コサックス内政基本手順書

 基本的に「攻城の世紀」西欧国家ソロプレイランダムマップ少量普通陸戦を考えて書いています。

・大きな流れ
第一段階:目標:木2倍
第二段階:目標:石4倍
第三段階:目標:18世紀入り

 ということになるかと思う。

・序盤
 ゲームがスタートしたら、まず全員を選択してを作る。半分くらい人が余るので余った人で公会堂1を作る。
 畑はまわりに十分なスペースがあるところに。公会堂は畑からその分離して、石と木が取れるところに。
 公会堂より先に畑ができる。畑ができたら、畑のアップグレードを1段階行う。かなり食料を消費するが、これをやるとやらないとでは収穫が大幅に変わってくるので必ず最初に行うこと。
 畑を作った要員の手が空くので、公会堂の近くで石と木を取る。
 公会堂ができたら、そのうち5人で鍛冶屋、残りで倉庫を作る。倉庫は木が取りやすいところに。倉庫組は倉庫ができたら木を取る。
 鍛冶屋ができたら歩兵舎1を作る。公会堂や畑とは少し離れた所がいいだろう。
 鍛冶屋での研究開発はさしあたり行わない。
 歩兵舎ができても食料がないので歩兵の生産はしばらく待つ。歩兵舎を作った要員は金鉱(2人)と鉄鉱(3人)を作る。
 畑はなかなか実らない。残り食料が40になるころに木・石要員から10人はがして畑へ向かわせると、ちょうど実るころに畑に着くだろうか。このへんのタイミングは実際にやってみて調節してほしい。
 刈り取りが始まってから収穫されるまでの間に食料が0になることもあるが、そんなにばたばた餓死はしないのでそれほど気にすることはない。
 畑から収穫が始まったら、まず歩兵舎から槍兵を出す。初期資源では15人くらいしか作れないが、とりあえず出せるだけ出す。出したら自陣の周囲に一人ずつ見張りを出して視界を広げ、続いて地図の四隅と各辺の真ん中へ一人ずつ偵察を出す。どれか一人は敵陣にぶつかるので、それで敵の居場所がわかる。
 鉄の生産量と相談しつつ、自陣から少し離れた、敵陣の方向に向いた地点を集合地点にして、槍兵を途切れずに生産し続ける。兵隊のアップグレードはさしあたり行わない。
 内政の次の目標は研究施設の建築である。住民を途切れずに作りつつ、木と石を取る。木を多めに取るほうが後の展開が楽である。平行して一人か二人で市場を作る。ある程度木と石の生産が軌道に乗ったら、金鉱と鉄鉱の中の人を5人ずつに増強しておく。
 研究施設は木と石それぞれ1200弱で作れる。その分たまったら5〜6人で建造にかかる。完成したら要員は畑に送る。
 研究施設が建つころには市場もできているであろう。市場を作った人も畑に送る。
 研究施設と市場ができたら、金で食料を買い、食料5500、金550で「木2倍」の研究を行う。
 研究は続いて畑の生産力1段階アップ、次に畑の自動種まきを行う。

・中盤1
 木2倍ができれば、木はかなり早くたまっていく。適度に石と食料に人を配りつつ、木を中心に生産する。住民の生産を止めないこと。木は余ってよい。
 研究施設ができると将校と太鼓が作れるので、2人ずつ作っておく。槍兵の生産は止まらないように続ける。アップグレードはまだやらなくてよい。
 次の目標は公会堂2である。木と石それぞれ2000強が必要。
 公会堂2が作れるようになったら、これも5〜6人で建造する。場所は石場の近く。建ったら要員はそのまま石場へ。
 公会堂2が建ったら、全力で住民を生産しつつ、鉱山を埋めてゆく。金鉄炭それぞれ2つずつ、各5人入れる。まだアップグレードは行わなくてよい。
 住民の集合点は森にしておいて、切った木で傭兵館を立てる。傭兵館からはまず竜騎兵を15人ほど出して前線に配備する。いきなり金不足で反乱されないように注意。
 前線では槍兵がたまっていると思う。72人たまったら72密集陣を作り、少し前方に守備状態で配置する。ある程度大兵力が前方に配備してあると、敵はなかなかこっちに寄って来ない。まずその大兵力を撃破しようとするので、その分町の守りが楽になる。
 72密集陣と竜騎兵15人がいれば、まず戦闘で負けることはない。ただ、食料に余裕が出てきたら、2段階ほど槍兵のアップグレードをやっておくべきか。
 前線配備ができたら、休まず槍兵を作り続け、町に守備隊を置く。4〜5人一組で鉱山・公会堂・研究施設・畑・森・石場などをすきがないように守備していく。これをおこたると敵のコサック傭兵が襲ってきて施設や住民を失うことになる。
 十分に守備隊を置いたら、今後木を切るであろう大きな森や今後石を取るであろう石場にも先んじて守備隊を置いておく。
 内政の次の目標は公会堂3である。石と木それぞれ6000弱でできる。公会堂3も石場のそばに作るとよい。
 また、平行して早めに畑2を作っておく。十分な広さが確保できなかったら、もう一つ作ってもよい。
 公会堂3ができたら、大々的に住民を生産して……
歩兵舎2:金3000。金は木で買う。
食料生産研究2
すべての鉱山を1段階アップし、各10人体制に。金が必要なので、まず金鉱からアップする。
……といった政策を実行する。
 これ以降も住民の集合点は森でよい。なるべく広い森に集合させて木を切り、適宜畑や石に分けていく。
 前線の兵隊だが、メインの72密集陣1個の他に予備としてもう1個72密集陣を作ったら、生産を銃兵に切り替える。槍兵を作り続けると人口制限がきつい。銃兵を作り始めたら発射速度の研究1をやっておく。銃兵アップグレードも適宜。
 また、敵は側面から傭兵擲弾兵と弓兵の遊撃隊で町を焼きにやってくるので、これらは町に近づく前に傭兵コサックで防ぐ。敵1グループに対しコサック20人くらいで退治できるが、ほぼ相打ちになるのでコサックの補充を欠かさずに。

・中盤2
 内政の次の目標は石4倍である。とにかく木を貯め、石炭と金に換えて費用を稼ぐ。石もこの時全部売り払ってかまわない。
 石4倍ができたら領内近辺の石場すべてに15人以上の住民を送って石を取りまくる。
 これでかなり経済的に余裕ができるはずである。公会堂4もすぐにできるだろう。公会堂からは休まず住民を生産して、ますます生産力を上げる。公会堂5まで建てて限界まで生産力を上げよう。
 食料の研究も最高まで上げる。畑1の農民が40人くらいになったら、畑2でも収穫を始める。
 町のまわりの森にも倉庫を建てて木の生産をさらに拡大する。
 そろそろ、槍兵のアップグレードは最高まで上げてよい。
 次の目標は18世紀入りである。
 18世紀入りと同時に18世紀歩兵舎を建て、畑のアップグレード2も行いたい。
 そのためには膨大な金とかなりの鉄、食料が必要である。これらは石と木を売ってまかなう。
 その前に、18世紀入りに必要な建物を建てる。
 まず騎兵舎、これはひとまず1軒でよい。騎兵舎は町の奥に建て、集合場所も町の奥側にしておくと、万一敵が町に侵入してきたときに騎兵で防ぎやすい。
 次に砲兵舎、これは一気に2軒建ててしまおう。場所は敵に近い方がいい。町の奥に作ると、生産した大砲が前線に行く途中で町の中に引っかかって止まってしまうことがある。
 次に教会、1軒でよいが司祭を量産するつもりなら3軒くらい建ててもよいだろう。
 次に、18世紀入りに必要な研究を行う。
 まず、建設時間短縮の研究。金が大量に必要な研究だが、建設に時間がかかる18世紀歩兵舎を建てるのには不可欠である。
 次に、マスケット銃の研究。18世紀銃兵を出すのに不可欠。
 さらに、この際砲兵関係の必要な研究、砲架の強化と命中精度1の研究もしておこう。
 ここまですんだらしばらく資源を貯め、一気に木と石を金と鉄に換える。18世紀入りの金+歩兵舎の金で2万5000は必要だ。
 十分な資源を手に入れたら、18世紀に入る。
 この時点で、前線には敵の騎兵や砲兵が出現していると思う。内政にかまけている間に槍兵の防御が破られないように注意すること。戦闘ごとに消耗した槍兵は適宜補充するのを忘れずに。

・18世紀
 18世紀になって最初にやることは畑のアップグレード2である。これで一気に食料生産力が上がる。
 軍事部門では、まず18世紀歩兵舎を1軒建てる。30人弱の住民を使って一気に建てる。建てたら将校と太鼓のアップグレードを行い、前線背後を集結地点にして銃兵を途切れなく生産する。銃兵は36密集陣を組んで射撃戦を行う。
 18世紀槍兵は作る必要はないだろう。銃兵の方がはるかに役に立つ。
 次いで騎兵の生産にかかる。まず石炭・鉄・金を買って鍛冶屋で馬4倍と騎兵サーベルの研究を行う。次いで騎兵舎を4軒にまで建て増す。騎兵舎の建造には大量の木が必要なので、金は主に石を売ってまかなう。
 騎兵舎からは胸甲騎兵を出す。適宜アップグレードを行うが、資源が余るようになるまでは無理をしなくてもよい。ただ、研究所の胸甲の研究はしておくとよいか。
 これまで傭兵コサックで行っていた敵の遊撃隊狩りを胸甲騎兵で引き継ぎ、次第に敵陣両翼へ近づいて行って遊撃隊の接近を封じる。
 次いで再び資源を貯め、金2万5000で18世紀歩兵舎2を建造する。18世紀歩兵舎が2軒建てば、前線の守りはほぼ万全である。火力の壁で多少の騎兵突撃など粉砕できる。
 続いて砲兵。金・鉄・石炭を十分に買ってから、カノン砲の生産スピードアップとコスト低減を行う。ただし、最高レベルまで上げる必要はないだろう。適当なところで止め、資源を買って、カノン砲を12門から15門ほど生産する。10門以下の隊列は横に長すぎるので使いづらい。カノンは維持費が高いので作りすぎに注意。
 榴弾砲は破壊力は大きいが、射程が短くて援護しにくいし、発射速度も低いので、あまり生産する価値はないと思う。
 迫撃砲(これは誤訳。「臼砲」が正しい)は、敵から奪えることが多いのであまり生産する必要はない。便利は便利だが、なければなくてもかまわない兵器である。
 砲兵を生産する時は、前線に届くまでに敵の遊撃隊にやられないように、適宜騎兵などで守ってやること。
 仕上げに銃兵発射速度の研究2を行って歩兵を無敵にする。鍛冶屋の銃剣の研究をすれば、白兵戦でも強力になる。そうすれば17世紀槍兵の生産をやめて17世紀歩兵舎でも銃兵を生産してよいかもしれない。  さらに資源が余ったら胸甲騎兵をフルアップする。
 この間の内政のめやすは、石・木・食料の生産量(Iキーで見られる)をそれぞれ400以上にすることである。それくらい生産できるようになれば、アップグレードの食料もまかなえるし、金・鉄・石炭は木や石を5万単位、10万単位で売ってじゅうぶんまかなうことができる。よほどカノン砲を大量に作らない限り、鉱山のアップグレードは各20人入っていれば特に必要はないと思う。

・大攻勢
 さて、ここまでくればこわいものはない。
 まず敵の塔をカノンで破壊し、次いで胸甲騎兵の大集団を敵の町に放り込めば、敵はなすすべもなく滅ぶことであろう。
 好みに応じて、騎兵は敵の町を包囲するにとどめ、カノンで敵の兵舎をひとつひとつ破壊して町をさら地に戻す作戦でもよいだろう。

・その他総合的なこと
 とにかく生産をやめないこと。特に住民はいくらいても少ないということはない。兵隊も正規兵は多くて困ることはほとんどない。傭兵はあまり出しすぎると人口面と経済面で困るけれども。
 傭兵といえば、作って役に立つ傭兵は、上に書いたとおり竜騎兵とコサック騎兵くらいだろう。あとは、敵の遊撃隊の迎撃に失敗したときに軽歩兵を出すとか、前線の槍兵がやられすぎたときに穴埋めにオーストリア歩兵を出すくらいか。
 傭兵擲弾兵は低火力低体力でまったく使い物にならない。弓兵は敵の町を破壊するのにそれなりに使えるが、こちらから襲撃隊を出していると内政がおろそかになりがちだし、敵の野戦軍とぶつかるとあまりに無力なので、あまり使い勝手はよくない。
 18世紀入りの直前に人口制限に達して困ることがある。そのときは多少家を作ってもいいが、それ以外の場合には家を作る必要はあまりないだろう。
 銃兵の強化は火力よりも発射速度。発射速度を2段階上げたら、研究所での火力アップはしなくても十分無敵になれる。
 Ctrl+数字キーで設定できる(テンキーではダメ)ショートカットだが、私は次のように設定している。
 1=市場 2=17C歩兵舎全部 3=18C歩兵舎全部 4=空き 5=騎兵舎全部 6=砲兵舎全部 7=研究所 8=傭兵館 9=空き 0=公会堂全部



目次ページにもどる