私本銀河英雄列伝


アンネローゼ
Annerose
 ドイツの軍歌に手頃なのがあったので、かえ歌を作ってみました。

Soldat sein, heisst treu sein, mein Schätzelein, Anne- Annerose!
Von morgens bis abends, tagaus, tagein, Anne- Annerose!
Und wenn die Feierabendstunde naht,
ist der Soldat auch treu und bleibt Soldat,
denn, draussen dort, vor dem Tore wartet Annerose,
denn, draussen dort, vor dem Tore wartet Annerose!

Mein liebchen, und das ist so wunderbar, Anne- Annerose!
Ich wollte, so wäre es immerdar, Anne- Annerose!
Bringt auch der Dienst nicht immer Sonnenschein,
tröstet mich abends dann beim Stelldichein,
da draussen dort, vor dem Tore wartet Annerose,
da draussen dort, vor dem Tore wartet Annerose!

Und wenn ich einmal von dir scheiden muss, Anne- Annerose,
dann geh' ich nicht fort ohne Abschiedkuss, Anne- Annerose!
Mit meinem Herzen werd' ich bei dir sein,
und immer denken an das Stelldichein,
da draussen dort, vor dem Tore wartet Annerose,
da draussen dort, vor dem Tore wartet Annerose!

楽譜
hannelore.jpg

 楽譜を見ていただければわかりますが、もと歌は「ハンネローレ」です。かえ歌は名前を変えただけ。


アウグスト ザムエル ヴァーレン
August Samuel Waren
 ラインハルト帝の崩御の後において、もとキルヒアイスの麾下にあって生き残っている将帥は彼だけである。その関係から、彼が「キルヒアイス閥」的なものの頭になるという可能性がある。
 しかしそうなったらかなりいやがられるだろうな。まるで田淵監督が「西武では…」とやる感じで「キルヒアイス閣下がいらっしゃったころには…」とやるんだろうから。(われながら話題が古いな。)

アレックス キャゼルヌ
Alex Caserne
 銀英伝の中で私が一番気に入っている人物。適度なユーモアのセンス、優秀な頭脳、完成された人格、まさに本編中最高の人物である。残念ながらケーフェンヒラー大佐には一歩譲るところがあると思われるが…。おまけに家族も、美しき家事の天才マダム オルタンス キャゼルヌ、可憐な中に父の才能を垣間見せるマドモアゼル シャルロットフィリス キャゼルヌなど一流品ぞろいで、まったくうらやましい限りである。
 それにしても、彼の娘二人は、話に出てくる回数の割にまともな出番がないこと、かのルドルフ大帝に匹敵するであろう。
 なお、Caserneとは兵営のことであるそうな。

アレックス キャゼルヌ(II)(アニメ版)
Alexandre Caserne(II)
 おいおい、着任のあいさつを私服でするなよな。

イザーク フェルナンド フォン トゥルナイゼン
Isaak Fernando von Turneisen
『……年少の大将たちのうち、……トゥルナイゼンも、……』(10巻62ページ)
 いつ昇進したんだこいつ。即位後の一斉昇進の時に昇進したのか? ヴァーミリオンの不手際の直後なのに?

イゼルローン
Iserlohn
 ドイツ、ノルトライン・ヴェストファーレン州にある町。人口約10万。ドルトムントの南東10キロほどのところにある。南に10キロほど行くと、Altena という町もある。
 地ビールの醸造所が親会社の経営方針変更で廃止させられそうになった時、町をあげた努力で醸造所を買い取って独立会社にして存続させたそうだ。
 ちなみに Iserlohn でぐぐると、町のホームページより日本の銀英伝サイトが先に出てくるのが哀れ。英語版の Wikipedia で引くと、銀英伝のイゼルローンについての注釈があったりもする。

ヴァーンフリート
Wahnfried
 バイロイトにあるリヒャルト・ヴァーグナーの館の名前。かのルートヴィヒ2世から下賜されたものである。
 「ヴァンフリート星域」の名前はここからとったのかな?

ヴァルター フォン シェーンコップ(アニメ版)
Walther von Schönkopf
 こんなごつい顔にしちゃあ、娘さんが困りますぜ。僕はもっと鋭い顔を予想したのだけれどねえ。

ヴァルター フォン シェーンコップ(II)
Walther von Schönkopf(II)
 彼は6巻で「泣いて馬謖を斬る」とのたもうているが、実際どう言ったのだろうか?

ヴォルフガング ミッターマイヤー
Wolfgang Mittermeyer
 アムリッツァにおいて、彼の出番は非常に少ない。僚友ロイエンタールは右翼でビュコックのじじいと四ツに組んで戦っていたので目立たないのも当然かと思うが、ヴォルフィの前にいたヤンは黒色槍騎兵を全力で叩いていたのだから、ヴォルフィはその側背を脅かすなり何なりしてもう少し目立てたのではないかとも思える。
 しかし実際はそうなっていない、ということは何かわけがあるに違いない。そこで考えられるのが同盟第10艦隊の存在である。ウランフの第10艦隊は、ビッテンフェルトとの戦いのあと半数強が離脱に成功し、ヤンの指揮下でアムリッツァ会戦に参加している。その時の指揮官は、外伝2巻15ページから推察するにダスティ・アッテンボロー准将だと思われる。すなわち、アッテンボローの部隊はヤン艦隊右翼に配されてミッターマイヤーの攻撃を必死に支えており、ミッターマイヤーはアッテンボローを打ち破ることができなかった、ということであろう。アッテンボローはミッターマイヤーも手こずるほどの名将である、というわけだ。
 それにしても、アッテンボロー本人も言っているが、敵の約半分の兵力で「疾風ヴォルフ」と戦ったのだから、それは大変だったろうなと思う。

ウルヴァシー
 同盟領ガンダルヴァ星系の第二惑星。ヴァーミリオン戦役の際帝国軍の策源とされ、以降整備されて新帝国の一大軍事拠点となる。
 それはまあいいのだが、五巻では「比較的豊かな水資源があった」とされているのに、九巻で「気候が冷涼で水資源は貴重なものであった」とされている。こんなことはマニアの間では常識かもしれないが、やはりこういうアラを見つけるとちょっとうれしいものだ。

ウルリヒ ケスラー
Ulrich Kessler
 第2次世界大戦末期、ドイツから日本へ派遣されたUボート、U234に Ulrich Kessler 空軍大将という人が乗っていたそうだ。
 あの、派遣途中でドイツが降伏して、便乗していた日本海軍の将校が自決したという事件で有名な潜水艦である。

ウルリヒ ケスラー (2)
Ulrich Kessler (2)
 Karl Ludwig Diehl というドイツの俳優が、Eine Liebesgeschichte という映画で「ケスラー大佐」という役をやっている。
 どういう人かは不明。

エヴァンゼリン ミッターマイヤー
Evangelin Mittermeyer
 発音はおそらく「エーファンゲリン」、せいぜい「エヴァンジェリン」である。それと現代ドイツではエヴァンジェリンという名前は少なくとも一般的には用いられていないようだ。だから綴りも推測の域を出ない。英語ならEvangelineでeがつくのだが。

エドウィン フィッシャー
Edwin Fisher
 この人も登場機会の割にせりふがない。初めてまともなせりふが出てきたのは死んでから、という哀れさである。今のところ外伝にも顔を出していないし、どこかに彼の容姿に関する描写があったという記憶もない。ただ黙々と艦隊を統率している人である。

エドウィン フィッシャー(II)
Edwin Fisher(II)
 失礼、せりふがありました。
「私はその(挙兵したヤンのもとへ参じる)つもりだがね」
チュン・ウー・チェン:「行ってもらえるかね、フィッシャー提督」
「喜んで、閣下。ムライ中将、本心をいつわっている余裕はない。時間を浪費することなく、最善の道を行くとしよう」
(7巻86ページ)

FTL
FTL
 たぶん"Faster Than Light"の略だと思うが、これでは「超光速航行」でも同じ略語になってしまう。「航行」よりも先に発明されて略語ができ、それが定着してしまったのだろうか。
 ちなみにドイツ語ではSALとなる。海外小包のごたーるな。

エーミル ゼッレ(アニメ版)
Emil Selle
 何だお前はー、ヤンに色目使ってどうするつもりだー!

エリザベート フォン クロイツェル
Elisabeth von Kreuzer
 8巻183ページのカーリンの発言によると、これが彼女の母親の名前である。しかし10巻185ページのシェーンコップによると、「ローザライン」という名前になっている。重傷を負ったシェーンコップの記憶が混乱していたのか(なにせ相手が多いからね、あの人は)、それともカーリンの母親が本名を隠していたのか、謎が残るところである。

エル・ファシルでのアッテンボロー
Attenborough on El Fasil
 ここで彼の制服の袖には、手回しのいいことに「エル・ファシル革命予備軍」の徽章がつけてある。

オリビエ ポプラン
Olivier Poplin
 彼はアムリッツァで担当メカマンを殴っているが、これは自分にとって非常にやばい行為なのではないだろうか。次の出撃の時にエンジンに細工をされたらどうするつもりなのだろう。
 いいパイロットというのは、メカマンを大事にするものだ。

カーテローゼ フォン クロイツェル
Katherose von Kreuzer
 天野小夜子さんに感じが似ているとは思いませんか?

カーテローゼ フォン クロイツェル(2)
Katherose von Kreuzer(II)
 アニメ版を見てぎょっとした。なんでこんなにおばさんくさいんだ。これならまだヒルダの方が若く見える。髪の色も濃すぎて、シェーンコップの娘というよりビッテンフェルトの娘だ。

カール ブラッケとオイゲン リヒター(アニメ版)
Karl Bracke und Eugen Lichter
 どっちがどっちかようわからん。
 どうもこの二人を見ていると、BBCでやっていたシェークスピア劇場を思い出す。そう、カメラ(舞台だったら客席)に向かってものを言う登場人物を。
 さもなくば漫才師か。大阪弁でしゃべらせたら面白かろう。

階級章(アニメ版)
rank emblem
 同盟軍のヤン大将は星三つ、アッテンボロー少将は星一つである。グエン准将の星の数が知りたいものだ。

階級章(II)
rank emblem (II)
 設定資料集によると、准将の階級章は長点二つ、つまり長点一つ短点一つの大佐の一つ上、ということになっているようだ。commodoreはあくまでcaptainのうち、というわけなのである。

会話
Die Dialoge

ロイエンタール対シェーンコップ
"Admiral von Leuenthal? "
"Ja. Bist du Jagdhund aus Free Planets? "
"Ich heiße Walther von Schönkopf. Sie sollen diesen Namen für kurze Zeit erinnern, bis Sie sterben. "

ルドルフ大帝に可能だったことが
Denkst du, daß es mir unmöglich ist, daß Rudolf dem Große möglich war?
Denkst du, daß mir, was Rudolf dem Große möglich war, unmöglich ist?

イゼルローン奪取
"Ich bin Fregattenkapitän von Laken, der Führer des Schiffs. Ich möchte den Festungkommandeur sprechen."
"Einverstanden. Aber, wie ist es draußen denn? "
"Wir kennen das auch nicht so gut, da wir gleich von Odin gekommen sind. Aber eure Flotte mag zerstört worden sein.
Die Aufrührer mögen einen wunderlichen Weg eingefallen sein, durch den Korridor zu fahren. Das betrifft nicht nur Iserlohn, sondern auch die Krise des Reichs. Führt mir nun schneller zum Kommandeur! "
----"Ich bin von Stockhausen. Erklär uns den Umstand. Wie ist es? "
"Es ist daß---daß Sie unsrer Gefangene sind, eure Exellenz von Stockhausen! "
"Du---bist Komplice der Aufrührer, ja? Wie kannst du solche freche Tat machen---"
"Sehr angenehm, Leute! Ich bin Oberst von Schönkopf vom Regiment Rosenritter. Da meine Hände voll zu tun haben, kann ich leider die Vorkleidung nicht entfernen und euch grüßen.
Offen gestanden, habe ich nicht so gedacht, daß es so gut geht. Wir haben Personalausweisen gefälscht, aber ihr habt sie niemals geprüft! Das soll euch eine gute Lehre sein, die es sagt, wie auch immer strenge System davon abhängt, wer sie anwendet. "

ケーフェンヒュラーとヤン
"Ich bin Khevenhüller; Christoph von Khevenhüller. Du sollst dich mich merken."
"Sehr angenehm, Kapitän von Khevenhüller."
"I'm also very glad to see you, a certain hero of El Fasil."
"Wie ist hier das Leben?"
"Well, It isn't so bad, for it's no use wishing too much. In fact, not so much is wanted for an old man like me."


クーリヒ夫人とフーバー夫人
Frau Kurig und Frau Huber
 ラインハルトが栄達したあと、彼女たちはどうなったのだろうか。

クーリヒ夫人(II)
Frau Kurig
 彼女の消息は知れないが、彼女の夫君の親戚と思われる「クーリヒ少佐」なる人物はミッターマイヤーの副官をしている。

グエン バン ヒュー(アニメ版)
Nguyen Van Heu
 あれじゃ本当の気違いだ。アングルもすごいし。もうちょっと声の低い人ならよかったのにねえ。でも、この気違いさはなかなか良い。「要塞対要塞」で殺してしまうのは惜しい気がする。

グエン バン ヒュー(2)
Nguyen Van Heu
 ここには仮にこう書いたが、こう書くと彼はヴェトナム系である。アニメでもそういう 顔に描いてあった。しかし彼のつづりには“Gwen van Hugh”という可能性もあり、こうす ると彼はオランダとイギリスの混血系となる。

グリューネヴァルト伯爵夫人アンネローゼ(アニメ版)
Gräfin Annerose von Grünewald
 この世界の男性写真雑誌にはこんな人まで載っているようだ。今の日本じゃ紀子さんフィーバーは女性週刊誌の独擅場なのに。

グリューネヴァルト伯爵夫人アンネローゼ(II)
Gräfin Annerose von Grünewald
「…でも、弟の未来は、あなたと共有されるものです。いえ、あなたたちと…」(10巻66ページ)
 この一言で、アンネローゼはヒルダにduzenで話しかけていることがわかる。

グリューネヴァルト伯爵夫人アンネローゼ(III)
Gräfin Annerose von Grünewald
 Graf に -in をつけたら、 Grafin になるのではなくて Gräfin になるのだ、ということを、銀英伝とは関係ないドイツ語を読んでいて発見した。くそっ、田中芳樹を無邪気に信じていた俺がバカだった。

→「アンネローゼ」Annerose の項も参照のこと。

皇妃ヒルデガルト
Kaiserin Hildegard
 大修館新漢和辞典によると、妃とは天子の第二夫人を指すそうだ。ということは、ラインハルトにはもう一人…

コーヒーカップ
coffee cup
 この世界のこれは、床に落とすと割れる。未来の話とはとうてい思えない。


Getränke
 なぜこの小説には気分よく酔っぱらう人が出てこないのだろうか。ほとんどがいくら飲んでも何ともならない人で、さもなくばリンチのように酒に溺れる人しかいない。田中芳樹は酒がきらいなのに違いない。

ジークフリート キルヒアイス
Siegfried Kircheis
 どうもこの主従の呼びかけ方は妙である。キルヒアイスを姓で呼ぶのはまだしも、「ラインハルトさま」というのは少なくともドイツ語には訳せないのではないか。無理に訳すなら“Reinhard, mein Herr”とでもなるのだろうか。

ジークフリート キルヒアイス(II)、ジョアン レベロ、ウランフ(アニメ版)
Siegfried Kircheis(II), Joan Rebello, Wulanfu
 この三人はアニメの方が格段にいい。特にウランフは、小説ではあまり出番もなく印象も薄かったのに、アニメではまさに人格高邁、智仁勇兼備の名将である。ただ、あの世界では「主将が死ぬと即敗北」という原則があるのに、彼ともあろう人がそれを無視したのは解せない。
 レベロは、まだ私はアニメ版第3期をよく見ていないので、論評はまたの機会に。
 キルヒアイスの良さは、何と言っても言葉使いのていねいさである。あの雰囲気はキルヒアイスならではである。

ジークフリート キルヒアイス(3)
Siegfried Kircheis (III)
 彼はカストロプ事件のあと中将に昇進している。そして四ヶ月ほどの後、アムリッツァではヴァーレン・ルッツの両艦隊を指揮して戦っている。艦隊司令長官は中将だから、キルヒアイスはこの時大将、いつ昇進したのだ? と思ったが、アムリッツァのあとラインハルトは彼を「一気に上級大将に昇進させ」ているから、アムリッツァの時はまだ中将だったのだろう。つまりヴァーレンとルッツはおそらく中将になりたてで、彼らよりわずかに先任のキルヒアイスの指揮下に入った、ということになる。

シヴァ
 この星系は、ハイネセンから十二日行程のところにある。ハイネセン−イゼルローン間が「最低でも四週間」行程であるから、ハイネセン寄りにある星系というわけだ。そんなところからどうやって要塞前面まで敵を誘導しようというのだ?


ジーク・マイン・カイザー!
Sieg mein Kaiser!
 よく考えると、これは正しくは「ジーク・マイネム・カイザー!」だろう。もしかすると、田中芳樹は「ジーク」が「ばんざい」だと思っているのかもしれないが、例えば「ジーク・ハイル!」は「勝利ばんざい!」であって、その「ばんざい」部分はもちろん「ハイル」の方にある。その一つの証拠として、連呼するときは「ハイル! ハイル!」とは言っても「ジーク! ジーク!」とは言わない。また、タンホイザーの「テューリンゲンス・フュルステン、ラントグラーフ・ヘルマン ハイル!」という歌詞を考えても、「ばんざい」は「ハイル」だということがわかる。

しぼりたての牛乳
Fresh milk
 アニメ版ではこれをパックで買っていた。やっぱりしぼりたての牛乳はびんで買わなきゃ。

黒色槍騎兵艦隊
die Schwarzlanzenreiter
 アムリッツァで壊滅したあと、ガイエスブルクでは復活している。こんなに早くどうやって復活したのか?
 もしかすると、アムリッツァでのキルヒアイス艦隊をごっそり移籍したのではないだろうか。だからキフォイザーでキルヒアイスの手勢は800隻しかないのだ。

シュムーデ提督とシュムーデ技術大佐
Admiral Schmude und Technischeroberst Schmude
 親戚かな。それにしても、提督の方は平民出身でしかもさほど有能でもないのによく提督になれたもんだ。

人工重力
artificial gravity
 この世界の宇宙艦の人工重力装置の耐久性はものすごい。
 艦が大破して爆沈寸前でも人工重力だけはしっかり生き残り、そのおかげで、崩れてきた機材の下敷きになって死んだ登場人物のなんと多いことか……。

Skies of Love
Skies of Love
 アニメ第一期のオープニング・テーマソングである。
 歌詞の一節に、
The skies seem so blue
They lead me to you
Somewhere there's a place in my heart
In the skies of love
という個所があるが、ここでなぜ the sky ではなく the skies と複数なのか? 「空」の複数って?
と思って辞書を引いてみたところ、詩語や雅語としての「大空」という意味では、しばしば the skies と複数形が用いられることがあるそうである。
 Yahoo!智恵袋にはこのような質問/回答も載っている。

鈴木結女
Suzuki Yume
 このミュージシャンはローエングラム公そっくりだ。髪をブロントにすればそのままである。しかも、服やアクセサリーは黒と銀が大好きで、それしかつけないという。まさにそのもの。声は太いけど。

「〈SPI〉スターフォースにおける戦略・戦術」より抜粋
from game notes of "Star Force"
10: 空間において“哨戒ライン”とか“戦線”は無意味である。それはただ使用できる兵力を減少させるだけにすぎず、敵は苦もなくそれを通過するだろう。戦場は“小さな泡”などではなく“宇宙空間”なのである!

タンクベッド
tank bed
 わざわざ濃い塩水にしなくたって、ただの真水を入れた上でタンクベッド区画の人工重力を切ればいいんじゃないのか? その方が上がったあとの身づくろいがかんたんで、すぐに戦闘配置に戻れるだろう。
 ここにも「何があっても切れない人工重力の謎」が……。

追撃
pursuit
 ヤンはこれがあまり好きではないようだ。アイヒェンドルフとの遭遇戦のあともこれを行っていない。確かに彼の言うことにも一理あるが、思うにそれは戦略的なレベルでの話で、戦術的には可能な追撃はなるべくやっておくべきではないだろうか。圧倒的な戦力をもって勝利したあとに積極的に追撃しなかったモントゴメリーはけっこうそれで悪口を言われている。真珠湾の南雲も然り。
 「戦術的勝利そのものに価値はない」かもしれないが、勝てる戦闘を選んで勝っておくというのは部下の士気を高めるためには非常に有効である。「要塞対要塞」のあとに双璧があえて戦略的には意味のない戦闘(いまさら勝っても当初の作戦目的に何ら寄与するわけではない)を行った理由を考えてほしい。

通信兵
Funker
 アニメでのランテマリオ会戦最終局面で、「退路を断たれるぞ!」「本国に帰れなくなる!」などと味方にパニックをまき散らすような通信をしていたたわけ者がいたが、ぼくがラインハルトだったらそんな通信兵はその艦の艦長ごと即刻銃殺にするね。

帝国と同盟
Das Reich und/and the Free Planets
 要するに百年前のロシヤ帝国といまのサヴイェト連邦が戦っている、と思えばいいのだろうか。するとゴルバチョフはトリューニヒト?
 ソ連もそうだけれど、自由惑星「同盟」というのは大した詐欺な国名だ。完全な中央集権体制なのだがねえ。
(これを書いたのは1990年のことである)

自由惑星同盟国歌
National Hymn of the Free Planets
 ご存じとは思うが、こういう歌詞だ。

Liberty stands for freedom
Oh, hail! the flag that set us free
Standing righteous, symbolic of strength
Our hopes for freedom to be
My friends, not so far away
Rulers will reunite hand in hand
Oh hail! Liberty Bell!
True freedom for all men

Fighting hard for the future
The promise of a better day
For tomorrow we drink from the cup
The wine we fought for today
My friends, let us sing a song
Sing along, ring a bell: Liberty!
Oh hail! Liberty Bell!
True freedom for all men

"F" that stands for our freedom
As well as the flag stands so strong
Spirits set free in our future land
So let us share in this song
My friends, not so far away
Rulers will reunite hand in hand
Oh hail! Liberty Bell!
True freedom for all men

 これを和訳すると、こういうことになると思う。

解放の力は自由のために立ち上がる
万歳、自由をもたらす旗よ
正義によって立つ、我らが力の象徴
我らの自由への希望は
友よ、近くにあるとはいえ
支配者たちは再び結集し来るであろう
万歳、自由の鐘よ!
真の自由を全ての人に!

力をつくして戦おう、未来のために
よりよき日への約束のために
美酒の杯をかわす明日のために
今日一日を戦い抜こう
友よ、歌を歌おう、
歌声高く歌い、鐘を鳴らそう、自由の鐘を!
万歳、自由の鐘よ!
真の自由を全ての人に!

我らの自由のために立つ「F」の文字は
自由の旗と同じように力強く立つ
我らの思いはいつの日か自由の国を作るだろう
その日までこの歌を歌い続けよう
友よ、遠からず
支配者たちが再び結集し来るとしても
たたえよ、自由の鐘を!
真の自由を全ての人に!


 ここで疑問なのが、
"Rulers will reunite hand in hand"
という一節である。
「友よ、手を取り合ってともに戦おう」というのならばわかるのだが、この歌詞では「手を取り合う」のは「圧制者」の方になってしまっている。それって変じゃないか?

 これはもしかすると、作詞者の秋吉満ちるに日本語の歌詞原案を渡して英訳してもらう過程で、秋吉さんが日本語の内容を誤解したのではないだろうか。あの人、マザータングは英語だからね。

電話器(アニメ版)
Telephone
 「アクセス」はこの時代“acsess"と綴るらしい。

『同盟軍の……』10巻171ページ)
 まあ、いいけどね。愛蔵版では修正されてるのかな。

『……「雷神のハンマー」の死角にもぐりこもうとした。』 (10巻56ページ)
 アニメ版ではそんなものはあり得ない。

ニーメラー中佐
Fregattenkapitän Niemöller
 この人はブリュンヒルトの艦長だった人なのだが、後の艦長ザイドリッツ准将のことについて触れた個所で、ザイドリッツはシュタインメッツの跡を継いで2代目艦長となったとあり、矛盾を生じている。しかし、このたびこの矛盾解明の手がかりが見つかった。
 大戦間から戦後にかけてのドイツのプロテスタント指導者に、マルティン・ニーメラーという人がいる。この人はUボート艦長から宗教家に転じたという変わった経歴を持つ人なのだが、おもしろいことに生まれたのがリップシュタットという町なのだ。
 つまり、銀英伝のニーメラー中佐もリップシュタットに関係しており、ということはおそらくリップシュタット盟約軍の一員で、新帝国の歴史からは抹殺された存在なのではないだろうか。彼は何らかの理由でもとの上官と旗を同じくしなかったのである。興味深いことだ。
 ……と思ったら、彼がブリュンヒルトの艦長だったのはリップシュタット戦役の後であった。うーむ。こういったおもしろいエピソードはきちんと使ってほしいものだ。

 ところで、上のマルティン・ニーメラー牧師という人は、実はこの有名な警句を発した人だったのだ。

ナチが共産主義者を呼びつけた時、
私は黙っていた。
実際、私は共産主義者ではなかったのだから。
彼らが社民党員を投獄した時、
私は黙っていた。
実際、私は社民党員ではなかったのだから。
彼らが労働組合員(カトリック信者、というバージョンもある)を呼びつけた時、
私は抗議しなかった。
実際、私は労働組合員(カトリック)ではなかったのだから。
彼らが私を呼びつけた時、もう誰もいなかった。
抗議できるような何者も。

"Als die Nazis die Kommunisten holten,
habe ich geschwiegen;
ich war ja kein Kommunist.
Als sie die Sozialdemokraten einsperrten,
habe ich geschwiegen;
ich war ja kein Sozialdemokrat.
Als sie die Gewerkschafter (die Katholiken) holten,
habe ich nicht protestiert;
ich war ja kein Gewerkschafter (kein Katholik).
Als sie mich holten,
gab es keinen mehr, der protestierte."

 日本語ではまた違ったバージョンが流布しているようだが、ドイツ語原文ではこれがいちばん有名なバージョンらしい(グーグル的に)。

 こういうのはどうだろうか?

ラインハルトが門閥貴族を攻撃した時、
私は黙っていた。
実際、私は門閥貴族ではなかったのだから。
彼が地球教徒を投獄した時、
私は黙っていた。
実際、私は地球教徒ではなかったのだから。
彼が自由惑星同盟を滅ぼした時、
私は抗議しなかった。
実際、私は同盟市民ではなかったのだから。
彼の后が私を呼びつけた時、もう誰もいなかった。
抗議できるような何者も。

パエッタ
Paetta
 彼は第1艦隊司令長官としてランテマリオ会戦に参加している。あの敗戦で生き残ったのはえらいが、その後バーミリオン作戦にはなぜか参加していないようだ。やはりヤンとしてはかつての上司を指揮するのは気が引けたか? それともランテマリオで負傷していたのか? とにかくこの人については記述が乏しいので、いずれにせよ断定はできない。

巴旦杏のケーキ
Cake of Kelsey
 これはアンネローゼが作るものなのに、なぜ英語で書いたのか? それは、巴旦杏は日本原産であり、それを西洋に紹介したのはアメリカ人であり、従って「ケルシー」というのは英語だからである。もうちょっとドイツ風のものにしてくれてもよさそうなものだ。

フョードル パトリチェフ(アニメ版)
Fyodor Patrichev
 戦闘開始を宣するのは司令官の職務のはずだ。司令官も参謀長も健在なのに、副参謀長の分際で出しゃばるでない。

フリッツ ヨーゼフ ビッテンフェルト
Fritz Josef Bittenfeld

 1巻140ページでは、彼はラインハルト元帥府に入るときになって「新たに提督の称号を 帯び」たことになっているが、7巻165ページには「旧王朝のもとで、ビッテンフェルトが貴族出身でないにもかかわらず将官に上り、ラインハルトに見いだされるにいたる」とある。また、外伝3巻178ページによれば、第6次イゼルローン攻防戦において、彼はラインハルト麾下の戦艦艦長で、大佐だったということが明らかである。それから二年余で彼が准将に昇進していたかどうかというのはちょっと微妙な線といえる。
 ただ、准将はコモドーレであってアトミラールではないから、「提督でない将官」というのも考えられなくもない。となると、元帥府入府のときには彼は准将で、入府の際に少将に昇進した、ということになる。直後のアムリッツァ戦役においては彼は中将だから、昇進のペースを考えるとそうでなくては不自然になってしまう気がする。
 また、1巻では後の双璧についても同様であるように書かれているが、実際には彼らは第6次イゼルローン攻防戦の時には准将、クロプシュトック侯事件の時にはすでに少将だったわけだから、1巻の記述は全面的に誤りであると考えることもできる。もしそうならば、ビッテンフェルトの昇進時期は正確にはわからないということになる。おそらく入府時にはすでに少将だったのだろう。かなりの昇進スピードではある。

フリッツ ヨーゼフ ビッテンフェルト(2)
Fritz Josef Bittenfeld (2)
 モルトケの著作集を読んでいたら、この人の名前の由来を発見した。  エーベルハルト・ヘルヴァルト・フォン・ビッテンフェルト将軍。プロイセンの軍人で、普墺戦争でエルベ軍を指揮していた人だ。
 ちなみに日本語版 Wikipedia ではプロイセン軍「左翼」を指揮していた、と書かれているが、エルベ川とシュレージエンの位置関係を見れば明らかなように、正しくは「右翼」の指揮官である。


ブリュンヒルト
Brynhild
 いままで私は“Brunhild”(Niebelungenliedの)だと思っており、それなら「ブルーンヒルト」じゃないかと文句をつけていたのだが、ウェブスターの辞書によると上記のようなつづりのヴァルキューレがいるそうだ。彼女は英雄シグルトによって魔法の眠りから覚めたのだが、後に出会ったときにシグルトが彼女のことを忘れていたため、その戦いでシグルトを戦死者に選んでしまうというこわいお姉さんである。

ブリュンヒルト
Brünhild
 ニーベルンゲンの方もこれでいいようだ。ただMhd.では「プリューンヒルト」と長音なので、母音の長短の問題は依然残る。

ヤン ウェンリー
Yang Wenli
 物語の主人公格の人物だが、私はこの人がさほど好きになれない。なぜなら、この人はあまりにも「民主主義の擁護者」であり過ぎて、人間味を欠くように思われるからだ。
 よく「名将とはミスを犯さない者のことではなく、犯したミスをもっともうまく処理できる者のことだ」というが、ヤンは戦場においてただの一度もミスを犯したことがない。この点に関して言えば、別の意味では彼よりよほど人間ばなれしたラインハルトの方がずっと人間的である。
 まあ確かに、話の筋の関係上ヤンにはたった一度の失敗も許されないのだが、それにしても帝国軍はヤンに対して簡単に負け過ぎだという感がする。

ヤン ウェンリー(II)
Yang Wenli (II)
 彼のモデルとして考えられるのはだれだろうか。まず考えられるのは諸葛亮である。無能な上司に悩まされながら理想のために鬼謀を巡らして必ず勝つ、というのは孔明先生にぴったりなのだが、どうも「むだ飯食いのヤン」と「伏龍」を比べてしまってしっくり来ない。また、「伊達や酔狂で」同志がどんどん集まってくるというのは蜀で言えば劉備の才能である。
 そこで次に思い浮かぶのは、楠木正成である。千早城とイゼルローンというのも面白い対応ではないだろうか。特に、NHK「太平記」の、武田鉄矢扮する正成を見ると、どこかしらヤンのイメージが漂ってくるのである。

ヤン ウェンリー(III)
Yang Wenli (III)
 さすがは主人公、三度目の登場である。今回は、彼の能力について冷静な目で見てみようと思う。
 まず言えるのは、彼は天才的な戦術家であるということである。彼の功績は常に「寡兵をもって大敵を破る」ところにある。なかでもヴァーミリオン会戦では、敵の約半分の兵力でかのラインハルト フォン ローエングラム(彼がアスターテで完璧な内線作戦を成功させたことを想起せよ!)を重囲の内に閉じ込めて戦場の勝利を得ている。また、アムリッツァの前哨戦では劣勢な兵力でかのジークフリート キルヒアイスの追撃を見事にかわしている。彼は常に「私は別に奇跡を起こしているわけではなく、戦術の基本原則に従って動いているだけだ」と謙遜しているが、戦場でまさに難しいのはこの「原則に従う」ことであり、彼は常にそれをなしとげているのだから、彼の戦術的能力はまさに「奇跡のヤン」の名にふさわしい。
 また、彼はたいがいの場合敵の出方を見てからそれに対応して反撃する、という「後手からの一撃」作戦を取っているが、この方法は正確かつ優秀な戦場諜報と、的確かつ敏捷な戦術的機動がなければ単に「敵に先手を取られた」形になって発動前に失敗するのは必定であり、その成功はこの二点における圧倒的な優位を示している。
 また、彼は敵の心理を読むことに長じた一級の策略家である。ヴァーミリオン戦役での彼の勝利はすべて敵の心理を読んだうえで罠にはめることで達成されており、その洞察力はほとんど神技に属する。
 ここで一つの推測が生ずる。すなわち、かくも的確に敵の動きを読めるのは、彼が敵の内部に工作員を潜入させていたからではないか、という推測である。常日頃から敵の指揮官の配置や各指揮官の性格をつぶさに研究していなければ、あれほど鮮やかに勝てるとは思えない。恐らく彼は第六次イゼルローン攻撃の前、宇宙艦隊総司令部幕僚部付だったころから、情報網を帝国内部に張りめぐらせていたのではないだろうか。
 さて、ここまで彼をほめちぎってきたが、彼にも弱点はある。それは大規模な部隊の統率および作戦である。まず、アスターテにおける彼の(没にされた)作戦計画を検討してみよう。実は、これはあまりいい策とは思えない。というのは、外線作戦は必然的に敵の戦力集中を招き、敵はこれに対して一点突破を狙ってくるに違いないが、これに対しての、予備兵力などの対策が、やはりこの案においても欠けているからである。そもそも劣勢な兵力で「軽戦しつつじりじり後退」などというのは言うほど簡単なことではない。拠るべき地勢のない宇宙空間では、あっという間に後退が潰走になるおそれが多分にある。
 この作戦の成功例である諸国民戦役では、アスターテのローエングラム軍に当たるナポレオン軍には、戦線を突破されると後背のフランスが危ないという制約があった。そのため、戦線の他の部分を放っておいたままの無制限の追撃ができず、結果として消耗戦になったのである。ローエングラム軍にはそのような制約はない。いくら同盟軍が後ろに回り込もうと、彼らの目の前に現われるのは難攻不落のイゼルローン要塞であり、ローエングラム伯は眼前の敵を撃破した後に悠々とイゼルローンに取って返し、駐留艦隊と協力して同盟軍を撃滅すれば足る。
 この場合の正解は、三個艦隊を二個と一個の二隊に分け、二個艦隊を敵の正面から、一個艦隊を少し遅らせて側面から近づけていくことであろう。その際、敵が側面の別動隊に気づかなければ理想的な横撃作戦になり、たとえ気づいたところで正面の優勢な敵を撃破するのは別動隊の到着以前には難しいし、まず別動隊を撃とうとして方向を変えれば二個艦隊に側面を突かれる。おそらく敵は劣勢を悟って退却し、同盟軍は戦わずして勝利が得られるであろう。
 アスターテでのこの愚劣さと、ほかの戦場での輝かしい働きを比べると、ヤンがコントロールできる兵力には量的な限界があるのではないかと考えられる。彼が率いた兵力は最大でも三万隻に満たない。この範囲ならば彼の戦術的天才でどうにでも切り回せるが、それ以上の兵力が参加した戦い、例えばアスターテ、アムリッツァ会戦、第六次イゼルローン攻撃においては敗北の度合いを軽くする程度のことしかできないのである。
 これらの戦いでは指揮権を持っていなかったではないか、と言われるかもしれないが、第六次イゼルローン攻撃では総司令部の一員として活発な意見具申をしていれば少なくとも最終的なカタストロフは避け得たかも知れないし、アムリッツァにおいては、あの段階で第十三・第十の二個艦隊、実質完全一個艦隊程度という最大の兵力単位を握っておきながら何ら戦局に寄与せずに他の艦隊が蹂躙されるに任せていたというのは、大局を見渡した判断ができなかったという点で近視眼・利己的との非難を受けねばならないであろう。
 また、ヴァーミリオン戦役においても、結局の勝者は−−本人がどう思っているかは別として−−ローエングラム公であり、最悪の場合としてローエングラム公がアスターテにおけるヤンの作戦を取った場合は、ヤン艦隊は袋叩きに遭って壊滅し、結局ハイネセンも陥落、同盟は完膚なきまでの敗北を喫することとなったであろう。包囲のための兵力は十分すぎるほどあるし、公の直属艦隊の方がヤン艦隊よりも兵力は上なのだから、そんなに簡単に各個撃破されたり退却が潰走になったりするはずはない。実際にも公はかなりの小細工を弄する余裕を見せている。
 実際にはローエングラム公は戦場における敗者となったが、これは公が独力でヤンを倒そうと色気を出したからであって、初めからヤンを適当にあしらう方針だったならばミュラーやミッターマイヤーの来援までそれほどの損害を受けることはなかったであろう。すなわち、この作戦は公が冷静な判断力を失うであろうという希望に有り金全部を賭けた無謀な賭けであり、史実の結果はまさに奇跡であるといえよう。それともヤンは自分の情報網と人物判断力によほどの自信があったのであろうか。だとすると彼の失敗はその情報網がヒルデガルト フォン マリーンドルフを捉えていなかったことにある。
 さらに、アムリッツァとヴァーミリオンでの彼の行動を違う視点から分析すると、彼のもう一つの欠点が見えてくる。それは、自分の評判を大変気にするということである。
 アムリッツァでもしも彼が緊急措置として全部隊の指揮権を握っていたとすれば、少なくとも指揮系統の統一が図れて敗北の規模を小さくすることができたかもしれない。しかし彼はそれができる唯一の立場にあったにもかかわらず(能力的にはビュコックが上かもしれないが、彼は崩壊寸前の自分の艦隊をまとめるだけで手一杯だったろう。ビュコックの相手はフォン・ロイエンタールだったのだから)、自分の兵力の温存に徹し、敗北が本決まりになってから帳尻合わせをしたに過ぎない。これは命ぜられたこと以上は何もしない小役人根性であるか、さもなくば敗北の責任を負うことなく自らの名を揚げる狡猾な策である、と非難されても仕方がないことである。
 ヴァーミリオンでの同盟の取るべき策は、徹底したゲリラ戦であったと思われる。有人惑星を攻略するには大規摸な準備と膨大な物資が必要であるが、ローエングラム軍にはそのどちらもなかったのだから、ハイネセンにも他の惑星にもこだわることなく徹底抗戦を命じるとともに、無傷のヤン艦隊は敵の補給線の襲撃(故ワイドボーン氏は身にしみて知っていただろうが、これは彼の得意技である。)を行っていれば、ローエングラム軍は結局補給の欠乏から退却せざるを得なかったであろう。劣勢の兵力で負けないためにもっとも有効なのが通商破壊であることは、両大戦におけるドイツ海軍が証明している。
 だがヤンは自分の名誉のために正々堂々と戦って勝つことにこだわり、結局同盟最後の無傷の艦隊を失ってしまった。確かに正面からの戦闘を回避して逃げ回っているのは見ばえがよくない。しかし、彼はクロパトキンやバルクライ、クィントゥス−ファビウスと違ってちょっとやそっとで解任されることはない身分である。多少の汚名は甘受してあえて逃げ回るべきではなかったか? 彼は士官学校の頃のことを忘れてしまったのだろうか?
 ただ、これはトリューニヒト政府の全面的協力がなければ不可能な作戦であるから、ヤンにしてみれば次善の策を用いねばならなかったのかもしれない。この点に関しては議論の余地がある。
 その他、「常に前線に近いところにいる」というのもスタンドプレイだったのではないか。指揮官が戦死してしまえば艦隊は崩壊する。戦死しないまでも旗艦が乱戦に巻き込まれてしまっては有効な指揮はできなくなる。そんな危険を冒してまで前に立つというのは、兵の士気云々よりもやはり単なるええかっこしい、匹夫の勇なのではないだろうか。
 けなしついでに、もう一つヤンの不適当な行動を指摘したいと思う。それは、ヴァーミリオンの敗戦後の行動についてである。
 実際にはヤンは退役し、同時に密かに反乱を計画してメルカッツを逃亡させた。これでは年金でゆっくり暮らそうなどというのは無理な話であるし、反乱によって民主共和政治が復活するかと言うとはなはだこころもとない。ここはありがたくローエングラム公の誘いに乗って帝国の高官となり、まず地方自治レベルにおける共和政治の実践なり何なりを考えるべきであったように思える。「まず敵の内部から攻略せよ」と言ったのは彼自身ではなかったか。ついでに自分の帰順と引き換えに、メルカッツとローゼンリッターの罪を問わないという約束を取り付けてしまえばなお良い。どうせ自由惑星同盟はもう救いようがない。今さら同盟に殉じたところでほめてくれる人はいないだろうし、帝国に帰順したとて非難する者はいまい。建前を重んじて蜂起すればまた多くの血が流れる。帝国の内部にも民主主義に賛同する人々がいないわけではないのだから、彼らとも協力しながら地道に進んでいくほうがよかったと思うのだが。武力蜂起は所詮アウトローであり、広範な支持は得られない。
 帝国の高官となればオーベルシュタインと対立するかもしれないが、同盟に残ってオーベルシュタインに謀殺されかけるより数等ましである。さすがにオーベルシュタインといえども、ヤン・ロイエンタール・ブラッケ&リヒターとこれだけ体制内野党の駒がそろえばそうそう勝手なまねはできないはずである。皇帝崩御の後に自分の一派が粛清される危険を感じたならば、その時になってイゼルローンに拠って反乱すればよい(実際にそれをやるのはユリアンかもしれないが)。
 ただ、そうしたとき困るのが自由惑星同盟の処分である。口実はオーベルシュタインがどうにでもつけてくれるだろうが、同時にオーベルシュタインは自由惑星同盟の息の根を止めるためにヤンを動員するだろう。その時までにビュコックが老衰で死んでいてくれればよいけれども、そうでなかった場合はちょっと悲しい。
 少なくともこれだけは言える。史実のヤンの役割はまさに「統一を阻害し、無益な反乱を首謀して多くのむだな血を流した軍閥」であるということが。いったい、反乱後のイゼルローン政府のどこに民主主義があるというのだろうか? どうせ独裁者になってしまうのだったら、軍事革命騒ぎの時にシェーンコップの提案に乗っていたほうがまだましだったと思わずにはいられない。

 しかし、たかが小説の登場人物についてこれだけ書けるというのはずいぶん大したことだ。ただし、偉いのは田中芳樹ではなくてあくまでヤンである−−ぼくがリン・ミンメイは好きだが飯島真理は好きではないのと同じように。

ヤン ウェンリー(IV)
Yang Wenli (IV)
 ヤン タイロン氏やフレデリカ グリーンヒル-ヤン女史などは彼を「ウェンリー」と呼ぶことがあっただろうが、これはかなり違和感をおぼえる呼び方ではないだろうか?

ヤン ウェンリー(V)
Yang Wenli (V)
 関係ないが、ヤン ワンリーという人がいる。新漢和辞典(大修館)によると彼は「南宋の吉水(江西省)の人。字は廷秀。号は誠斎。孝・光・寧宗の三代の天子に仕えて忠節を尽くした。詩文に巧み。(1124-1206)」だそうである。
 ヤン ウェンリーは楊文里。ヤン ワンリーは楊萬里。

ヤンの食事
Yang's meal
 ユリアンはこれについて、「これほど粗雑な食事をしている元帥閣下って、歴史上ちょっと類を見ないでしょうね」と評しているが、ぼくはもっとひどい例を二つほど知っている。一人は包囲されたスターリングラートで元帥に昇進して翌日降伏したパウルス。もう一人はライプツィヒ会戦の最中に元帥号を受け、敗走中に戦死したポニャトフスキ。
 どちらも、二次大戦やナポレオニックを少しでもかじった人には有名な話だと思うが。パウルスの方はぼくは小学生の頃に知っていた。

ユリアン ミンツ
Julian Minc
 私としてはシャルロットフィリス キャゼルヌとくっついてもらいたかったのだが。

ライ麦パン
rye bread
 外伝2巻20ページで、ユリアンはこれをトーストにしているが、ライ麦の黒パンはトーストしない方がおいしいぞ。トーストするとパサパサになっちゃうからね。

ラインハルト フォン ローエングラム
Reinhard von Lohengramm
 どうせならば、彼からはユーモアのセンスを徹底的に奪ってしまうべきだったと思う。その意味で、外伝一巻のキルヒアイスとの会話はよろしくない。

ラインハルト フォン ローエングラム(II)
Reinhard von Lohengramm (II)
 彼は曹操に似ているという意見がある。確かに乱世の梟雄で軍事政治両面に優秀で天下を取る(まあ曹操は天下を取ってはいないが)というところはかなり似ている。さらにヤンを見て「ぜひ幕下に加えたい」などと言うところは曹操と関羽を思わせる。
 他に似ている人物を挙げよと言えば、霍去病だろう。皇帝の寵姫のコネで出世し、軍事の大天才で、どちらかというと情の薄いところは両者に共通する。ただ、皇帝の寵姫云々というところはどちらかというと衛青に近いとも言える。
 さらに、かの「ルドルフ大帝にできたことが、俺にはできないと思うか?」というセリフは、項羽の「彼取りて代はるべきなり」を思わせる。これは曹操も言ってたかな。

リン パオ
Lin Pao
 こいつの名前のモデルは、どう考えても林彪だろう。とんでもない奴だ。

ルイ・マシュンゴ
Louis Machoungo
 この人の声は、3巻148ページ下段8行目によると「豊かなバス」である。従って、アニメで彼の声を中尾“ぽろり”隆聖がやっているのは、厳密に言うと原作に反するということになる。原作に忠実に配役するなら、銀河“ウォーフ”万丈あたりが適任であろう。

レーヴェンブルンの七元帥
Die sieben Admirale von Löwenbrunn
 彼らのその後を予測してみよう。

 ミッターマイヤー:しばらくは幼帝と皇太后を補佐して軍をよく掌握するが、次第に軍内の若手に突き上げられるようになってくる。となると軍の良識の象徴みたいな彼は祭り上げられた末に予備役に編入され、寂しく親友を思い出すだけの生活になるのではないだろうか。さもなくば、若手の突出を押さえようとして奔走し、若手連中に反動呼ばわりされて後述の「ビッテンフェルトの乱」で襲われる、というのも考えられる。まあおとなしく殺される彼でもあるまいから、脱出してかつての僚友に苦衷に満ちた帰順勧告をして容れられず、ジョアン・レベロのような顔をしてアイゼナッハに討伐を命ずるのだろう。
 そうなると余生はもっと悲惨だ。回想録もメックリンガーのものより一般受けしないだろうし。この世界に仏教が存在していれば出家ものである。

 ミュラー:軍の重鎮としてミッターマイヤーに従い、彼の後を継いで軍の長老格になるだろう。彼はミッターマイヤーよりも世渡りはうまそうだから、特に波乱もなくいい人生を過ごすと思われる。

 ビッテンフェルト:ミッターマイヤーの手ぬるさに不満を抱く若手士官連中に担ぎ出されて反乱を起こす危険がある。さもなくば煙たがられるだけだろう。

 メックリンガー:戦争が終わると、即座にこれ幸いと軍事政治から遠ざかって創作活動に打ち込み、「大統一戦争史」「ラインハルト大帝紀」(もしかすれば)「ビッテンフェルトの乱」などの大著をものしてのちの世の百科事典にはそっちの功績の方が多く書かれるだろう。

 ヴァーレン:特筆すべきことがみつからない。平和に一生を終わるのでは?

 アイゼナッハ:ミッターマイヤーは「軍の良識の象徴」だが、彼は「軍の良識派のリーダー」だろう。「ビッテンフェルトの乱」では討伐軍の司令官になると思われる。彼の部下に次代をになう人材が登場する可能性が高い。

 ケスラー:この人も大過なく一生を終わりそうだが、運が悪いと「ビッテンフェルトの乱」に巻き込まれて死んでしまう危険性もある。

レオニダス
Leonidas
 パストーレとルグランジュの旗艦の名前であるが、ついこの前ぶざまな沈み方をした船の名前をよく付ける気になったものだ。それとも百五十年も戦争をしているとそんなことは気にならなくなるのだろうか。

ロムスキー医師
Dr. Romsky
 アニメ版でのこの人の声はなんと島大介仲村秀生である。それがヤンに向かって「お久 しぶりですなぁ」と言うと妙に笑える。

ワイン
Wein
 ヴォルフィとオスカルの二人は、よくワインの話をしている。伯爵のご令嬢ヒルダよりもこの件に関しては平民ヴォルフィの方がくわしそうだ。それにしても、帝国内にワインを作っている惑星がいくつあるか知らないが、それぞれについて何年ものがどんな性質でいつが飲みごろか、などというのは完全に専門家の領分であろう。たぶん登場人物が話しているのはオーディンの帝都付近の産のことだろうが。この点、同盟の紅茶が「シロン」「アルーシャ」といった産地の惑星の名で呼ばれているのと好対照を成していると思う。

我ら黒色槍騎兵
Wir sind die Schwarzlanzenreiter
 ナチの軍歌集に手ごろな歌があったので、替え歌を作ってみました。

Wir sind die Schwarzlanzenreiter, wir fürchten keine Not,
sind unsres Kaisers Streiter, getreu bis in den Tod.
Wie einst vor hundert Jahren sind überall dabei
die Rotenkopfhusaren der Schwarzlanzenreiterei.

Ein schwarzes Pferd zum Reiten, die Faust ist unsre Wehr,
so woll'n getreu wir streiten, für ein'ges Reich und Ehr.
Es schließen sich die Scharen ums Zeichen, das uns hält:
Standarte der Husaren, ums Goldenlöwe im Feld.

Dem Kaiser treu ergeben wir reiten stumm und still,
wir geben Blut und Leben, wenn es der Kaiser will.
Es schmettern die Fanfaren, wir attackieren gleich
für Kaiser, ihr Husaren, und für das neue Reich!

Wenn dann die Augen brechen und stirbt ein Reitersmann,
Kameraden, die uns rächen, sehn uns noch einmal an.
Es schließen sich die Scharen, der Kaiser hebt die Hand;
Sieg Kaiser, ihr Husaren, heil dir, mein Vaterland.

(Weise: nämlich als "Es pfeift von allen Dächern")


 「ums Goldenlöwe」というのはもちろん文法的にはおかしいのですが、「Goldenlöwe」というのは「Goldenlöwenbanner」の略だと思ってください。


楽譜
daechern1.jpg

曲を直接聞きたい方はこちらを参照。下に掲げた"schwarzen Reiter""Es pfeift..." の替え歌である。

(もと歌 "Wir sind die schwarzen Reiter"
Wir sind die schwarzen Reiter, wir fürchten keine Not,
sind Adolf Hitlers Streiter, getreu bis in den Tod.
Wie einst vor hundert Jahren sind überall dabei
die Totenkopfhusaren der Schwarzen Reiterei.

Ein schwarzes Pferd zum Reiten, die Faust ist unsre Wehr,
so woll'n getreu wir streiten, für gleiches Recht und Ehr.
Es schließen sich die Scharen ums Zeichen, das uns hält:
Standarte der Husaren, ums Hakenkreuz im Feld.

Dem Führer treu ergeben wir reiten stumm und still,
wir geben Blut und Leben, wenn es der Führer will.
Es schmettern die Fanfaren, wir attackieren gleich
für Hitler, ihr Husaren, und für das dritte Reich!

Wenn dann die Augen brechen und stirbt ein Reitersmann,
Kameraden, die uns rächen, sehn uns noch einmal an.
Es schließen sich die Scharen, der Führer hebt die Hand;
Heil Hitler, ihr Husaren, heil dir, mein Vaterland.



目次ページにもどる