にも、歩行者は途切れることなく歩いている。
 そこに自動車が左折しようとウインカーをつけて徐行してくる。しかし歩行者がいる限り曲がれないので、脇道の手前で停止する。
 この状況を見た時、歩行者としてはどう対応すべきか
 私は歩くのが遅い方なので、車に先に行ってほしくて、脇道を渡る前に立ち止まる。
 しかし歩行者の絶対多数は、そこに車が来ていることに気づいてか気づかずにか、そのまま渡って行くのである。
 脇道の手前で立ち止まった私の姿は非常に滑稽である。
 もちろん、道交法の建前としては、歩行者絶対優先なのだから、歩行者は止まったりよけたりする必要はない。しかし、歩行者が譲らない限り、車はいつまでたっても曲がれないのである。この朝の忙しい時間帯にだ。
 なぜそこでほんの少しの状況判断とほんの少しの親切心を出して立ち止まってやれないのか。
 ごくまれに、私が立ち止まると、状況を察して立ち止まる人もいる。たいてい、おじさんかおじいさんである。ドライバー側でそういう状況に陥った経験がある人なのかもしれない。
 都会人として、譲らず歩き去っていく人の態度はいかがなものかと思う。しかし、そんなことに気がつくのは、きっと絶対少数派なのだろう。




(11. 2. 2018)

 ドイツアフリカ軍団先遣部隊トリポリに到着記念日(1941)。
 ドイツ艦隊の「チャンネル・ダッシュ」(ツェルベルス作戦)開始記念日(1942)。


 「真相はバーニャ・かうだ」


 「ぶぶ漬けになったデートに がっかりしていたけど♪」


 FF外からDDします。(「……DQします」は前例あり)


 朱元璋の主現象。


 「ブラームス」と「エイブラムズ」は同根の姓だということに気がついた。どちらも「アブラハムの(息子、一族)」という意味である。


 コモン・ローとコミックLOくらいちがう。


 2018年1月25日のGoogle検索画面は作家のヴァージニア・ウルフだった。
 この名前を見てふと「アメリカの原子力潜水艦みたいな名前だなー」と思って検索してみたら、はるか以前に小峰文三さんが書いていたネタだった……。さすが。


 このところ「ポプテピピック」という作品名を聞くたびに「なんか中南米っぽいなぁ……」と思っていたのだが、それに似た中南米関連の単語が見つからずにいた。
 それがこのほど判明。メキシコの「テワンテペック」だった。……「ック」しか合うとらんやんけ!
 類似の地名をぐぐってみると、「チャプルテペック城」というものがあるそうな。でもこれでも「プ」「ック」しか合ってない。


 スコッチウイスキー「ティーチャーズ・ハイランド・クリーム」を買ってみた。
 1000円ちょいで買える普及品だが、開けてみると香りが高く、なかなかの味わいである。
 ただ、ストレートで飲むと少し風味が「生」すぎてきつい気がする。
 少しの水で(ウイスキー10に対して水3くらい)割ってみると飲みやすくなった。
 ハイボールにしてみると、意外にもスモーキーさがストレートよりも高く立つ。
 なかなかおもしろい造りになっている酒のようだ。


 氷山と衝突して沈没した客船「タイタニック」の乗客を救助した船として有名な Carpathia の船名をカタカナでどう書くか?
 この船はイギリス船籍でキュナード・ラインが運航していたのだから、船名も英語発音のはずである。
 となると、標準的な発音は「カーペイシア」になるはずだが、"タイタニック" "カーペイシア" でぐぐるとヒット数はわずかに4
 日本語では圧倒的に「カルパチア」号なのだねえ。
 Aquitania(アキテイニア)は「アキタニア」、Mauretania(モーリテイニア)は「モーリタニア」、Lusitania(ルーシテイニア)は「ルシタニア」。Oceanic(オーシアニック)は「オセアニック」。
 Titanic が「チタニック」にならなかったのが不思議なほどである。
カーパシア 28
カーパチア 5
カーパティア 0
カルパシア 56
カルパチア 250
カルパティア 96
カーペイシア 4
カーペイチア 0
カーペイティア 0
カルペイシア 0
カルペイチア 0
カルペイティア 0


 第一次大戦でロシア軍の捕虜となったオーストリア・ハンガリー軍の将兵の中から「チェコスロヴァキア軍団」が編成され、のちに白軍とともにボリシェヴィキと戦ったことは比較的よく知られているが、同じく捕虜となったオーストリア・ハンガリー軍将兵から、アドリア海岸地域のイタリア民族出身の者を選んで「レデンタ軍団」が編成されていたことを先日はじめて知った。
 「レデンタ軍団 Legione Redenta」とは、「未回収のイタリア(イタリア・イレデンタ Italia Irredenta)」と同根の「取り戻された軍団」という意味である。
 レデンタ軍団は、ブレスト・リトフスク条約によって解放された捕虜の中から生まれ、オーストリア・ハンガリーへの帰還を拒否してイタリア王に忠誠を誓った将兵が組織したものである。
 彼らはチェコ軍団同様、シベリアを横断して太平洋の海路経由でイタリアへ向かおうとしたが、途中の天津でイタリア政府のシベリア干渉軍(イタリア極東遠征軍)編成を聞き、これに参加してシベリアに戻ることにした。
 レデンタ軍団は2500人ほどの規模で、装甲列車を装備しており、チェコ軍団と協力しながらイルクーツク方面でボリシェヴィキと戦った。
 1919年秋にイタリア政府がシベリア干渉軍撤退を決め、これに従って「祖国」イタリアに帰還したレデンタ軍団の将兵は、イタリア国内で大歓迎を受けたそうである。



目次にもどる