銀英伝世界の研究


・戦闘の様相
・帝国軍の編制
・同盟軍の編制
・ラグナロクの戦略
・元帥府
・アムリッツァの補給
・ライガール・トリプラ会戦
・ヴァーミリオンの勝敗
・リップシュタットの貴族軍
・ヴァーミリオンのif
・第三次ティアマト会戦
・ヴァンフリートのビュコック
・アスターテの戦術


この時代の戦闘の様相
Die Lage der Schlachten an dieser Zeit

 まず、巡航艦・駆逐艦・偵察艦が偵察母艦の支援のもと散開して索敵を行う。敵が見つかったら、偵察母艦が情報を集めて旗艦に送る。発見された敵の方に投入されていた偵察艦は、偵察母艦に収容される。巡航艦部隊が偵察母艦の支援のもと接敵を続ける。
 敵と接触するまでに、戦艦部隊は戦線を張って敵を待ち受ける。戦線の後方には小艇母艦・航空母艦・予備の巡航艦戦隊が待機する。
 敵と接触したら、まず戦艦部隊のミサイル戦が始まる。あらかじめ攻勢に出ると決していたら、時期を見て小艇母艦を集中し、ミサイル艇・砲艇を展開して一点に火力を集中する。対して防御側は散開して火力集中をやり過ごすか、密集して戦線を維持する。散開すれば敵の火力集中の効果を減らすことができるが、ある程度戦列の密度がないと味方の火力連携・相互防御支援がままならなくなるので、兼ね合いが肝心である。
 十分に火力をもって叩いたと判断したら、戦艦部隊を突入させる。側面を適宜巡航艦部隊で支援することもある。対して防御側は、砲艇・ミサイル艇の火力集中や巡航艦による限定的な側面反撃で対抗する。突撃を行うのは、射撃戦のみに頼っていては、敵は損害を受けるたびに戦列をまとめ直し、不利になったら逃げ出してしまうからである。敵に大打撃を与えるには突撃が必要なのである。しかし、突撃は必然的に味方戦列の一時的な混乱をもたらし、敵に反撃の隙を与える。従って、突撃の時期は慎重に測るべきである。
 突入口が確保されたら、航空母艦を投入して航空戦力によって敵を攪乱拘束する。防御側は駆逐艦・航空部隊を投入して対抗する。戦線を維持し、敵火力に対抗するするためには、戦艦一隻一隻の連携と駆逐艦群の支援が必要であるから、航空隊によって隊列を崩したり駆逐艦を沈めたりできれば、敵戦線を著しく弱めることができる。だが、航空隊の戦闘継続可能時間は短いから、敵に肉迫してから発進しなければならず、そのためにはやはり戦列の主体となる戦艦部隊の突入が必要なのである。
 次いで航空部隊の援護のもと、敵戦線の重要部分を戦艦で痛撃し、戦線の崩壊を誘う。戦線の崩壊が達成されたら予備の巡航艦部隊の全力を投入し、追撃を行って敵を潰乱させる。巡航艦の火力は小さいが、敵の戦列が乱れていればそれほど大きな火力は必要ではない。それよりも混乱する敵の中を深く突き入っていくことができる機動力・運動性の方が重要なのである。
 いずれにせよ、戦列を維持することは何にも増して重要である。そのため、指揮系統が乱れると部隊は容易に潰滅する。特に指揮官が戦死したりするとまずまちがいなく部隊は崩壊する。指揮系統の維持には十分な注意を払わなければならない。
 駆逐艦は、戦闘の全局面にわたって戦艦部隊の護衛、ミサイルの迎撃を行う。追撃戦においては敵中に深く突き込むこともあり得る。
 巡航艦のみからなる軽艦隊にはしばしば小艇母艦が付随して合戦時の火力不足を補う。なお、このような軽艦隊の任務は強行偵察や敵中深くへの機動襲撃作戦である。



帝国軍の編制
die Organisation der Reichswehr

 基本的な編成単位は次のとおり。
・艦隊 Flotte:1万〜1万5000隻規模。長は司令官(Kommandeur)、中将または大将。
・分艦隊 Abteilung:作戦中の臨時編成で、Flotteより小規模なもの。長は司令(Kommandant)、中将から准将。
・戦隊 Geschwader:3000〜5000隻。Flotteの下部編成。長は司令、中将または少将。
・小艦隊 Brigade:規模はGeschwaderと同程度だが、Flotteに属しないもの。長は司令、中将または少将。また、慣用としてBrigadierという呼称も用いられる。
・連隊 Gruppe:1000隻〜数百隻。兵科ごとに編成される。Brigade、Geschwaderの下部編成。長は連隊長(Gruppenfuehrer)、准将。
・支隊 Schwarm:Gruppeと同程度の規模で、独立して行動するもの。混成の場合もある。
長は支隊長(Schwarmsfuehrer)、少将または准将。
・小隊 Staffel:数十隻。Gruppeの下部編成。長は小隊長(Staffelsfuehrer)、准将また は大佐。
・隊 Rotte:2隻以上で任務のために行動するもの。先任の艦長が指揮する。


 自由惑星同盟軍の基本編成が艦隊(Fleet)であるのに対し、帝国軍ではブリガーデである。動員令が下されると、いくつかのブリガーデを統合してフロッテが編成され、統合されたブリガーデはそのフロッテのゲシュヴァーダーになるのである。ただ、イゼルローン艦隊は常設のフロッテであるなど例外もあり、またラインハルトは麾下の基本編成をフロッテにしている。ブリガーデ基本は、高級将官が過剰な旧帝国軍の事情からとられている面があるからである。
 旧帝国軍では複数のフロッテが同一行動をとる際には常に宇宙艦隊司令長官の指揮を必要とした。これは旧帝国軍の中央集権的体質を表す顕著な例であるが、指揮系統の柔軟性が阻害される弊害があった。しかし、統治面で貴族の大幅な自治を認め、私兵を持つことすら許していた関係上、国軍のこのような制度はやむを得ないものであったといえる。
 一方、全帝国領内における中央集権体制を確立したローエングラム体制においてはこのような制度は必要なかったため、適宜上級の指揮官に数個フロッテの指揮を取らせ、兵力の迅速な展開や速やかな配置の転換を可能としている。ただし、その形態はいわば「与力大名」的なもので、上級の指揮官にも「手勢」のフロッテがいるのが通例である。リップシュタット戦役におけるキルヒアイス艦隊はヴァーレン・ルッツ両フロッテよりなり、このような「手勢」の存在は認められないが、これは例外と見るべきであろう。
 この点は同盟軍の編成と似ているが、同盟軍の通弊である、同格の艦隊司令長官の間の作戦主導権争いといったことを防ぐために、編成内には厳しく序列が設けられている。これを表すよい例としては、「要塞対要塞」戦においてのケンプ大将とミュラー大将の関係が挙げられるであろう。この点に関する例外は、同じく「要塞対要塞」戦における「帝国軍の双璧」の関係であるが、これも彼ら二人においてのみ許された特例であろう。



同盟軍の編制
Organization of the Free Planets' Star Fleet

 基本編成単位は艦隊fleetである。定数は一万五千。長は司令官commander、中将をもって任ずる。通常はこれが最大の編成単位だが、作戦上必要な場合には艦隊をいくつか統合して連合艦隊united fleetを編成することができる。その場合、長は司令長官commander-in-chief、先任の艦隊司令官が任ぜられる。
 ただし、これが編成された例は建軍以来二度しかない。ヴァーミリオン戦役後半においてヤン艦隊がランテマリオの敗軍を吸収した結果これに近いものができたが、当時は組織が混乱していたこと・敗軍が艦隊組織を成していなかったこと・この部隊以外に宇宙艦隊の戦力が存在せず、疑似的に宇宙艦隊司令長官直率に準ずる形となったことなどから、連合艦隊は編成されなかった。その他、先任の艦隊司令官が数個艦隊の指揮を仮に取る形はいくつか見受けられるが、戦争の性質上、特に分遣という形ではなかったために、連合艦隊が編成されるに至らなかったものと思われる。
 艦隊は、通常三個の分艦隊fleet divisionに分けられる。兵力は三千ないし五千。長は司令commandant、少将または准将。各兵種を中に含み、ある程度独立して行動できる。
 護衛部隊や巡航艦部隊など、艦隊よりも小規模だが、独立して行動させる部隊は、小艦隊minor fleetと称する。兵力はだいたい千隻以上。長は司令、大佐以上が任にあたる。なお、小艦隊のことを一般においてしばしば支隊flottilaと称するが、これは正式のものではない。
 小艦隊を編成するに足りない小規模の独立部隊は、規模にかかわりなく任務部隊task forceと呼ばれ、先任の艦長が指揮する。
 分艦隊の下の区分が、戦隊squadronである。兵力は八百隻から千隻。長は戦隊長squadron leader、准将があたる。兵科ごとに編成されるのが普通。
 戦隊の下の区分は、中隊companyである。兵力は二百隻、長は中隊長company leaderで大佐が任じられる。さらにその下の最小単位は分隊section、規模は数十隻、長は分隊長section leader、大佐または中佐。
 同盟軍には、帝国軍のような、複数の艦隊が動員されたときには必ず宇宙艦隊司令長官が指揮しなければならないという制限はないが、司令長官の面子や責任問題などがあってほとんどの戦役で司令長官直率になっている。まあ、どちらにしても戦線が一つで正面が狭ければ、総司令官が後ろにいる必要はないのだ。
 アムリッツァ戦役は連合艦隊制度を活用する好機だったと思われるが、戦面を拡大しすぎたこともあって、結局連合艦隊は編成されず、各艦隊が後方の司令部にしばられながら各個撃破を受けてしまった。これでは制度があっても宝の持ち腐れというものであろう。



ラグナロック作戦における帝国軍の軍事戦略について
Um der militärischen Strategie der Reichswehr an Operation RAGNAROK

 バーミリオン前において帝国軍は、ヤンを倒さぬ限り勝利なしと考えて、ラインハルトをおとりにした作戦を採用している。これはこれで悪くない作戦だが、よく考えてみるとそうまでしてヤンにつきあう必要はなかったのではないかという気がする。
 というのも、ヤンがいかに強いとはいえその兵力はわずか一個艦隊であり、広い戦線を一人で守りきることは不可能であるからだ。帝国軍は、せっかく大兵力を持っているのだから、四方から包み込むようにハイネセンに迫り、迎撃するヤンとぶつからなかった艦隊でハイネセンを陥としてしまえばいいのだ。つまりフランス国内戦役での連合軍の作戦そのままである。
 それではラインハルトの気が納まらないだろうと思うのなら、わざとヤンに動きを見せつけて、バーラト星系内での決戦を強要すればいい。ハイネセンが陥落してしまえばヤンの一存ではそれ以上戦争を続けるわけにはいかないのだから、ヤンもハイネセンの危機には可能な限り対応せざるを得ないだろう。なぜビュコックがあんな不利な決戦をせざるを得なかったかということを考えてほしい。同じようにヤンもハイネセンを見殺しにはできないだろう。
 ただ、この決戦案には一つ不利な点がある。歴史上、敵の要地を脅かして決戦を強要するという作戦で、結果として大敗を喫した例が多いのだ。ボロジノのナポレオン、モスクワのドイツ軍、ミッドウェイの日本軍、ゲティズバーグのリーなどである。従ってこの作戦は縁起の悪い作戦と言えるかもしれない。それでも、第二次ポエニ戦争のスキピオやマリアナ・レイテの米軍はみごとに成功しているから、特に太平洋の米軍なみの優勢を持つ帝国軍なら試して損はないとも考えられる。
 それはともかくとして、もうひとつ史実案には根本的な欠陥があるということを指摘しておきたい。それは、前提となった「ヤンを倒さねば勝利なし」との認識が誤っているということである。
 そもそも今戦役の帝国軍の目的は、とりあえず同盟を屈服させることであって、この一回の作戦で同盟を覆滅してしまうことではないはずなのだ。現に、史実でもバーラトの和約では同盟の存続は保証されている。とにかく有利な条件で講和してしまえば、いかにヤン艦隊が残っていようと、次の戦争ではヤンははるかに不利な条件で戦わざるを得なくなる。それで充分ではないだろうか。ヤンとの決戦なしに戦争が終結したのなら、「ヤンは帝国軍との決戦を回避して逃げ回ってばかりいた」「ヤンは同盟の民衆も首都星ハイネセンも見捨てて自らの安全を図った」と宣伝すれば、同盟にとって大きな力である不敗のヤンの神話に傷をつけることも可能だ。
 つまり、ラインハルトは何も焦ることはないのだ。ローマはカルタゴを滅ぼすのに百二十年かけている。そこまで気長にやることもないが、勝ち続けてさえいれば同盟は自然に分解していく。戦役のたびに首都を陥とされる政府に各星系がついてくるだろうか? そんな政府の軍隊に各星系が協力するだろうか? そして、そんな政府のためにヤン・ウェンリーが命がけで戦うだろうか?
 こう考えてみると、帝国軍の提督たちの中で、大局的に見てもっとも基本に忠実に冷静に考えていたのは、案外ビッテンフェルトだったのではないかと思う。ラインハルトを含む他の諸将は、「才子才に滅び、策士策に溺れる」とのことわざ通り、ヤンの催眠術的心理作戦にまんまとはまってしまっていたのだ。まさにペテン師ヤン、恐るべしである。



元帥府
Großadmiralshauptquartier

 日本軍の「元帥府」というのは、元帥が所属する、いわば「野球の殿堂」みたいなもののことである。しかし銀河帝国における「元帥府」とは、各々の元帥が持つ、封建的領国のようなものであるらしい。例をあげれば、元帥府に所属する軍人は、帝国軍人でありながら同時に元帥の個人的部下であり、元帥の許可なく転属させることは軍務尚書にもできない。また、府内では将官を含む人事を自由に行うことができる。つまり、元帥府の中では元帥は皇帝に準ずる権力を持っているのだ。
 恐ろしいことに、そうやって任命された将校の階級は、公式には勅任による階級と差がないらしい。キルヒアイスの中将昇任は勅任によるものだが、彼がローエングラム元帥府内で首席の地位を得たのはそれゆえではなく、あくまで武勲の大きさによるものであるらしいからだ。
 ある元帥府所属から皇帝直参に、または他の元帥府所属に移りうるかということは問題となるだろうが、作中そういう例はないので何とも言えない。
 考えてみるとこれは極めて危険な制度である。謀反を起こしてくださいと言っているようなものだ。軍事力そのものを物理的に極度に集中させているゴールデンバウム朝においてすら、この制度はラインハルトの簒奪のために大いに助けとなった。軍事力の地方分散を考えているらしいローエングラム朝では、こんな制度は廃止してしまった方が将来のためだと思う。ロイエンタール反逆事件でも、彼の直属の部下たちは最後まで裏切らなかったのだから。
 ……そもそもこういった封建的制度というのは、帝都からの命令を待っていてはらちがあかない遠隔地のためのものであるはずだ(「スペイン要塞を撃滅せよ」でのホーンブロワーの昇進の話を見よ)。FTLで一瞬のうちに全土に通信できる世界では、こんな制度は害になるだけだと思うが。



補給的観点から見たアムリッツァ戦役
Eine nachschubliche Rundschau von Amritzar-feldzug

・同盟軍の場合
 同盟軍は食料補給の破綻によって敗北へと追い込まれたが、そもそもこの作戦における食料補給は、現地調達を基本としていたのではないかと推測される。なぜなら、作戦後期に補給困難に陥った際に、どの艦隊も補給難による停止を考慮した形跡が全くないからである。これはすなわち、とにかく帝国領内へ急速に突入することによって敵の焦土地域から脱するのを期待していたことを意味する。また、キルヒアイス艦隊によって大規模な輸送船団が撃滅されたあとも、退却戦で消費した弾薬の補給が滞った形跡がない(弾薬が欠乏していたなら、ヤン艦隊が行ったような火力集中は不可能だったろう)のも、弾薬輸送船だけは相当数確保していたことを示唆する。軍事に振り向けられる船腹に限りがあることを考えれば、その分食料補給船が少なかったろうという推測が成り立つのである。
 まあこれはある程度当然なことで、イゼルローンの生産力がいかに大きいとはいえ、帝国軍と規格の違う同盟軍の弾薬を生産させるのはすぐには無理だったろうから、弾薬の補給線は食料のそれにくらべて長くならざるを得ず(食料はイゼルローン〜前線。弾薬は本国〜イゼルローン〜前線)、その分の輸送力が確保されたということだろう。その分割りを食う食料補給については、現地調達方針が立てられていたとしても不思議はない。
 ところが作戦の前半には弾薬の消費が皆無だったから、イゼルローンには大量の弾薬が集積され、それをせっせと運ぶことによって退却戦での潤沢な弾薬補給が確保されたのである。

・帝国軍の場合
 帝国軍の補給には、当初から過大な負担がかかっていた。前線の諸星域から根こそぎ食糧を引き揚げ、それを作戦期間中安全空域で保持し、反撃に伴って速やかに再補給を行わねばならないのだから。
 その間それに用いた船腹は転用できない。その上8個艦隊に及ぶ大部隊を補給しなければならないのだから、それに伴う負担は想像を絶するものである。総司令官ローエングラム元帥は「反撃に転ずるまでの期間は50日を越えることはないだろう」と述べたと伝えられているが、これは彼の自信を示したというより「そうなってもらわなくては困る」という焦燥を表しているのではないだろうか。
 この巨大な補給作戦には、フェザーンの協力が不可欠であったことは明白である。公開された資料によっても、この時期フェザーン執政部は帝国に加担していたのは明らかで、具体的には、帝国軍のチャーター契約の積極的斡旋、同盟への補給物資売り渡しの遅延、帝国領内における船舶行動の密告による同盟軍の現地買い付けの妨害などが立証されている。そのかわり帝国軍のチャーター契約においては通常よりも高い料金が設定されていたところは、さすがただでは動かないフェザーンらしい。
 しかし、フェザーンの協力があっても、一部に補給の齟齬を来たしていたことは確かである。決戦前に2回の大戦闘をこなす必要があったキルヒアイス艦隊がアムリッツァにおいて比較的戦闘の負担が軽い遊撃隊に回されたことや、第1合戦で最も激烈な戦闘を行ったビッテンフェルト艦隊が決戦においてとかく無理な早攻めを志向したことは、帝国軍の弾薬補給が消費に追いついておらず、これらの艦隊が弾薬の不足に悩んでいたことを示唆する。
 補給難が主として弾薬に訪れたことの背景としては、イゼルローン失陥による大量の備蓄の喪失もあると思われる。また、食料補給に関しては、同盟軍の船団の拿捕によっていくらかの余裕があったであろう。
 反撃開始に際して、分散した同盟軍に対して帝国軍が同じように分散してしまったことに対する批判がある。しかし、上に挙げたような事情を考えると、確実な作戦でじっくり攻めるより、多少の危険を冒しても作戦期間を切り詰めるために全正面において一斉に戦闘を開始することを選んだのであろうと考えられる。また、早期に多くの惑星を奪還すれば、再補給に用いた船舶をより早く民生方面へ転用することも期待できる。
 しかし、もし第1合戦で撃退される艦隊が出てきた場合、@その艦隊の弾薬再補給 Aその艦隊への援助に伴う他の艦隊の弾薬消費の増大 B一時的に自由になる敵艦隊の転用によって不利になる戦域の弾薬消費の増大 などによって、雪だるま式に補給負担が増大し、補給組織が崩壊していたかもしれない。そのことを考えると、この大胆な作戦を採用し、みごとに運営し抜いたローエングラム元帥とそのスタッフは、すばらしい勇気と能力と好運に恵まれていたと言えるだろう。



ライガール−トリプラ会戦第1ステージの戦術研究
ein Taktikstudium der ersten Stufe vom Schlacht bei Raigaal-Tripla

 史実では、ブラックホールを背に凸形横陣を布いたヤン艦隊に対し、シュタインメッツは半包囲を企図して凹形横陣を布き、結果としてヤン艦隊に自陣中央を突破されている。
 田中芳樹はシュタインメッツの敗因をヤンの巧妙な罠に置いているが、よく考えてみるとこの場合そもそも凹形横陣は不適当な陣形であり、シュタインメッツの判断ははなからまちがっていたことがわかる。
 というのは、野戦における包囲というのは、敵の背後に回ることにその意義があるからだ。この場合ヤン艦隊の背後にはブラックホールがあり、無論そこを通って退却はできないが、同時にそこを通って背後に回ることもできない。このような場面で防御側に合わせて凹形陣をとるのは、一方では延翼包囲の効果は得られず、もう一方では兵力を分散することとなって、きわめて効率の悪いやり方だということができる。
 では、この場合のシュタインメッツの「正解」は何であろうか。私は正面を絞った縦隊による中央突破だと考える。以下に詳しく説明しよう。
 ヤン艦隊の布陣には、上記のように包囲を受けにくいという利点があるが、同時に弱点がある。それは、両翼の連携が取りにくいということである。普通の凸形陣なら内線を通して両翼の連絡は容易だが、ここでのヤンの陣形では両翼間に通過不可能な障害があるので、連絡は円の弦ではなく円周に沿って行わねばならない。そのため、戦線の一ヶ所へ速やかに兵力を集中することが難しいのだ。
 この弱点を突くには、一点に集中した攻撃が有効である。すなわち、陣形としては縦隊ということになる。縦隊による突撃には、突破未了の時点で左右から挟撃されると弱いという危険が伴うが、この場合には敵の両翼が後ろに下がっているので、挟撃態勢に入るまでに時間の余裕がある。さらに敵は後方への退却余地が少ないので、柔軟な突撃の受け止め方ができず、損害の増加による戦線の破綻が生じる――突破が成功するものと考えられる。いったん破口が生じれば、そこを手がかりに敵戦線を横へ順に崩していけばよい。そしてこれは、半包囲陣形によって同じ不利を背負ったシュタインメッツ艦隊へのヤンの攻 撃の結末の鏡像であることがおわかりいただけよう。
 この突撃を行う場所は、敵の全面崩壊を狙える敵中央と、より敵の集中を妨げて突破を容易にする翼側とが考えられるが、いずれも一長一短あろう。いずれにせよ、ある程度の予備縦隊を用意して、突撃点への敵の兵力集中を精神的に妨げることが必要である。
 ちなみに、史実でヤンが行った中央突破−背面展開という戦術は、機動力において味方が卓越しているか、敵相互の連絡が途絶しているか、戦線正面の広さに比べて戦線の奥行きがよほど薄いかしないと成功しない戦術である。史実ではそれぞれノルマンディのパットン、吹雪の中での混戦となった
アイラウのミュラ、'44年のバグラチオン作戦が成功例である。それを鮮やかに決められていることといい、上記の布陣ミスといい、シュタインメッツの戦術能力には疑問符をつけざるを得ないと思うのだが、どうだろうか。



ヴァーミリオン会戦の勝敗評価についての私見
Meine meinung um das Ermessen über die Schlacht bei Vermilion

 まず結論を言うと、これは明らかに帝国軍の勝利である。ヤンは結局作戦の最大目的であるラインハルトの抹殺を果たせなかったのに対し、ラインハルトは同盟を屈服させるという作戦目標を満たすことができたからである。
 戦場ではヤンは勝っていたではないか、それも劣勢な兵力で敵に損害比においても優勢な戦いをしていたではないか、という見方もあるが、作戦の一部として見た会戦というものにはおのずと制限時間があり、ヤンは時間をオーバーしてしまったのだから、それまでどれだけ勝っていようとそれは骨折り損でしかない。同じような例にはクルスクのドイツ軍がある。明日になればケンプフがやって来てヴァトゥーチンを叩きのめせるとわかっていても、今日のうちにそれができなかったドイツ軍は結局敗者たるを逃れられなかった。
 また、ラインハルトも戦場でいいとこなしだったのではない。敵を上回る9割に迫る損害を出しながら、最後まで艦隊の秩序を保って崩壊しなかったその戦術能力は、まさに天才の名を辱めないものである。しかもずっと攻撃側だったヤン艦隊にくらべて、士気の維持において不利な防御側という立場にあってである。耐えて耐えて耐え抜いて、その結果最後の大逆転勝利をつかんだラインハルトの必勝の信念は、どれだけ賞賛しても足りないほどのものであろう。
 ところで、この会戦の重要人物ナンバー3・ミュラーの戦術能力には、二通りの見方があると思う。一つは、優勢な新手を率いて敵の背後から殺到しながら、ラインハルトを助け出せなかったばかりか自らも壊滅してしまった無能な――少なくとも攻撃において――将、という評価、もう一つは、急行軍で乱れ切った味方の戦列もそのままにほとんど自殺的な攻撃をかけ、自分の艦隊の壊滅と引き換えにラインハルトを救うための時間を稼ぎ取った果敢な将、という評価である。何と言ってもヴァーミリオンでの彼の戦いぶりはほとんど「石壁に卵」的なものだったから、評価は分かれるところだろう。
 この点に関しての私の意見は、後者に近いものである。もともとミュラーは攻勢の将ではなく、その本分は第2次ランテマリオで見せたようなまさに「鉄壁」の守りであったのに、主君の危機を見るや躊躇することなく不利な攻撃にかかったその決断力を、私は高く評価する。あの大損害は、まずは戦列の未整理・戦力の逐次投入、次いでヤンの戦術能力の卓越、さらに敵情およびラインハルト艦隊の状況がわからなかった(罠に落ちた経緯を見るとそうだろう)という3点によるものだと思われる。やはりこの世界、戦列の維持が最重要課題なのだ。
 指揮官たる者、えてして自分の部隊が一番大事なものである。その大切な自分の艦隊を擲って他人のために命を張るとは、ミュラーはエライやつだと思いませんか? まあ、ロイエンタールあたりだったら、部下のうち一番勇敢な奴を突撃させて時間を稼ぎ、そいつが玉砕している間に戦列を整えてヤンを倒していたかもしれないけどね。


リップシュタット同盟軍雑感
Um die Lippstadtbündern
 結果としては惨敗に終わった彼らだが、経過を見るとそんなにまずくはないじゃないかと思う。まず緒戦で血の気の多いのと無能な軍師を始末して綱紀を粛正し(オフレッサーを失ったのは痛いが)、次いでメルカッツが直接出て勝ち(勝てるところで出したこの目の鋭さ)、士気を上げる。士気をあおるブラウンシュヴァイク公ときちんと釘をさすメルカッツのコンビはなかなかいいし、そのあとリッテンハイム公を分派したのも、命令系統一本化という立場からは悪くない作戦である。戦場に二君あるは百害あって一利なしであろうから。
 こうして、最高の士気と悪くない統制で、数の優位を保ち、しかも逸を以て労を撃つ最高の戦略!
 ――ところがところが、彼らは戦術能力でお話にならないほど敵に劣った。宇宙で釣り野伏にひっかっちゃうんだもんなあ。そう、彼らの敗因はひとえに戦術のお粗末さに帰するのであった。ヤンが見たら何と言うだろうか。

 ところで、リップシュタット軍は要塞戦に弱い。この世界の要塞は中央のオペレーションが大事であり、それに当たる技術将校は平民だからであろう。
 ――しかし、一ヶ所が陥ちると全機能を失う陣地って、欠陥品じゃなかろうか。各細胞が孤立していつまでも抵抗できるように造っておくべきだと思う。


もしもヴァ―ミリオンでヤンがラインハルトを倒していたら
Wenn an Vermilion Yang Reinhard niedergeschlagen hätte
 もしもヴァ―ミリオン会戦でヤンがラインハルトを首尾よく抹殺していたら、どうなっていただろうか。
 ヤンのファンなら、「これで同盟は大勝利、帝国軍は引き揚げて、同盟は以後十年は安泰だ」と思うかもしれない。しかし、本当にそうなるだろうか。
 確かにその時点でラグナロック作戦は大混乱を来し、帝国郡の統率は乱れるであろう。しかし、全体として帝国軍が兵力において圧倒的優勢にある、という、同盟の危機的状況には変化はないわけだ。同盟には、首都星系の制海権はおろか、帝国の一個艦隊とまともに戦うだけの戦力すら残ってはいない。極端な話、ビッテンフェルトが怒り狂ってラインハルトの弔い合戦を挑み、ヤン艦隊を捕捉したならば、ヤンの命もそれまでである。そしてそれを制止すべき何者もこの銀河には存在しないのだ。
 そうなったあとで帝国が内戦に突入したとしても、同盟がその埒外にいられる保障は皆無である。回廊は二本とも解放されているのだから、同盟領は帝国軍閥の草刈り場と化してしまうであろう。
 特に、ハイネセンにいる双璧は、1:最大の戦力 2:同盟政府を傀儡にできる利点 3:エルヴィン・ヨーゼフ二世 を持つから、そのまま旧同盟領を版図として軍閥化するかもしれない。まさに、「俺が正帝、卿が副帝」である。
 同盟領を拠点とする利点として、次のようなこともあげられる。まず、「同盟領征服はラインハルトさまのご遺志である」/帝国軍人の務めである」と号することで、士気を高めることができるということ。また、帝国領を割拠することによって被るかもしれない「逆賊」の汚名を避けることができること。特に後者について、拠点とする星系の民心が「正統」を重んじるものだった場合の困難は大きいし、オーディンを占拠する勢力に対抗して割拠を続けるのは難しい。これに対して、同盟領には人民を守るべき正統政府の力がなくなっているから、純粋に「この星系の安全を守るから協力してくれ」という申し入れがしやすい、というのは利点である。ただその際、ハイネセンを占拠している勢力が「正当性」を主張すると、また困難ではあるが。
 かくして、同盟領は戦乱の巷となることになる。
 ヤンがラインハルトを屠ったあとにすぐ逃亡したとしても、この混乱の中で同盟を守り切るのはまず無理(なんと言っても艦隊が足りなさ過ぎる)で、イゼルローンを奪回して中にこもるくらいしかできない。ということは、結局ヤンも一軍閥として立つほかないということで、自由惑星同盟の存続という件に関してはあまり助けにはならないということである。
 この状況下で「軍閥」ヤンの苦労は史実とくらべてどうなるだろうか。まず兵力は、ヴァ―ミリオン終了直後そのままだから、三千隻内外。損傷艦は放棄するから多少減り、各地の駐留艦隊を集めて多少増え、とんとんというところだろう。史実より周囲が物騒で、各帝国艦隊は自分の占領地の艦艇を捕獲ないしは破壊するだろうから、そんなに増勢を図ることはできない。
 かくして絶対数は史実よりかなり少なくなる。ただし、イゼルローンに拠ってさえいれば、一個艦隊の敵はまったく恐るるに足らないから、相対的地位は高いかもしれない。ただし外征はまず無理である。それどころか、帝国系軍閥が協定して回廊を封鎖してしまうと、まさに雪隠詰め。しかもそれは両側各二千隻もあれば可能だ。
 従ってヤンのとるべき方策は、帝国系軍閥がなるべく相争うように謀略の限りを尽くし、さらに密かに同盟領内に同志を募って蜂起をめざす、ということになろうか。長く苦しい道のりである。
 結局笑うのはルビンスキーか?


第三次ティアマト会戦の戦術的検討
eine taktische Durchsicht des dritten Schlachtes bei Tiamat

 第三次ティアマト会戦において、帝国軍と同盟軍の兵力はほぼ同等であり、双方とも奇襲によらない正面からの会戦であったにもかかわらず、同盟軍は第11艦隊を撃滅されるという一方的な敗北を喫した。本稿ではこのような結果に至った要因を主として戦術的に考えてみようと思う。

・同盟軍第11艦隊の作戦意図
 最初に、この会戦のキーポイントとなる同盟第11艦隊について考察しよう。
 第11艦隊は、開戦劈頭から他の2個艦隊よりも突出して帝国艦隊を攻撃したが、その戦術は横隊による火力戦であり、突撃による敵の分断を狙ったものではない。
 横隊戦術は同盟軍伝統の戦術であり、かのダゴン会戦において大勝を博した際に用いられて以来(1) 、同盟軍はこの戦術を愛用している。アムリッツァ会戦の第13艦隊が横隊による火力発揮によって帝国軍のビッテンフェルト艦隊の突撃をみごとに破砕したのもこの戦術の好例である。
 本会戦においても第11艦隊の火力発揮は極めて効果的であり、会戦前半における帝国軍の損害はかなりの数に及んでいる。
 ただ、火力戦というのは敵と離隔した戦闘であり、もし敵が損害を嫌って後退を始めた場合、それを拘束する力を持たない。従って、第11艦隊それだけでは会戦に勝利をおさめることはできないのである。
 そこでおそらく、第11艦隊の目論見としては、自艦隊の火力戦によって浮き足立った敵を第5・第10艦隊の突撃によって潰走させることを目指していたものと考えられる。
 友軍艦隊の突撃を成功させるためには、敵が縦深を深くしているよりも、薄く展開してくれた方が望ましい。
 そのため、第11艦隊は戦線を延ばすことによって敵の薄弱化を狙い、かつ自軍の火力発揮をより一層効率的にしていたものと考えられる。そして、この作戦は、ほぼ第11艦隊の目論見どおり進んでいたものと考えられる。

・第5・第9艦隊の判断
 では同盟軍の残り、第5及び第9艦隊はどのようにこの会戦の構想を描いていたのだろうか。
 本会戦において、この2個艦隊の動きは極めて鈍い。ほとんど何もしていないといっても過言ではない。もしかすると、潰走した第11艦隊の収容すらまともにやっていないのではないだろうか。
 このような消極的行動(非行動)に出た要因としては、後方で編成中の2個艦隊(おそらくパエッタの第2艦隊とボロディンの第12艦隊)の存在が大きいものと考えられる。
 史実における開戦の段階では、帝国軍と同盟軍の兵力はほぼ同数である。しかるに追加2個艦隊の編成が完了し、戦場に到着すれば、帝国軍に対しておよそ5対3の優勢となる(2)
 この戦力比は微妙であって、帝国軍の出兵の要因のひとつが皇帝戴冠30周年の記念であることもあり、帝国軍が不利な兵力比にもかかわらず猪突してくれる可能性がある。開戦はそうなってからでも遅くない、というのがウランフ及びビュコックの(IMEが「謬コック」と変換したのには何か意図でもあるのだろうか)判断であったと思われる。
 あくまで優勢な兵力比における決戦を考えた両提督は、第11艦隊の独断による開戦を見ても、それを援護しようとはしなかった。ここで第11艦隊が全滅しても、増援を含めて同盟軍は4万隻強となり、優勢を維持できる。それならば、いま急いで全戦力を投じて負けるかもしれない会戦を戦うより、第11艦隊を見殺しにした方がよい。
 ビュコック・ウランフ両提督はこのような判断を下したものと考えられる。

・私見:ビュコックの判断を批判する
 このように、作戦運営上意志の統一がなされていなかったのが同盟軍の最大の敗因である。
 しかし、意見の相違はともかくとして、現実に第11艦隊が独断で攻撃を始め、しかも多大な戦果をあげているにもかかわらず、一切これを支援しなかった第5・第9艦隊の姿勢は非難されてしかるべきだと思う。
 特に、本会戦の状況では、総司令官が不在で現地司令官の臨機の判断が求められていたのであるから、ビュコック及びウランフ提督の姿勢は怠慢のそしりを免れ得まい。
 一方、第11艦隊は戦闘にあっては最大限の力戦敢闘を行い、会戦後半において事態が自らの支配を離れて動き始めたあとにあっても、最後の一兵までつぎ込んで戦線を維持し続けた。ミューゼル戦隊の一撃によって司令部が壊滅したのも、司令部部隊までつぎ込まなくてはもはや戦線が維持できなくなっていたことを示している。
 そうなる前に第5・第9艦隊が突撃を行うことを期待しつつ、それを裏切られて戦死したホーランド提督の無念たるや察するに余りあるものがある。
 突撃を懇願して拒否されたホーランド司令部より、以下に示した電文が発せられている。この文面から、見殺しにされたホーランド提督の無念を感じることができないだろうか。
「先覚者は常に理解されぬもの。もはや一時の不和、非協力は論ずるに足らず。永遠なる価値を求めて小官は前進し、未来に知己を求めん」(3)

・帝国軍の作戦意図
 これははっきりしている。「後の先」である。
 前線の部隊は敵の攻撃を耐え忍ぶことに徹し、敵の鋭鋒に疲れが見えたところで一気に予備のミューゼル戦隊を投入して敵を崩壊させる、という比較的単純な作戦である。
 ミュッケンベルガー元帥は、先年の第六次イゼルローン防衛戦において非凡な戦術能力を発揮したミューゼル中将を高く評価していたものと思われる。しかも、皇帝の覚えめでたいミューゼル提督を会戦の「見せ場」を作る部隊に配すれば、宮廷内での自らの地位を高めることもできる。
 しかし一面で、ミューゼル戦隊の扱いには難しい点もあった。皇帝の寵臣の部隊であるから、もちろんおとりや自殺攻撃には使えないし、予備だからといって戦線の穴埋めに使って、結果として他の部隊が目立っても困る。
 すなわち、当初の目論見どおりの「後の先」を成功させなければ、たとえ勝っても宮廷貴族としてのミュッケンベルガーにとっては敗北になりかねないのだ。
 会戦前半の帝国軍の苦戦の一端は、この特殊事情によるものと考えられる。

・戦闘の展開と帝国軍の苦悩
 帝国軍は同盟第11艦隊の猛攻によってかなりの出血を強いられた。この段階での戦況を分析すると、前線の兵力比は帝国軍有利であるが、同盟軍には非常に豊富な予備が――全軍の3分の2が予備なのだから当然だ――存在するということになる。
 さてここでどう反応するか。全軍で反撃して第11艦隊を撃退することは可能だろうが、それでは戦況が進展しない。敵の主力は無傷で残るし、敵には増援が予想されている。なんとか敵を抜き差しならないところまで誘い込み、できれば同盟第11艦隊を「撃退」でなく「撃滅」しなければならない。
 そこで帝国軍は、ごく一部の部隊で薄い戦線を張って同盟軍におつき合いするとともに、十分な予備を温存することにしたものと考えられる。
 予備は重要である。なんと言っても同盟軍主力は戦闘に参加していない。これに対応するためにはそれなりの戦力が必要だ。そして、逆襲のためにももちろん予備が要る。
 戦力の配備を考えれば、総予備を以て同盟軍主力への対応戦力とし、前線予備で反撃を行う、というのが順当なところだろう。反撃の微妙なタイミングをはかるためには、総司令部よりも前線司令部の方が適しているからだ。それに、何も一か所のみで反撃すると決まったわけではない。敵前衛は薄く広がっているのだから、数ヶ所に対して同時に突撃するという戦術も成り立つ。
 しかし先述の理由から、「総予備のミューゼル戦隊で反撃を行う」ということが決定されていた。ミューゼル戦隊を敵主力への対応部隊として控置していると、もしかすると出番なしで会戦が終わってしまいかねない。それはちょっとまずい。

・帝国軍の実際の対応
 そのため、前線の帝国軍部隊では、同盟第11艦隊の猛攻に対応しつつ、同盟軍本隊に備えて予備を捻出する、という、少し無理のある配備を強いられた。
 同盟軍本隊がかなりの大兵力を擁するのに対し、同盟第11艦隊がそういつまでも同じ勢いで戦闘を続けることはできないのは明らかだから、帝国軍前線部隊の部隊配分は、前線を多少犠牲にしても予備に厚いものであったものと考えられる。
 このため、全体の兵力比が有利であるにもかかわらず、実際に戦闘を行っている兵力の比はかなり帝国軍にとって不利なものになっていたのではないかと想像できる。これが第11艦隊善戦の所以であろう。
 こうして、前線で暴れ回る同盟第11艦隊と不気味に動かない同盟軍主力との間で、帝国軍は苦しい受け身の戦いを余儀なくされていた。

・転機
 このように、会戦は帝国軍にとってどうにも煮え切らない不愉快な展開を示していたわけだが、そのうちに帝国軍も気がついたであろう。同盟軍本隊が第11艦隊を見捨てている――少なくとも先鋒と主力の連携が取れていない――ということに。
 同盟第11艦隊の猛攻と、政治的事情による自らの配備の制限によって、帝国軍の戦列はかなりの混乱を余儀なくされていた。それなのに同盟軍はそれに一向につけ込もうとしない。同盟軍も機をはかっているにしても、なんらの準備行動も起こさずに座視しているというのはおかしい。
 これは、孤立した同盟第11艦隊を覆滅するチャンスではないだろうか。
 こう疑ったミュッケンベルガーの立てた策は、次のようなものであったと思われる。
 まず、前線予備の控置を解除して、敵の意図を超えた最大限の延翼を行う。これによって同盟第11艦隊の戦線を限界まで伸展させる。
 その上でミューゼル戦隊を突撃させれば、限界を超えた同盟第11艦隊の戦列は崩壊し、この勝利を温存したままで撤退すれば、今回の戦役の収支は帝国の黒字、ミューゼル提督大活躍で皇帝陛下も大喜び、ということになろう。
 もし仮に同盟軍がこれを待っており、主力による本攻勢をかけてきたとしても、総予備を投入して収拾にあたればなんとか崩壊は免れるであろう。その際、ミューゼル提督は「敗北の危機を救った英雄」としてその功績を上奏すれば、まあ皇帝陛下の不興も和らげられるのではないか。
 これは確かに賭けである。しかし、おそらく同盟軍本隊は出てこないのではないか。
 このような判断に従い、帝国軍前線部隊は延翼を開始した。

・帝国軍の勝利
 こうして同盟第11艦隊の戦列は過伸展を強いられた。これに対しホーランド提督は友軍に即時突撃を要請したが拒否されたのは先述の通り。
 こうしてミューゼル提督のためのお膳立ては整った。
 ミューゼル戦隊は敷かれたレールを突進し、同盟第11艦隊を粉砕した。ただ、同盟軍主力はいまだ無傷であるから、徹底した追撃は控え、ミューゼル戦隊は再編成ののち予備に戻った。
 華やかな勝利を得た上は長居は無用である。ミュッケンベルガーは牽制のために同盟軍本隊にいったん攻勢をかけ、予定通りそれが撃退されると速やかに隊列を整えて撤退した。
 幸い同盟軍の追撃はなく、帝国軍は意気揚揚と凱旋することができた。

・私見:会戦末期における同盟軍の対応について
 結局同盟軍は帝国軍の勝ち逃げを許してしまった。これは同盟軍の大失敗であったといえるだろう。
 同盟軍の意図は、先述の通り、増援の2個艦隊を加えて優勢となった戦力で帝国軍と決戦を行う、というものであった。
 それならば、第11艦隊の敗北はまだ「始まりの終わり」でしかなく、同盟軍は帝国軍のズボンの裾にしがみついてでも戦闘を継続させ、帝国軍の勝ち逃げを阻止しなければならない。
 それができなかったのはなぜか。
 私見としては、これはビュコック・ウランフ提督の消極的な戦術指導に起因するものと思われる。
 同盟軍は第11艦隊を追撃して同盟軍本隊に迫る帝国軍に対して、横陣による防御砲火で応じている。これは確かに追撃で戦列の乱れた敵に対しては有効な戦術であるが、それはあくまで敵がこちらに向かってくる限りにおいては、の話である。
 ビュコックとウランフは、帝国軍の意図をどう読み違えたのかはわからないが、帝国軍の攻勢を受け流す、というスタンスで臨み、結果として帝国軍の撤退を許してしまった。
 後智恵で考えれば、ここはただちに全力で逆襲に移り、帝国軍の全戦力を混戦に陥れて進むも退くもできないような状況に持っていくべきであった。その上でロボス元帥の増援を待てば、帝国軍に大打撃を与えることもできたであろう。
 大規模な混戦に持ち込むことで敵軍全体を拘束する、というのは、イゼルローン攻略戦において同盟軍が多用し、習熟していたにちがいない戦術なのだから、これを試みれば成算は小さいものではないだろう。
 想像するに、両提督は「優勢な兵力による会戦」という題目にこだわりすぎていたために、「本戦」より前に自分の艦隊の戦力をすり減らすのを極度に恐れていたのではないだろうか。
 それはそれで艦隊司令官として理解できる心情であるが、あの状況で「戦力は温存したい、敵は拘束したい」というのはちょっと虫がよすぎる。戦争には相手があるのだ。「自分のしたいこと」ではなく「相手がしてほしくないと思っていること」は何か、と考えてみる頭脳が、ビュコックとウランフの司令部には欠けていたのではないかと思う。
 理不尽ともいえる司令部の命令に服して出血を強いられた帝国軍前線部隊の司令官に言わせれば、おまえらだけにそんなおいしい戦争をやられてたまるか、というところであろう。

・まとめ
 本会戦は、同盟第11艦隊の独断による突出という双方にとって予期せぬ形で始まったにもかかわらず、同盟軍に有利な形で推移した。
 しかし同盟軍第5・第9艦隊の消極的な判断により、第11艦隊の奮戦は実を結ぶことなく、帝国艦隊の術中にはまる形で第11艦隊は撃滅された。
 戦術的勝利を得た帝国軍は迅速に撤退して同盟軍の反撃をかわし、結局同盟軍の敗北という結果のみが残った。
 戦術的にのみ考察した場合、この敗北に対して、第5・第9艦隊の指揮官には少なからぬ責任があると考えざるを得ない。

・蛇足
 細かい戦訓について少し。
 同盟第11艦隊の壊滅は、戦場における司令部の重要さについてこの上もなく明瞭に示している。会戦前半においてあれだけ健闘した第11艦隊は、ミューゼル艦隊の突撃によって司令部を失うや否や、あっという間に崩壊してしまったのだ。
 これを間近で見ていたにもかかわらず、後年アムリッツァの前哨戦でみすみす司令部を包囲撃滅されて残存戦力を潰滅の危機に陥れたウランフは、戦訓に学ぶということを知らなかったとされても仕方がないのではないだろうか。


(1)重松亨「作戦研究 vol.3 銀河英雄伝説 ダゴン星域会戦の研究」戦略セクション 1995(同人誌)による。

(2)同盟軍艦隊の兵力を1万5000隻とすると増援後の兵力は6万を越えるが、第5・9・11艦隊の合計を平均すると1万1300隻でしかないので、この年度の予算に従った艦隊規模はこの程度ではないかと推測した。従って5個艦隊で5万6500隻程度となる。おそらく高価な大型巡航艦などを欠いた編成なのであろう。

(3)私にはこの電文の行間はこう読める。
「私が若くして栄達したことをやっかんでおいでなのですか。それにしたところで、戦場で見殺しにすることもなかったでしょうに。とまれ、もはや私の艦隊は敗亡寸前です。こうなっては、最後の一兵まで戦って、見苦しくない最期を迎えることだけが望みです。さようなら」

(4)本稿は「地球連邦軍広報局日本支部」主宰の「パエッタ提督」および同所同人の「アトリー卿」のお話に拠るところがはなはだ大きい。ここに御両名のお名前を明記して謝辞に代えたい。


老害提督の仰天指揮――ヴァンフリート会戦におけるビュコック
Die unsinnste Truppenführung des altersblödsinnigen Admiral --- Bucoque am Schlacht bei Vanfrit

 同盟軍の宿将、ヤンの理解者、そして最後には自由惑星同盟の滅亡に殉じた名将、アレクサンドル・ビュコック元帥。
 しかし、彼の名声はその能力に見合ったものであったのだろうか?
 本サイトでは以前にも、第三次ティアマト会戦の分析の中でビュコック提督の戦術的判断の誤りを指摘しているが、今回はそれに先立つ会戦、ヴァンフリート会戦におけるビュコックの異常な行動について解説しようと思う。

 ヴァンフリート会戦には、少なくとも同盟軍の4個艦隊:ビュコックの第5艦隊、ボロディンの第12艦隊、指揮官不明の第6・第10艦隊が参加しているが、その総兵力は2万8900隻に過ぎない。
 つまりどの艦隊もろくに定数を満たしていないわけだが 1) 、その中で1万隻を超える兵力を擁するビュコック艦隊は、全部隊の主力といってよい。
 その主力部隊をあずかるビュコックは、いったいこの会戦でどういう行動をとっているのか。

 まず、会戦初期の、帝国艦隊と同盟艦隊が集結したまま対峙している場面では、ビュコック艦隊がどういう働きをしたかは定かではない。
 ついで、両軍が敵の翼側を迂回しようと大兵力を分派した場面では、ビュコック艦隊は分遣隊のひとつとして単独で行動している。
 主力をまるごと分遣隊にするロボス司令官のやり方もどうかとは思う。しかしロボスは、分遣した諸艦隊との連絡が途絶していく状況を見て、この方針の不利を悟って主力を呼び戻すことに決した。

 ところがビュコックはこの呼び戻し命令を無視するのである。
 無論、前線指揮官には一定の独断専行権があるのは確かだ。しかしそれも、後方の司令部よりも自らの方が戦況を正確に把握しているという確信の上でのみ許されることであろう。この時のビュコックは全体の戦況を全く把握していないのだから、この命令無視は専行権の乱用である。
 最悪の場合、この時孤立していたロボス司令部が帝国軍の襲撃を受けて壊滅していたならば、それはビュコックの命令無視に起因するものであるといって差し支えない。それほどの決定を、特になんらの根拠もなく行ったビュコックは、いったい何を考えていたのだろうか。

 さて、命令を無視したビュコックは、ついでヴァンフリート4=2衛星からの救援要請を受けて当該宙域へ向かうこととなった。
 敵の後方になる衛星の、それも地上に補給基地を設置したロボス司令部もどうかとは思うが、ここでのビュコックの行動はさらに不手際そのものであった。
 おそらくビュコックが補給基地の危機に気づいたのは同盟軍の中でもっとも早く、帝国軍の主力たるミュッケンベルガー本隊よりも早かったものと思われるが、戦場に展開したのはミュッケンベルガーよりも遅いのである。

 本文記述ではミュッケンベルガーの機先を制したようにも見えるが、もしそうなら衛星の地上にいたグリンメルスハウゼン艦隊に対し何らかの攻撃を行っているはずである。
 ところがそうした攻撃が行われた形跡はなく、制空権の喪失によって苦しんでいた地上の同盟軍基地も全く援助を受け取ることなく壊滅している。ということは、ビュコック艦隊は、おそらくビュコック艦隊の行動を察知して戦場に急行したのであろうミュッケンベルガー艦隊よりも展開が遅かったということではあるまいか。これはどう見てもビュコックの不手際であろう。

 また、本来ビュコックは敵の後背を撃つべく迂回行動をしていたはずなのだが、ミュッケンベルガーがその後背を突かれた形跡がない。ということは、ビュコックが命令無視までして行っていた迂回行動も、全くの的外れだったということである。何をやっているのか、と言いたくなる。
 その上この時点で、ビュコック艦隊はグリンメルスハウゼン艦隊とミュッケンベルガー艦隊の両方と対峙する形となっており、ここでの戦力比はおそらく同盟軍にかなり不利であったと思われる。
 もしもグリンメルスハウゼン艦隊がまともに反応して離陸に成功していれば、ビュコックは殲滅されていたばかりか、主力を失った同盟軍全軍が敗亡していたであろうことは想像に難くない。

 さらに、この危機にあってもビュコックは上級司令部に何らの報告を行っておらず、そのためにこれ以降の同盟軍の兵力投入は統制を失ったばらばらのものとなってしまっている。行動がわからなかった敵の主力を発見したのだから、ここは同盟軍の全戦力を集中して決戦を挑むべき状況であるのは明らかなはずなのだが……。
 総司令部に連絡するかわりにビュコックがやったことといえば、個人的にコネクションのあるボロディンにのみ状況を知らせて呼び寄せるという、指揮系統を無視した行動である。いったいビュコックは自分を何様だと思っているのだろうか。
 結果として、はんぱに早く戦場に到達したボロディンは、他部隊の展開の妨げとなる行動をとって、戦況をさらに悪化させている 2)
 よく考えてみれば、ビュコック艦隊とボロディン艦隊を合わせても、おそらくその戦力は2万隻に満たず、帝国軍主力には対抗できなかったのではないかと考えられる。ビュコックは何を考えていたのであろう。

 このように、ヴァンフリート会戦後半における同盟軍の苦戦の責任は、挙げてビュコックの根拠のない独断専行的行動にあると考えられる。ビュコックは、誰かの部下となって働くことに関しては、全くの不適格者であるといえよう。


1) 残り1万8900隻を3個艦隊と司令部部隊に分けるとすると、1個艦隊は6000隻くらいになるだろうか。これでは発足当時の第13艦隊くらいの「半個艦隊」である。
 それにしても、このような不手際な動員といい、このあと始まる第6次イゼルローン攻略戦という同盟軍最大のイベントに3万6900隻しか動員できなかったことといい、トリューニヒトの前任の国防委員長はよほどの無能な男だったと見える。

2) しかも呼んだのがボロディンという同盟軍屈指の無能司令官だというところがビュコックの人脈の貧しさを示唆している。
 ボロディンという男、ヴァンフリートではうしろから味方が来ているのにもかかわらずその進路を邪魔するような展開はするは、第4次ティアマトでは目の前を悠々と通過するミューゼル艦隊を漫然と見送って側面攻撃を受け、戦列を崩壊させるは、アムリッツァ戦役では、敵の反撃が考えられる状況で艦隊を分散させ、司令部を直撃されて壊滅した(状況から考えるとそうだろう。主力が集結していたならあれだけぶざまな負け方はしないはずだ)挙句に自殺するは、まったくいるだけ邪魔な司令官である。


アスターテ会戦におけるラインハルトの戦術について
Die Taktik von Reinhard in der Schlacht bei Astarte

 内線作戦による各個撃破の好例であるアスターテ会戦であるが、その成功のためには、分散した同盟軍のそれぞれの部隊を、それぞれ短時間のうちに撃破していかなければならなかったのは当然である。
 もしも途中までの戦いで時間を取られていたなら、その間に同盟軍の集結が行われてしまうだけではなく、同盟軍による側背からの攻撃までもが可能になってしまう。
 これを防ぐため、同盟軍を迅速に撃破していくために、ラインハルトはどのような戦術を選んだのであろうか。

・軽艦艇の大損害とそれを生んだ戦術
 これを読み解く鍵が、両軍の損害にある。
 この戦いにおける同盟軍の損害は2万2600隻・150万8900人。帝国軍は2200隻・15万3400人である。
 くわしくは弊サイトの別ページ「銀英伝各種数表」を参照していただきたいが、この喪失隻数と戦死人員数をくらべると、喪失1隻当たりの喪失人員数が非常に少ないことがわかる。
 これは何を意味するかと言うと、すなわち両軍とも軽艦艇の喪失が多かった、ということである。
 特に同盟軍の損失を見ていただきたい。上記ページから行けるエクセル表、「アスターテの同盟軍を推計する」に艦種別の推計が載っている。
 帝国軍と最初に激突した第4艦隊においては、驚くべきことに、駆逐艦の9割以上、巡航艦の9割近くが撃沈されていることがわかる。
 駆逐艦は艦隊の防御を担い、戦列の維持に不可欠な存在である。これをことごとく撃破された第4艦隊は、もはや戦列としての体をなさなくなったと言ってよい。

 この軽艦艇への大損害をもたらした帝国軍の戦術とはいかなるものか。
 おそらくそれは、開戦劈頭における、広正面にわたる軽艦艇群の突撃であったと考えられる。
 第4艦隊への攻撃の先鋒はファーレンハイト提督。のちにビッテンフェルト提督と並び称される突撃の名手である。
 この名手に率いられた巡航艦と駆逐艦の大群は、同盟軍の戦列にいきなり襲いかかり、その中で同盟軍の駆逐艦を狙い撃ちにして撃滅したのである。
 次いでファーレンハイト隊は、巡航艦戦力の強襲をもって同盟軍戦列をばらばらに分解するとともに、パストーレ提督の旗艦の位置を速やかに特定した。
 あとは主力戦艦部隊にそれを通知するだけである。戦艦部隊の一斉射撃によってパストーレ艦隊の首脳は消滅し、かくして同盟第4艦隊は完全に無力化した。
 しかしこれには大きな代償が伴った。戦艦部隊の援護をほとんど受けずに敵戦列に突入したファーレンハイト隊の軽艦艇戦力は、この時点で大きく消耗ないしはほとんど壊滅していたに違いない。実質的に、ファーレンハイト隊はここで攻撃力を失ったのである。

 この時点でメルカッツ提督は残敵掃討を具申しているが、これをラインハルトが容れなかったのは当然である。敵はいまだ2個艦隊が健在であり、その集結前に次の攻撃を行わねば、帝国軍は不利な戦力比で戦闘を行わなければならない。

 そこでラインハルトは高速で機動し、同盟軍第6艦隊に背後から襲いかかった。この時の戦術も第4艦隊に対するのと同じ、広正面にわたる軽艦艇の突撃であった。しかしファーレンハイト隊はすでに消耗しているから、今回の先鋒はメルカッツ隊となった。
 メルカッツも老練の将である。敵の意表をついたこともあり、同盟軍の戦艦戦列を守るべき駆逐艦部隊は大打撃を食らって壊滅した。これによって同盟軍は有効な防御を行うすべを失い、司令部を直撃されて壊滅した。まったく第4艦隊と同じ敗北であった。
 しかし、ファーレンハイト隊と同様に、メルカッツ隊もこの戦闘で攻撃力を失ったであろう。迅速な勝利の代償として、この損害は避けては通れないものであった。

(なお、第4艦隊と第6艦隊で損害の内訳が多少違うのは、戦闘に入った対勢が異なることを考慮したからである。正面からぶつかった第4艦隊は前衛の巡航艦の損害が大きく、背後を襲われた第6艦隊では母艦の損害が多くなったように計算してある)

・第2艦隊への攻撃
 こうして同盟軍2個艦隊を葬り去ったラインハルトであるが、最後に大敵が残っていた。同盟軍第2艦隊である。
 第2艦隊は、レグニツァ上空遭遇戦でラインハルトの機先を制し、のちにランテマリオで圧倒的多数の帝国軍相手に崩壊せずに戦い抜く名将、パエッタ提督の指揮する精鋭である。
 それに対抗するに、ラインハルトは槍の鋭い穂先をすでに消耗してしまっていた。ファーレンハイトとメルカッツの両隊はすでに攻撃戦力としては期待できない。やむなく、今回の先鋒は能力に万全の信頼の持てないフォーゲル提督が担当することになった。

 同盟軍2個艦隊を鮮やかに打ち破った敵に対し、パエッタ提督は十分な用意をもって臨んだ。高い攻撃力を持つと思われる敵に対し防御を固めるために、縦深の厚い陣形をしいたのである。
 この重厚な陣形に対し、それでも帝国軍は高い士気を恃んで突撃をかけた。その突撃は今回もかなり成功したと言えるだろう。しかしもうひと押しが足りなかった。
 同盟軍は前衛を突破され、旗艦に命中弾を受けて一時的に混乱したが、崩壊にまでは至らなかったのである。これはフォーゲルとパエッタの能力の差を示している。フォーゲルには一撃で第2艦隊の背骨を砕く衝撃力はなく、パエッタにはフォーゲルの攻撃を土俵際で耐えるだけの防御の厚みがあった。

 ここでいったん両軍は戦列を立て直して向かい合う。ここでラインハルトが考えたことは何であったか。
 ここまで帝国軍が行ってきた攻撃は、まず敵の機先を制することで成功したものであった。また、成功しても味方の軽艦艇戦力をすりつぶすような損害を伴うものであった。
 いま、同盟軍は再編成を行って帝国軍の攻撃を待ち構えている。第一撃の衝撃が失われたこの時点にあっては、もはや第4・第6艦隊に対して行ったような強襲は通用しないと考えるべきである。

 そこでラインハルトは、正攻法ともいえる縦陣(紡錘陣)による中央突破を選んだ。今回の先鋒はラインハルト本隊の巡航艦部隊だが、戦艦部隊がすぐ後ろに控えていて、前回2回のような単独突撃ではない。むしろ、戦艦戦列そのものが突撃することによって突破を図る戦術といえる。
 フォーゲルの攻撃をしのいだ同盟第2艦隊に対して、ラインハルトは小手先の戦術は通用しないこと、本隊の精鋭をぶつけなければ勝てない相手であることを悟ったのである。

 また、これまでの攻撃はいわば「他人の艦隊」の損害の上に成り立ったものであった。お目付け役につけられた「老将」の艦隊なら惜しげもなく消耗してもラインハルト個人の胸は痛まないが、子飼いの戦力は違う。無理な強襲で消耗させるわけにはいかない。やはり、採るべきは正攻法である。

・「ウロボロスの蛇」再考
 かくして同盟第2艦隊に対する第二次攻撃が行われる。これに対してヤンは「やり過ごし」を図って成功するのはご存知の通り。
 ここで劇中では「ウロボロスの蛇」のような追いかけっこが生じるという一幕を用意するが、筆者はこの説を採らない。当時の状況からして、「ウロボロスの蛇」の対勢になるのは不自然だからだ。
 このような対勢になるということは、両軍とも縦に長い陣形をとっていなければならない。しかし、帝国軍の中央突破を誘ってそれをやり過ごすという戦術を選んだ同盟軍は、必然的に横陣であったとしか考えられない。
 横陣をたたんで縦陣に組み直し、さらに急旋回して敵の背後に食いつくというような複雑な機動が、指揮系統が混乱した同盟軍にできたであろうか。これは極めて疑わしい。
 また、常識的に考えれば、双方が旋回運動を行うならば、その結果は、双方の先頭どうしが再び衝突することになるだろう。
 筆者の考える史実は以下の通りである。
 中央の縦深を極めて薄くすることによって帝国軍の突破を誘い、これをやり過ごすというヤンの戦術はほぼ成功する。しかし、帝国軍の主力が「向こう側」へ抜けてしまった時点で、後続の部隊はどう考えるだろうか。このまま素直に「向こう側」に抜けてしまっていいと思うだろうか。
 この時点でラインハルト本人はまだヤンの「やり過ごし」策に気づいたか気づかないかという段階で、まだ指揮下の部隊に命令を下すには至っていない。
 ここで、帝国軍の後衛にいたエルラッハ隊が、独断で進路を変えたと考えてはどうか。
 エルラッハ提督は、このまま突き抜けてしまっては敵の思う壺だと考え、これを防ぐために、敵の戦列を通り抜ける瞬間に、突破口のふちに向かって突撃したのである。


↑↑↑  ↑↑↑
    ↓
    ↓
    ↓

(青が同盟軍、ピンクがラインハルト本隊、横向きの赤がエルラッハ隊)

 同盟軍もすれ違う方向に移動しているから、必然的にこの攻撃は同盟軍後衛に横から突入することになる。同盟軍右翼(この図において)後衛にはかなりの損害が出たであろう。
 これに対して同盟軍は、突撃を受けていない翼側の部隊から反撃を行い、多勢に無勢のエルラッハ隊は壊滅することになる。  こうして双方とも「後衛部隊に大きな損害が出た」という結果が残ることになった。
 これを後世の人が見て、「後衛部隊に損害が大きいということは、双方が相手の後衛を襲う形、すなわち「ウロボロスの蛇」の対勢となったのだ」と判断した結果が、劇中の描写ではないだろうか。

 実際には、帝国軍の他の部隊は、すれ違ったのちにそのまま前進し、エルラッハ隊の残余を収容してそのまま戦場を去った。傷ついた同盟軍もその後を追うことはなく、アスターテの会戦は終結した。

・会戦のあと
 「壊滅」した同盟軍第4・第6艦隊残余は再編され、第13艦隊となる。当初この艦隊は「半個艦隊」の規模だったが、アムリッツァ戦役においてはフルサイズの艦隊として復活している。その間1年に満たない。
 「壊滅」した艦隊がかくも早く再建されたのは、もともと人員の消耗が少なく、さらに大型艦の損失が少なかったため、補充するのは建造の容易な小型艦艇のみですんだからだと考えられる。
 また、戦艦戦力の一部は、前年に壊滅した第11艦隊の再建にも用いられたのではないかとも考えられる。

・まとめ
 アスターテ会戦前半における帝国軍の迅速な勝利は、味方の軽艦艇の消耗をいとわぬ強襲の成功によるものであった。
 これによって同盟軍は戦列の支えとなる駆逐艦戦力に壊滅的な打撃を受け、戦列の崩壊と司令部の露出を引き起こして艦隊中枢に致命的打撃をうけた結果、極めて短時間に戦闘力を失った。
 しかしこれによって帝国軍も攻撃力に大きな損耗を受け、同盟第2艦隊への最初の攻撃は頓挫するに至った。
 その後両軍は再編成を行い、帝国軍は縦陣による中央突破を図るが、同盟軍の「やり過ごし」戦術が奏功し、帝国軍は同盟軍第2艦隊撃滅という目的を達することはできなかった。
 会戦末期には双方の後衛部隊同士の激突が生じ、双方に損害を生じたが、双方の主力は接触することなく会戦は終わった。
 結果として、双方ともに小型艦艇に大きな損害を受け、戦艦戦力の消耗は(勝敗の規模にくらべて)比較的小さかった。



目次ページにもどる