宇宙戦艦ヤマト2202 感想


 ネタバレ多数ありですので観覧後にお読みください。

第一章 28. Feb. 2017

第一章 嚆矢編

 わりと悪くない出来だったのではないかと思う。初回2話のみ上映ということで、むりやり戦闘シーンを入れ込んだという感じはあるが、アンドロメダのお披露目ということで、悪くはないだろう。
 2199の時から、戦闘シーンの絵だけはよかったという気はするからね。
 お話については、これからの展開に期待したい。
 ズォーダーが「愛が必要だ」と言うというのは、旧作の設定を裏返したおもしろそうな作りだなとは思う。

 むろん、細かい点ではあれっと思ったところがないわけではない。つらつらと列挙すると:
・大戦艦伸び縮みしてないか。
・「下側に回り込め」って、その操艦をするのが艦長じゃないのか。戦闘シーンでは水雷長のような号令をかけていたし、「ゆうなぎ」での古代の仕事は何?
・アンドロメダの主砲は効かず、ヤマトの主砲でバラバラになる大戦艦。波動カートリッジ弾かと思ったよ。
 「20秒間連続照射なんて、設計時の想定を超えた持続発射ですよこれ。砲身命数を完全に使い切ったんじゃないですか」
 「そうだろうな。まあ、砲身換装前の最後のご奉公ということさ」
くらいのフォローがあってもよかったかも。
・爆散した高度が低すぎないか。数百メートル規模の破片が落下しそうな気も。
・ドライブのシーンの作画崩れが気になる。
・「デファイアント」は「スタートレックDS9」から、「アポロノーム」は「サブマリン707」からなのか。「デファイアント」は「イギリス艦らしい適当な艦名」なのかと思った。
 ただ、実艦で HMS Defiant という艦はないのだそうで。フィクションの映画にはあるらしいが。
・考えてみると、火焔直撃砲が都合よく盾で防げるように着弾するっておかしくないか。前に盾を構えているなら、艦の中心を狙って発射すればいいだけでは。
“JYUZO OKITA” あんたは新庄か。
・ぜーったい猫又滋郎氏の波動砲記事を読んで書いてるぞ、あの拡散波動砲のシーン。
・沢田研二、声が若い!……と思ったら当時の音源なのか。
・最初のシーンで白色彗星はテレザートの近くにいる。それが「帝星ガトランティス前進!」して地球に向かってしまったら、テレザートは置き去り?
・パンフを読んで驚く。「ゆうなぎ」って戦艦なのか! 艦名からしても、劇中の動きからしても、絶対駆逐艦だと思い込んでいた。

 1話の大戦艦の描写には賛否両論あるようだ。
 個人的には、ヤマト世界は「膾不厭細」(論語)ではないが「ビームは太きを厭わない」世界であり、強いビームは太い、という法則があると思う。
 波動砲を見たあとで「スター・ウォーズ」のデス・スターのビームを見るとへなちょこに見えたでしょ? ヤマトを見慣れた日本人には、細いビームは弱っちく見えるのである。
 それに照らすと、大戦艦のビットのビームは法則にはずれている。あんなビームでガミラス戦艦を撃沈できるはずがない。
 やはり大戦艦が撃つべきは艦橋の衝撃砲であったように思う。衝撃砲の着弾でガミラス戦艦の盾が紙のようにひしゃげる姿を描くべきではなかったか。

 23世紀のガミラス人がタッチパネルのタブレットを指でスワイプなんかするなぁ〜っ! すさまじく21世紀臭がして萎えるシーンであった。とても未来の先進文明人の使う道具とは思えない。


(2017 Daimyoshibo)



目次ページにもどる