「恥辱の日」演説

 この記事は、日本軍による真珠湾攻撃の翌日、ローズヴェルト大統領が議会に対し対日宣戦を求めて(アメリカでは宣戦の権限は議会にある)行った演説の和訳を掲載したものである。
 この演説は、冒頭にある句を取って「「恥辱の日」演説」 The Infamy Speech として知られるもので、アメリカ国民と議会に対して、日本の卑劣な行為と、それに立ち向かうアメリカの決意を示した演説である。
 和訳の底本としては、The American Presidency Project 所載のテキストを使用した。





「恥辱の日」演説

アメリカ合衆国大統領 フランクリン・デラノ・ローズヴェルト
1941年12月8日、アメリカ合衆国議会にて


 昨日、1941年12月7日、将来「恥辱の日」として記憶されることになるであろうこの日に、アメリカ合衆国は突如、日本帝国海空軍による意図的な攻撃を受けました。
 合衆国はかの国とは平和状態にありました。また、日本側の懇請により、日本政府及び天皇との間に、太平洋における平和を維持するための交渉を続けていたところでありました。

 実際、日本軍の航空編隊がアメリカ領オアフ島に対して爆撃を開始した時刻の1時間後に、日本の駐米大使は同僚を伴って、我が政府の国務長官に対し、先日アメリカが発したメッセージに対する公式の回答書を手交したのであります。
 そして、この回答書は、現在行われている外交交渉を継続することはもはや無意味なものであることを述べておりましたが、その中には戦争や武力攻撃の脅迫や示唆の類は含んでいなかったのであります。

 日本とハワイの間の距離に鑑みて、この攻撃は何日も、いや何週間も前から、意図的に企てられていたものであることは明白であるということを銘記しておくべきでありましょう。交渉の期間を通じて、日本政府は、平和の継続に関する偽りの声明や意思表明をもって、意図的に合衆国を欺こうとしていたのであります。

 昨日のハワイ諸島への攻撃は、アメリカ陸海軍に対し重大な損害をもたらしました。そして残念なことに、多くのアメリカ人の命が失われたのであります。それに加え、サンフランシスコとホノルルの間の公海において、アメリカの艦船が雷撃を受けたとの報告も入っております。

 昨日、日本政府はマレーに対する攻撃をも発動しました。
 昨夜、日本軍は香港を攻撃しました。
 昨夜、日本軍はグアムを攻撃しました。
 昨夜、日本軍はフィリピン諸島を攻撃しました。
 昨夜、日本はウェーク島を攻撃しました。
 そして今朝、日本はミッドウェイ島を攻撃しました。

 すなわち、日本は太平洋全域にわたって奇襲攻撃を開始しているのであります。これは事実に照らして間違いようのないことです。合衆国国民はその意思をすでに固めております。この事態はすでにわれわれの生命と安全そのものに関する問題であると理解しているのです。

 合衆国陸海軍総司令官として、私は我々の防衛について必要なすべての手段を講じるように命じました。そしてまた、我が国の全国民に対し、我々に対してなされたこの攻撃の性質について決して忘れてはならないと訴えるものであります。

 この周到に準備された侵略に打ち勝つまでどれだけ長い年月がかかろうとも、アメリカ国民は、その正義の力をもって、決定的な勝利を勝ち取るまで戦い続けるでありましょう。

 私はこの演説で、我々は自らをとことんまで守りきるであろうということを、またそれだけではなく、この種の裏切り行為が我々を脅かすことが二度とないようにしてやるのだということを強調してまいりました。これが、我が国の議会と我が国の国民の意志を代弁しているものと私は信じます。

 敵対状態が存在するのです。我が国の国民、我が国の領土、我が国の財産が重大な危機に面しているという、その事実の前に目をつぶることがあってはなりません。

 我々の軍隊に対する信頼のもと、我が国民の固い結束の意志をもって、我々は必ずや勝利をつかみ取ります。神よ我らを助けたまえ。

 私は、1941年12月7日日曜日に日本が行った、こちらの挑発なしに行われた卑劣な攻撃の時点から、アメリカ合衆国と日本帝国との間に戦争状態が存在することを宣言することを、ここに議会に対し求めるものであります。


listen it on YouTube!

“The Infamy Speech” by President Franklin Delano Roosevelt on December 8 1941
This page is based on the article of the site “The American Presidency Project.”
The original article is linked here.



目次ページにもどる