あずまんが大元帥

 要するにミリタリーネタのあずまんが大王パロです。


《明治以前》

アブドゥルハミド1世「ここは『クチュク・カイナルジ』という町で、ここで条約を結ぶことにします」
ポチョムキン「クチュク・カイナルジ!」
ポチョムキン「クチュク・カイナルジー」
ポチョムキン「あはは! あははははははは!」
ポチョムキン「陛下陛下ー」
ポチョムキン「ここはクチュク・カイナルジ……」
エカテリーナ2世「え?」
ポチョムキン「ぷ……」
ポチョムキン「あははは! あははははははは!」
エカテリーナ2世「わーー!! 何!? 何!? 何が面白いの!?」

(筆者注 「クチュク・カイナルジ条約」は、「ウンキァル・スケレッシ条約」と並んで「インパクトのある世界史ターム」の双璧だと思う)



ナポレオン「ねー! ワーヴルの! プロイセン軍 拘束しといてくれた?」
グルーシィ「あ しまった 取り逃がした」
ナポレオン「はぁ…… やっぱし あんたにたのんだ私がバカだったわ」
グルーシィ「ばーか」
グルーシィ「ばーか」
グルーシィ「ばーかばーかー」
ナポレオン「メ」ぐぐぐ



ナポレオン3世「さて ついにやってまいりました! 明日からイタリアで戦争です!!」
ナポレオン3世「フランツ・ヨーゼフが親率するオーストリア軍にはなんとしても勝つこと!!」
ナポレオン3世「弱小な隣国の独立を支援して強大な帝国を打ち破る…… 美しいじゃあありませんか」
ナポレオン3世「具体的に言えばニースとサヴォワの分は美しい!!」



モルトケ「オーストリア攻めよーー!!」
(ケーニヒグレーツ)
モルトケ「要は外線包囲なのよねー」
ビスマルク「ねぇ 進撃はそろそろストップしなさい」
モルトケ「大丈夫であります閣下! さ 最後までやりとげねば!」
ビスマルク「最後ってどこよ」



ジョスリング「何撃つのー? 私前装砲ー」
クーパー「あー 私はー」
ジョスリング「あ!! アームストロング砲だーー!!」
ジョスリング「危険よ! みんな逃げて! 尾栓が飛ぶのよあれわ!」
クーパー「大丈夫よ 気をつけるから」
ジョスリング「気をつけてもムダなのよ!!」



《日清日露とその時代》

マーカム「トライオン提督 とめてください とめてください もっと ちゃんと」
マーカム「ごめんなさい すみません だめ 当たります」
マーカム「ああーーー ヴィクトリアが ヴィクトリアが」
マーカム「にげてーーー!!」



エミール・ベルタン「じゃ また来週ー」
佐双左仲「先生ー 何か落とし……」
佐双「艦砲の図面? すげー大口径 何?」
ベルタン「松島の主砲」
佐双「うそっ!?」
佐双「えっ!?だって!? え」
佐双「こんな大口径の……? え?」
佐双「え? エスプリ?」
ベルタン「何を言っとるのかね?」
ベルタン「これが搭載時の図面だ」
佐双「あの……この向きは……」
ベルタン「あぁ後ろ向きだ」
佐双「理解不能な設計だ!!」
佐双「……」
佐双「やっぱりどう考えても4000トンの巡洋艦にあの主砲は変だ」
大木治吉「確かに」
山口辰弥「イギリス製で保険かけといた方がいいんじゃねえか?」
佐双「そっ そうか」
松尾鶴太郎「そがん みんな ひどかですよー 設計ミスのごたー 確かに変か先生ばってん」
山口「設計ミスみたいじゃねえか」
佐双「そうだどうかしてるぞ! あんな重砲をあの排水量に積む動機が不十分で」
松尾「えーと そいは軍令部の強要したり……」
山口「ヤな要求出す軍令部だな」
佐双「そだな」
佐双「でもそっか あの艦砲ってすげえ性能いいのかも それであんな装備」
山本権兵衛「いやそれがあんた!」
佐双「わっ びっくりした」
山本「実は試射もまともにしてない代物らしい」
佐双「そ それって ダメダメってこと!?」

(筆者注 参考サイト「参拾壱頁」 このネタでは登場人物の出身地に応じた方言をしゃべらせているが、労力のわりにおもしろくないのでこのネタ限りとした)



ローズヴェルト「わっ」
ローズヴェルト「あんた 何のっけてんの……」
キアサージ「副砲塔……」
ローズヴェルト「いや それはわかるけど……」



スクヴォルツォフ「次の主力艦どうするつもり?」
オッフェンベルク「ツェサレヴィチクラスの戦艦」
スクヴォルツォフ「ふーん」
オッフェンベルク「強いぞー」
スクヴォルツォフ「そっかー 強い戦艦かぁ」
スクヴォルツォフ「でも 戦艦購入すると結構高いんだろ?」
オッフェンベルク「そこそこ」
スクヴォルツォフ「なんかこー 予算を絞った……」
スクヴォルツォフ「そうだ! 国産しよう!! 二人で」
オッフェンベルク「二人で!?」
スクヴォルツォフ「やっぱ ありものを買うよりもさ!」
スクヴォルツォフ「造るんだよ! 自国で!」
オッフェンベルク「でも……」
オッフェンベルク「こんな大型の装甲艦なんてうまく造れない」
スクヴォルツォフ「そんなの私も造れないから! 安心しろ!!」
スクヴォルツォフ「私も設計してみるから、オッフェンベルクと競作だ!」
スクヴォルツォフ「心がこもってれば大丈夫さ! 気持ちだよ 気持ち!!」
オッフェンベルク「……気持ち」
スクヴォルツォフ「ラズーム!!」
オッフェンベルク「……ラズーム」
……
スクヴォルツォフ「てなわけで私の設計で造りました!」
ニコライ2世「わー」
(ボロジノ)
ニコライ2世『なにー これー』
スクヴォルツォフ「おっと! これだけ見るとわかんないかもしれないけど 4隻! 同型艦!」
(スヴォーロフ アレクサンドル3世 オリョール)
ニコライ2世『なに――?』

(筆者注 参考サイト「彩香堂本舗」より 「ロシア海軍 ボロジノ級戦艦 及び日本海軍 戦艦石見」



ニコライ2世「おっ 国産の戦艦できたんだー」
ボロジノ級「むー」
ツェサレヴィチ「どうですかー」
ボロジノ「ひどすぎる!」
ボロジノ「あんたの設計写したから!!」
ツェサレヴィチ「えーー!?」



大山巌「じゃ この要塞を――乃木ちゃん」
乃木希典「えーと」
乃木「ひとことで言って難しいですな」
大山「ふむ じゃふたことで言って」
乃木「――」
乃木「ちょー ムズカしいですな」
大山「ふむ」
児玉源太郎「なんだこいつら……」



乃木「おつかれさまでした! どうでしたか!?」
一戸兵衛「どうでもええのんじゃあ!!」
乃木「わぁ!」



一戸「つまり 戦況を説明すると」
一戸「敵堡塁の前に日本兵がたくさんいて……」
一戸「みんな死んでる……」



乃木「……陥とせない」
伊地知幸介「陥とせないなら無理して陥とさない方がいいかも……」
乃木「いや……そういうわけにも……」



(遼陽会戦)
乃木「ああしてみんなが戦ってるのを見てると なにもできない自分がふがいなくなるよ」フゥ
児玉「だからやれよ!」



乃木さんがちょっとピンチです
2回攻めて2回とも粉砕されてしまいました

児玉「あ 軍服の汚れ 落ちな……」
児玉「しまっ……!」
乃木「……」
大山「あ 奉天会戦で」
児玉「しっ!! だめ!! そんな話はまだ」
大山「あ」
児玉「私たちはいいけど」
乃木「なんだよ! 何か言いたいのかよ!!」
児玉「大丈夫! きっと次は陥ちるよ!」
乃木「気の毒そうに言うなよ!」



ヴィトゲフト「出てきたー」
東郷平八郎「あら珍しいわね あんたから来るなんて いつも私が行くのに」
ヴィ「いやね ここんとこツァーリから催促が来ててさ うるさいのなんの」
ヴィ「さよならー」
東郷「逃げるんかい!」

東郷 [最近はちょっと艦隊運動に凝っているのです こういうのは美しさが大事よね]
東郷「はー これで旅順には逃がさないわね」
ヴィトゲフト「戦闘なんかしないよ〜〜 かわして逃げるよ〜」
東郷「な、なに!?」



三笠「スヴォーロフさんはどうしてそんなに乾舷が高いんですか?」
スヴォーロフ「……低い方が安定してていいよ……」
三笠「えー でも 高い方が攻撃力は高いですよ」
スヴォーロフ「攻撃力?」
スヴォーロフ「……攻撃力より復元性の方が……その……大事だ」



ロジェストヴェンスキー「第3太平洋艦隊ってさー よくこの極東まで来られたよな」
ネボガトフ「? その言葉の意味する所がイマイチよくわからんな」
ネボガトフ「ちょっと英語で言ってくれんか」
ロジェストヴェンスキー「英語で!?」
……
……
ロジェストヴェンスキー「ゆー…… ゆー……」
ロジェストヴェンスキー「ユーアースクラップ!」
ネボガトフ「なにィ!?」
ロジェストヴェンスキー「つまりボロのくせによく沈まなかったなと言いたい!」
ネボガトフ「要約しすぎだバカもの!!」
ネボガトフ「それにそれは新型艦も! You too!」
ロジェストヴェンスキー「う! 口惜しいがまったくもってその通りだ!」
ネボガトフ「つまり これはあれだ」
ネボガトフ「艦隊決戦もなんとかなるってことかな?」
ロジェストヴェンスキー「あー そっかー」
東郷「そっかーじゃねぇよ」



ロジェストヴェンスキー「あー あしたとうとう対馬海峡やー いややなー」
ロ「私 艦隊決戦は苦手やねんー」
東郷「あんた何が得意なのよ」
ロ「……華麗な艦隊運動とか」
東郷「へぇー そうなんだ」
ロ「ごめんうそ 艦隊運動はあかんねん」
東郷「中途半端なボケはやめろよ」



ネボガトフ「どうしたらいいの? これどうしたらいいの? 降伏するんだっけ?」
クロッス「確かに降伏すると部下の生命を救うことができると考えられます」
ネボガトフ「じゃ 降伏しなきゃ!」
クロッス「でも降伏すると指揮官は死刑になると軍法に定められています」
ネボガトフ「ええ!? じゃ だめじゃん!!」
ネボガトフ「どうしたらいいの? どうしたらいいの?」
東郷「きっともうだめなんだよ」

(ツッコミ役東郷。)



ニコライ2世「日本は日清戦争まではまだ弱小国だったけど 戦後になって大軍拡したんだ」
明治天皇「そーそー 日清戦争で勝ってさー じゃあ遼東半島もらうって言ったら」
明治天皇「ツァーリが『猿には不相応ね はっ』とか言いやがったからさー」
ローズヴェルト「それはムカツクなー やな国だなー」
明治天皇「それで必死に軍拡したわけよー」
ローズヴェルト「おー」
明治天皇「日露戦争で私が勝ったと知った時のツァーリの顔……」
明治天皇「もう忘れらんねー!」
明治天皇「ヒゲずり落ちてたし!」
ニコライ2世「落ちてねーよ」
明治天皇「つまり! やる時はやるのよわが国は!」
明治天皇「さぁ! 惜しみない賞賛をあびせて!!」
ローズヴェルト「なんでおまえは白人文明国の嫌がる事は一生懸命するかな」
明治天皇「あれれーー!?」



山内万寿治「わが呉工廠で強力な戦艦を建造したい」
山本権兵衛「わが国の技術じゃ……」
山内「でもわが海軍は旅順口で初瀬と八島を失ったのでたいへんなことになっています」
(筑波を建造する)
筑波「戦艦好きなのか?」
山本「うん」
筑波「∞」
筑波「私を戦艦と知った上でのことか?」
山本「う……うん」
筑波「それじゃあお別れだ」
山本「えっ!?なんで!?」
筑波「実はこう見えても俺は戦艦じゃない 装甲巡洋艦です 後に巡洋戦艦に類別されます」
筑波「君は新時代の戦艦を造るんだ 今の君には無理だが」
山本「え!? ど どうすれば」
筑波「俺に聞かれてもなぁー」
山本「ああ 待って!」



(マラソンの話の続き:よみと体重計)

(オリョールを鹵獲する 復元性能を測ってみる)
ばばっ
(上部構造物を全部撤去する)
(測ってみる)
……
(副砲塔もはずしてみる)



スラヴァ「そういえば以前私の同型艦を鹵獲して使っているそうだね」
スラヴァ「私に何の断りもなく改装して」
三笠「あ……」
スラヴァ「ここから上を切って!」ギュイイィ
三笠「す すみません」
スラヴァ「そんなことされたらどんな気持ちになる!?」
三笠「ごめんなさい すみません」
スラヴァ「いや 怒っているわけじゃない」
スラヴァ「君がここから上を失うような損傷を受けたらどうなる」
三笠「沈みます」
スラヴァ「沈む様なことを……」ゴゴゴゴ
三笠「ホ ホントに怒ってないですか?」



(第一艦隊 旗艦は日進)
香取「なんで巡洋艦が?」
日進「……」
日進「あなたは新造艦ですね?」
香取「え? そ そうだけど」
日進「私は日進 第一艦隊の戦列艦です」
日進「武勲艦ですよ」
香取「戦列……艦……」
日進「主力艦だー にへー」



《第一次世界大戦前後》

ヴィルヘルム2世「イギリスに対抗できる大艦隊を作りましょう!」
ティルピッツ「新戦艦だ新戦艦だひゃっほーー! わーい」
フィッシャー「後進国」
ティルピッツ「なんだとぅ? じゃあキサマは(建艦競争が)楽しくないとでも言うのか!」
フィッシャー「まあ少なくともそんなにはしゃぐほどではない」
ティルピッツ「けっ! 大国ぶりやがって! もうあんたの海軍はエリザベス1世のころの輝きを失ってしまいました!」
フィッシャー「なんだよそれ」



ティルピッツ「あんたまた装甲巡洋艦造っただろー 建造費かさむのに!」
ティルピッツ「主砲はまた9.2インチ……はっ!」
フィッシャー「……」
ティルピッツ「まさか」
フィッシャー「12インチ……」
ティルピッツ「キャーッ」ぱーん
フィッシャー「連装4基積んだから」
ティルピッツ「連装4基だとおー!!」
ティルピッツ「カイザーに言いつけてやるーー!!」
フィッシャー「なっ」
ヴィルヘルム2世「装甲巡に12インチ8門!!」
ティルピッツ「フィッシャーがー フィッシャーがー」(泣く)
フィッシャー「ホントに連れてきた!!」
ヴィルヘルム2世「強いの!? 強いんでしょ!?」
フィッシャー「……はい」
ヴィルヘルム2世 ばーん(フィッシャーを出席簿で殴る)



ラペレール「ドイツ海軍は今年何作るの?」
ティルピッツ「えーと ド級戦艦と巡洋戦艦を作ります あと何か軽艦艇かなあ」
ティルピッツ「フランス海軍はなんですか?」
ラペレール「えっ」
ラペレール「ま まだ決めてないのよ」



加藤寛治「でもなんで河内って完全なド級戦艦じゃないのかな」
東郷平八郎「バンザーイ!」
永野修身「!」
東郷平八郎「バンザーイ!! バンザーイ!!」



ゲーベン「さぁて 明日から世界大戦だー!!」
ゲーベン「何しよっかなー! 何しよっかなー!」バタバタ
ゲーベン「アフリカでも攻撃するか!」ビッ
クールベ「あ アフリカなら」
ゲーベン「うそだよー!! アフリカなんか攻撃しねーよー!!」べろべろばー!!
インドミタブル「そんなにとばすなよ」

筆者注 参考サイト「三脚檣」より 「ゲーベンが開きし門」



ラペレール「イタリア艦って高性能やのにー」
アブルッツィ「なのに何よ そんな顔するな」
ハウス「だよなー 平時の海軍としては立派だよな」
アブルッツィ「そお?」
アブルッツィ「――」
アブルッツィ「ちょっとそれじゃまるで戦時には役立たずって言ってるみたいじゃない」
ハウス「みたいじゃなくて そう言ってんですよ」

(筆者注 まぁこれって第一次大戦の海軍に限った話でもないような気もするが)



加藤友三郎「観戦武官だって すごいな!」
百武源吾「うん」
下村忠助「いえ そんな」
百武「戦死するな」
米内光政「うん」
下村「ええっ!?」
下村「だ 大丈夫ですよー」
米内「だって乗艦が爆沈するんやで? 大丈夫やないやろー」
下村「決定事項なの?」



シェーア「ついに! 艦隊総出撃!!」
シェーア「これは私も偵察部隊と一緒に出撃するから」
ヒッパー「おー」
シェーア「艦隊砲戦超初めて!! ちょー楽しみ!! ね!?」
ヒッパー「あ 私はやったことあるんですけど でも」
シェーア「このガキ北海にたたきこめ!!」
ヒッパー「キャー!」



ジャクソン「ドイツ艦隊をおびき出して撃滅しましょう!」
ビーティ「大海戦だ大海戦だひゃっほーー! わーい」
ジェリコー「猪武者」
ビーティ「なんだとぅ? じゃあキサマは楽しみじゃないとでも言うのか!」
ジェリコー「まあ少なくともそんなにはしゃぐほどではない」
ビーティ「けっ! 慎重居士ぶりやがって! もうあんたの瞳はネルソンのような輝きを失ってしまいました!」
ジェリコー「なんだよそれ」
フッド「ドイツ艦隊って話題のヒッパーとかいう提督のおる所やろ」
ジェリコー「あーあいつか」
トーマス「そうですよ もうそれはそれは強いらしいですよ」
フッド「沈んでまう艦も多いかも知れへんで」
トーマス「おそろしいですねー」
ジェリコー「へぇ……」
ビーティ「ほうら ジェリコーもワクワクしてきましたよー」
ビーティ「あぁ見える見えるぞー ジェリコーったらティリットみたいに走り回っちゃって そんなに走っちゃ あー ほら 展開誤った 泣かない泣かないー」
ジェリコー「変なもん見るな!」

(中略)

ビーティ「でもさー 損害が凄くてまいったよねぇー」
トーマス「あ! そう! そうです大変でヘトヘトですよー」
フッド「そーそー 特にあのヒッパーにいきなり2隻轟沈食らったで」
ビーティ「口径小さいのにあんなに爆沈させられちゃ不条理だよなぁ」
フッド「そーやー ビーティもー やられそうでー」
ビーティ「またインヴィンシブルも爆沈するしさー」
フッド「あははは あれ困るやんなぁ」
ビーティ「いやほんと! よかったね あんまり戦わなくて」
ジェリコー「……」
ジェリコー「キェーーーッ!」クワッ
ビーティ「わっ!! ジェリコーが壊れた!!」

(筆者注 提督たちの会話にせずによみをクィーン・エリザベスにする手もあったが、ネタとのかみ合いを考えるとこっちのほうがいいかと思う)



ケレンスキー「うーん…… 戦争中なのに革命してていいのかなぁ」
レーニン「何言ってんだー! ケレンスキーは根がマジメだなー!」
レーニン「革命してていいわけねーじゃん!」
レーニン「でも革命しようぜ!」
ケレンスキー「おまえはスゲーな」



ジェリコー「飛行機ってなかなか使えそうだな」
ビーティ「私らも艦艇を改造して飛行機積んだらどうかな」
フィリモア「その艦に関しては提案がありまして」
(フューリアス)
フィリモア「前後は飛行甲板 真ん中に艦橋と煙突が立っているのがポイントで」
ビーティ「あ」
ジェリコー(去る)



金剛「うちはまだ発展途上の海軍だから、設計ミスで使い物にならない戦艦も多い」
ケープタウン「へー」
河内「私じゃないよ」
金剛「数十年にわたって長く使われる戦艦がいる一方で、就役4年で爆沈する戦艦もいる」
ケープタウン「へー」
河内「私じゃないよ」
……
河内「私じゃないよね?」
金剛「おまえだ」

(筆者注 だれを聞き役にするかで悩んだ)



(高雄)
(ザラ)
メス(フランス巡洋艦)「いやぁ重巡洋艦はいいですなぁ」
メス「あの辺なんかもう条約違反スレスレですな」
メス(見る)
メス「妬いてるの? ケント?」
ケント「もう帰って下さい!」



《第二次世界大戦》

ガムラン「はーい ひさしぶりー」
ガムラン「みんな平和ボケしてない?」
ガムラン「私が今まさにそれ!」
ガムラン「はぁ……だっるぅー……」



ムッソリーニ「この前からギリシャ攻めてんだよー」
ヒトラー「はいはい」
ムッソリーニ「そろそろドイツ軍が支援に来るころだよ?」
ヒトラー「なにワケのわかんないことをサラッと言うかな」
ムッソリーニ「知らない? つまりあんたが私の敗北の尻拭いを――」
ヒトラー「うるさい だまれ」
ムッソリーニ「まぁまぁ 次は私が助けるし」
ヒトラー「うそだ! それは絶対うそだ!」



ロンメル「エジプトだー」
ロンメル「エジプトに侵攻したくなったので」
ロンメル「適当な補給手段を探しなさい」
ケッセルリング「命令形!?」



グデーリアン「いよいよモスクワ戦ですね! がんばりましょう!」
クルーゲ「そやなー がんばろなー」
……
クルーゲ「あかん モスクワまで補給線つなぐなんて…… くじけそうや…… しんどー」



ピンポーン
マンシュタイン「おはようございます マンシュタインです」
ムッソリーニ「あのねー 第8軍 壊滅だって言ってるの 寒いから」
マンシュタイン「――」
マンシュタイン「ちょっと やめてください!」
ムッソリーニ「はいはい 撤退支援してねー」



デーニッツ「山本長官 前から言おうと思っていたんですが 日本の潜水艦の使い方は間違っています」
山本五十六「……」
ニミッツ「……」
山本「ど どーよ」
ニミッツ「うん それちがう」
ニミッツ「あんた主力艦ばっかり狙ってるじゃない? 本来はこう後方線を攻撃して……」
山本「こ こう?」
ニミッツ「ちがうちがう」
山本「……こう?」
ニミッツ「どうでもいいけど孤島の補給なんかに潜水艦使わないでよ」
山本「ん――?」
ニミッツ「ちがうよー それじゃろくに戦果あがらないでしょ?」
ニミッツ「こう」
ぼか
ニミッツ「こう こう こう」
ぼか ぼか ぼか
山本「メ」ぴしっ



バシャバシャ ドゲ
クィーン・メリー「お!? なんかぶつかったぞ!?」
クィーン・メリー「いやー 悪い悪い キュラソーが小さいから見えなかったよ」



チャーチル「ポーランド ソ連 アメリカ」
チャーチル「……そろって連合軍か……」
チャーチル「ず……」(紅茶を飲む)
チャーチル「はっはっはっ」
チャーチル「変なの」



ロンメル「アフリカ軍が降伏してもた」
ロンメル「B軍集団司令官になったし」
ルントシュテット「そろそろ敵が上陸しますよー」
ロンメル「でも アフリカ軍がなくなったら」
ロンメル「私はどこの砂漠に行けばええんやろ」
ルントシュテット「え? えーと……」


ターナー「上陸どこにしよー」
ターナー「レンドバ」
鮫島具重「ん」
ターナー「レンドバ レンドバ」
鮫島「うるさいなぁ」



バーク「なにそれ!? 撤退!?」
大田実「はい コロンバンガラですよ」
種子島洋二「ころんばんがら」
バーク「いつからする?」
大田「ないしょです」
種子島「ころんばんがら」
バーク「どこを通って」
種子島「ころんばんがら」
バーク「って うるせーな!!」
種子島「ころんばんがら」



ターナー「上陸どこにしよー」
ターナー「ベララベラ」
ターナー「ベララベラ ベララベラ」
鮫島「うるせーーー!!」



(パンテル!)
(ティーゲル!)
(エレファント!)
ヒトラー「こういうの見てると心が豊かになるのよねー」
マンシュタイン「そうか?」



嶋田繁太郎「なに造ろっかなー」
嶋田「あ! 軽巡なんか量産してやがる」
フォレスタル「クリーヴランド級は高性能ですよ 艦隊の働き者です」
嶋田「主砲小さいじゃん」
フォレスタル「空母に転用しても使える船体です」
嶋田「そんなに余ってるんだな?」



小沢治三郎「艦隊決戦 楽しみだなー」
栗田健男「きっとめっちゃ戦果挙げられるでー」
小沢「そうですね!」

――その時はあんなに悲惨な七面鳥撃ちになるとは
奥宮正武「夢にも思わなかったのです……」
角田覚治「変なナレーション入れるな!」

(筆者注 これは配役に悩んだ。これがベストとは考えていない)



モントゴメリー「さーて 大陸反攻がんばるぜーー!!」ザン
ド・ゴール「そうだ がんばれ がんばるがいい」
モントゴメリー「なんだぁ!? その言い方は」
ド・ゴール「キサマががんばればがんばる程 私も最後だけは自力でパリを解放できるようになるのだ」
ド・ゴール「せいぜい私のために働くのだーー!!」
モントゴメリー「くそぅ」
アイゼンハワー「厄介な連中だな……」



マクスウェル・テイラー「よーし! 全員いるかー!?」
テイラー「いない人は手をあげてー! なんてなー!!」
将校「はーい! 部下がいませーん!」
テイラー「まずいじゃーん!!」
テイラー「はい! これから上陸作戦の援護を行うわけですが」
テイラー「とりあえず私のまわりにいる連中が101師団です!!」
将校「げげ」
マルクス「混乱してるなあ」



ローズヴェルト「さて いよいよ来月はフィリピン上陸があります」
マッカーサー「ニコニコ」
ローズヴェルト「楽しみみたいねー マッカーサー」
マッカーサー「ニコニコ」
ローズヴェルト「実はフィリピン上陸は中止になりました」
マッカーサー「ガーン」
マッカーサー「……」
マッカーサー「…………」
マッカーサー「………………」
ローズヴェルト「なーんてのはうそうそ」
マッカーサー「にこっ」
ローズヴェルト「いやー マッカーサーがニコニコしてると つい ねー」
ニミッツ「はい」
ニミッツ「わかります」
キンケイド「……」

(筆者注 大統領じゃなくてマーシャルかなぁとも思ったが、マーシャルは太平洋では影が薄いので大統領閣下にご出演願った。しかしこんなかわいいマッカーサーなんてありか)



志摩「あ! 西村ちゃん どこ行くのん? 今 レイテに行くとこやってん」
西村「栗田艦隊の突入のお手伝いです」
西村「行きますか?」
志摩「うん」
ぼかぼか どーん
志摩「私も突入するわ」
西村「それがいいです」
ぼかぼか どーん がしゃーん
西村「この戦力差じゃ勝てませんよね」
志摩「その通りや」



ハルゼー「あのさー」
ハルゼー「こーゆーこと聞くとバカみたいなのかもしれないけど」
スプルーアンス「なんでも聞いてみー?」
ハルゼー「CVってなに?」
ハルゼー「目をそむけるなよ」
スプルーアンス「だからー あれだろ?」
スプルーアンス「エンタープライズとかサラトガとか」
ハルゼー「うん そーゆー実例はわかる」
ハルゼー「だからCVってなんの略?」
スプルーアンス「……」
スプルーアンス「気にするな」
ハルゼー「ニミッツは知ってるかー? なんの略だ?」
ニミッツ「うー キャリアー オヴ ザ ヴィクトリー」
スプルーアンス「おー それっぽい」
ハルゼー「納得できる」
ニミッツ「だ だろ?」

(筆者注 こんな連中にやられたかと思うと帝国海軍が情けない ちなみに参考ページ「米海軍艦種略号」



徳永栄「信濃進水しよ」
徳永「あれ? 扉船が……」
ざばー
徳永「!」
徳永「あああーーー!! ストップストップ!!」
阿部俊雄「うわぁー 大惨事や」



ディーヨ「大和迎撃しようぜ!」
スプルーアンス「豊後水道から追跡してますよー」
ディーヨ「みてろよー!」
ディーヨ「この必殺の――!!」
ボコッ
ミッチャー「やったぜ 大和撃沈ーー!!」
ディーヨ「……」
ディーヨ「なにしてんだよ……」
ディーヨ「私が沈めるのーー!!」
ディーヨ「私が沈めるのにー!! 私が沈めるのにー!!」
ミッチャー「なくなよ」



《戦後》

クズネツォフ「戦艦ノヴォロシーイスクって 構造とか 難しいのか?」
ゴルシコフ「いろいろ資料を読んで調べている」
クズネツォフ「ふむふむ ぷぐりえーせ式の防御の」
クフタ「プリエーゼだ」
クズネツォフ「それぐらい知ってるよ! わざとだよ! ついだよ!」カ
クフタ「どっちだよ」



トルコ政府「それよりあれは変わった軍艦じゃのー」
トルコ政府「わしらも海峡管理して長いが なんと言うか まるで空b」
ゴルシコフ「巡洋艦です」
ゴルシコフ「巡洋艦です」
トルコ政府「……そうか 巡洋艦か」
トルコ政府「そうかい? ブレジネフ」
ブレジネフ「はい じゅんようかんです」
トルコ政府「そうか じゃあ通りなさい 安全にな」
ゴルシコフ・ブレジネフ「はい ありがとうございます」



おまけ aus YouTube

「あずまんが大王」ドイツ語版10話・11話抜粋 オチがシュール

「あずまんが大王」ドイツ語版トレイラー 「つっくりっましょー」がドイツ語で聴ける!



top