新語探検
My Yahoo!に追加RSS

ダムフォン(だむふぉん)-カルチャー&エンタテインメント-2011年5月26日

「ダム(dum、damn)」はアメリカ英語の俗語で「〜を駄目(悪い、けしからぬ)と決めつける」「強く非難する」「けなす、こき下ろす」という意味。それにテレフォンの「フォン」をつけて、「駄目な電話」「あまり役にたたない電話」といった意味で使われている。これは「スマートフォン」(賢い電話)が登場してきた数年前ごろからその対語として使われ始めたもので、いわば「スマートフォンではない普通のケータイ」ということである。「スマート」には「賢い」「コンピュータ内蔵の」といった意味もあり、普通のケータイには、そうしたコンピュータ機能が付いていないことから「ダム」といわれ始めたのかも知れない。また普通のケータイには「フィーチャーフォン」という呼び方もある。日本語に訳すと「特色のあるケータイ電話」ということで、電話とメール機能だけだったケータイ電話に、カメラや音楽プレーヤーなどの機能がプラスされたころに付いた名前で、今でもそう呼ばれることもある。
[ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]

新語探検とは?

元『現代用語の基礎知識』編集長にして、最新流行語・時事用語ウオッチャーである亀井肇氏が、新世紀ニッポンを「言葉」から探検する、JapanKnowledge(外部サイト) 配信の異色コラムです。世の中に氾濫するIT関連用語、難しい経済・金融・経営専門用語から意味不明のシブヤ系若者言葉まで、新語アナリストが厳選、日替わり配信する「新語」から、ニッ ポンの「今」が視えてきます。家庭で、学校で、職場で、朝の会話はここから始めてください。

亀井肇プロフィール

かめい・はじめ 1943年(昭和18年)神戸市生まれ。岡山県で中学までを過ごし、その後横浜に移る。法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了。1969年(昭和44年)自由国民社入社。『現代用語の基礎知識』編集部に属し 、最後の10年間を編集長として腕を振るった後、1988年(昭和63年)に「新語アナリスト」として独立。新語・新造語・流行語の分析・研究・評論を行う。