大河ドラマ短評


2004 新選組! 適度なケレン味のあるダイナミックな脚本。エピソードの取捨選択も悪くない。キャラクターは非常に生き生きとしていて良い。

2005 義経 正統派歴史大作。適度な刈り込みにより重点を押さえたエピソード。キャラクターと俳優の高いレベルでの合致。

2006 功名が辻 最初は下級武将の生活感が出ていてよかったが、途中からはいつもの司馬太閤記。キャスティングはそれほど良くない。

2007 風林火山 ツッコミ所満載のドタバタコメディ。デスラー総統とGackt。原作? 豚にでも食わせろ。緒形拳の遺作。

2008 篤姫 破綻はないが、主人公を万能に描きすぎ。取り立てて良いところもないドラマ。

2009 天地人 あたら良素材を殺しに殺しまくった駄作。キャラ立ち皆無。説明皆無。エピソード無視。

2010 龍馬伝 主役の立ちとキレが非常に良い。脇も良い役者が出ていてキャラも立っている。筋は途中ダレが出たか。

2011 江 演出はもはやファンタジー。ペース配分間違いまくり。結局はいつもの織豊徳ドラマで食傷気味。キャスティングにも疑問点多々。

2012 平清盛 題材・内容・演技とも非常に良いドラマだが、参考書必須ということで単体としてはどうか。後半やや失速。

2013 八重の桜 前半の会津藩から見た幕末〜戊辰戦争だけでおなか一杯になれる。明治は付け足し感があるがつまらないわけではない。

2014 軍師官兵衛 一部を除いて、キャラクターがみな死んでいる。「軍師」官兵衛のいいところがまるで描けていない。終盤はダイジェスト感横溢。

2015 花燃ゆ 歴史上の偉人に対する冒涜レベル。路線ブレブレ。捏造入りまくり。演出にも見るものなし。どうしようもない。

2016 真田丸 とにかくキャラクターとそのセリフが生き生きと個性的でよい。大胆なエピソード刈り込みで、難しいペース配分をうまく処理した。終盤投げっぱなしのところはあったが許容範囲。



もとのページにもどる
目次にもどる