戦艦「メイン」の爆沈

国防省海軍部 海軍歴史センター


 米西戦争(1898年4月21日〜8月13日)は、合衆国の歴史の転回点であり、この国が列強として世界に出現するのを知らせる号砲となりました。2月15日のハバナ港における戦艦「メイン USS Maine」の爆沈は、この戦争に至る道において興味のある事件です。この艦の沈没が開戦にあたってどういう役割を演じたかということを理解するためには、まずはこの事件の背景について知らねばなりません。

 スペインと合衆国との間の緊張は、キューバ人がスペインの支配から自らの島を解放しようとしたことに始まります。1868年から1878年にかけて行われた最初の蜂起は失敗に終わりました。アメリカの同情は革命側にあり、海賊船「ヴァージニアス Virginius」がスペイン側に拿捕されて多数のアメリカ市民を含む乗組員のほとんどが処刑された際にはスペインとの戦争が始まる寸前にまで行きました。キューバの革命党員たちは計画を続行し、合衆国の支援を求めました。

 キューバ革命党の2回目の試みは1895年4月に始まりました。スペイン政府はこれに対してバレリアーノ・ウェイレル・イ・ニコラウ Valeriano Weyler y Nicolau 将軍を派遣し、島を平定するように命じました。
 彼は、アメリカ人の間で「屠殺人 Butcher」というあだ名で有名になるのですが、不穏な地域の住民を軍の駐屯地の近くへ強制的に移住させることで、反乱軍への支援を絶とうとしました。この政策は飢饉を招き、10万以上のキューバ人が死亡しました。
 アメリカ社会のさまざまな層から憤激の声が上がり、「イエロー・プレス」の記事がそれをあおり立てました。この声はグローヴァー・クリーヴランド大統領やウィリアム・マッキンリー大統領に対し、キューバでの戦闘を終わらせるための努力をするように圧力をかけました。
 アメリカの外交努力と、スペインにおいて自由党が再び政権についたことにより、ウェイレル将軍は召還されました。しかし、この政権は常に政敵からの攻撃にさらされており、キューバにおいて実効力のある改革を行うには弱体すぎました。
 1897年末に限定的な自治が約束されましたが、これについてアメリカ政府は懐疑的であり、革命党は完全独立に満たないものは一切拒否すると宣言しました。

 1898年1月、ウェイレル派勢力がハバナで暴動を起こしました。アメリカ政府はキューバにおけるアメリカ市民の安全に対して強い懸念を示し、居留民保護のために何らかの手段に出るべきだという結論に達しました。
 1月24日、マッキンリー大統領は、妥協派のスペイン政府の容認のもと、二等戦艦「メイン」をキー・ウェストからハバナへ送りました。

 「メイン」は1月25日に到着しました。ハバナのスペイン官憲はアメリカの意図に対して警戒していましたが、チャールズ・シグズビー Charles Sigsbee 艦長と「メイン」の士官に対しては礼節をもって遇しました。予想される混乱を避けるために、艦長は下士官兵の上陸を許可しませんでした。
 シグズビーとハバナ駐在のフィッツヒュー・リー Fitzhugh Lee 領事は、軍艦の派遣は状況の沈静化に役立っているようである、と報告し、海軍省に、「メイン」が帰還する際には代わりの戦艦を派遣すべきであると勧告しました。

 2月15日午後9時40分、ハバナ港の静寂を破って「メイン」艦上ですさまじい爆発が起こりました。のちの調査によると、艦の6インチ砲と10インチ砲の火薬のうち5トン以上が引火し、艦の前部3分の1がほとんど消し飛んだことがわかりました。残りの部分の残骸はあっという間に港内に着底しました。
 爆発が起きたとき、「メイン」の乗組員のほとんどが前部の兵員区画で就寝中か休息中でした。これによって266名が命を落としました。そのうち260名は即死かそれに近い状態で、6名は負傷したのちに死に至りました。シグズビー艦長と士官のほとんどは、居住区が後部にあったために助かりました。

 スペイン当局と民間の蒸気船「シティー・オヴ・ワシントン City of Washington」の乗組員がすぐさま生存者の救出と負傷者の救護にあたりました。
 当初は爆発が敵対行為によるものではないかという疑念がありましたが、スペイン当局の献身的な活動により一時的なものにとどまり、シグズビーは最初の報告電の末尾に次の文を加えました。
「公式発表は調査が進むまで見合わせるべきである」

 アメリカ海軍省はただちに「メイン」事件の原因究明のための調査委員会を設立しました。ハバナにおける調査は4週間に及びました。しかし、沈没した残骸の状況が悪かったことと、委員会に専門家が乏しかったことにより、調査は十分に行われたとはいえませんでした。
 最終的に、委員会は艦の下で水雷が発火したという結論に達しました。委員会は装置の設置がいかに行われたのかについての批判には答えようとしませんでした。

 海軍当局の評決が発表されるや、アメリカの民衆は予想以上の憤激を示しました。スペインを非難する「イエロー・プレス」の扇情的な記事にあおられ、民衆は最初からスペイン政府が有罪であると決めつけてしまったのです。
 マッキンリー大統領はキューバ問題について外交的解決の努力を続けていましたが、1898年1月には破局が目前に迫り、大統領は軍事行動の準備を強いられるに至りました。
 キューバ独立問題に関するスペインの態度も硬化し、それに対抗してマッキンリーは4月11日に議会に対し干渉の許可を要請しました。
 4月21には大統領は海軍にキューバの封鎖を始めるよう命じ、これに対しスペインは4月23日に宣戦布告で応じました。議会は4月25日に正式に戦争の開始を宣言し、戦争状態は封鎖の開始時点にまでさかのぼって有効である、と規定しました。

 「メイン」の爆沈はアメリカのスペインに対する宣戦理由ではありませんでしたが、外交的破局への動きを加速し、戦争の触媒として働いたことは確かです。これに加え、「メイン」の沈没とアメリカの水兵の死はアメリカの世論をキューバに対する武力介入に向けて一致させる効果をもたらしました。

 1911年、議会は「メイン」の残骸をハバナ港から引き揚げるための予算を承認し、これをうけて海軍省は新たな調査委員会の設立を命じました。
 アメリカ陸軍の工兵隊が沈没した戦艦のまわりに水防壁を築いて船体を露出させ、海軍の調査員が各種の試験と残骸の細部の撮影を行うことができるようになりました。
 これによって、艦底の外板が6インチ砲予備弾庫の部分で内側かつ後ろ向きに屈曲していることが判明し、これにもとづいて1911年の調査委員会は、水雷が弾薬庫の下で発火し、艦の沈没に至る爆発を引き起こした、と結論しました。

 しかし、新旧どちらの委員会においても、技術者の意見はこれに反していました。6インチ砲予備弾庫に隣接する石炭庫の中の石炭の自然発火が、艦の爆発の原因としてもっとも可能性が高いと考えていたのです。  1976年に、ハイマン・G・リッコーヴァー Hyman G. Rickover 提督は、「戦艦『メイン』はいかにして沈んだか」という著書を出版しました。提督はこの事件に興味を持ち、現代の科学的知識をもってすれば原因が究明できるのではないかと考えたのです。
 彼は爆発が船体に与える効果についての専門家2人を招きました。2回にわたる調査委員会の公式報告書、「メイン」の船体構造や弾薬についてのデータをもとに、専門家は、艦が受けた損傷は艦外における水雷の爆発の結果ではありえない、との結論に達しました。
 彼らの分析によれば、もっとも可能性の高い原因は、弾薬庫に隣接する石炭庫の中の石炭の自然発火でした。

 リッコーヴァー提督の著書の見解に反対する歴史家もいます。彼らによれば、リッコーヴァー提督の説の欠点は、石炭庫内での自然発火が発見されなかった可能性は非常に低いことだというのです。

 しかし水雷説の証拠は少なく、水雷説は基本的に推測に基づいています。とはいえ、専門家や歴史家の調査や技術的検証の努力にもかかわらず、「メイン」の沈没に対する決定的な真相解明にはいまだ至っていないのです。

2003年8月13日

This article is a Japanese translation of:
The Destruction of USS Maine in FAQs of Naval History and Heritage Command Website.


目次ページにもどる