「炉辺談話」、1941年12月9日

 この記事は、日本軍による真珠湾攻撃の翌々日、ローズヴェルト大統領が日ごろから国民に向けて行っていたラジオ放送「炉辺談話」 Fireside Chat において、日本の卑劣な攻撃と枢軸国の侵略に対して立ち上がることをアメリカ国民に訴えかけたメッセージの和訳である。
 和訳の底本としては、The American Presidency Project 所載のテキストを使用した。





炉辺談話

アメリカ合衆国大統領 フランクリン・デラノ・ローズヴェルト
1941年12月9日


 日本によって引き起こされた、太平洋における突然かつ犯罪的な攻撃は、国際的な不道徳に彩られたこの十年間のクライマックスをかたちづくるものと言えましょう。
 強力かつ準備を整えたならず者たちは、徒党を組んで全人類に対し戦争をしかけてきたのです。彼らの挑戦は今やアメリカ合衆国にまで及んできました。日本は我々との長い友好関係を裏切ったのです。敵の攻撃により、多くのアメリカ陸海軍の将兵が命を落としています。アメリカの船が沈められています。アメリカの飛行機が撃ち落されています。
 合衆国の議会と人民は、この挑戦を受けて立つこととなりました。
 自由を旨とする他の諸国の人々とともに、我々は今や戦っています。自由と良識を共有する世界の隣人たちの間で、脅威を受けることなく生きる権利を守るために。

 私は日本との交流に関する過去の歴史をひもといてみました。それは議会にも提出されることになっています。その歴史は、88年前にペリー司令官がかの国を訪れた時に始まりました。そしてそれは、この前の日曜日に、二人の日本の外交官が国務省を訪れた時に終わったのです。それはまさに、日本軍が我々の国に対し、軍に対し、市民に対して爆弾を投下し、機関銃を撃ってきた時刻から、1時間のちのことでした。

 私は最大の確信を持って言うことができます。我が国アメリカは、今日あるいは千年ののちにおいても、自らの忍耐において、また努力において、恥ずべきことは何一つないのだということを。この数年にわたって行われたその努力は、太平洋における平和を実現するためでした。その国の大小にかかわらず、すべての国の人々にとって公平で名誉あるような、そんな平和のためのものでした。
 また、心に誠実さを持つ人間であれば、今日のみならず千年ののちにおいても、日本の独裁政権の主たちが行ったこの裏切りを目にした時、身震いと恐怖を感じずにはいられないでしょう。彼らはその裏切りを、我々の国に派遣した特使たちがひらひらと振る平和の旗の陰に隠して行ったのです。

 この十年間、日本がアジアにおいて歩んできた道のりは、ヒトラーとムッソリーニがヨーロッパとアフリカで歩んできた道のりと重なっていました。今日、そのふたつの道は重なったどころではありません。ふたつは計算の上で結ばれた実際の協力関係となったのです。世界のすべての大陸、世界の海のすみずみまでもが、枢軸国の戦争指導者たちによって、巨大な戦場と考えられているのです。

 1931年、今から10年前、日本は満州を侵略しました――何の前触れもなしに。
 1935年、イタリアはエチオピアを侵略しました――何の前触れもなしに。
 1938年、ヒトラーはオーストリアを併合しました――何の前触れもなしに。
 1939年、ヒトラーはチェコスロヴァキアを侵略しました――何の前触れもなしに。
 1939年、続いてヒトラーは、ポーランドを侵略しました――何の前触れもなしに。
 1940年、ヒトラーはノルウェー、デンマーク、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクを侵略しました――何の前触れもなしに。
 1940年、イタリアはフランスとギリシャを攻撃しました――何の前触れもなしに。
 そして今年、1941年に、枢軸国はユーゴスラヴィアとギリシャを攻撃してバルカン半島を征服しました――何の前触れもなしに。
 1941年、加えて、ヒトラーはロシアを侵略しました。――何の前触れもなしに。
 そして今、日本はマレーとタイを、そして合衆国を攻撃しました――何の前触れもなしに。
 すべてひとつの型で打ち出したような行動です。

 我々は今やこの戦争のただなかにあります。我々全員が、その生活のすべてにおいて、戦争の中にいるのです。国民一人一人が、男も、女も、子供も、われわれアメリカ人の歴史における一大事業に参加しているのです。
 我々はよいニュースも悪いニュースも分かち合わねばなりません。敗北も勝利も分かち合わねばなりません。そして戦争の行く末を、よい方向に変えていかねばならないのです。

 今のところ、ニュースは悪いものばかりです。我々はハワイにおいて手痛い打撃を受けました。フィリピンにおいても、我々の軍隊と、かの国の勇敢な人々は、痛打を加えられました。しかし彼らは必死に防戦を行っています。グアムやウェイク島、ミッドウェイ島からの報告はいまだ混乱しています。しかし我々は、これら3ヶ所の基地が持ちこたえていると信じて知らせを待ちましょう。

 開戦から数日間の死傷者の数は信じられないほど多いものです。陸海軍将兵のご家族の方、また爆撃を受けた町に住む方のご親族の方のご心配は心からお察し申し上げます。私が今お約束できるのは、皆さんに一刻も早く確実な知らせを届けるべく努力するということだけです。

 政府は国民の皆さんの心の強さを信じています。ですから常に事実を公共の場に提供いたします。ただし、ふたつの条件があります。ひとつは、その情報が確実かつ公式に確認されたものであること。もうひとつは、その情報をその時点に発表することによって、直接あるいは間接に敵の利益となることがないのが明らかであること。このふたつです。

 流言に惑わされないよう、国内の皆さんに強くお願いいたします。戦争中には、とてつもない破滅のかけらのようなうわさがあちこちを飛びかうものです。情報は、すべて吟味され、鑑別されねばなりません。
 ひとつ例をあげましょう。率直に申しまして、真珠湾においてわが軍の艦艇にどれだけの損害があったか、私はまだ確かな情報を得てはおりません。それを手に入れるまでにはさらなる調査が必要でしょう。
 もちろん、疑いなく損害は重大なものです。しかし今の時点では、だれもその損害の程度がどれほどのものであるか口にすることはできません。それができるようになるのは、この損害のうちどれだけが回復可能なものであり、必要な修理がどれほど迅速に行えるものであるのかがわかってからなのです。

 他の例をあげますと、日曜の夜に、パナマ運河地帯に日本の空母が現れ、そこで沈められた、という言説が流れました。皆さんがこれを聞いた時、話し手はいわゆる「当局筋」から聞いた話だ、と言ったかもしれません。しかし、戦時下という時局柄、今や「当局筋」という言葉は、政府当局に所属する人間を指すものではないのだということが皆さんにも明らかにおわかりだと思います。

 我々の耳にする数々のうわさ話や体験談などが、実は敵から流されたものだということも十分あり得ます。端的な例をあげますと、本日、日本軍はハワイにおける彼らの作戦の結果として太平洋の海上支配権を獲得したと主張しました。これはナチスによって何度も用いられたたぐいの、使い古された策略にすぎません。この妄想的な主張の目的は、疑いもなく、我々の間に恐怖と混乱をまき散らすことにあります。さらには、それによって我々が、敵がのどから手の出るほど欲しがっている軍事情報をもらすように仕向けることを狙っているのです。
 我が国の政府は、そして合衆国の国民は、決してそのようなあからさまな罠にははまりません。

 我々の一人一人が、だれしも忘れずにいなければならないことがあります。我々が現代において享受している自由で迅速な情報交換の手段は、戦時には大幅に制限されるということです。遠く離れた戦場から、完全な内容の、素早い、正確な情報が届くということはあり得ません。特に海軍作戦においてはそうです。無線通信が魔法のように発達した今日においても、個々の部隊の指揮官が自らの行動を完璧に打電して報告することは不可能です。なぜなら、それは敵によって傍受されるかもしれず、それによって自らの位置や攻撃あるいは防御の作戦計画を暴露する可能性があるからです。

 ある作戦情報が公式に確認されたり否定されたりするまでには、いくらかの遅れが生じることでしょう。それは避けるべくもないことです。しかし、政府がそれを真実と知り、敵がその情報の開示によって利益を得ることがないならば、政府は国民の前から真実を隠すことはありません。

 次に、新聞と放送局各社に申し上げます。あなたがたにはアメリカ国民の目と耳に対して働きかけているという責任があります。それは今、そしてこの戦争が続く限りやむことのない最も厳粛な責任です。
 もしあなたがたが、政府は真実を十分に開示していないと思うのならば、あなたがたにはそう申し立てる権利があります。しかし、事実の全てがもたらされておらず、あるいは公式に開示されていない時に、未確認の情報を、あたかもそれが疑いのない真実であるかのようにして国民に広めることは、愛国的な倫理に照らして、あなたがたの権利には含まれません。

 あらゆる生業につくすべての市民には同様の責任が求められます。われらが陸海軍の将兵の生命、ひいては我が国全体の未来は、我々一人一人全員がその義務を果たすか否かにかかっているのです。

 ここでしばらく、近年の情勢とこれからのことについて語ることといたします。フランスの降伏から一年半がたちました。この事件によって、世界中が機械化部隊の威力と、それを枢軸諸国が長年にわたって準備していたということを知りました。アメリカはこの一年半を使って長足の進歩を遂げました。敵の攻撃が我々に対していかに素早く襲ってくるものかということを知り、我々はただちに産業生産力を高め、近代戦が要求する数々のものを供給できるようにしました。

 膨大な戦争資源を、枢軸諸国の攻撃からからくも持ちこたえている諸国に送ることによって、貴重な数か月間を稼ぐことができました。我々の政策は、ヒトラーや日本に対して抵抗している諸国を防衛することは、長い目で見れば我々自身を防衛していることになる、という基本的な事実に基づいています。その政策は正しかったと証明されました。これによって我々は時間を、かけがえもなく貴重な時間を稼ぐことができたのです。それによって、アメリカは現在の生産力を確立することができたのですから。

 生産設備は今や稼働し始めています。今は未完成なものも、じきに完成するでしょう。とめどない流れとなって、戦車や飛行機が、大砲や軍艦が、砲弾やその他もろもろの装備が作られています。これが、我々が稼いだ18ヶ月間の成果なのです。

 しかしそれは、成さねばならないことのほんの始まりにすぎません。我々は、巧妙で強力な敵との戦争に正面から立ち向かわねばならないのです。真珠湾へ行われたような攻撃は、まだいくつもの場所で繰り返されるかもしれません。そこはふたつの大洋の中のどこかかもしれませんし、我が国の二本の海岸線のどこかかもしれません。あるいは地球のこちら側の半球の、また違ったどこかかもしれないのです。

 戦争は長いものになるでしょう。そればかりでなく、苦しいものになるでしょう。我々が立てている計画は、すべてその覚悟にもとづいてなされています。お金や原材料をはじめとして、我々が必要とし、求められるすべてのものは、同じ覚悟にもとづいて計りとらねばなりません。要求される生産量は2倍になり、4倍になり、さらにますます増えていくでしょう。生産は我々自身の陸海空軍のためだけのものではありません。我々の生産は、ナチスや日本の軍国主義者と戦っている、南北アメリカ大陸中の、そして世界中の国の陸海空軍のためにも行わなければなりません。

 私は今日一日をかけてこの生産計画についての作業を進めてきました。その結論として、皆さんの政府は次のふたつの政策を定めました。

 まず最初に、現在ある生産力を加速すること。そのためには、すべての軍需産業と必要な資源の生産は、週七日間、土日なしの勢いで働かねばなりません。
 次の政策は、いま形となりつつありますが、生産能力を急いで増強すること。さらなる新しい工場をいまある工場に加え、また小さな工場をも有効に使って軍需生産のために使うことです。

 過ぎにし何ヶ月もの間、我々は何度も障害や困難に出くわしました。対立や議論がありました。無関心や冷淡さも見られました。それらはもはや過去のものです。私は、そんなものはみな忘れ去られたものと信じています。
 現実を見ましょう。我が国はいまや、首都ワシントンにおいて多数の有能で専門技能を持った男女によって組織された戦争指導機構を持っています。私は、そして我が国は信じています。国じゅうのさまざまな場所で持ち場についた人々が、自分たちひとりひとりの責任を果たしながら協力し合っていることを。そして人々が、過去のどんな時代にもまして強い団結心を持っているということを。

 これから歩んで行かねばならない道には、つらい仕事が待っています。昼も夜も、どの一時間も、どの一分も、身を粉にして働かねばならないのです。

 ここまで私は、これから我々すべてが支払わねばならない犠牲について話してきました。
 しかし「犠牲」ということばは、ここで使うにはふさわしいものではなかったかもしれません。合衆国は、この国が自分自身の存在と未来の命のために戦っているいま、ひとりひとりができ得るすべてをなし、この国のために最善をつくすことを「犠牲」とは考えません。

 それは「犠牲」ではありません。それは合衆国陸海軍に属するすべての将兵、老いも若きもすべてにとってでさえ、「犠牲」ではありません。これはむしろ「名誉ある権利」なのです。
 それは「犠牲」ではありません。実業家にとっても労働者にとっても、農民にとっても商店主にとっても、鉄道員にとっても医者にとっても、もっと税金を払うこと、もっと国債を買うこと、自分の利益を後回しにすること、自分のいるべき場所で、自分の仕事に、より長くより精を出して励むこと。これらは「犠牲」ではありません。むしろ「名誉ある権利」なのです。
 国の守りにとってそれが必要ならば、身の回りにあって当然な品物であっても、それをなしで我慢して過ごすことも、「犠牲」ではありません。

 本日午前に検討を行った結果、現在のところ我々は、通常の食料消費を切り詰める必要はないという結論に達しました。こんにち、国民すべてのために十分な食料があります。のみならず、世界中で我々の側に立って戦うすべての人々に送るための食料も十分確保されています。
 しかし、民生用のさまざまな種類の金属については、明らかに顕著な不足が生じるでしょう。それは、政府の立案した生産計画によれば、軍需のために必要な主要金属の量は、昨年一年間に民生用に消費された量の半分以上を新たに軍需に割かねばまかないきれないという、明確な事実に基づいています。そうです、われわれはさまざまなものを完全に我慢しなくてはならないのです。

 しかし私は、この国のあらゆる部門に暮らす人々が、個人の生活においても戦争に協力する覚悟ができていると信じます。戦争が続く間、人々がその費用の大きな部分を喜んで負担するであろうと信じます。人々がいろいろなもの、物質的なものをなしで過ごせと言われれば、喜んでそれなしで過ごすであろうと信じます。
 そして私は、それにもかかわらず、人々が精神的に重要なものを失わずにいられると信じています。この精神的なものこそが、それなしでは戦争に勝つことのできない、真に重要なものなのです。

 今一度申し上げますが、合衆国は勝利以外の結果を受け入れることはありません。それも最終的な、完全な勝利です。日本の裏切り行為によって受けた恥辱を晴らすだけではなく、世界にはびこる野蛮な行為の源を、それがどこにあるものであろうと、完全に、最終的に破壊しなければならないのです。

 昨日私が議会に送った教書の中で、私は「この種の裏切り行為が我々を脅かすことが二度とないようにしなければならないと確信します」と述べました。この確信を現実のものにするために、我々は大いなる使命に取りかからねばなりません。この使命はかつて見過ごされてしまいました。それは、我々が殻の中に閉じこもって、人間性を保っている世界の他の地域から孤立していられるという幻を見ていたために起こったことでした。

 しかし過ぎにし数年において、そしてこの3日間において最も暴力的に、我々は痛みをもって学んだのです。
 我々はそれを決して忘れてはなりません。そしてそこから学ばねばなりません。
 それはそこで亡くなった人々に対する、そして遺された子供たちに対する、さらには我々すべての子供たちに対する義務なのです。

 さらに我々が学んだことがあります。
 悪党どもの理論が支配する世界においては、どんな国にとっても、どんな個人にとっても、安寧というものは存在しないということ。
 何の前触れもなしに邪悪で卑怯な攻撃をしかけてくる強大な敵に対しては、確実な防衛というものは存在しないということ。
 我々の存在するこの大洋に囲まれた半球であっても、そこはもはや強力な攻撃を受けることから無縁の場所ではないということ。我々はもはや、どんな地図上においても、我々の安全圏をマイルの単位で測ることはできません。

 我々は、敵がみごとに我々をあざむき、完璧に時期を測り、すぐれた技量をもって計画を実行したことを認めざるを得ません。それは全くもって卑劣な行いであったのは確かです。しかし、現代における戦争というのは、ナチがそれを行ってきたのを見ればわかる通り、きたない仕事なのです。それは好ましくないことですし、それに首をつっこむのはいやなことです。ですが、我々はもうそのただなかにいるのです。我々は手に入るすべての手段をもって戦い抜かねばならないのです。
 私は、いかなるアメリカ人も、我々の能力に対して疑いを持っていないと確信しています。我々は、このような犯罪行為を行った者どもに対してふさわしい罰を与える能力を持っているのです。

 政府は、このようなこともつかんでいます。この何週間かの間に、ドイツは日本に対して、もし日本が合衆国を攻撃しなければ、日本はこの戦争が終わった後において、戦利品をドイツと分け取りにすることはできない、と告げていました。さらにドイツは、もし日本が参戦するなら、日本は太平洋全域における完全で永続的な支配権を手に入れることになると約束したのです。太平洋全域ということは、それは極東地域のみならず、太平洋上の島々や、この大洋をふちどる北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカの西海岸を含むことは明らかです。

 政府はさらに、ドイツと日本がその陸海軍力をもって共同作戦計画を企てていることもつかみました。その計画は、枢軸国に与しないすべての国とすべての国民を、枢軸諸国の共通の敵とみなすものです。
 これが彼らの単純かつ明白な世界戦略なのです。このような世界戦略に対しては、同じような世界戦略をもって立ち向かわねばならないと、全てのアメリカ人が思うことでしょう。
 たとえば、日本が合衆国に対して太平洋で成功をおさめれば、それはドイツのリビア作戦にとって助けとなります。ドイツがコーカサスでおさめるどんな成功も、日本が行う蘭印作戦にとってこの上もない助けとなります。ドイツのアルジェやモロッコに対する攻撃は、ドイツが南アメリカやパナマ運河地帯に対して行う作戦の道を開くこととなるのです。こういったことを、我々は実感として感じていかなければなりません。

 同じことを反対側から見れば、ドイツに対するゲリラ作戦、たとえばセルビアやノルウェーでの戦いは我々の助けになります。ロシアが攻勢に成功すれば、それも我々の助けになります。イギリスが陸上なり海上なりで、世界のどこであっても成功すれば、それは我々の力を強めることになります。そういったことも我々は理解しなければなりません。

 ドイツとイタリアは、公式な宣戦布告のあるなしにかかわらず、こうして合衆国と戦争状態にあるということを、イギリスやロシアと戦争状態にあることと同じ重みで考えているのだということを覚えておいていただきたいのです。そしてドイツは、南北アメリカ大陸にある他の諸国をも、「敵」という同じカテゴリーに入れています。地球のこの半球の諸国の皆さんは、この事実を前にしてどう思われることでしょうか。望むところだ、と思われるかもしれません。

 我々が目指す真のゴールははるかに遠く、むごたらしい戦場の彼方にあります。我々が力に頼らねばならない時、いまはまさにその時ですが、我々はその力を究極の善に向けて、常に悪に対抗して用いねばなりません。我々アメリカ人は破壊者ではありません。建設者なのです。

 我々は今や戦争のただなかにありますが、この戦争は征服のためのものではありません。復讐のためのものでもありません。この戦争は、この世界が、この国にとって、この国が体現する全てのものにとって、安全なものであるように、そうあり続けるようにするためのものなのです。我々は日本からの危険を除き去ることを希望しています。しかしそれを成しとげた時に、世界の残りの部分がヒトラーとムッソリーニに支配されてしまっていたとしたら、それはまったく意味のないことです。
 我々は戦争に勝つために戦います。それと同時に、戦争のあとに来る平和のために戦うのです。

 このいまの苦難の日々の中で、そしてこれから来るかもしれない暗黒の日々の中で、我々は人類のうちの大多数が我々の側に立っていることを感じるでしょう。多くの人々が我々とともに戦っています。すべての人々が我々のために祈っています。我々が自らの大義を体現するとき、同時に世界中の人々の大義をも体現しているのです。神のもとでの自由への希望、それがひとつの大義なのです。


listen it on YouTube!


“Fireside Chat” by President Franklin Delano Roosevelt on December 9 1941
This page is based on the article of the site “The American Presidency Project.”
The original article is linked here.



目次ページにもどる