コサックス:バック・トゥ・ウォー


Cossacks: Back to War

 適度なゲーム性とヒストリカルなテイストで根強いファンをもつ「コサックス」の拡張版が、開発地元のヨーロッパで発売になりました。これは英語版公式サイトの紹介記事の翻訳です。

Original article (英語)
Originaler Artikel (ドイツ語)


ゲームの概要:
 戦場にたった一人で立ち尽くす(stand alone)というのは非常に楽しからざる事態です。その反対に非常に楽しいのが、コサックスのスタンド・アローン・タイプの拡張バージョン、「バック・トゥ・ウォー」です。
 「コサックス:攻城の世紀」と「コサックス:采配の芸術」のゲーム内容の全てが、これまでの「コサックス」ファンとこれからの「コサックス」ファンみんなのためにワンパックになりました。これに加えて、16世紀から18世紀にかけての魅力的なミッション100個もいっしょに詰め込んであるのです。
 さらに、中世後期の戦争に参加し、ヨーロッパの戦略思想に重要な影響を及ぼした二つの国――スイスとハンガリーが登場します。
 これによって「コサックス:バック・トゥ・ウォー」は、ゲームのおもしろさの限界をフルスピードで越えていくのです。


特徴:
・歴史考証に基づいたスリリングなリアルタイム・ストラテジー
・20ヶ国を操作可
・16世紀から18世紀のヨーロッパが舞台
・スタンド・アローン・タイプ、他の「コサックス」シリーズはプレイに不要
・100個の新しいシングルミッション
・二つの新しい国家――スイスとハンガリー、そして計8種の新ユニット
・最大8000ユニットによるスペクタクルなリアルタイムバトル
・4段階の難易度レベル
・戦略的優位をもたらす3D地形
・ラクダに乗ったアルジェリアとトルコの新ユニット――ベドウィン
・新しい自動チャンピオンシップシステム(ACS):ウェブ上でランキング表を自動作成
"VISOR" システムでオンライン対戦を観戦できる
・スイスとハンガリーのために20種の新しい建造物
・付録として、30種のユニットと3種の火砲の入ったModが付属
・歴史考証を深めた拡張版エンサイクロペディア
・細部にわたる練習用シナリオ


「コサックス」シリーズ全てに共通する特徴
・コマンドシステム:守備、パトロール、その他
・ランダムマップではスタート時のオプション(ピースタイム、最初から軍隊がいる、など)を設定可
・巨大マップ(1024×768ピクセル画面で30×20画面分)
・マルチプレイヤーモード:LANまたはオンラインで7人まで、3つのマルチプレイヤーモード
・コンピュータと同盟/敵対が選べる
・バーチャルカメラによるリプレイの録画
・マップ/シナリオエディター
・改良AI


FAQ

一般的な質問
「コサックス:バック・トゥ・ウォー」って何?
 リアルタイムストラテジーゲーマーの夢が実現しました!「コサックス:バック・トゥ・ウォー」は「コサックス:攻城の世紀」の2番目のアド・オン(拡張版)です。
 最初のアド・オン、「コサックス:采配の芸術」の大成功に引き続き、GSCはこの「コサックス:バック・トゥ・ウォー」で尽きることのないリアルタイムストラテジーゲームの楽しみをお届けします。
 どんな内容が入っているのか? さらなる国々、さらなる戦い、そしてさらなるおもしろさ! あなたなりのやり方でヨーロッパの戦場を駆けめぐり、同盟を結び、敵を征服してください。これは、「コサックス」ファンには絶対に見逃せません!


新しい国家は?
 「コサックス:バック・トゥ・ウォー」では、一部の隙なく武装したスイス軍とパワフルなハンガリー軍を指揮し、あるいはこれらを相手にして戦うことができます。


「コサックス:バック・トゥ・ウォー」ってどんな感じのゲーム?
 15世紀を通じて、ヨーロッパの軍隊の戦術はまさに革命的な変化を蒙りました。その結果、歩兵部隊を小部隊に分割し、それをより大きな単位に編成するというやり方が、戦闘の帰趨に大きく影響するようになってきたのです。
 この過程の中で大きな役割を果たしたのがスイス連邦です。スイス歩兵は、騎士軍に対して有機的に編成した歩兵部隊の力を明快に見せつけました。またスイス軍は、新兵徴募と補給における効果的なシステムを開発しました。加えて、スイス傭兵はヨーロッパ各国の領主に広く雇用されています。


シングルミッションはいくつあるの?
 総計100個、ひゃっこですよ!


ミッションの難易度は?
 各ミッションとも、難易度は初級から上級の4段階です。


オリジナルの「コサックス:攻城の世紀」の特徴は残っているの?
 はい。1マップ8000ユニットの制限からランダムマップエディターまで、全部がそのまま入っています。


もっとユニットがほしいよう!
 はいはい、「コサックス:バック・トゥ・ウォー」には30種の新ユニットと3種の新しい火砲の入った Mod 1 が付録についています。
 Mod 1 は使用/不使用切り替え可です。



ゲームに関する質問
スイスでの暮らしはどんな感じ?
 のんびりしたものですよ。――それはともかく、新しい国家にはそれぞれ20種類の新しい建造物と4種の新ユニットがつきます。


他の国には新ユニットはないの?
 ありますよ。トルコとアルジェリアにはラクダに乗ったベドウィンが登場します。


どんな新ユニットがあるの?
スイス:ハルバード(斧槍)兵、剣槍騎士、火縄銃兵、18世紀戦士、18世紀軽騎兵(猟騎兵)、18世紀猟兵。
ハンガリー:騎馬民兵、辺境屯田兵、パンドゥール、騎馬パンドゥール。
その他:ラクダに乗ったベドウィン。


他の特徴は?
 「コサックス:采配の芸術」から引き続き、「護衛」や「パトロール」といった新しいコマンドや、ポーズ中もコマンドを出せるシステム、新しい隊形、ランダムマップでのスタートオプション(最初から軍隊をもつ、巨大マップでプレイ、など)の特徴があります。


Mod 1 っていったいなあに?
 Mod 1 は「コサックス:バック・トゥ・ウォー」の修正版(Modification)です。「コサックス」を開発したウクライナのGSC・発売元のCDVの協力のもと、ショーン・フレッチャーがデザインしたもので、30以上の新地上ユニットと3種の新しい火砲が含まれています。
 これをシュテファン・ヘルトリヒがコーディネートし、必要な要素(軍服のスキャン、歴史考証)を加え、テストプレイヤーとともに数値を調整・決定しました。
 Mod 1 は使用/不使用切り替え可です。


Mod 1 ではどんなユニットが入ったの?
・長らく待望のアルジェリアの強力な銃兵:バシ・ボズーク
・強力なアド・オンの艦船に対抗する沿岸砲台
・複銃身カノンへの防御力をつけたトルコ歩兵
・ヴェネツィアの17世紀エリートマスケット
・17世紀の新兵器2種:西欧17世紀カノンとオスマンカノン
・イングランドとスウェーデンに新ユニット6種ずつ
・加えてロシア・ポーランド・フランス・オーストリア・ピエモンテなどに種々の新ユニット


チャンピオンシップシステムと観戦モードにはどんな隠し機能があるの?
 それは言えません――まだ今のところは。


アド・オンの第3弾はいつになるの?
 いずれ明らかになるでしょう。


「アメリカン・コンクェスト」も「コサックス」のアド・オンなの?
 ちがいます。「アメリカン・コンクェスト」は完全に新しいゲームです。
 部分的にはコサックスのシステムを使っていますが、「アメリカン・コンクェスト」は「コサックス」でおなじみのものとは全く違う新しいコマンドや手順を含んでいます。その上、新しい設定やグラフィック、ユニットがあるのはもちろんです。


技術的な質問
基本設定
 ハード的要求は「コサックス:采配の芸術」と同じです。


「コサックス:攻城の世紀」はプレイに必要なの?
 いいえ。「コサックス:バック・トゥ・ウォー」は単独で動作します。


 なるほど、楽しそうですね。日本語版は出るんでしょうか?(追記:2003年3月28日に出た)

 ところで、日本語版オフィシャル掲示板などでは Stefan Hertrich 氏の名前を「ステファン・ハートリッチ」と呼んでいますが、これは当然「シュテファン・ヘルトリヒ」の間違いでしょう。なんでみんな気がつかんのかな。




目次ページにもどる