Hahnenrippen

 日々思いつること。
 "Hahnenrippen" とは、「鶏の肋骨」という意味です。念のため。
(6. 6. 2017 更新)





(6. 6. 2017)

 今年もDデイ更新。うちのノルマンディのページ、今年はあんまりお客さんが来てないなぁ。


 仕事でインターロイキン2(IL-2)を検索したら、シュトゥルモヴィークとコンバットフライトシムが引っかかってきたでござる。


 「紅殻のパンドラ」って、「べんがらのパンドラ」じゃなくて「こうかくのパンドラ」なのか。「よしざきかんのん」みたいだな。見てないけど。


 KDDIのフリーダイヤルサービスは「フリーコール」という名前だが、どうも「フリーコール」というと第一次大戦後のドイツの Freikorps(フライコール、右翼民兵集団)を連想してしまう。


 現在のアメリカ沿岸警備隊の司令官は、Paul F. Zukunft という人だそうだ。(ウィキペ)
 見るからにドイツ系の名前だが、アメリカ人の名前としてはどう読むのだろうか?ズーカンフト?


 ポーランド人の名前で、Krzysztof さんというのを見かけた。すごく子音字の多い名前だな……。「クシシュトフ」さんか。Christoph と同根の名前なんだろうけど。作曲家のペンデレツキがこの名前だな。
 Krzysztof Krawczyk クシシュトフ・クラフチクさんなどという人もいる。


 動画配信などの大手サイト、DMMで、商品を購入した上でその商品のレビューを書くと、レビューに「購入・利用済み」というマークがつく。買わずに評判操作だけしてるんじゃないんだよ、というマークである。
 それはそれでいいんだけど、公言をはばかるような商品や動画の場合でも同じ表現になるので、「いや、確かに『利用』した上で書いてるんだけど」と、自分のレビューを見るとちょっと気恥ずかしくなるのであった。


 スマホとブログの関係についてのコラム。
 要するに、スマホは文字を読み書きするデバイスとしてプアな性能しか持たない、PCを駆使している世代はスマホしか使えない世代にくらべて情報受発信能力においてすぐれている、人類は情報処理技術において退化しつつある、ということか。
 まあ、紙の本よりも効率よく大量のテキストデータを(画像データも?)摂取できるメディアって、まだ地球上では発明されてないもんな。
 たとえば、リデル・ハートの「第一次世界大戦」をスマホで読め、と言われたら絶対挫折する自信がある。司馬遼太郎の「坂の上の雲」だって無理だ。
 BUNさんのブログの連載記事とか、紙の本にしたらどの程度の分量なんだろう?


 日本語ウィキペディア上に「超駆逐艦」という語は掲載されていない。フランス海軍の戦間期 contre-torpilleur は「大型駆逐艦」と類別してある。
 グーグル上では「超駆逐艦」はもっぱら日本海軍の特型駆逐艦を指す呼称となり果てている。フランス海軍の「超駆逐艦」を指した事例は、ヒット数90件のうち10件しかない。
 英語版Wikipedia “Super destroyer” を引くと、プロレスラーのリングネームの方が前に来る。「軍艦」の節には、嚮導駆逐艦、「島風」(1942年)、「ル・ファンタスク」級、ドイツの1936A型、「スウィフト」が並んでいる。
 フランスの「超駆逐艦」の説明には「large destroyer」という用語を使っている。
 日本語ウィキペの「スーパー・デストロイヤー」の項にはプロレスラーしか載っていない。

 神戸大学新聞記事文庫で検索してみると、「超駆逐艦」はアメリカがワシントン条約前に計画していた嚮導駆逐艦(細目不詳)を指す記事にしか登場しない。まあ、フランスの建艦事情などというマイナーな情報は記事にならないか。


 日本にあって世に名だたるザル法といえば、売春防止法と道路交通法、そして憲法第九条である。じゃあこれらの法には存在価値がなく、すぐに廃止すべきなのかといえば、そんなことはない。
 ソープランドやその他のセックス産業にはいつも警察の取り締まりの目が光っていて、ちょっと阿漕な稼ぎをしようとしたら、すぐに(密告されて)手入れが入ることになる。
 行政に抗議しようとしても、もともと違法な存在なのだから、店側に勝ち目はない。
 こうして法は、間接的に売春婦や客を店の横暴から守っていることになる。
 同じことが憲法第九条と自衛隊にも言える。憲法違反のお目こぼしで存在しているにすぎないのだ、いつでも憲法に従って廃止されるかもしれない組織なのだ、と常に意識しているからこそ、戦後の日本において軍部は力を持ち得ず、曲がりなりにも文民統制が効いた形になっているのではないか。
 そういった意味で、自衛隊が違憲状態にあるということは悪いことではない。常備軍を違法なものとした英米法の精神の良いところに学び、統帥権の独立を乱用して滅んだ大日本帝国の歴史に学んだものといえるのではないだろうか。


 ネトウヨな方々が揶揄する「「憲法九条さえ守っていれば日本は平和」と信じている「お花畑サヨク」な人」って、護憲派の中にいまどれくらいいるのかね?
 私から見るとネトウヨの方々は「「憲法九条を廃止しさえすれば安全が手に入る」と信じているお花畑ウヨク」に見えるんですがね。あるいは「憲法九条を今すぐ廃止しないと明日にもシナチョーセンが攻めて来ると信じているお花畑ウヨク」でもいい。
 私が現行憲法を支持する(少なくとも差し迫った改憲の必要を認めない)のは、その平和主義的な基本思想が国際政治的に「だれも表立って反論できない普遍思想」だからで、こういった建前を失えば、目先の利益に流されて時の政府が国民の長期的な利益を害する行動に出かねないからである。
 つまり、憲法九条は時の政府の歯止め、自制心の象徴として有効に働くから、廃止するのは危うい、ということだ。
 プーチンほどの力量と覚悟があれば、世界平和に反して国益を追求するのもいいが、政権党の如何にかかわらずそれほどの能力も覚悟もない我が祖国の政府にそれをやられては、結局国益を損ずることになるのは目に見えている。
 建前の力は大きい。アメリカが世界中で数々の横暴を働いている、働けている背景には「世界平和の敵を征伐するのだという建前上、それに真っ向から反対できない」という事実がある。
 そういった建前に頼らずに自国の安全を図ろうとすると、巨大な軍事力が必要だったり、軍事的安全以外のところで他国の攻撃を甘受する必要に迫られたりする(あんな国にはうちの石油は、兵器は売れない。あんな国の製品は買えない)
 それは、「民族自決と国家主権」という当時の建前をぶち壊して中国侵略に邁進し、結果として国を滅ぼしたかつての日本人の子孫が一番よく知っているはずじゃないのか。
 確かに、今の世界には「みんなで軍事力を供出して世界の悪と戦いましょう」というもうひとつの建前はある。しかし、「何はともあれ国家間の戦争は悪だし、それに加担することは世界平和の原則に反する」という建前が滅んでしまったわけではない。でなけりゃドイツやポーランドはウクライナに出兵しているだろう。
 現実問題として、日本が軍事的に援助をしなければいけない(しないと自分の安全にかかわる)ような国は韓国と台湾しかなく、どちらへも実際には派兵はかなり難しい。だから一国平和主義でも文句を言われる筋合いはない。
 アメリカはフィリピンとヴェトナムまで面倒を見ろ、と言うかもしれないが、そこまでしてやる義理があるとも思えない。その時、軍事援助を断る口実として現行憲法は有効に使えるじゃないか。
 そういう現実的利益も考えずに、「とりあえず九条を廃止すればいいことが起きる/九条を廃止しないと悪いことが起きる」と信じている人々の脳みそは、相当現実離れしているのじゃないかと思うのだが、どうだろうか。



目次にもどる