どう読むの?この菌名


 微生物の名前は、ラテン語やギリシャ風ラテン語の学名で呼ぶことになっている。
 「まっすぐつながる丸い菌で、肺炎を起こすもの」は Streptococcus pneumoniae, 「腸内にいる桿菌で、ガスを産生するもの」は Enterobacter aerogenes, といった感じである。

 さて、いずれも結構小むずかしいつづりだ。はたしてこれをどう読むのか?

……その点日本の医療現場ではかなり、いや相当いいかげんである。
 昔のドイツ医学の時代にはドイツ語読みであったろうし、アメリカ医学の時代になった現代では英語読みが幅をきかせている。
 しかもドイツ語読みをする人は全てドイツ語読み、英語読みをする人は全て英語読み、というのではなく、両者の読みが混在しているのが普通だ。
 さらに、菌の名前はもともとドイツ人やイギリス人、アメリカ人の研究者の名前から取ったものが多く、ドイツ人の名前を英語読みしたり、その逆をやったりすると奇妙に聞こえることも多い。
 その上、そもそも英語読みにしてもドイツ語読みにしてもラテン語の読みとしては一般的ではなく、ラテン語はローマ字読みするのが日本の習慣だし、教会や音楽で使う教会ラテン語や、西洋史学で使う古典ラテン語的読み方とローマ字読みとはこれまた微妙に違う。
 もちろん医療関係者は、それらの問題について全く頓着せずに、自分の覚えやすいように言いやすいように言っているのは当然である。
 これは私のような者には時に耐えがたい……。思えば因果な学問をやったものである。

 以下に、特に読みにくいもの、読み方が分かれるものの読み方対比表を添えて、いくぶんかでもこのもやもやした気分を晴らそうと思う。


訂正(14. Dez. 2003)Neisseria meningitidis 英語の読み 「メニンギタイディス」――→「メニンジタイディス」
追加(14. Dez. 2003)Helicobacter pylori
追加(3. Aug. 2007)Pneumocystis jiroveci
追加(18. Apr. 2009)Pseudomonas stutzeri


=英語、=ドイツ語、=フランス語風、=教会ラテン語、=古典ラテン語、=医学界で通用していると思われる読み


Aeromonas hydrophila
 エーロモナス・ハイドロフィラ
 エーロモナス・ヒュドロフィラ
 エロモナス・ヒュドロフィラ、−ユドロフィラ
 アエロモナス・ヒュドロピラ
 エロモナス・ヒドロフィラ

Aspergillus fumigatus
 アスパージラス・フューミゲイタス
 アスペルギルス・フミガートゥス
 アスペルジルス・フミガートゥス
 アスペルギッルス・フミガートゥス
 アスペルギルス・フミガータス

Bacillus anthracis
 バシラス・アンスラシス
 バツィルス・アントラツィス
 バチルス・アントラチス
 バキッルス・アントラキス
 バシラス・アンスラシス

Bacillus subtilis
 バシラス・サブティリス
 バツィルス・ズプティリス
 バチルス・スブティリス
 バキッルス・スブティリス
 バシラス・スブティリス

Bordetella pertussis
 ボーデテラ・パータッシス
 ボルデテラ・ペルトゥッシス
 ボルデテラ・ペルトゥッシス
 ボルデテッラ・ペルトゥッシス
 ボルデテラ・パートゥッシス

Bordetella holmesii
 ボーデテラ・ホームジー
 ボルデテラ・ホルメジイー
 ボルデテラ・ホルメシイ、−オルメシイ
 ボルデテッラ・ホルメシイ
 ボルデテラ・ホルメシー

Borrelia burgdorferi
 ボリーリア・バーグドーファリー
 ボレリア・ブルクドルフェリー
 ボレリア・ブルグドルフェリ
 ボッレリア・ブルグドルフェリ
 ボレリア・バーグドルフェリー

Brucella abortus
 ブルーセラ・アボータス
 ブルーツェラ・アボルトゥス
 ブルチェラ・アボルトゥス
 ブルケッラ・アボルトゥス
 ブルセラ・アボルタス

Burkholderia cepatia
 バークホルディリア・セペイシャ
 ブルクホルデリア・ツェパティア
 ブルクホルデリア・セパティア、ブルクオルデリア−
 ブルクホルデリア・ケパティア
 バークホルデリア・セパシア

Campylobacter fetus
 キャンピロバクター・フィータス
 カンピュロバクター・フェトゥス、カンピュロバクテル・フェトゥス
 カンピュロバクテル・フェトゥス
 カンピュロバクテル・フェトゥス
 カンピロバクター・フィータス、キャンピロバクター・フィータス

Campylobacter jejuni
 キャンピロバクター・ジェジュナイ
 カンピュロバクター・イェユニ、カンピュロバクテル・イェユニ
 カンピュロバクテル・イェユニ
 カンピュロバクテル・イェユニ
 カンピロバクター・ジェジュニ、キャンピロバクター・ジェジュニ

Chlamydia trachomatis
 クラマイディア・トラコメイティス
 ヒラミュディア・トラホマーティス、クラミュディア・トラホマーティス
 クラミュディア・トラコマーティス
 クラミュディア・トラコマーティス
 クラミジア・トラコマティス

Citrobacter baumannii
 シトローバクター・バウマニー、−ボーマニー
 ツィトロバクター・バウマニー、ツィトロバクテル−
 チトロバクテル・バウマンニイ
 キトロバクテル・バウマンニイ
 シトロバクター・バウマンニー

Clostridium botulinum
 クロストリディアム・ボテュリナム
 クロストリディウム・ボトゥリヌム
 クロストリディウム・ボトゥリヌム
 クロストリディウム・ボトゥリヌム
 クロストリジウム・ボツリヌム

Clostridium perfringens
 クロストリディアム・パーフリンジェンス
 クロストリディウム・ペアフリンゲンス、クロストリディウム・ペルフリンゲンス
 クロストリディウム・ペルフリンジェンス
 クロストリディウム・ペルフリンゲンス
 クロストリジウム・パーフリンジェンス

Corynebacterium diphtheriae
 コーリネバクティリアム・ディフセリイー
 コリュネバクテリウム・ディフテリエー
 コリュネバクテリウム・ディフテリエ
 コリュネバクテリウム・ディプテリアエ
 コリネバクテリウム・ジフセリエ

Edwardsiella tarda
 エドワーヅィエラ・ターダ
 エトヴァルツィエラ・タルダ
 エドワルヅィエラ・タルダ
 エドワルヅィエラ・タルダ
 エドワージエラ・タルダ

Ehrlichia sennetsu
 エアリキア・セネツー
 エーアリヒア・ゼネツー、エールリヒア・ゼネツー
 エールリキア・センネツ
 エールリキア・センネツ
 エーリキア・センネツ

Enterobacter aerogenes
 エンテロバクター・エーロジェネス
 エンテロバクター・エーロゲネス、エンテロバクテル−
 エンテロバクテル・エロゲネス
 エンテロバクテル・アエロゲネース
 エンテロバクター・エロゲネス

Enterococcus faecalis
 エンテロコッカス・フィーケイリス
 エンテロコックス・フェーカーリス
 エンテロコックス・フェカーリス
 エンテロコックス・ファエカーリス
 エンテロコッカス・フェカーリス

Enterococcus faecium
 エンテロコッカス・フィーシアム
 エンテロコックス・フェーツィウム
 エンテロコックス・フェチウム
 エンテロコックス・ファエキウム
 エンテロコッカス・フェシウム

Escherichia coli
 エシェリキア・コーライ
 エシェリヒア・コーリ
 エシェリキア・コーリ
 エスケリキア・コーリ
 エシェリキア・コリ

Haemophilus aegyptius
 ヘモフィラス・イージプシャス、ヒーモフィラス-
 ヘモフィルス・エギュプティウス
 ヘモフィルス・エジュプティウス、エモフィルス−
 ハエモピルス・アエギュプティウス
 ヘモフィルス・エジプティウス

Klebsiella pneumoniae
 クレブシエラ・ニューモーニイー
 クレブジエラ・プノイモニエー
 クレブシエラ・プネウモニエ
 クレブシエッラ・プネウモニアエ
 クレブシエラ・ニューモニエ

Helicobacter pylori
 ヘリコバクター・パイロライ
 ヘリコバクター・ピューロリ、ヘリコバクテル-
 エリコバクテル・ピロリ
 ヘリコバクテル・ピュロリ
 ヘリコバクター・ピロリ

Listeria monocytogenes
 リスティリア・モノサイトジェネス
 リステリア・モノツュートゲネス
 リステリア・モノチュトゲネス
 リステリア・モノキュトゲネース
 リステリア・モノサイトゲネス

Mobiluncus curtisii
 モービランカス・カーティシー
 モービルンクス・クルティジー
 モビルンクス・クルティシイ
 モビルンクス・クルティシイ
 モビルンカス・カーティシー

Mycobacterium tuberculosis
 マイコバクテリアム・テュバーキュローシス
 ミューコバクテリウム・トゥーバークーロージス、−トゥーベルクーロージス
 ミュコバクテリウム・トゥベルクローシス
 ミュコバクテリウム・トゥベルクローシス
 マイコバクテリウム・ツベルクローシス

Neisseria gonorrhoeae
 ネイセリア・ゴノリーイー
 ナイセリア・ゴノレーエー
 ネイセリア・ゴノレーエー
 ネイッセリア・ゴノッロエアエ
 ナイセリア・ゴノレー

Neisseria meningitidis
 ネイセリア・メニンジタイディス
 ナイセリア・メニンギティディス
 ネイセリア・メニンジティディス
 ネイッセリア・メニンギティディス
 ナイセリア・メニンギティディス

Nocardia asteroides
 ノカーディア・アスタロイデス
 ノカルディア・アステロイデス
 ノカルディア・アステロイデス
 ノカルディア・アステロイデス
 ノカルジア・アステロイデス

Proteus mirabillis
 プローテュース・ミラビリス
 プロトイス・ミラビリス
 プロテウス・ミラビリス
 プロテウス・ミラビッリス
 プロテウス・ミラビリス

Pneumocystis jiroveci
 ニューモシスティス・ジロヴェサイ
 プノイモツュスティス・イロヴェツィ
 プネウモスュスティス・イロヴェチ
 プネウモキュスティス・イロウェキ
 ニューモシスティス・ジロヴェチ
※この真菌名のもととなった Otto Jirovec 博士はチェコ人で、その名前の発音は「イロヴェツ」である。

Pseudomonas aeruginosa
 シュードモーナス・エールジノーサ
 プソイドモーナス・エールギノーザ
 プセウドモナス・エルジノーサ
 プセウドモナス・アエルギノーサ
 シュードモナス・エルギノーサ

Pseudomonas stutzeri
 シュードモーナス・ストゥッツェリ
 プソイドモーナス・シュトゥッツェリ
 プセウドモナス・ストゥッツェリ
 プセウドモナス・ストゥッツェリ
 シュードモナス・スツッツェリ

Serratia marcescens
 セレイシャ・マーセッセンス
 ゼラティア・マルツェスツェンス
 セラティア・マルチェッセンス
 セッラティア・マルケスケンス
 セラチア・マルセッセンス

Staphylococcus aureus
 スタフィローコッカス・オーリーアス
 シュタフュローコックス・アウレーウス
 スタフュロコックス・アウレウス
 スタピュロコックス・アウレウス
 スタフィロコッカス・アウレウス

Streptococcus pyogenes
 ストレプトーコッカス・パイオジェネス
 シュトレプトーコックス・ピュオゲネス
 ストレプトコックス・ピュオジェネス
 ストレプトコックス・ピュオゲネス
 ストレプトコッカス・ピオゲネス

Treponema vincentii
 トレポニーマ・ヴィンセンティー
 トレポネーマ・ヴィンツェンティー
 トレポネマ・ヴァンサンティ
 トレポネーマ・ヴィンチェンティイ
 トレポネーマ・ウィンケンティイ
 トレポネーマ・ヴィンセンティー
通称「ワンサン・トレポネーマ」

Veillonella dispar
 ヴェイロネラ・ディスパー
 ヴァイロネラ・ディスパー、ヴェーロネラ・ディスパル
 ヴェヨネラ・ディスパル
 ヴェイロネラ・ディスパル
 ウェイッロネッラ・ディスパル
 ベイヨネラ・ディスパー

Vibrio parahaemolyticus
 ヴァイブリオー・パラヘモリティカス、パラヒモリティカス、−ライティカス
 ヴィブリオー・パラヘモリューティクス
 ヴィブリオ・パラヘモリューティクス、−パラエモリューティクス
 ヴィブリオ・パラヘモリューティクス
 ビブリオ・パラヘモリティカス

Yersinia pseudotuberculosis
 ヤーシニア・シュードテュバーキュローシス
 イェルジニア・プソイドトゥーバークーロージス、−トゥーベルクーロージス
 イェルシニア・プセウドトゥベルクローシス
 イェルシニア・プセウドトゥベルクローシス
 エルシニア・シュードツベルクローシス


通用読みの規則らしきもの
 上に掲げたように、通用読みは必ずしもヨーロッパ各国における読みにのっとったものではない。では、どのような基準で読んでいるのだろうか?
 観察するに、以下のような規則があるらしく思う。

・ローマ字読みが基本。ときどき英語風。
・語尾の -um, -us は英語風に「アム」「アス」。ただし -ium, -ius は「イウム」「イウス」。
a/o/u の前と i/e/y の前とで発音が変わる子音(c, g)の読みは英語に準ずる。(c は「カシクセコ」、g は「ガジグジェゴ」)ただし-gi-, -ge- が「ギ」「ゲ」となる例も少なくない。
・y は「イ」。
・j は「ジュ」。
・アクセントのない er は「アー」。
ps-p は読まない。
ae は常に「エ」。
tu は「ツ」になる場合と「トゥ」になる場合がある。
di は「ジ」になることが多い。
・基本的に v 音はバ行で表す。


※この文章は、必ずしも各国における発音や日本の医学界での通用をくわしく調べた上で書いているわけではない。
 「そんな読み方はしない」「こんな読み方も通用している」などというご指摘があれば、ぜひともご教示を願いたい。
 また、「以前こんな変な読み方をしている人を見た」とか、「この菌名はいったいどう読むのか」などといったお話もお寄せいただければ幸いである。
 あて先は こちら まで。



目次ページにもどる