アスカのドイツ語

〜新世紀エヴァンゲリオンテレビ版第八話「アスカ、来日」より〜


 アスカが弐號機を起動させるときに唱える「謎の真言密教の呪文」だが、耳で聞く限りにおいてはこういうふうに聞こえる。

「エル・ツー・エル・フーユング、アンファング・デア・ベウェーグング、アンファング・デア・ネルベン・アンシュース・エス、オーゾーリーズィーズ・フォン・リンクスクライグング、シンクロ・スタート。」

 で、ネットをあさってみると、こういうふうに言いたかったらしい。

"LCL Füllung. Anfang der Bewegung. Anfang des Nervenanschlusses. Auslösung von Linkskleidung. Synchro-start."

 和訳すると意味はこういうふうになろうか。
「LCLの充填。起動の開始。神経接続の開始。プラグスーツの解放。シンクロスタート。」

 ちなみに巷間流布している「ドイツ語」では "Auslösung" ではなく "Ausloses" となっているが、そういうドイツ語の単語はない。"Auslosen" なら「くじで選ぶ」という意味だが。
 "Nervenanschlusses" も、だいたいのサイトでは "Nerven Anschlusees" というつづり違いのまま流布している。


 いずれにせよこれはあんまりまともなドイツ語には見えない。私が書くならこうするだろうか。

"LCL gefüllt. Bewegung fängt an. Der Nervenanschluss fängt an. Löse die Steckkleidung aus. Synchro-start."

「LCL充填完了。起動開始。神経接続開始。プラグスーツを解放せよ。シンクロスタート。」

 「プラグスーツ」だが、原文では「(エヴァと)リンクするためのスーツ」という感じで "Linkskleidung" と言っているが、ドイツ語で「リンク」は "Link" とはあんまり言わないので、「プラグ」を直訳して "Steckkleidung" とした。
 "Start" はドイツ語でも外来語として通用するらしい。ただし発音は「シュタート」である。

 ちなみに上をカタカナで書くと、
「エル・ツェー・エル・ゲフュルト。ベヴェーグング・フェングト・アン。デア・ネルヴェンアンシュルス・フェングト・アン。レーゼ・ディー・シュテッククライドゥング・アウス。ズュンクロ・シュタート。」
となる。

(2. August 2009)

 YouTube で、このシーンの日・英・独語版の比較、というのを見つけた。 (リンク)
 ドイツ語版では原版を一切無視しているのが笑える。
(14. November 2009)




〜新世紀エヴァンゲリオンテレビ版第弐拾弐話「せめて、人間らしく」より〜

 この回のドイツ語は、八話の「真言密教の呪文」からはかなり進歩している。が、やはり意味をなさない個所も多い。
 とりあえず、耳で聞いたままをドイツ語の単語に落とし込んでいくと、次のようになる。

Hallo, Mutter! Aha! Wir haben lebt gar nicht gehen.
Danke schön. Und du?
Soll ich dir bekannt machen?
Aha! Ach, niemals! Er ist einsamer Mensch!
Ja. Ja. Wirklich?
Aha, so! Das ist aber toll! Phantasie!
Harf ich es gibt keine Regen.
Es ist bald zu Bett gehen. Auf Wiederhören! Gute Nacht!


 これをもとに、アスカに言わせたかったであろうドイツ語を復元すると、以下のようになるだろうか。

Hallo, Mutter! Ach! Wir haben uns so lang gar nicht gesehen.
ハロー、ムター! アハ! ヴィア・ハーベン・ウンス・ゾー・ラング・ガール・ニヒト・ゲゼーエン。
「もしもし、お母さん? ずいぶん長い間ぜんぜん会ってないわね。」

Danke Schön! Und du?
ダンケ・シェーン。ウント・ドゥー?
「ありがとう。そっちはどう?」

Soll ich dir ihn bekannt machen?
ゾル・イヒ・ディア・イーン・ベカント・マッヘン?
「(シンジを)紹介しなくちゃダメ?」

Ach! Haha, niemals! Er ist ein einsamer Mensch!
アハ! ハハ、ニーマルス! エア・イスト・アイン・アインザーマー・メンシュ!
「きゃっ、あはは、ぜんぜん違うわよ。あいつはまるで孤独なやつなんだから。」

Ja. Ja. Wirklich?
ヤー。ヤー。 ヴィアクリヒ?
「うん。うん。本当?」

Ach, so! Das ist aber toll! Phantastisch!
アハ、ゾー! ダス・イスト・アーバー・トル! ファンタースティッシュ!
「きゃっ、そうなの? すてきじゃない! 信じられない!」

(一文不明)

Ich muss bald ins Bett gehen. Auf Wiederhören! Gute Nacht!
イヒ・ムス・バルト・インス・ベット・ゲーエン。アウフ・ヴィーダーヘーレン! グーテ・ナハト!
「もうそろそろ寝なきゃ。さようなら。おやすみなさい。」


 「もうそろそろ寝なきゃ」の前の文は、全く意味不明。「こっちではぜんぜん雨が降らないの」とでも言っているのかとも思うが、文脈的に難がある。しかたがないので不明のままにしておいた。
 ところで、シンジのことを "ein einsamer Mensch" などと言っているが、これは相当シンジに失礼な言い方である。"Mensch" というと、「やつ」とか「野郎」といった感じの語調になる。


宮村優子のドイツ語の特徴:
Ach Aha になっている。Aha! は、「そうだったのか!」という意味なのだが。
gehen などの h を発音している。これは南ドイツ・オーストリアの方言である。そのわりには、南ドイツ方言の特徴である「s が有声化しない」というのはやっていない。
so などの o の長母音を【ou】と発音している。これは英語の悪影響。
・語末の子音が不明瞭。特に語尾の -n。これがドイツ語に聞こえない大きな原因となっている。

(8. November 2009)



目次ページにもどる