何だこれ?

 ビルの前に、こんな石柱が立っていた。

 うっすらと刻んである文字が読める。……「皇紀二千六百年」!

 近寄ってみるともう少しよく読める。


横から見るとこんな感じに、二本の石柱が並んでいる。


 いったいこれは何だろう、と思っていたのだが、ある日神田の和泉橋のたもとに、これと同じようなものがあるのを発見した。


 寄ってみると……

 「国旗掲揚台」! なんとそういうものだったのだ。

 横から見ると、こういうふうに中央の旗柱を二本の石柱ではさんで支える形になっている。


 ちなみにこの和泉橋の掲揚台は在郷軍人会が建てたものらしい。


 こんなマークもついている。星と錨。




もとのページにもどる