ある日の昼食。
 昨日、ドイツの黒パンが食べたくなったので、成城石井で買ってきた。それにラードを塗り、玉ねぎのみじん切りをのせて食う。
 非常にドイツ的な、「腹がふくれればいいだろう」的な味。 ドイツではこういう「味はともかく、とにかく腹がふくれるもの」を毎日食ってるんだろうなあ。
 ただ、味つけはもう少しすべきだった。せめて塩こしょうでも振ればよかったと思う。
 ラードは昨日のうちにベーコンを焼いて作っておいたもの。左の鉢の中身がそれ。脂を取った残りのカリカリに焼けた肉は昨夜の晩酌のつまみになった。

 黒パンは日本で買うと結構高い。200gで242円した。
 いったいドイツではいくらぐらいするものだろう、と思って検索する。こういうことがすぐにわかるとは、世の中も開けたものである。
 ポツダムの老舗のパン屋のサイトによると、ロッゲンフォルコルンブロート Roggenvollkornbrot が1kgで2.5オイロ。4〜5分の1だね。
 ちなみにブレートヒェン Brötchen(白いテーブルパン)は4個で1オイロ。ドイツは物価が高い方だと思うが、やはり日常の食べ物は安いね。

 Schmalz (ラード)のつづりを確かめるために辞書を引いたら、ドイツでは「味もそっけもない」と言うのに „ohne Salz und Schmalz” 「塩もラードもない」という表現があるそうな。

 「黒パンにラード」については、以下のリンクも参照。(リンク1) (リンク2)



もとのページにもどる