Hahnenrippen 出張所:
西郷どん 感想
6話まで書いた。





 西郷どん感想、1話。
 薩摩の郷中の空気というのはまあまあ描けていたのではないかと思う。
 ただ、女の格好の「実験」をする小吉はあまりに奇矯。父上は見つけた瞬間殴り飛ばしてもいいと思う。
 概してみんなしゃべりすぎ。薩摩ってもっと口より先に手が出る国じゃないのか。父親に口答えなんて論外だろう。
 斉彬様はやはりすごくかっこいい。久光様は本物そっくり。
 しかし馬上の斉彬様のセリフは陳腐。もうちょっと気の利いたことが言えなかったものか。斉彬様に対してべらべら泣き言を並べる小吉も興ざめ。
 糸を男装させて出す理由がわからない。別に後年フェミニストとして有名になる人でもないよね?
 薩摩弁は、まああんなものか。子役たちはさすがに吸収するのが早いね。ただ、「小さか」とは言わないのじゃないか。「こまか」では?
 それにしても、あの空気の中で共通語で通す松坂慶子はさすが松坂慶子ではある。
 腔発事故での佐山先生の存在感はさすが。

 「薩摩弁がわかりにくいから字幕をつけろ」という声が今年もあるそうな。かなりわかりやすくしてあると思うけどね。他国の方言はわからないものと頭から決めつけている人がいるのだろう。
 いっそのこと、字幕をつけるという前提で、当時の本当の薩摩弁でやらせるというのはどうだろうか。ブルーレイの副音声に入れるとか。





 西郷どん感想、2話。
 あまりにも「若い武士の立志伝第一話」のテンプレートすぎて笑いも出ない。
 それにしても、斉彬は劇中でも触れられていたように極度の浪費家であり、薩摩藩の民政の苛斂誅求は幕末までずっと続くのだが、そのへんはあとでフォローなど入るのだろうか。
 これから吉之助は奄美に流されるので、そこで薩摩藩の構造的問題に触れる機会はあるから、そこに期待することにしよう。でも解決はしないんだよね。

 吉之助が在に行くのは公務だぞ。女子がついて行っていいわけないじゃんか。糸さん何考えてるんだ。

 薩摩藩の貢租は米の搾取を主眼とするそうである。従って、年貢が足りないから娘を売って銭を得るというのは農村にとって解決にはならない。
 娘は米を生み出す農業労働力として必要な働き手であり、支配層から見ても、それを都市労働者に転換することに何らうまみを見いだせない以上、娘を都市に売ることは御禁制だったのではあるまいか。
 また、農民は「門(かど)」という一族集団に拘束されており、一家族の都合でその要員を売ったりすることが許されたかどうか疑問である。
 「薩摩藩での農民社会は農奴制ともいうべきもので、農村に貨幣経済は浸透していなかった」という指摘もある。
 薩摩の異常な農村社会の描写にあたっては、一般常識的な「江戸時代の農民(それも江戸近郊の)」との相違に留意する必要があると思うのだが。
(参考サイト)





 西郷どん感想、3話。
 薩摩藩内で、小判で米が買えるのだろうか。
 なんとなく薩摩藩内では米は商品として流通していないんじゃないかという疑いを持っている。
 大半は生産地で消費され、わずかな余剰は鹿児島城下で食いつくされて、売るほど余ってないんじゃないだろうか。これって偏見?





 西郷どん感想、4話。
 みんな、だまされちゃいかん。ロシアンルーレットはあれをやってたのが渡辺謙と鹿賀丈史だったから見られたのであって、仮に普通の役者だったら見るに耐えないものになっていたはずだぞ。
 役者のパワーさえ十分なら納屋の扉だって飛ぶ※かもしれないが、最初からそれを期待して脚本を書くのはいかがなものかと思う。
※あれ?混ざってる?「納屋の扉」は「スカンク・ワークス」じゃなくてメッサーシュミット博士か。
 本来なら、幕府と朝廷に根回しして斉興隠居に持って行こうとする斉彬と、たとえ家督を継いでも斉彬の好きにはさせまいと家中から斉彬派を追放する斉興の頭脳戦が見られるはずだったのに……。

 なんか吉之助は毎回父親に口答えしてるような気がする。寛容な家風ですな。





 西郷どん感想、5話。
 今回は本当に題名通りの内容しかない。相撲を取って勝ちました。あとは糸さあの下駄。
 それにしても、主君を相撲で投げたら牢に入れられるのか。誰の判断だ。

 徳井優(山田為久)ははまり役だな。

 ジョン万次郎って薩摩にいたっけ? と思って検索したらずばりこの時期に薩摩にいた。琉球に上陸して薩摩藩の役人に捕えられていたのだ。

 毎年同じようなことを書いてる気がするが、こんなのんびりペースで西南戦争までたどり着くのか。
 21世紀大河史上最も西南戦争をじっくりやったのが「八重の桜」、というのが本作後も変わらないなんてやだよー。
 ちなみに平成大河史上最も禁門の変を〜は「八重の桜」で、〜長州征伐を〜が「龍馬伝」であるのは言うまでもない。




 西郷どん感想、6話。
 なんとなく、「なんでも西郷の手柄」「やたら出しゃばる小娘」というところで、過去の忌まわしい記憶が呼び起こされつつある。
 西郷吉之助の史実の人生をたどるだけで、彼の数限りない功績が出てくるのだから、それによけいなものを付け加えている暇はないと思うのだが。
 単純に「斉彬編」「島編」「討幕編」「明治編」の4クールに分けるとしたら、もはや最初の1クールの半分が過ぎてしまっているのである。
 島編を削って斉彬編に回すとしても、
・島にいた時期の薩摩藩の内情も多少は説明せねばならない
・討幕編はそれなりの余裕のある尺が必要
といった必要上、島編から取れる尺はせいぜい半クールだろう。
 となると、来週にも「斉彬編」本格始動にしないと間に合わないところである。
 まあ、予告を見ると次回で江戸に行くようなので大丈夫ともとれるが、同時に次回は嫁を取ったり父母が死んだりと個人生活にも尺が食われるので、尺がきついのには変わりはない。
 それを思うと、前回・今回は貴重な時間を空費した回ではなかったかと思う。前回冒頭でいきなり「吉之助、嫁を取れ」「糸さあにも縁談が」という話にしても成り立っただろう。




 西郷どん感想、7話。
 なんか毎回、内容がひとことふたことでまとめられてしまう。
 今回は「嫁を取りました。両親亡くなりました」だし、前回は「ジョン万次郎に会いました」だし、その前は「相撲を取って殿に勝ちました」、ずっとこの調子。
 何なんだろうな、その他の感慨を呼び起こすことがないんだよな。

 「ラブで結婚できる世の中にしてたもんせ」とは言われても、「労咳でも死なん世の中にしてたもんせ」とは言われないんだな。実現する時期は同じようなもんだと思うが。



目次ページにもどる