陸海軍将兵に対する対日戦勝記念ラジオ演説、1945年9月2日

 この記事は、太平洋戦争における日本の降伏文書調印の日(1945年9月2日)、アメリカのトルーマン大統領がアメリカ陸海軍その他の将兵に向けて行ったラジオ演説の和訳である。
 和訳の底本としては、The American Presidency Project 所載のテキストを使用した。





陸海軍将兵に対する

対日戦勝記念ラジオ演説

アメリカ合衆国大統領 ハリー・S・トルーマン
1945年9月2日 午後9時19分より


 わが軍の将兵諸君、

 諸君、合衆国陸海軍の将兵に、ヨーロッパにおける勝利の日と同様に、この歴史的瞬間においてお話ししたいと思います。
 今次の戦争は、我が国がそのすべての資源とすべてのエネルギーを注ぎ込んで、3年半以上もの間続けていたものですが、これはいまや我々の敵すべてに対する完全な勝利として終結しました。

 この瞬間は大きな喜びの時でもあり、同時に厳粛な沈思の時でもあります。
 戦争の破壊的な力はいまや世界から取り払われました。我々はここで、平和を保つという重大な任務に顔を向けねばなりません。
 この平和こそ、勇敢な将兵諸君が勝ち取ったものですが、これを保つことは、我々が最も緊急な注意を払わねばならない任務です。それには我々の同盟国や、世界中の他の諸国との協働が必要です。
 世界中がいまや決意したのです――この地球がこれから存在するためには、地球上から戦争というものを根絶すべきであると。文明世界は、この総力戦をもう一回行うことには耐えられないでしょう。

 諸君の故郷にいる人々が今夜何を思っているか、諸君にもわかると思います。
 彼らは諸君から何千マイルのかなたにいますが、彼らの心は諸君のすぐそばにあって、深い感謝と厳粛な義務の念を感じているのです。
 だれもが思い起こし、そして決して忘れることはないでしょう――逝ってしまった諸君の戦友のことを、不具となった諸君の戦友のことを、そしてこの戦いと苦難と危険の年月を、神のおぼしめしによって無事に生き延びた諸君のことを。

 そしてこの勝利の時にあって、皆が諸君とともに思い起こしている人がいます。今は亡き我らが総司令官、フランクリン・D・ローズヴェルトです。この勝利の時は、彼が勇敢に戦い、勇敢に死んでなお勝ち取ろうとしていたものなのです。

 ああ、アメリカの兵士たち、水兵たちがいかによく戦ったことか! 彼らは感謝も同情も求めず、そのなすべきことをしたのです。それは彼らの好むところではありませんでした。しかし彼らはそれをなしたのです。これ以上もなく素晴らしく。

 そしていま、彼らは故郷に帰ろうとしています。そこで彼らは、真に求めていた生活を再び始めるでしょう。平和な生活、平穏な生活、市民としての生活をです。

 しかし彼らは知りたがっています。本当に平和な生活に戻っていいのだろうかと。彼らの子供たちが、再び塹壕や爆撃機や戦艦や潜水艦の中で暮らすようなことにはならないと信じていいのだろうかと。

 私は故郷のすべての人々に代わって誓います。我々国民は、この兵士たちの願いをかなえるためにその全力を尽くすと。

 残念ながら、諸君の中には軍務に残らねばならない者もいます。
 我々は太平洋に占領軍を残して、ヨーロッパでドイツに対して行っているのと同じように、日本の軍国主義を一掃しなければなりません。国際連合は決意しました。日独どちらの国も、二度と再びその平和な隣国を攻撃することができないようにしなければならないと。

 しかし諸君の大部分は、復員船や飛行機が到着し次第、市民の生活に戻ってくるでしょう。
 かくも多くの人員を、幾千マイルの海原を越えて故郷に戻すというのは、それ自体巨大な任務です。これを完了するには何か月もかかるでしょう。
 しかし、できる限り迅速にそれを行うために、すべての手段を講じることを約束しましょう。我々は諸君の帰還を待っています。諸君が帰って来て、我が国の繁栄と新しき平和な世界のために働く日を待っています。

 勝利は大きな満ち潮となって、我々が未来に横たわる新しい時代の中で偉大な事業を成し遂げる背中を押してくれています。
 しかし忘れてはなりません。それは戦争の恐怖から解放された世界の中でしか実現できないものであることを。
 我々の将来は諸君、戦争とその恐怖を知り尽くした諸君にかかっています。我々は、この国が、世界中の国の互いの協力だけが国々を完全な平和に保つことができるのだということを忘れないために、諸君の力に期待しているのです。

 この完全な勝利がもたらされたこの夜に、われわれアメリカ国民から諸君合衆国陸海軍将兵に対し、諸君がどこにいようとも、心から敬礼を送ります。諸君はなんと偉大な仕事を成し遂げたことか!

 諸君が無事に故郷に帰り、我々と再会する日を、我々すべての国民が待ち望んでいます。諸君に幸運と神の祝福のあらんことを。





訳注:「陸海軍」と訳した個所の原語は “the Armed Forces” です。これは厳密には陸海軍・陸海軍航空隊・海兵隊・沿岸警備隊すべてを指すことばですが、ひとことで表すよい訳語がないので、簡略に「陸海軍」と訳しました。
 また、「将兵諸君」と訳した個所は “men and women in the Armed Forces” ですが、これを「男女諸君」などと訳すのは煩瑣で不自然なので、単に「諸君」としました。


“Radio Address to the Members of the Armed Forces” by President Harry S Truman on September 2 1945
This page is based on the article of the site “The American Presidency Project.”
The original article is linked here.



目次ページにもどる