Hahnenrippen

 日々思いつること。
 "Hahnenrippen" とは、「鶏の肋骨」という意味です。念のため。
(11. 2. 2018 更新)





(11. 2. 2018)

 ドイツアフリカ軍団先遣部隊トリポリに到着記念日(1941)。
 ドイツ艦隊の「チャンネル・ダッシュ」(ツェルベルス作戦)開始記念日(1942)。


 「真相はバーニャ・かうだ」


 「ぶぶ漬けになったデートに がっかりしていたけど♪」


 FF外からDDします。(「……DQします」は前例あり)


 朱元璋の主現象。


 「ブラームス」と「エイブラムズ」は同根の姓だということに気がついた。どちらも「アブラハムの(息子、一族)」という意味である。


 コモン・ローとコミックLOくらいちがう。


 2018年1月25日のGoogle検索画面は作家のヴァージニア・ウルフだった。
 この名前を見てふと「アメリカの原子力潜水艦みたいな名前だなー」と思って検索してみたら、はるか以前に小峰文三さんが書いていたネタだった……。さすが。


 このところ「ポプテピピック」という作品名を聞くたびに「なんか中南米っぽいなぁ……」と思っていたのだが、それに似た中南米関連の単語が見つからずにいた。
 それがこのほど判明。メキシコの「テワンテペック」だった。……「ック」しか合うとらんやんけ!
 類似の地名をぐぐってみると、「チャプルテペック城」というものがあるそうな。でもこれでも「プ」「ック」しか合ってない。


 スコッチウイスキー「ティーチャーズ・ハイランド・クリーム」を買ってみた。
 1000円ちょいで買える普及品だが、開けてみると香りが高く、なかなかの味わいである。
 ただ、ストレートで飲むと少し風味が「生」すぎてきつい気がする。
 少しの水で(ウイスキー10に対して水3くらい)割ってみると飲みやすくなった。
 ハイボールにしてみると、意外にもスモーキーさがストレートよりも高く立つ。
 なかなかおもしろい造りになっている酒のようだ。


 氷山と衝突して沈没した客船「タイタニック」の乗客を救助した船として有名な Carpathia の船名をカタカナでどう書くか?
 この船はイギリス船籍でキュナード・ラインが運航していたのだから、船名も英語発音のはずである。
 となると、標準的な発音は「カーペイシア」になるはずだが、"タイタニック" "カーペイシア" でぐぐるとヒット数はわずかに4
 日本語では圧倒的に「カルパチア」号なのだねえ。
 Aquitania(アキテイニア)は「アキタニア」、Mauretania(モーリテイニア)は「モーリタニア」、Lusitania(ルーシテイニア)は「ルシタニア」。Oceanic(オーシアニック)は「オセアニック」。
 Titanic が「チタニック」にならなかったのが不思議なほどである。
カーパシア 28
カーパチア 5
カーパティア 0
カルパシア 56
カルパチア 250
カルパティア 96
カーペイシア 4
カーペイチア 0
カーペイティア 0
カルペイシア 0
カルペイチア 0
カルペイティア 0


 第一次大戦でロシア軍の捕虜となったオーストリア・ハンガリー軍の将兵の中から「チェコスロヴァキア軍団」が編成され、のちに白軍とともにボリシェヴィキと戦ったことは比較的よく知られているが、同じく捕虜となったオーストリア・ハンガリー軍将兵から、アドリア海岸地域のイタリア民族出身の者を選んで「レデンタ軍団」が編成されていたことを先日はじめて知った。
 「レデンタ軍団 Legione Redenta」とは、「未回収のイタリア(イタリア・イレデンタ Italia Irredenta)」と同根の「取り戻された軍団」という意味である。
 レデンタ軍団は、ブレスト・リトフスク条約によって解放された捕虜の中から生まれ、オーストリア・ハンガリーへの帰還を拒否してイタリア王に忠誠を誓った将兵が組織したものである。
 彼らはチェコ軍団同様、シベリアを横断して太平洋の海路経由でイタリアへ向かおうとしたが、途中の天津でイタリア政府のシベリア干渉軍(イタリア極東遠征軍)編成を聞き、これに参加してシベリアに戻ることにした。
 レデンタ軍団は2500人ほどの規模で、装甲列車を装備しており、チェコ軍団と協力しながらイルクーツク方面でボリシェヴィキと戦った。
 1919年秋にイタリア政府がシベリア干渉軍撤退を決め、これに従って「祖国」イタリアに帰還したレデンタ軍団の将兵は、イタリア国内で大歓迎を受けたそうである。



目次にもどる