鎮台考

〜鎮台制はフランス式ではない〜


 明治期の日本陸軍の軍制についてよく言われることが、
「当初はフランス式、国内治安重視の鎮台制であったが、その後ドイツ式、外征重視の師団制に改めた」
というものである。

 しかしこれには重大な疑念を抱かざるを得ない。
 明治維新期のフランスは、第二帝政末期である。従って、日本がフランスに範をとって軍制を定めたとすれば、それは第二帝政の制度のはずである。
 ところが、第二帝政フランスの軍制は、鎮台制とは似ても似つかないものなのだ。(本サイトの別ページ「1870年のフランス軍の軍制度」参照)
 当時のフランス陸軍の平時編成は連隊であった。師団や軍団は戦時に臨時編成される組織である。
 軍隊は連隊単位で国内各都市に駐屯し、それが2年サイクルで各地を移動する。郷土部隊制ではない。
 連隊より上の組織の平時における設置は、平時から地方単位で治安軍を組織するものとみなされ、左派勢力の抵抗にあって実現しなかったのだ。また、駐屯地を順ぐりに移動させる制度は、軍隊と市民を分離して、市民蜂起を鎮圧するにあたっての軍隊の忠誠を確保する、皇帝側の事情によるものであった。
 つまり、当時のフランス軍には、「鎮台」や「軍管」などという組織は、全く設立されていないのである。
 また、兵役は長期現役と民兵の二本立てであるが、これも日本とは大きく異なる。日本の徴兵制は最初から短期現役一本であり、民兵組織などは存在しない。

 また、鎮台組織を設立するにあたって書かれた文書(遠藤芳信「日露戦争前における戦時編制と陸軍動員計画思想(1)」(pdf)補注にある)の用語はオランダ語である(遠藤は「フランス軍制の翻訳」としているが、疑わしい)。
 どう見ても鎮台制は郷土連隊主義・軍管区制の兵制であり、フランス式とは全く異なる制度であるのは明らかである。おそらくは地方分権主義のオランダ兵制を基にしたものではないか。外征を旨とするフランス軍に対し、要塞による国土防衛を旨とするオランダ軍にこそ、「鎮台制度」はふさわしい。この点に関してはさらなる研究が必要であろう。
 どういうわけで鎮台=フランス式という誤解がはびこっているのか、全く理解に苦しむところである。前世紀のフランス軍の制度になど、誰も興味を持たなかったのがその原因であろう。

(27. November 2011 加筆)
 明治初期の兵制について、大久保文彦は
「徴兵制が当初からフランス式ではなくドイツ式の制度を導入していたことは間違いない」
「そうした『出師』の研究は、(1882年の)壬午事変以前から参謀本部でプロイセンに範をとりつつ行われていたのである」
「日本陸軍の制度がフランス式からドイツ式に転換したという考え方は、過度な単純化でしかない」
と書いている。(「ヤーコプ・メッケルと日本帝国陸軍」『ドイツ史と戦争』2011年、彩流社 p332-p333)
 くわしくは上掲書を参照願いたいが、鎮台=フランス式/師団=ドイツ式 という図式が適当でないことは、その実態を見れば明らかなのである。


「鎮台帥」のふりがなが「ベヘルヘッベル、イン、デ、ミリタイル、アフテーリング」となっている。これはオランダ語の bevelhebber in de militaire afdeling である。
 以下、
「少将」ゼネラール、マヨール generaal-majoor
「頭目」セフ chef (これはフランス語由来なのでフランス語でも同じ)
「大弐」セフ、ハン、デン、スタフ chef van den staf
「少弐」アチュンタトセフ、ハン、デンスタフ adjudantchef van den staf
「管州副官」プロビンシアレ、アチュタント provinciale adjudant
「中佐」ロイテナント、コロネル luitenant-kolonel
「少佐」マヨール majoor
「大尉」カピテイン kapitein
「地方司令官」プラーチェレイキ、コムマンダント plaatselijk commandant
「司令副官」プラーチェレイキ、アジェダント plaatselijk adjudant

参考:このようなオランダ語の資料がある。Provinciale Commandant, Provinciale Adjudant など、用語が酷似している。

このページには、1886年にアムステルダムの plaatselijk commandant は大佐であったという記述がある。



目次ページにもどる