宇宙戦艦ヤマト2202 感想


 ネタバレ多数ありですので観覧後にお読みください。

第一章 28. Feb. 2017 / 第二章 25. Juni 2017 / 第三章 22. Nov. 2017 / 第四章 4. Feb. 2018

第一章 嚆矢編

 わりと悪くない出来だったのではないかと思う。初回2話のみ上映ということで、むりやり戦闘シーンを入れ込んだという感じはあるが、アンドロメダのお披露目ということで、悪くはないだろう。
 2199の時から、戦闘シーンの絵だけはよかったという気はするからね。
 お話については、これからの展開に期待したい。
 ズォーダーが「愛が必要だ」と言うというのは、旧作の設定を裏返したおもしろそうな作りだなとは思う。

 むろん、細かい点ではあれっと思ったところがないわけではない。つらつらと列挙すると:
・大戦艦伸び縮みしてないか。
・「下側に回り込め」って、その操艦をするのが艦長じゃないのか。戦闘シーンでは水雷長のような号令をかけていたし、「ゆうなぎ」での古代の仕事は何?
・アンドロメダの主砲は効かず、ヤマトの主砲でバラバラになる大戦艦。波動カートリッジ弾かと思ったよ。
 「20秒間連続照射なんて、設計時の想定を超えた持続発射ですよこれ。砲身命数を完全に使い切ったんじゃないですか」
 「そうだろうな。まあ、砲身換装前の最後のご奉公ということさ」
くらいのフォローがあってもよかったかも。
・爆散した高度が低すぎないか。数百メートル規模の破片が落下しそうな気も。
・ドライブのシーンの作画崩れが気になる。
・「デファイアント」は「スタートレックDS9」から、「アポロノーム」は「サブマリン707」からなのか。「デファイアント」は「イギリス艦らしい適当な艦名」なのかと思った。
 ただ、実艦で HMS Defiant という艦はないのだそうで。フィクションの映画にはあるらしいが。
・考えてみると、火焔直撃砲が都合よく盾で防げるように着弾するっておかしくないか。前に盾を構えているなら、艦の中心を狙って発射すればいいだけでは。
“JYUZO OKITA” あんたは新庄か。
・ぜーったい猫又滋郎氏の波動砲記事を読んで書いてるぞ、あの拡散波動砲のシーン。
・沢田研二、声が若い!……と思ったら当時の音源なのか。
・最初のシーンで白色彗星はテレザートの近くにいる。それが「帝星ガトランティス前進!」して地球に向かってしまったら、テレザートは置き去り?
・パンフを読んで驚く。「ゆうなぎ」って戦艦なのか! 艦名からしても、劇中の動きからしても、絶対駆逐艦だと思い込んでいた。

 1話の大戦艦の描写には賛否両論あるようだ。
 個人的には、ヤマト世界は「膾不厭細」(論語)ではないが「ビームは太きを厭わない」世界であり、強いビームは太い、という法則があると思う。
 波動砲を見たあとで「スター・ウォーズ」のデス・スターのビームを見るとへなちょこに見えたでしょ? ヤマトを見慣れた日本人には、細いビームは弱っちく見えるのである。
 それに照らすと、大戦艦のビットのビームは法則にはずれている。あんなビームでガミラス戦艦を撃沈できるはずがない。
 やはり大戦艦が撃つべきは艦橋の衝撃砲であったように思う。衝撃砲の着弾でガミラス戦艦の盾が紙のようにひしゃげる姿を描くべきではなかったか。

 23世紀のガミラス人がタッチパネルのタブレットを指でスワイプなんかするなぁ〜っ! すさまじく21世紀臭がして萎えるシーンであった。とても未来の先進文明人の使う道具とは思えない。





第二章 発進編

 思いのほか粗もなく、きめが細かく、よい仕上がりになっている。

 前回指摘した「ビームの太さ問題」もみごとに解決された。「直列打撃砲」とでも名付けようか。

 時間断層は力技だがうまく処理してある。

 残留者はこれからどう使うのか? 期待されるところ。
 桐生ちゃんを降ろしたということはやっぱり真田さんが死ぬのか…。
 キーマン、斉藤、新八子(永倉志織っていうのか)、それにアケーリアス研究者と、けれん味のある人物を仕込んであるのも期待できるところ。

 先行試写を見た友人の言、「2199になかった「溜め」の演出がうまくできている」
 同感である。パンフにも強調して書いてあったね。

 土方さんがヤマトに乗るなら、山南さんは白色彗星につぶされて死ぬのか。まあ、「永遠に」をリメイクしろとまでは言わないけどさ。





第三章 純愛編

 劇場で見たあとの精神的打撃とわけのわからなさが大きすぎて、いままで感想が書けなかった。
 なんとか回復したのでちょっと書いておくことにする。

 もはやリメイクではなくて、キャラだけ流用した全く別の話にするということかね。それはそれで楽しみではあるから、新年の第四章も見に行くことだろう。

 研究者氏、何もせずに死んじゃったよおい。

 ガトランティスに「降伏」という概念がないということは、地球大統領が降伏したすきを突いて都市帝国を真上と真下から攻撃する外道ヤマトの雄姿は見られないのか。

 250万隻の大戦艦を使い捨てにする敵に対抗するには、本物の恒星の超新星爆発をエネルギー源にした巨大加粒子砲が必要だね!
 そういえばバイラル・ジン艦橋とさらヤマを混ぜたMADを作ったことがあるな。サムライなら潔く死んでくれ!

 しかしまじめな話、太陽真空管か木星爆縮爆弾でも作らないと、あのインフレ艦隊には対抗できなさそうだ。
 太陽真空管をアニメ画面で見たいという気はちょっとする。真田さんが「真空管って知ってるか?」とか言いながら解説してくれたらうれしい。でもそれじゃ、もはやヤマトを出す意味がなくなっちゃうよな。

 Amazon の 2202のレビューを見ると、2199が好きなファンであるほど2202(特に第三章)の評価がからい、ということになっているようだ。
 私は2199に対しては可もあり不可もあり、という感じの評価なので、2202に対してもそれほどからい評価ではない。
 2199終盤の破綻ぶりにくらべれば、2202はそこまで壊れてはいないのだから、これから新しくおもしろい話を作ってくれればOK、というくらいに思っている。





第四章 天命編

 前章とは打って変わって旧作準拠な章。力が抜けるなあ。

 ちくわ回、サーベラー回は音楽がうるさい。音楽で盛り上げようとする必要はない話だと思うので、もっと抑えめに使ってほしかった。
 ゴーランド回、ザバイバル回はデストロイド無双が楽しいが、ヤマトのメカとしてこれでいいのかという気がしないでもない。陸上戦艦はやりすぎ(やられすぎ)だろう。重戦車でよかったのでは。

 キーマンはケガしてもすぐ治るのか?

 サーベラー回の白色彗星内部、霧の中からイゼルローンが出てくるのかと思った。だれかMAD作れ。

 フタする惑星は見栄えとしていいギミックだった。

 斉藤たちが手でヤマトを押したのはアクシズを押したMSの本歌取り、という意見を見たが、そうではなく、やっぱりこれは「2199」でデスラー機雷を手で押さなかったことへの埋め合わせだということにしておきたい。ヤマトなんだから。


(2017-2018 Daimyoshibo)



目次ページにもどる