「光る君へ」感想


2024年の大河ドラマの感想です。
19話まで書いた。
(11話へ飛ぶ)
(目次へ) (トップページへ)

関連リンクページ
大河ドラマ短評2004〜 リンクしたページの末尾から、いくつかの大河ドラマ個別の感想ページに飛べます。



 大河ドラマ「光る君へ」感想、第1話。
 第一話見た感触ではかなりいい。わくわくする。まひろちゃんの性格造形が良い。伏籠のうちにこめたりつるものをが良い。三郎のソフト知性(とっさにまひろちゃんに話を合わせるとことか)が良い。師貞親王の変顔が良い。
 道兼、死穢に触れてもいいのか、とは思ったが、似たシーンは名作「平清盛」にもあったのでとりあえずスルーすることにする。

 平安時代だと、「菓子」(除果実)と言えば餅しかないんだろうなぁ、と思ったら、粉を練って油で揚げた「かりんとう」の類もあったらしい甘味は飴でつけるのか。

 あの三石琴乃を登場30分間無言で出すという大胆な脚本。いやこれは皮肉で言ってるんじゃなく。

 履物の鼻緒はあれでいいのか?横一本じゃないのか?

 「まひろちゃん」でツイ検すると違うものの方が優勢で困るw

 「伏籠」でツイ検すると、日本の古典教育も捨てたものではない、と希望の光が見える。まあ、源氏物語の原文の中では冒頭と並んで特に有名な部分だからな。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第2話。
 引き続きまひろちゃんの性格造形がいい。本音のところでは大路も走りたいし口も押さえずガハハと笑いたいけれど社会の体面上それはなかなかできない、その鬱屈を歌や物語で晴らす、という形なのか。

 実資、あんなガタイのいい人だったとは知らなかったw あの体で事細かに日記を書いていたのか(体は関係ないだろ)。

 源義朝が懸命に働いて戦時にやっとのことで嫡男に与えることができた官位が右兵衛権佐(唐名「武衛」)、右大臣殿の三男坊が元服直後にほぼ自動的にもらえる官位も右兵衛権佐。身分制というのはつらいものです。

 師貞親王、漢文はだめでも歌はうまいんだよね? バカじゃなかったというところはキャストでもわかるけど。

 小遊三師匠は何で支払いを受け、まひろちゃんは何でバイト代をもらっていたのだろう? 小遊三師匠がもらったものは何? 平安時代中期の都の経済はどうなっていたのかいまいちわからない。

 大人の女性の履物は横一本の鼻緒、ということなのかね。

 予告。公任が出るとどうしても「道長、一分だけいいかな?」と言ってすごい勢いでしゃべり出しそうな気がしてならない。
 「雨夜の品定め」やるのかな?

 今年は昨年とは違った意味で書きたいことがいっぱい出てきそうな気がする。また特設ページを作るかなー。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第3話。
 貴婦人のサロンが「うわあ……」という感じ。同じ下級貴族なら、男で大学寮に入って役所でまじめに勤め、受領になるのを目指すくらいの方がよっぽど気が楽だ。王朝キャリアウーマンへの道はけわしいなあ。

 ロバート実資いいじゃないか。こういう人が一年間登場し続けるのは小気味よい。

 呪詛は本当に効いたのだろうし、狐狸の類もほんとにいたんだろうなあ。そういう世界。

 赤染衛門さん、まひろちゃんより年上とはいえ、まだ20代前半なのか。女房勤めは、早いうちに才能を見出される必要があるのね。その意味でサロンの主の責任は重い。

 いまのところ紫式部は「まひろさん」だけど、「清少納言」とか「赤染衛門」という筆名?はどうやってつくものなのだろう。たいてい父親の官職からついているようだが。いまの時点でまひろさんに筆名をつけるなら「藤播磨」「藤進士」とかになるの?あんまり筆名っぽく見えない。
 でも「右近」とか「伊勢」の例もあるか。

 定子様ご登場。かわいい。

 次回は「少女」の巻か。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第4話。
 盗賊の話は「今昔物語」で読んだなあ。あれはすごく面白かった。しかし、贓物を売りさばくのも、貨幣経済が発達していないと難しい。平安京の経済世界はわからないことばかりだなあ。

 詮子さん大変だなあ。もっと自然に摂関家のキーパーソンになるのかと思っていたが、かなりネガティヴな感情があったのだね。自分の生んだ一条帝を守るために、心を鬼にして政治的な存在になったということか。

 宣孝さんも蔵人で左衛門尉なのか。有能な人なのね。

 師貞親王は円融帝の兄の子なのだね。兄の冷泉上皇はずっと存命なのか。このへんの皇位継承問題は複雑すぎる。鎌倉末に匹敵する緊迫した情勢だったようだ。

 五節の舞姫ってもっと見た目で選ばれると思っていたが。

 まひろさんが「道兼」の名を言いにくそうに言う演技はとてもよかった。

 袍の色についてちょっと検索してみた。(リンク1) (リンク2) (リンク3)
 為時が着ていたのは七位の浅緑、今度の除目で六位式部丞だがこの時代は同じ色か。
 従五位下右兵衛権佐道長が着ているのは五位の緋色(赤)。関白や大臣が着ているのは公卿の黒。
 従四位上蔵人頭中将実資が着ているのは位袍ではない青色袍。
 除目での人事異動の用語、「見」とか「遷」とか「如元」とかいうのを解説してるサイトはないものかな。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第5話。
 大臣の家に生まれるというのも大変なことだ。大臣になろうかという人ならば、まあ次男が刃傷で人を殺すということなどはめったにあるまいが、呪詛で五人や六人を殺すことなど当然のことであったろう。道長もそういう世界の中にいる。

 道綱さん、最後にはけっこう栄達するのね。

 よしこさんのお父上が法住寺を創建し、のちの後白河法皇の法住寺殿のもとになるのか。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第6話。
 うわー、ドラマを見るにもきょーよーが必要であたまがばくはつしそうだー。
 元稹(「元微子」、字を出すだけでも大変)なんて名前しか知らなかったよ。
 題を出されてその場で和歌を詠むのも大変なのに、平仄の合った漢詩をすらすら詠むなんて、現代人にはついて行くだけで大変だ。
 しかし、何と言うか「倭臭」というか、いかにも日本人が詠んだ詩だなあという気はする。漢詩にも時代時代でいろいろあるだろうが、大陸の詩はもう少しからっとした味わいのような気がする。

――ありゃ、これは本物の漢詩だったか。倭臭とか言ってごめん。私、韓愈とか好きだから。(25. Feb 追記)

 話の中に詩歌を出すたびに、きちんとした意味と心情がわかる現代語訳で出さなきゃならないというのは、スタッフも大変だなあ。

 道隆お兄ちゃんの奥方、高階貴子さんってあんまり身分は高くないのか。知性と教養で(なんたって定子様のお母さんだし)身分の壁を乗り越えて名を残した人なのだ。まひろさんがあこがれてもいいような人だが、今のところ接点がないのね。

 詮子さんの政治スキルが発現していく。「父に似ておりますので」はいいセリフだった。
 それにしても「せんし」で「詮子」が変換できないのは困る。「義詮」と打って「義」を消すという作業がわずらわしいので辞書登録した。

 今回の大河、女性の登場人物に敬称をつけて呼びたくなるのはなぜなのか。まひろさん、ききょうさん、詮子さん、倫子さま、貴子さん、定子様。男は道長、公任、実資と呼び捨てでいいのにな。

 紀行、「マイマイ新子と千年の魔法」の世界だな。「つるばみ色のなぎ子たち」も楽しみだ。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第7話。
 いやー、今回、おもしろくて引き込まれて見てしまって、あまり感想がない。
 明日以降、筋道立った感想が出てきたらあらためて書こうと思う。

 道隆お兄ちゃん非常にいい人で仕事(根回し)もできて完璧超人か?

 大納言の娘で皇后は難しいか。

 結局「小右記」には書いたんだよね?

 猫が逃げる話、どっかにあったなと思ったら、「若菜上」の女三宮と柏木だったか。

 次回、異次元人が出現して銀河を襲います(嘘

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第8話。
 圧というか、場面場面の密度の高い回だった。アンビドゥンは道兼だったのだね。

 黒木華、こんなに王朝のお姫様が似合う人だとはこれまで気がつかなかった。

 呪詛も祈祷も本当に効くんだよな。それが常識の世の中なのだ。

 詮子さんのポリティカル・パワー炸裂。なんというか痛快な人である。

 道隆は三位ながら官職はいまだ右中将か。出世が加速するのは花山院退位後となる。

 次回、実資が出るとなんかほっとする。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第9話。
 直秀ー! 死穢に触れまくりの回。まあおもしろくて話が納得できればいいのだ。

 詮子さんパワー、父上に及ばずの回。道隆も父兼家にくらべればかなりパワーが見劣りする。今後成功していく道長は、政敵に対しては容赦ないけど、必ずしも同じような権謀術数の道を進まないように思うのは今後の見どころか。

 乙丸と百舌彦のコンビ?が良い。馬を一生懸命に走って追いかける姿が良い。

 人の死骸を見てしまってから言うのも何だが、縁の下で犬の死体が発見されるのはとてもいやかも。

 実資はやはりこの重い回の一滴の癒しであった。

 杖刑のはずが鳥辺野行きになった経緯、いろいろあると思うけど、
「何事か指示されたが真意がわからないのでとりあえず始末した、処分が軽くてとがめられることはあっても重くてとがめられる筋合いはないから、安全な方へ傾いた」
「何かヤバそうだったので後難を避けるために殺しておいた、万一何かあってもどうせ困るのはあの若僧だ」
という役人の保身的な思考からかなあと思う。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第10話。
 いやーすごい回だった。どれだけすごかったかはとても書き表せない。

 歌も漢詩も意味だけ取ってさらっと流しているけど、ちゃんとどの歌、どの詩を引くかは考えているんだろうと思うと、脚本家とスタッフの教養が試されるドラマだなあと思う。

 花山帝は自分の感情を第一に考えて出家した。この後の花山院は花山院でそれなりに充実した後半生になりはするけど、帝としての志はこれで完全に断たれてしまう。
 まひろと一緒に逃げたらどうなるかということを、花山院の運命と重ねて理解できない道長ではない。

 行成のことばは「古今和歌集」仮名序の一句だね。

(ページトップへ)

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第11話。
 官人はつらいよの回。

 血まみれの生首ってのは犬の死体とはわけが違うぞ。だれの首だったんだろう?「髪つきたるものの頭(かしら)の、血うちつきたるを見つけたりける」大鏡178。

 兼家様が白い装束で出てきたとき、「おお、摂政ってのはほんとに天皇の代理なんだ!」と気がついて感動した。

 太政大臣藤原頼忠は祭り上げ人事か。「我等三人手を結んで」と言ってたのに……。一方、左大臣源雅信は政治力を発揮して権力中枢に残る。円融法王とのコネが効いていたらしい。

 定子様ご利発そうでかわいい。丸め込まれる道兼の巻。
 伊周くん出て来たな。道長とどう渡り合うことになるのか今から楽しみだ。

 あれ、道綱が三位に上がるのは道長と同時のはずだよな。今回の翌年だと思うのだが。永延元年従三位右中将如元。道長は同時に従三位左京大夫。翌年早々に道長は権中納言になって、この時点で道綱を抜くのかな。倫子さんとは永延元年中に結婚している。

 道綱の官位の三位中将ってのはどうなんだろう、位は上げてもいいけど議政官にするのはどうもね、という人のポストなのか、と思ったが、この人の解説によると「家柄のいいお坊ちゃんのつくポスト」だということだ。
 蔵人所で、かつてお菓子をあげた蔵人のことをきちんと覚えていて名前も呼んであげたりするといいんだろうけど、いい意味でも悪い意味でも政治力がないのが道綱くんの気質。

 兼家パパが焼いてたのは政変の際の機密文書かと思ったが、そうでなくて除目に際して山ほど届いた自薦の文だったのかな。

 寛和三年に一条帝代始によって永延元年に改元。永延三年(989)に永祚に改元する理由はなんとハレー彗星の出現だそうだ。晴明大活躍だな。ちなみにこの次出現した時に、イングランドではノルマン・コンクエストが起こっている。
 永延二年には尾張守藤原元命の解任を求める有名な「尾張国郡司百姓等解文」が出ている。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第12話。
 音楽のモティーフとして、「古い時代」を感じさせるチェンバロの曲を使用している。「エウローパ・ウニヴェルサーリス」でもよく聞く古い感じの曲調だが、考えてみると16世紀の曲なのだから、この時代から500年も新しい音楽である。

 詮子お姉ちゃんいいねえ。兼家パパが「自分の政治力」をもとに動いているのに対し、詮子さんは「周囲の支持」「政治的保険」を考えて動いている。

 道綱くんやっぱりまだ四位か。道綱くんと実資と猫が心の癒しである。

 実資、この時代に赤痢とはまた大変な病気に。厠へ行くのも大変だろう。

 明子さま本格的に登場。怨念の人なのね。道長とどうかかわっていくか見どころである。兄の俊賢はなかなか面白そうな人。

 「此者道長也 摂政」とは本当にぬけぬけとした書状。雅信パパも苦労が多い。穆子ママは大胆。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第13話。
 兼家の老耄と定子の入内がテーマの回だったが、それ以外には何が起こるわけでもないところの描写がひとつひとつ厚くて目が離せない。

 永祚改元は飛ばしちゃったか。まあ晴明が主人公じゃないからな。尾張守改替の上訴は出て来たな。永祚は二年で正暦に改元、事由は風水害とのこと。

 実資は永祚元年に任参議。翌年、道隆政権発足時に従三位に登る。よかったね。

 帝はまだ11歳か。さすがに色気づく年ではないな。

 どうも俊賢、扱いがよくないが私は嫌いになれない。

 詮子さんは道隆政権には批判的なのか? 一族繁栄には違いないのだから、何が不満なのかね。定子様が好きじゃないとか?→定子が主上とこんなに仲がいいのを、自分と円融帝との冷たい関係と引きくらべて気に食わなく思っている、との推測あり。ネガティヴやのう。

 伊周くん優秀そう。弟くんはのちの刀伊の入寇時の勇将藤原隆家で、あの年でもう従五位下侍従に任官している。

 公任、道長に追い越されてこの時やっと頭中将なのか。「源氏物語」の「頭中将」のイメージに近いのはこの人だけど、出世では(この後も)不遇だったのだね。

 兼家「政とは、家だ」これは非常に正しい。

 倫子さん、できた人だ……。これはかなわないな。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第14話。
 明子ビーム命中! しかし妊娠中にあんな呪詛やってたのかよ。

 正三位権中納言ともなれば、有能な秘書官(家司?)もつくのか。あの秘書の名前は?

 倫子さん、できた人なのはいいが、これはこれで大概な人だな。

 それにしても主上くんかわいいな。詮子さんは和気あいあいより規律ある宮中をお望みか。

 「いかに久しきものとかは知る」はジーンとくるシーンだった。道綱の母の前だけでは政治機械の兼家も人間になれたのだね。そのへんが道綱のあの性格に反映しているのかもしれない。

 今回からまひろさんの髪形と服装が変わってる? 大人バージョンなのか。

 実資の継室、そんないいとこの人だったのか。皇女で花山帝の女御だったのに官僚の妻になるんだねえ。

 伊周くん、なんと蔵人頭! 優秀なのはいいが顔に特徴がないので見分けにくい。

 道長の「一帝二后」の方が有名だが、道隆が「四后」を立てたのも「驚奇少なからず(実資)」だったのだね。

 ききょうさんさすがです。

 筑前は上国か。宣孝様ご出世ですね。現地で大宰少弐になるとのこと。淡路は下国なのね。

 「道隆兄のもとではこの世は変わらぬ。おれが権力の座につく他はないのだ」から来る次回の「この矢当たれ」なのか。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第15話。
 箸休めのような回。「清少納言」誕生の巻。主上くん成長。

 明子さんの腹にいるのは頼宗か。のちに紫式部の娘を愛人にする。このドラマでの道長はどう思ったかね。

 飛ばされた期間に円融院が崩御している。それに関連している詮子さんの女院の話を飛ばしたな。いいのか? 

 いや、中宮とはいえ自分の娘にかかる費用を国費から出させるのはさすがにどうかと思うぞ道隆。

 「この矢当たれ」は意外とあっさり流したな。道長の「我、関白になる」をやめさせたのは、道長本人は関白にならないから。

 「蜻蛉日記に出てくる道綱様!」「(みんなそれ言うんだよな。母ちゃんが有名人というのも考えものだな)」

 実際には死体の衣は剥がれたんだろうなあ。羅生門だなあ。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第16話。
 道隆関白家の栄華が描かれて、ようやく放映前のみんなが想像した「雅やかで平和な王朝大河」になると思ったら、後半は死屍累々だったでござるの巻。

 「香炉峰の雪」についてのメモ。

 女院の話はナレーションで出したな。

 道長が抱いていた子供が頼道?

 しかしまあ、内裏に対策をお願いしたとしても、せいぜい加持祈祷を行うくらいしかできないよなあ。

 道隆、糖尿病性網膜症か。

 内大臣は道兼だが、左右大臣はこの時だれなんだ?→左大臣は前左大臣源雅信の弟、重信(六条左大臣)か。宇治に別邸を持ち、死後道長が買い取ってその後平等院となる。

 疫病の猛威を書き記した論文。「京中堀水溢、検非違使等召仰看督長等、掻流京中死人」とはすごい。

 倫子さんの「うふふふ」はこわい。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第17話。
 井浦新、涼やかな貴公子も妄執に取りつかれた姿も同時にできるのがすごいなあ。崇徳院の時もそうだった。

 まひろさん、読者を得て俄然意欲が高まる。やはり文章は読んでもらってなんぼだからね。このサイトの読者の皆様にも感謝しております。

 百舌彦&乙丸コンビはやはり良い。

 伊周そんなに嫌われていたのか、というか、女院様がそう仕向けていたのか。伊周が白衣を着ていたのは「禁色を許す」というやつ?

 「長徳」号の件、道綱がていねいに説明してくれたねえ。「この世をば」では「徳」字号は疫病の先例ありと書いてあった気がする。

 道隆、「内裏に疫病が入ったためしはない」と言ってたが、平安初期に藤原氏の首脳が疫病でバタバタ死んだ例がなかったっけ?→奈良時代でした

 俊賢、頭弁か。道隆に自薦して得た地位というが、このドラマでは道隆に恩義を感じてないな。

 「毎回死人が出る大河」というと「鎌倉殿の13人」が有名だが、今回も死没者やら死体やらが出てくる頻度高くないか?

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第18話。
 「大納言以上の公卿は皆死に絶えた」すごいことをさらりと言うナレーション。

 筑前守大宰少弐ともなると、儲かったんだろうなあ。

 伊周、急に人相が荒れてないか。一応人心を得ようとする努力はしてるが、実資には評価されてないしなあ。

 女院は天皇家の家としてのトップだからなあ。主上も苦労が絶えません。「どけ!」には驚いた。

 俊賢、それでこそ俊賢だという感じがしてなかなか好感が持てる。

 道長政権、みな若いということだよな。重鎮がいないのは不安定要素ではある。裏方では詮子さんがカバーしてくれるけど。
 源雅信の息子くらいにいい補佐役はいなかったのかと思ったが、雅信の長子、源時中は長徳元年に54歳で権中納言。あんまりパッとしない人だな。大納言としてしばらく道長政権で政務をとる。

 藤原在国という人がいて、道隆には嫌われたが道兼・道長に仕えた中級官僚なのだが、「道兼の臨終にあたって、在国は関白の譲り状を書いて藤原道長に渡すようにと道兼に具申するが、関白というものは譲り状など書くようなものではないとして道兼は受け付けなかったという (Wikipedia)」というエピソードがある。出したらちょっとおもしろかったかとも思う。

 大河ドラマ「光る君へ」感想、第19話。
 為時よかったなあ。大夫だよ。国守にもなれる。

 俊賢いいキャラだよ。やはり嫌いになれぬ。道長にとっても、単に妻の兄というだけではなく、父が追い落とした源高明の子を引き立てることによって遺恨を消し怨念を晴らすという点で、政治的にアピールできた人事だと思う。

 俊賢もそうだが、道長には「仕えればいいことがありそうだ」という期待感があったのではないか。伊周が実権を握ると、「どうせ身内を重用するんでしょ?」という点で、道隆−伊周にはあまりいいイメージがないということか。

 伊周には政治哲学がないということかなあ。道隆にはまだ「身分制や長幼の序を守り筋目を立てることが善政」という精神が見られたが、伊周は生まれつきのお坊ちゃんだからなあ。道隆は上がつかえて昇進しない時期もあったから、「自分も従うべき秩序」というものをわきまえていたと思う。

 「肥前から文が届きました」えっ、そんなに簡単に文が届くのか。あれ一通運ぶのにどれくらいの手間がかかるのかねえ。

 「(ある程度)身分にかかわらず能力に応じて国政にたずさわれるような」世が150〜200年くらい後にできるけど、その結果が「平清盛」「鎌倉殿の13人」のあの修羅の巷だからなあ。なにごともよい面ばかりではない。


目次ページにもどる