マニラ湾海戦

1898年5月1日

 ジョージ・デューイ George Dewey 代将は、スペイン艦隊に対して、フィリピン、マニラ市西沖の水域において、1898年5月1日に圧倒的な勝利を獲得した。米西戦争(1898年4月21日〜8月13日)の時のことである。
 この作戦は長い間合衆国海軍の対スペイン戦争計画の一部であったが、開戦時においてさえ、デューイの成功が合衆国の未来に対してどれだけの影響を与えるか見通していた者はなかった。

 1894年初頭、海軍大学校(のちには海軍省内に特別な委員会が招集されたが)はキューバ問題からスペインとの戦争が起こる可能性について検討していた。合衆国アジア戦隊による在フィリピンのスペイン戦力への攻撃は、1896年になってはじめて海軍の計画に加えられた。
 攻撃計画の目標は、スペイン植民地の全部あるいは一部の征服ではなく、敵艦船を本国から切り離したり、配置転換させたりすることによって、講和会議の交渉において合衆国の有利な立場を得ようとするものであった。ではあるが、デューイの勝利の結果はかなり違うものとなった。

 ローズヴェルト Roosevelt 海軍次官は2月25日に、ジョージ・デューイ代将に対して、在アジアの艦船を香港に集結させるように打電した。戦争になった場合は、デューイは彼の戦隊を率いてフィリピン海域のスペイン艦船を撃破するように命ぜられた。
 香港に集結したデューイの部隊は、防護巡洋艦オリンピア Olympia 、ボストン Boston 、ローリー Raleigh と、砲艦コンコード Concord 、ペトレル Petrel から成っていた。税関のカッター、マッカロック McCulloch は4月17日に、防護巡洋艦ボルティモア Baltimore は4月22日に合流した。
 デューイは、今後予想される味方の基地のない水域での行動のために、イギリスの蒸気船ナンシャン Nanshan とザフィーロ Zafiro を雇い入れ、戦隊のための石炭と補給品を運搬させた。

 3月15日、フィリピン総督の召集した会議において、植民地のスペイン海上戦力を指揮する海軍少将パトリシオ・モントーホ・イ・パサロン Patricio Montojo y Pasaron は、彼の戦隊はデューイの戦隊の来襲によって撃破されてしまうだろうと述べた。
 スペインの艦隊は7隻の非装甲艦からなり、37門の重砲を装備し、トン数の合計は11,328トンであった。モントーホの持つ最大の艦は木造であった。
 スペイン艦隊との交戦が予期されるデューイの戦隊ははるかに強力で、6隻の鋼製艦からなり、53門の砲を搭載し、排水量は合計19,098トンであった。そのうち4隻は防御甲板を持っていた。
 モントーホは、マニラの北西にあるスービック湾 Subic bay の湾口に防御工事を施し、そこに艦隊を移動させてデューイの攻撃を待ち受けようと提案した。
 もしアメリカ艦隊がスービックを迂回してマニラ湾に停泊したならば、モントーホは夜間にアメリカ艦隊に忍び寄って何らかの損害を与えることができるだろうと考えられた。総督はこれに同意した。しかし、モントーホは自らスービック湾の工事の進捗を監督することはなかった。

 ロング Long 海軍長官は、4月21日、在香港のデューイ代将に、合衆国のキューバ封鎖が始まったことを打電し、いつ戦争がはじまってもおかしくないと告げた。
 4月24日、イギリス官憲は代将に対し、宣戦が布告されたことを告げ、24時間以内に中立港湾から出航するように求めた。
 デューイは海軍省からも電報を受け取り、ただちにフィリピン諸島へ向け出撃し、スペイン艦隊に対する作戦を開始せよと命ぜられた。
 しかし、デューイは在マニラのアメリカ領事、オスカー・ウィリアムズ Oscar Williams からの最後の情報を今か今かと待っていた。アメリカ艦隊は香港の東30マイルのミアズ湾(Mirs Bay, 大鵬湾)に移動し、ローリーのための循環ポンプとウィリアムズの到着を待つことにした。
 艦隊はそこで2日の間、訓練、弾薬の補給、艦内の木造品の撤去(敵の砲撃によって火災を生じ、艦に損害を与える可能性がある)を行った。
 4月27日にウィリアムズが到着するとすぐ、アメリカ艦隊はフィリピンへ向け出撃し、スペイン艦隊を捜索した。

 宣戦を知らされてから、モントーホ提督は艦隊をスービック湾へ移動させたが、そこの指揮官は、湾の入り口のイスラ・グランデに砲を据えつけるのにあと6週間はかかる、と報告した。
 4月28日、モントーホはアメリカ艦隊がミアズ湾を発してフィリピンへ向かったことを知った。モントーホは指揮下の艦長を呼び寄せて会議を行ったのち、艦隊をマニラ湾へ戻すことにした。
 マニラ湾口のふたつの水道は17門の砲で守られていたが、うち9門は時代遅れの前装砲であった。スペイン軍は主水道に機雷を敷設しようと試みたが、水深は深すぎ、水道は広すぎて、機雷も砲台も、夜間の敵艦の侵入に対し有効な防壁とはなり得なかった。
 マニラ市の周囲にある200門以上の砲のうち、海の方を向ける後装砲はわずかに12門だけであった。モントーホは、マニラ市の砲台の支援下に戦う案をあきらめた。アメリカ側の砲撃によって民間施設に被害が及ぶ危険があったからである。
 スペイン軍は、マニラの南西7マイルの小さな半島にある、カビテ Cavite 工廠の砲の支援のもと、浅海面に艦隊を停泊させることに決した。モントーホは、彼の艦隊が生き残る可能性について全く悲観的になり、せめて来るべき戦闘において沈められるであろう彼の艦艇から、乗組員だけでも逃げ延びることを望んだのである。

 ウィリアムズ公使は、モントーホがスービック湾の砲台の支援下に戦おうとしているという点に関し、正確に報告していた。そのため、デューイは2隻の巡洋艦を偵察に出した。
 スービック湾は空であることがわかり、水道に機雷が敷設されているという報告はあったが、アメリカ艦隊はかまわずマニラ湾に侵入し、スペイン艦隊をカビテの近くに発見した。
 2隻の商船をマッカロックの護衛のもとマニラ湾内に残し、デューイは残りの麾下の艦を単縦陣に組んで、約1,000メートルの幅で(訳注:原文は five fathom 「5尋」だが、それでは10メートルにもならない。おそらくこれは five furlong 「5ハロン」の誤りであろう。5ハロンはほぼ1,000メートル)楕円形を描きながら、アウトレンジされた旧式のスペイン艦に対し猛射を浴びせた。
 敵は艦砲とサングレイ岬 Sangley point の2門の5.9インチ砲から応射したが、狙いは不正確であった。
 アメリカ艦隊はスペインの大型の艦に致命的な命中弾を与え、スペイン艦は炎上した。
 2時間近くの砲撃のあと、残弾の不足の報告を受け、デューイは麾下の艦長に退却を命じた。

 デューイは艦隊をサングレイ岬の5マイル沖に集め、麾下の艦長に、旗艦に来艦して艦の状態を報告するように信号を掲げた。
 デューイは、彼の艦隊がほとんど損害を受けていないことと、実際は戦闘を続けるのに十分なほどの弾薬を残していることを知った。
 デューイは、乗組員たちに食事をとることを許し、その後再び打ちのめされたモントーホの艦隊の残余を攻撃するように命じた。
 モントーホは生き残った艦をカビテの背後のバコール湾 Bacoor bay の浅水域に引っ込めて最後の抵抗を試みた。
 この新しい停泊地に対して命中弾を与えるのは難しかったため、デューイは喫水の浅い砲艦コンコードとペトレルに、敵に肉薄してこれを殲滅せよと命令した。
 カビテの守備隊は12時15分に白旗を上げ、その後しばらくして攻撃は終わった。

 モントーホの艦隊は撃滅され、371名が死傷した。それに対しアメリカ軍は9人が負傷したのみであった。
 およそ1週間後にこの偉大な合衆国海軍の勝利についての公式報告が合衆国に届くや、アメリカの国民はデューイに熱狂的な賞賛の嵐を浴びせ、国中から勝利を祝う声が沸き上がった。
 しかし、マニラを守る9,000名を含み26,000名のスペイン正規軍と14,000名の民兵がまだフィリピン諸島を守っていた。
 合衆国艦隊はカビテの工廠を占領し、デューイはワシントンに、マニラ湾を制圧したとはいえ、マニラを攻略するには5,000の兵力が必要だ、と打電した。

 デューイがかくも完璧に、しかも戦争のかくも早い時期に大勝利を得たことにより、ウィリアム・マッキンリー William McKinley 大統領の政府は、スペインからマニラを奪取するための軍隊の派遣を決定した。
 合衆国陸軍はデューイの期待以上の兵力、すなわちウェスリー・メリット Wesley Merritt 陸軍少将率いる10,844名の兵を、戦争の終結前にフィリピンに到着させた。

 その間デューイは、5月にフィリピン現地人反乱軍のエミリオ・アギナルド Emilio Aguinaldo をカビテに呼び、スペインの守備隊についてより詳しい情報を求め、反乱軍の行動によってスペイン軍に混乱を引き起こすのを期待している、と話した。
 しかし、デューイや極東のアメリカ公使たちは、反乱軍の行動をコントロールできるかどうかについて過度に楽観しており、アギナルドたちが合衆国に対してフィリピンの独立を支援してくれることを望んでいることについても十分に認識していなかった。
 8月、アメリカ軍がマニラ攻撃を準備していた頃には、反乱軍との協力がもたらす潜在的な問題は、デューイやメリットの目にも明らかになっていた。
 二人はマニラの総督と口頭で以下のような合意に達した。すなわち、海軍の短時間の砲撃と歩兵の突撃のあと、すぐさまマニラ市は降伏する、という内容である。
 8月13日の朝、アメリカ艦隊は砲火を開き、メリットの部隊は前進した。数十分の短い戦闘のあと、スペイン軍は降伏した。
 アメリカ軍はマニラを占領し、反乱軍はほとんどマニラ市の外にとどめられていた。
 合衆国とスペインとの間の休戦協定は8月12日に調印されていたが、4日後になるまでその報告はマニラに届いていなかった。

 合衆国がフィリピン諸島を支配することになるまでの長い交渉については、ここで細部にわたって述べるには紙幅が足りない。
 拡張主義者の圧力を受け、またスペインの植民地支配の崩壊に伴う「力の真空」を他のヨーロッパ列強が埋めてしまうのを恐れたため、マッキンリー大統領は合衆国がフィリピン諸島の統治を継承することを決定した。
 フィリピン人に国の支配権を与えることについては、将来のアメリカにとっての課題として残された。
 合衆国は、思いもよらず太平洋における植民地列強となることになった。マニラ湾におけるデューイの勝利は、広大な大洋を越えてアメリカが劇的に利権と干渉を増大させていくのに伴うさまざまな事件の発端となったのであった。

1999年8月2日

This page is a Japanese translation of:
Battle of Manila Bay, 1 May 1898,
in U.S. Naval History and Heritage Command's Webpage.


追記:このページに関連して、この海戦に参加した艦艇の要目を集めたページを作りました。(リンク)そちらもぜひご覧ください。(28. 8. 2006)



目次ページにもどる