Hahnenrippen

 日々思いつること。
 "Hahnenrippen" とは、「鶏の肋骨」という意味です。念のため。
(6. 8. 2018 更新)





(6. 8. 2018)

 今日はもちろん広島原爆の日である。


 重巡とは関係なかったんか!


 「上戸彩」をローマ字で書くと Aya Ueto. 何と母音字の多い名前か。


 備忘録:ドイツ語で「キャニスター・ショット」は die Kartätsche(カルテッチェ)。 「クラスター爆弾」は die Streubombe(シュトロイボンベ、散布爆弾)。


 「水上機母艦娘」を略すと「AV娘」か。


 ドイツ語の「カスターニエン Kastanien」は「栗」ではなく「栃」(マロニエ)であることが多い、という指摘 (pdf)。
 このブログによるとフランス語の「マロン marron」「マロニエ marronier」にも似た問題があるらしいが、上のpdfによると、日本のフランス語翻訳において「マロニエ」を「栗」と誤訳する例は少ないとのこと。
 独文和訳においては木の名前について、仏文和訳においては実の名前において気をつけるべきということか。


 実写ドラマ「この世界の片隅に」に出てきたCGの「青葉」(ミサイル積んでるわけじゃない。ややこしい)を見て絶賛する声多数。
 ……こんなら目腐っとるん違うか。あがいな下から上までぶっとい塔型の艦橋の「青葉」がおるかい。基部は広うて、その後部に細うて高い射撃指揮所とマストが立っとる階段状のシルエットこそ「青葉」の特徴じゃろうが。
 ありゃあどう見てもイギリス海軍の重巡「ヨーク」じゃ。同じ3砲塔じゃけえわかるまい思うてごまかしよったらどしゃげちゃるぞ。


 超々弩級戦艦とは何を指すか。
 最近のウェブ上では「大和」級戦艦のみを指す、という用法が散見されるが、この語が登場した当時の新聞記事(神戸新聞1915. 3. 12付記事)を見ると、もともとは15インチ砲搭載の戦艦を指す語であったのがわかる。
 その後、16インチ砲戦艦の登場とともにそれをも含むようになる。
 阿川弘之「軍艦長門の生涯」上巻p25 では「超々弩級乃至ポスト・ジュットランド型」という表現になっている。このくくりでは「クイーン・エリザベス」級などは含まないことになる。
 英語では hyper-super-dreadnought というようだ。この語は1913年発表の詩や、同年の国会議員の質問の中に見える。ただ、あまり一般の人口に膾炙している語とは言いがたい。
 一般には13.5インチ砲装備の「オライオン」から18.1インチ砲装備の「大和」までずっと super-dreadnought であるとする例が多いようだ。


 LGBTの結婚は非生産的だから法律や政治が面倒を見る必要はない」という言説が話題になっている。
 この件に関しては以前小文を書いたことがあるが、考えるに、先の言説をひっくり返して「成人男女間の結婚は生産的だから法律や政治が面倒を見る必要がある」とした方が理解しやすいのではないだろうか。
 同性のカップルや片方が動物や非生物のカップルは、放っておいても世間に影響を及ぼすことはない。しかし、成人男女間のカップルだけは特殊であって、放っておくと高い確率で子供を生産してしまう。生産された子供はだれかが面倒を見なければならず、世間に及ぼす影響は絶大である。
 従って成人男女間のカップルに対しては、政治は心ならずも法律や制度で特別に面倒を見てやらなければならないのである。
 特に貧しい人に生活保護を支給したり、難病の患者の療養費を補助したりすることと、成人男女間の結婚だけに法的に便宜を図ることは、政治的に同一線上に置かれるべきことがらなのだ。不公平に見えるかもしれないが、それは社会が負うべき必要コストなのである。
 法律婚でなくても、子供がいなくても、世間に迷惑をかけずに幸せに暮らしているカップルは多かろう。法律婚が認められないなら即不幸ということでもあるまい。
 もし法律婚にこだわるならば、その「正当性」というより「必要性」を世間に対して説明することが必要ではないだろうか。



目次にもどる