Hahnenrippen 出張所:
Wikipedia記事について思うことあれこれ


 Wikipediaの記事はまさに玉石混淆。
 すばらしい記事もあれば、とんでもない記事もあります。
 そういったWikipediaの記事についてあれこれ思うことを書き連ねてみました。

 誤りの指摘ののち改善された記事群についてはこちら
(25. Juni 2017 改善記事群をページ後半に移動)


目次ページへ トップページへ




 日本語版ウィキペディアに2020年になってから導入された項目「日本のカレー」(英語版 Japanese curry の翻訳)のドイツ語版の項目名は „Karē“ である。いさぎよい。
(28. 8. 2020)


 「L3」(イタリアのタンケッテ)の項、「イタリア以外の使用国」の節で、ブルガリアの国名が「大ブルガリア公国」になっている。もちろんWW2時のブルガリアは王国である。
 気の迷いかと思って履歴を見たら、この使用国の節が最初に書き込まれた2008年からずっとそのまんまだった。だれか気づけよ。
(28. 5. 2020)


 「榴弾」の項に、
「日本語での「榴弾」は「柘榴弾」(ざくろだん)に由来すると考えられている。柘榴弾は熟すと実が裂ける柘榴のように弾が割れることから名付けられた。また、手榴弾の英語名であるGrenadeが柘榴(pomegranate)に由来するという理由も考えられる。」
 とあるが、「柘榴弾」という用語に出典がほしいところである。高島流砲術の記録などにみられる語のようだ。
 語源についてだが、実が裂けるのがザクロの特徴なのではなく、中に多くの粒状の果肉が入っているのが、ここで比喩に用いられるに至ったザクロの特徴である。(ドイツ語版を参照のこと。)
 また、おそらく由来は英語ではなくオランダ語であろう。高島流は蘭書をもとにしている。オランダ語の granaat やドイツ語の Granate は手榴弾や砲弾などの榴弾に広く用いられる語である。Handgranate, Artilleriegranate など。(正確に言うと、戦車徹甲弾のような「榴弾でない砲弾」にも用いられるが、語源は炸裂弾である)
 それから、近現代の榴弾砲は必ずしも榴弾のみを発射するものではないから、この項で説明するのは不適当であろう。
 他言語版へのリンクが英独しかないのは怠慢。欧州言語、特にゲルマン語系の多くに「グラナート」系の単語はある。
(5. 4. 2020)


 「ジャーマンポテト」の項に、
「ドイツ料理と思われていることも多いが、ドイツにはいわゆる「ジャーマンポテト」はない。」
とあるが、直後にドイツ名が例示されているように、同じ料理はドイツに普通にあるものである。Bratkartoffeln mit Speck(ブラートカルトッフェルン・ミット・シュペック)で検索すると、ジャガイモをベーコンといっしょに炒めた料理のレシピが無数にヒットする。
 要は「ジャーマンポテト」という呼び名が和製英語であるというだけであって、料理そのものは立派なドイツ料理なのである。そのへんがわかってないあやふやな出典は削除すべきではないか。
 もし「ジャーマンポテトはドイツにない」のならば、「ギョーザ」は中国には存在しないことになってしまうぞ。また、「日式烏龍面」は日本にはないので、日本にうどんは存在しないことになる。
 さらに例を挙げれば、「温州みかんは鹿児島県には(日本には)ない」ことにもなる。アメリカでは温州みかんを satsuma と呼ぶが、鹿児島県に「サツマ」と呼ばれる果物はない、従って鹿児島県に温州みかんはない、という論法。
 天下のウィキペディアがこういうあやふやな説を掲載していることから、ネットの上でも「ジャーマンポテトはドイツにはない」「ジャーマンポテトはドイツ起源の料理ではない」という俗説がはびこっている。嘆かわしい限りである。

 他にもこの項には問題があって、「何をもってジャーマンポテトとするか」という定義がない。フレンチフライや肉じゃがとどう違うのか説明しないと、十分な説明にはならないのではないか。
 私見では、1:切ったジャガイモを 2:ベーコンといっしょに 3:炒めた料理 というあたりが最大公約数ではないか。
 ちなみに、アメリカの Merriam Webster オンライン辞書では、German fried potatoes は「ゆでた、あるいは生のジャガイモを切ってフライパンで油で焼いたもの」という定義になっている。イギリスの Lexico 辞書 には項目がない。

 ドイツのレシピサイトで適当に見つけた「Bratkartoffeln mit Zwiebeln und Speck」の作り方。Zwiebeln はタマネギ。
「ゆでたジャガイモの皮をむき、薄く切るか拍子木に切る。タマネギをみじん切りにする。ベーコンをみじん切りにする。ベーコンとタマネギをフライパンに入れ、溶かしたバターでベーコンがカリカリになるまで炒める。ジャガイモを加え、焼き色がつくまで炒める。塩とコショウを振る。」
 これが「いわゆるジャーマンポテト」じゃなかったらいったい何なのか、というレシピである。
(5. 4. 2020)


 「古鷹(重巡洋艦)」の項の冒頭に、
「世界で最初に20cm砲を搭載した巡洋艦となった」
とあるが、これはいかがなものかと思われる記述である。
 というのは、20cmではなく20.32cm(8インチ)砲を搭載した巡洋艦なら、「古鷹」の前にいくらでもいるからである。
 日露戦争で活躍した日本海軍の装甲巡洋艦8隻はすべて8インチ砲を搭載していたし、同時期の日本海軍の防護巡洋艦にも8インチ砲搭載艦がある。同時期のアメリカ海軍やロシヤ海軍にも8インチ砲搭載巡洋艦は多い。
 つまり「古鷹」は、「厳密に口径20cm(200mm)の砲を搭載した巡洋艦」としては世界最初かもしれないが、それはヤードポンド法からメートル法への移行を考えていた日本海軍が、従来の口径8インチの砲のかわりに新たにメートル法で切りのいい20cm砲を製造したためであり、「古鷹」は別に巡洋艦の武装において意義のある新機軸を打ち出したわけではないのである。
 この伝で行けば、「ダンケルク」は「世界で初めて33cm砲を搭載した戦艦」(33.02cm=13インチ砲は古いアメリカ戦艦に搭載の例あり)だし、「バイエルン」は「世界で初めて38cm砲を搭載した戦艦」(イギリスの38.1cm=15インチ砲戦艦よりあと)となるが、それに何の意義があるかと聞かれると首をかしげざるを得ない。
 「古鷹」は「ホーキンズ」より新しいので「世界初の重巡洋艦」でもない。「日本重巡のうちの最古参の艦」とでも書くしかないと思う。
(この項、発見してくれた「ねむい SleepyEnsign」氏に感謝)

 口径200mmの艦砲としては、19世紀後半のスペイン海軍の艦に搭載されていたものもあるらしい。ただ、本当に8インチではなくて200mmかという点で疑問が残る。公称20cmで正味20.32cmである可能性があるからだ。
 もし本当にこの砲が200mm砲なら、「世界で最初に20cm砲を搭載した巡洋艦」はスペインの防護巡洋艦「レイナ・レヘンテ Reina Regente」(1887年進水)あるいはその姉妹艦「アルフォンソ13世 Alfonso XIII」(1891年進水)であることになる。
 同級の一番艦「レイナ・レヘンテ」の主砲は24cm砲であるという資料もあるので、二番艦「アルフォンソ13世」の方が確実である。
http://navypedia.org/ships/spain/sp_cr_reina_regente88.htm

 軍事研究家の大塚好古氏のアドバイスによると、Norman Friedman 先生の “Naval Weapons of World War One” には、スペイン海軍のオントリア1883年式20cm砲は正200mm(7.87インチ)だと書いてあるとのこと。「古鷹」の「世界初」の座はほぼ「幻」だったと言えるようだ。ご助言いただいた大塚氏に感謝。
(6. 3. 2020)


 「ホーカー タイフーン」の項、「戦闘爆撃機」の節に以下の部分がある。
「上陸拠点からジョージ・パットン指揮する部隊の撤退を見せかけるコブラ作戦 (Operation Cobra) で、第2戦術空軍は8月7日のドイツ陸軍によるモルタン (Mortain) からの反撃を撃退し、ドイツ陸軍の車両約81台を破壊するか損傷させた。」
 これのもととなった英語版の記事を確認すると、原文は以下の通りである。
“On 7 August the German counter-attack at Mortain, threatening Patton’s breakout from the beachhead, was repulsed by 2nd TAF Typhoons, some 81 vehicles destroyed or damaged.”
 「撤退を見せかける」というのは明らかに誤訳である。その部分に相当する “threatening Patton’s breakout” の適訳は「(上陸橋頭堡からの)パットンの突破作戦に脅威を与えた(ドイツ軍の反撃)」である。おそらく threaten の語義を誤ったのだろう。
(6. 3. 2020)


 「槍騎兵」の項、槍騎兵のこと書いてないじゃん。前半は銃器を武装とする騎兵の話を延々とやっている。
 ろくにリンクも貼ってないし、ばっさり削っていいと思う。
(16. 12. 2019)


 「ウィルマー・マクリーン」の項、非常におもしろかった。偶然ってあるんだなあというお話。
(16. 12. 2019)


 「ジュ・ド・ポーム」の項には「関連項目」として「球戯場の誓い」を載せておくべきじゃないかなあ。一応、「現存するコート」の節にリンクが貼ってはあるが、見つけにくい。
 日本語で「ジュ・ド・ポーム」という語が出現するのは十中八九「ジュー・ド・ポームの誓い」の話の中だと思うので、目立つように「関連項目」に載せておくべきだと思う。
(15. 11. 2019)


 「ウルリッヒ・ケスラー」の項、彼がラインハルトの元帥府に登用された時期について、
 「原作小説で本格的に登場するのは、要塞戦が失敗した後のシャフトを収監した時で、この時は既に大将であり憲兵総監兼帝都防衛司令官の地位にある」
とある。「本格的に」というのをどう解釈すべきかはわからないが、本当の初出はノベルス2巻53ページ、リップシュタット戦役開始直前の諸将を紹介する場面で、
「この他に、コルネリアス・ルッツ、アウグスト・ザムエル・ワーレン、エルネスト・メックリンガー、ナイトハルト・ミュラー、ウルリッヒ・ケスラーといった提督たちが、ラインハルト軍の幹部だった」
とある個所である。
 リップシュタット戦役後には、大将に昇進したとの記述もある。
(10. 11. 2019)


 「ナイトハルト・ミュラー」の項、「要塞対要塞」戦での負傷について、
「自身も重傷(OVAでは肋骨が数本折れ、全治3カ月と診断された)を負いながらも」
とあるが、OVAを持ち出さなくても、原作に
「肋骨四本の骨折、脳震盪、裂傷、打撲傷、擦過傷、それらに伴う出血と内出血――と、軍医は数えあげ、三ヶ月はかかる、と保証した」(ノベルス3巻217ページ)
とある。原典から引くのが基本じゃないの?
(10. 11. 2019)


 デンマーク語はつづりから読みを推測するのが非常に難しい言語だそうだが、「アイヴァー・ヒュイトフェルト」はさすがに間違いだろうということは察しがつく。
 旧大阪外大が編纂したこの辞典によると、“Iver Hvitfeldt”「イーヴァ・ヴィトフェルト」だそうである。
 同じく「ヘルルフ・トロル級海防戦艦」の項にある「オルフィアツ・フィッシャー」“Olfert Fischer”「オルファト・フィシャ」ということである。ネームシップは先述の通り「ヘアルフ・トロレ」。
(23. 9. 2019)


 「富士型戦艦」の項、1901年に補助砲を47mm×20門から76mm×16門+47mm×4門に換装したことが書いてない。こんなの英語版を見ればすぐわかるし、コンウェイの図鑑にも書いてあることなのだから、書き落としているというのはどういうことか。
(23. 9. 2019)


 「防護巡洋艦」の項の「概要」から、防護巡から軽巡への発達についての節が説明もなしにごっそり削られている。2018年4月22日の編集によるものである。
 その他の記述も、この改稿前の記述の方が、防護巡洋艦の概要をよりよく理解できるものだったと思う。この改悪は復旧されるべきであると考える。
(23. 9. 2019)


 「魚雷」の項、2019年1月14日の編集でオカルト的な記述がまぎれ込んでいる。ムーに行け、ムーに!
 そのほかにも雑駁な記述が多く、一度大掃除した方がいいと思う。「ホーミング」と「ガイド」の区別もした方がいい。
 「魚雷の種類と直径」の節には 35cm, 38cm, 50cm を加えるべきであろう。それぞれフランスの水雷艇、ロシアの戦艦、ドイツの駆逐艦(水雷艇)で広く用いられた口径である。
(23. 9. 2019)


 「航空魚雷」の項の「第一次世界大戦」の節、イギリス海軍航空隊の階級名がうまく訳せていない。Squadron Commander は少佐、Flight Commander は大尉である。Flight Lieutenant は中尉か。
(23. 9. 2019)


 「高速魚雷艇」の項、冒頭に
「イギリス海軍で大規模な運用がなされていたことから正式名称からイニシャルをとってRNボート(Royal Navy boat)、またはMTBと略して呼ばれた」
とあるが、これは英語版の誤訳だろう。
 原文は
“The capitalised term is generally used for the Royal Navy (RN) boats and abbreviated to "MTB". ”
であり、その意味は
「大文字で始まる用語としての "Motor Torpedo Boat" は一般的にイギリス海軍の艇に対して用いられ、また略して "MTB" とも呼ばれる」
ととるのが正しい。「RNボート」という呼び名があるわけではないのである。
(10. 9. 2019)


 「強襲揚陸艦」の項、「神洲丸」が「世界初の強襲揚陸艦」として紹介されているが、「神洲丸」の揚陸手段はウェルドックの中の舟艇のみであり、飛行甲板から経空揚陸する手段を持たないので、「強襲揚陸艦」ではなく「ドック式揚陸艦」に分類すべきだと思う。
 「強襲揚陸艦」誕生のメルクマールはヘリによる経空着上陸能力の付与であるから、やはり「世界初の強襲揚陸艦」は「シーティス・ベイ」とするのが妥当だろう。
 あと、できればイギリス海軍の艦種呼称における「強襲揚陸艦 Amphibious Assault Ship」についても触れた方がよいと思う。イギリス海軍では全ての揚陸艦が「強襲揚陸艦」に分類されるのである。
 それにしても、ヘリ揚陸能力と舟艇ドックを両方持つのが「狭義の強襲揚陸艦」だという記述(「ヘリコプター揚陸艦」の項にも書いてある)の出典は何だろう? 世界で初めて「強襲揚陸艦」に分類された「ボクサー」級にはドックはないのだが。
(7. 9. 2019)


 「浪速(防護巡洋艦)」の項の記述は、なんだかなあな内容。天皇皇后を乗せたのはそりゃ名誉だろうが、こんなに細かく書くべきことか。
 それにくらべて戦績をほとんど書いていないのはどういうことだろう。日清の黄海では大活躍だったし、日露の蔚山沖でもよく働いているはずだ。
 その点、英語版の方がよほどくわしく書いてある。中文版にはさらに詳細な記述があり、日本語版を圧倒している。
 また、艦歴として、主兵装の換装は大きなイベントだと思うのだが、なぜか抜け落ちている。
 細かいことを言えば、当初の類別「二等艦」のリンクを踏むと、帆走軍艦の二等艦(戦列艦の90門艦や98門艦)のページに飛んでしまう。
 あと、「高千穂」の項でもそうなのだが、沈没時の艦長の名前がいきなり苗字呼び捨てで登場し、唐突の感がある。
 とりあえず、もう少し全体のバランスというものを考えて編集してもらいたいものである。
(7. 9. 2019)


 「古鷹型重巡洋艦」の項、
「(ロンドン条約で)排水量ではなく備砲の大きさでカテゴリーが決められたのは、排水量の割に大型の砲を搭載する古鷹型や妙高型をターゲットにした足枷という説がある。これにより日本海軍は、他国より小型の艦を重巡洋艦扱いされ、大きなハンディを背負う事になる」
などとあるが、明らかにここは「要出典」だろう。
 次節に
「ワシントン条約で定められた「基準排水量一万トン」は、8インチ砲6門という戦闘に必要な門数を確保する最小排水量として定められた」
とあるが、これも何を根拠にしているか不明な新説。1万トンで8インチ6門の艦なんて世界中のどこにもいないぞ。
 そもそもワシントン条約で定めたのは「主力艦の定義」であって、1万トン巡洋艦の性能標準ではない。たまたま「最大の非主力艦」が「1万トン8インチ」であり、それが巡洋艦に類別されただけの話である。
(29. 7. 2019)

 2019年12月17日の編集で「足枷」云々は除去された。


 「ザラ級重巡洋艦」の項、冒頭文に
「第二次世界大戦で設計の良好な巡洋艦のうちの1つという見方があるが、一方でワシントン条約の制限下の条約型重巡洋艦として建造された。」
とあるが、何が言いたいのかさっぱりわからない。
 「開発経緯」の節にも
「ザラ級重巡洋艦は自身の砲撃に耐えられるだけの充分な防御装甲があり、ザラ級重巡洋艦の完成をもって当時で最高の装甲巡洋艦となった。」
という文意不明のねじれた文がある。
 「艦歴」の節には
「一方、フランス海軍は間に合いそうになかったものの、ザラ級重巡洋艦に対抗して重巡洋艦アルジェリーを1934年に進水させた。」
とあるが、何に間に合いそうになかったのか? 少なくとも戦争には間に合っているのだが(1934年就役)。ちなみに「アルジェリー」の項によれば同艦の進水は1932年である。
(29. 6. 2019)


 「オーストリア最後通牒」の項はどうもよろしくない。
 まず、この項目名はなんとかならなかったのか。「1914年7月23日の対セルビア最後通牒」くらいにできないものか。オーストリアが発した最後通牒はもう一つ有名なのがある(対サルデーニャ、1859年4月23日)からなおさらである。
 また、イギリスの外務大臣エドワード・グレイがこれを聞いて発した感想が
「今までで国の状況を変更する最も恐ろしい文書」
と書かれているが、この表現、日本語としておかしいだろう。
 推測すると、この本に書かれている
“the most terrible document one state had ever presented to another”
を逐語訳したものではないかと思われるが、この句の適切な訳は
「ある国家が他の国家に提示した文書の中で最も恐ろしいもの」
という感じではないかと思う。
(29. 6. 2019)

 2019年8月8日の編集でグレイのことばは普通の訳になった。


 「バドガール」の項の冒頭に、
「バドガール(Bud Girls)とは、バドワイザーの柄を大きくデザインしたワンピースの衣装を着用した女性。その衣装はバドスーツと呼ばれる。」
という定義文があるが、掲示されている画像はなぜかロゴの小さいツーピースの衣装をまとった女性。
 英語では「バドスーツ」は Budweiser Dress と呼ぶのが一般的なようである。
(6. 1. 2019)


 明治の思想家「西周(にしあまね)」の項目名は、「西周(啓蒙家)」となっている。
 これは中国の王朝名「西周(せいしゅう)」と混同しないようにするためと思われる。
 目的を考えれば「西周(人間)」とかでもよかったかもと思えるが、さすがにそれでは変か。「西周(人物)」ならまだましかな。
(24. 11. 2018)


 業が深い……。
(29. 8. 2018)


 日本語ウィキペディアの「貧乳」から中国語版に飛ぶと、その項目名は「平胸」。「貧乳」のような価値判断を含まない語ではあるが、あまりに直説的な語ではないか……。
 貧乳の女性を中国では「太平公主」などと呼ぶそうな。
(31. 7. 2018)


 日本語ウィキペの「パン粉」、英語ウィキペの Bread Crumbs の項に、
「日本のパン粉は “panko” という名で諸外国にも流通している。従来の bread crumbs より粒が粗く、サクサクした食感である」
云々と書いてあって驚く。
 ドイツ語やスペイン語などの版では “Panko” は独立した項になっている。
 ニュージーランドのレシピサイトにも “panko crumbs” を使ったシュニッツェルのレシピが載っていた。
 ただ、諸言語版の “Panko” の説明画像として、アメリカ人の料理家が作った「パン粉をまぶして焼いた豚肉のパイナップルソースかけうどん」という強力な謎料理の写真が使われているのはどうにかならないか。
(15. 7. 2018)


 日本語版ウィキペにおいて、2018年7月現在、「エビフライ」の項より「エビフリャー」(タモリのネタ)の項の方が何倍も記述が多い。
(15. 7. 2018)


 英語 Wikipedia“Nelson-class battleship” の項に、「ネルソン」級のあだ名として “Cherry Tree class” というものがあげられている。
 その心は、「ワシントン(条約)が(後部を)切ってしまった」から。出典アントニー・プレストン先生の “Battleships”
(1. 6. 2018)


 「少年老いやすく学なりがたし」の項、日本語ウィキペディアによくある、単なる語句の解説だけのゴミ項目かと思ったら違った。
 この項目の神髄は「出典について」の節である。この節では、研究史を踏まえた精緻な解説で、明治以来朱子の作だと思われていたこの句が、実は日本の室町五山の僧の作だったことを明らかにしている。
 人口に膾炙した漢文の名句といえども、出典は必ずしも知られていないことがあるということを知って目が開かれる思いがした。
(22. 5. 2018)


 日本語ウィキペディアに「仕方がない」という項目がある。
 なんでこんな何の変哲もないことばに項目が立っているのかというと、英語圏では日本人の心性を象徴する句として有名な日本語のフレーズなのだそうな。日本語版の記事は英語版の翻訳なのである。
 特に原爆被害者や日系人強制収容者の発した「仕方がない」ということばは、西洋人に深い印象を残したということである。
 2018年5月の時点で、英仏独西ウクライナペルシャ+simple English と日本語の8言語版にこの項目がある。
(22. 5. 2018)


 ポーランド空挺旅団長のソサボフスキ将軍の名前が、ウィキペ上では「スタニスラウ・フランチシェクス・ソサボフスキー」となっているが、Stanisław Franciszek Sosabowski だから、おそらく「スタニスワフ・フランツィシェク・ソサボフスキ(ー)」が正しい。Franciszek の末尾に s はない。
 「スタニスラウ」は、ドイツ語ウィキペによるとポーランドではなくベラルーシ語での呼び方である。
 ちなみにハヤカワ文庫「遥かなる橋」コーネリアス・ライアン、八木勇訳 では、「スタニスラフ・ソーサボーフスキー」という表記になっている。
(6. 4. 2018)


 「寺田屋事件」の項、薩摩藩内粛清事件と坂本龍馬襲撃事件がひとつの項目になっており驚く。これは分離すべきではないか。
(9. 2. 2018)


 「モルダイバー」の項、ストーリーから設定から、アニメ作品には出てこないのに書き込まれた内容や、アニメでは大事なのに載ってない内容が多すぎる。
 基本的にノベライズやマンガ版がベースになっていると思われる。収録時間すら載ってないもんな。ビデオを持ってるウィキペディアンはいないものと推察される。

 未来の年齢、ミスコンについて、金遣いについて、真緒のミスコンについて、「最高のテクノロジスト」、天城博士の祖父について、天城博士専用トイレ、「魁」について、変身時のかけ声、各話収録時間、最終話の主題歌、以上がアニメの重要な内容なのに欠けている情報。
 各キャラの設定その他は完全に小説版とマンガ版の内容で、アニメを見て書いたとは到底思えない。
 モルユニットを「小型のウォークマン型の筐体」と表現しているが、実際は手のひら大、厚手のカード状である。ウォークマンの形状が大きく変化してしまった現代のウィキペに載せるのには不適当な表現だろう。
 「服を着ていると……」の段落、作中ではとても重要な問題なのだが、一行で済まされているのは不適当。
 「超次元装甲システム」の小節で「火星から採掘された……モル鉱石(モルトロン)」とあるが、天城博士の祖父は戦時中にモルトロンを入手しているので火星産とは限らない。
 同小節の理論の説明も、本編見てるならもうちょっとましな説明ができただろ、という内容。
 結論としては、「アニメ本編を見ずにアニメ作品の項目を書こうとするな!」というところですな。
(3. 2. 2018)


 「パナイ号事件」の項に、「日本海軍機が米国アジア艦隊揚子江警備船「パナイ号」を攻撃して沈没させ……とされる事件。」とあるが、「パネー号 USS Panay」は米国海軍籍にある軍艦であるので「警備船」はおかしいだろう。「アジア艦隊所属の河川砲艦」が適当である。
 それから、USS Panay の艦名のもとになった島の名前は確かに「パナイ島」だろうが、艦名はあくまで英語読みをして「パネイ(パネー)」ではないだろうか。
 当時のニュース映画の発音も、アメリカ海軍博物館のフィルムの発音も、どちらも「パネーイ」である。
(5. 12. 2017)

 2017年12月10日の編集で「河川砲艦」の記載となった。


 「ポール・パンルヴェ」の項がすごい。2回フランス首相を務めたことをひとことで済まして、数学者としての業績のことだけを述べている。
(10. 8. 2017)


 そういえば、英語版Wikipedia“Kantai Kessen” の項に日本語版はないんだな。日本海軍のドクトリンの説明としてはよくまとまっていて良記事だと思うんだが。
 「決戦」の項はかや書房の事典の引き写しのようなスカスカの内容でしかない。
 「漸減要撃作戦」も、現在は「真珠湾攻撃」の一節に飛ばされてしまうだけで、十分な説明がされているとはいえない。
 英語版に準拠した「艦隊決戦思想(日本海軍)」の項を作るべきではないだろうか。
(14. 7. 2017)


 「ドイツの市町村一覧」の項のカタカナ書きははっきり言ってデタラメである。こんなカナ書きなら全部削ってしまった方がいいのじゃないか。
(5. 5. 2017)


 「突撃歩兵」の項が途中で力尽きて不自然に終わっている。それと、Calsow 少佐が「カスロウ」になっているぞ。正しくは「カルソー」。
(9. 4. 2017)

 カルソー少佐の名前は2017年10月1日に修正された。


 イタリア語で u の母音字は「ウ」の音であって「ユ」の音ではないと思う(だれもムッソリーニのことを「デューチェ」とは呼ばないでしょ?)のだが、「世界の艦船」誌はこれを「ユ」と読むのが好きで、“Caio Duilio” を「カイオ・デュイリオ」とか、“Emanuele Filiberto” を「エマニュエレ・フィリベルト」とかいった表記がなされている。
 これは同誌を底本に引くウィキペディアにも悪影響を及ぼしており、イタリア艦の項目には同じような誤った表記が多い。「ドゥイリオ」はなぜか最初から正しいけどね。
 中でもおかしいのが、「エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ級軽巡洋艦」で、せっかく「エマヌエレ」は正しく書いてあるのに、duca は「デュカ」になってしまっている。
 「ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級軽巡洋艦」の項目内には、およそ考えられるあらゆるカナ表記法が並列されていて壮観である。

 イタリア艦といえば、重巡 “Zara” を「ザラ」と書くなら “Pola” は「ポラ」であるし、後者を「ポーラ」と書くなら前者は「ザーラ」だと思うのだが、長短を統一して書いてある例を見るのはまれである。これも「世界の艦船」の影響か?
(9. 4. 2017)


 第一次世界大戦でアメリカ陸軍が西部戦線に派遣した軍、American Expeditionary Force の項目名が、日本語版だと「アメリカ外征軍」になっている。
 これってふつう「アメリカ遠征軍」じゃないの?
 BEFの定訳は「イギリス遠征軍」だし、合わせた方がいいんじゃないかと思うけどねえ。

 と思ったら、BEFの項の日本語版は「イギリス海外派遣軍」だった。フランスは海外か? せめて「イギリス大陸派遣軍」にしないか?
(7. 2. 2017)


 「宇宙トーチカ」という項目がある。そんなことば聞いたことあるか?
 例示として「宇宙一の無責任男」シリーズ、「ヤマト2」の戦闘衛星、「ガンダム0083」の警戒衛星があげられているが、少なくとも後二者は「宇宙トーチカ」などと呼ばれていることはない。
 「タイラー」でどう呼ばれていたかは記憶にないが、もし「タイラー」でそう呼ばれる兵器があったとしても、それはひとつの項目を立てるようなものではなく、「無責任男シリーズに登場する兵器」の節に入れてしまうべきものである。

 「無責任男」の項目を見てみると、該当する兵器の項目はすでにあった。しかもそれは直径200キロの巨大戦闘人工惑星である。それって日本語の「トーチカ」にあたるようなものか?
(31. 1. 2017)


 「無制限潜水艦作戦」の項の「第二次世界大戦」の節、ドイツのUボートの話が半行で、「日本は潜水艦作戦に失敗した」という話が大半を占めているのは、どう考えてもおかしいだろう。別項に「日本海軍の潜水艦作戦(第二次世界大戦)」という項を立てて、そこで論ずべき話である。
 「第一次世界大戦」の項も、「護送船団」ということばが出てこない(リンクも貼ってない)のはまともな説明とは思えない。
(27. 1. 2017)


 「護送船団」の項、「第一次世界大戦」の節に、護送船団方式を採用したことによってUボートによる被害が半減した、という効果が書いてないのは記述が足りない。
(27. 1. 2017)


 ブリュッヒャー、シャルンホルスト、グナイゼナウや、リュッツォー、リュッヒェル、ヨルク、ツィーテンなどに至るまで、ナポレオニックのプロイセンの将星たちは、日本語ウィキペディアでかなりの分量の記事を書いてもらっている。
 それにひきかえ、オーストリア軍の将軍たちの扱いのひどさは何なんだろう。シュヴァルツェンベルクもマックもヴュルムザーもベルガルドもジュライもコロレードも日本語のページがない。あるのはカール大公ぐらいである。ウィキペディアンにはオーストリア軍マニアはいないのだろうか。
(1. 9. 2016)


 「豚カツ」のノートといい、この「から揚げ」のノートといい、人間はなぜこんなささいな問題で大激論をすることができるのだろうか。業の深いことであるよ。
(30. 8. 2016)


 Imperieuse-class cruiser の項、項名が「インペリウス級装甲巡洋艦」となっているのは何が出典だろうか。「参考図書」にあげられている「世界の艦船」増刊「イギリス巡洋艦史」では「インペリューズ」なのだが。
(17. 8. 2016)

 2016年12月4日の編集により、とりあえず「インペリューズ級装甲巡洋艦」から「インペリウス級装甲巡洋艦」へのリダイレクトが貼られた。


 「レオポルト・フォン・バイエルン」の項、記述が1913年でぷっつりと途切れており、第一次大戦で東部戦線総司令官を務めたことが書いてない。英語版だと記述の半分が第一次大戦時の業績についてなのだが。
(30. 7. 2016)


 「嚮導艦」の項、全体にどうもすっきりしない
 フロティラ・リーダーのことを指しているのなら、ほとんどそれはイギリス海軍にしかないものである。
 戦後アメリカの「フリゲート」は、「DL」の記号を冠しているものの、嚮導任務は持っていないので、この項に入れるのにはふさわしくない。
 それよりも、イギリスのスカウト・クルーザーの説明をした方がいいのではないだろうか。
 項目名も、「嚮導艦」という慣れない訳語よりも、いっそ「フロティラ・リーダー」にしてしまった方がいいように思える。
 また、「その後の嚮導艦は姉妹艦と同じ設計が使用されるようになった。」の後には訳し残しがある。「が、細部の艤装には、リーダー任務に適したような変更が加えられている」とつけておかないと、J級以降のリーダーの正しい説明にはならない。
 それと、せっかく日本語のページなのだから、日本海軍の「司令駆逐艦」の位置について少し書いておいた方がいいのではないか。
(3. 7. 2016)

 2016年12月4日の編集で記述が補足され、改善された。


 「ドイッチュラント級装甲艦」の項にはいろいろと問題がある。
「ドイツ海軍は戦艦などと称して他国の疑念を招かないように、ヴェルサイユ条約の条文の仏語記載にある Cuirassé(装甲艦)を独語に訳した Panzerschiff という類別名を用いて本級を建造した。」
とあるが、フランス語で “cuirassé” とは(ほぼ)「戦艦」という意味に等しい。それを言うなら、英語正文の “armoured ship” の訳だ、と言った方がまだしもである。
 また、Panzerschiff そのものの意味としても、古くは「戦艦」(甲鉄戦艦)という意味があるので、「戦艦などと称して……」の節は根拠薄弱である。

「38cm主砲はヴェルサイユ条約違反という記述があるが、条約にそんな文言はない本サイト収録の訳稿「ドイツ海軍、ヴェルサイユからヒトラーまで」を参照。

北欧バルト4国(スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマーク)」などと書いてあるが、ノルウェーはバルト海に面していない。バルト海の西の境はふつうスカゲラック海峡ではなくベルト海峡だろう。

・「開発経緯」の節には
「ディーゼル機関を採用したことで機関重量の軽量化を果たし、」
と書いているのに、「防御」の節では
「機関には鉄の塊である重いディーゼル機関を採用したために、防御に割ける重量の制約は他国の重巡洋艦よりも過酷なものであった。」
と書いているのはどういうことか。

・「運用構想」の節には
「バルト海での海上交通路を維持することを目的としており、本来ならば大西洋に打って出る性質の物ではなかった。」
とあるのに、「艦体」の節には
「本級は通商破壊作戦を任務とすることでその問題をクリアしており、」
と書いてある。

・副砲について、
「搭載形式は前弩級戦艦のように砲塔方式にすると1万トン程度の小型の船体としては重量を食うので、」
と書いてあるが、ドイツの前ド級戦艦で副砲を砲塔に収めたものはない。ド級戦艦にもない。

・「艦歴」の節に「海軍休日時代」の副節があるが、内容はスペイン内戦の時期を含んでいる。1937年からは「海軍休日時代」ではないと思うが。

「スペイン内戦」という語句を使っていないので、派遣されたスペインで何が起こっていて何と戦ったのかわからない。

「奇しくもユトランド沖海戦と同日の5月31日」と書いてあるが、別にイギリス海軍と決戦したわけでもないのに、何が「奇しくも」なんだろう? 
(13. 6. 2016)


 「ドイッチュラント級装甲艦」の項と「ブラウンシュヴァイク級戦艦」の項に「海軍休日時代」という節があるが、ドイツはワシントン条約に調印していないのだから、「海軍休日」というものはないはずである。「大戦間期」と書くべきではないだろうか。
(13. 6. 2016)

 2016年10月31日の改版で「ブラウンシュヴァイク級戦艦」の項は正しくなった。


 非常に驚くべきことに、「ドイッチュラント(装甲艦)」の項にはバレンツ海海戦の記述がない「アドミラル・ヒッパー(重巡洋艦)」の項ではPQ17船団の記述が7行、バレンツ海海戦の記述は半行。ドイツ海軍当局の検閲でも受けているのだろうか。
(13. 6. 2016)


 「畝傍(防護巡洋艦)」の項、建造所の記述が混乱している。以前この件に関しては別ページにくわしく書いたので、そちらを参照してほしい。
 それから、「登場作品」の項に伴野朗「九頭の龍」がないぞ。ちゃんとぐぐってるのか?(一時記載されたが削除された)

 “Croiseur Unebi Havre” でぐぐってみると、「畝傍」はメディテラネ造船ル・アーヴル工場で建造されたと書いてある古い新聞や雑誌の記述がいくつかヒットする。やはり英語版が誤っているのではないか。
(31. 5. 2016)


 ウィキペディア英語版の “submarine tender” の項には、日本海軍の潜水母艦のことはひとことも書かれていない。「迅鯨」「大鯨」のページはあるのにな。
(30. 5. 2016)


 日本語ウィキペディアにはウィリアム・ペケナム提督 Admiral Sir William Christopher Pakenham (大佐時代に日露戦争観戦武官)の項目はない。ロシヤ語版にはあるのに。
(28. 5. 2016)


 ウィキペディアには「海佐」「准海佐」という単語がきらいなエディターがいるようで、だれかが「海佐」や「准海佐」と書き込むや否や削除の憂き目にあっている。
 Post-captain は「勅任艦長」、commander は「海尉艦長」であって、「海佐」「准海佐」という階級はない、というのがその主張だろう。
 しかし、イギリス海軍は1827年から大型艦の副長に commander を配置するという制度を採用しており、そうするとこの時期には1隻の艦に「勅任艦長」と「海尉艦長」が同居することになる。それは変じゃないの?
 妥協策としては、1827年をもって post captain は「海軍大佐」、commander は「海軍少佐」にしてしまうという手もある。ちなみに lieutenant-commander が1914年に新設されるまで、イギリス海軍の佐官は2階級である。Post-captain のうち昇任3年未満の者が陸軍中佐 lieutenant-colonel と同格になっている。現在では commander が陸軍中佐と同格。
 なお、このせいかどうかは知らないが、帆船時代のイギリス海軍における captain について書かれた項は日本語ウィキペディアには存在しない。「艦長」は「船長」へリダイレクトされる。
 他の言語にある「海軍大佐」例:英語版の Captain (naval) の項も日本語版にはない
(28. 5. 2016)


 第一次世界大戦中におけるイギリス中東政策の不誠実さについて、日本語ウィキペディアでは「三枚舌外交」という項目を立てている。
 これって何らかの史実や研究にもとづいた歴史学用語なのか?
 単なる修辞をあたかも広く認められた用語のように扱うというのは理解できない。
 確かに同じ事項を「サイクス・ピコ協定」「マクマホン・フサイン書簡」「バルフォア宣言」の項でくり返すのは煩雑だが、新規に立項すべきものとも思えない。現に、こんな項目があるのは日本語版だけである。
 手としては、一番最後に出た「バルフォア宣言」で詳説してもいいし、「オスマン帝国の分解」または「オスマン帝国の分割」(どちらも英語版にはある)の一節にしてもいいだろう。
 とにかく、ウィキペディアの上で用語を「発明」して、しかもそれを項目名にしてしまうのはよくない。たとえて言えば、「塹壕の埋め草」という項目を立てて旅順と第一次大戦の話をまとめてやるようなものではないか。
 「出典主義」「独自研究排除」のウィキペディアとは思えない、あまりに自由すぎる項目であると感じるところである。

 ぐぐってみると、どうも「三枚舌外交」というのは「受験世界史用語」であるらしい。受験用語を百科事典に持ち込むなよ。「三単現のs」を立項する百科事典があるか?
 「性数格の一致」「カナギンの1価」「ありをりはべりいまそかり」「個体発生は系統発生を繰り返す」を立項するようなものだ。事典として取り上げるべき情報と、項として立てるべきものはイコールではない。
(27. 4. 2016)

 「三枚舌外交」を神戸大学新聞記事データベースで検索してみると該当なし。まあ、中東問題が深刻化する前の時代だということもある。とりあえず同時代史としては新聞に載るような用語ではなかったということか。
 「二枚舌外交」という語は昭和戦中期の新聞報道にみられる。ただし神戸大学附属図書館新聞記事文庫で見つかるのは一例のみ

 CiNii の論文題名検索ではヒット数2、しかも雑誌記事であるから、学術論文に「三枚舌外交」を題名としたものは記録上皆無ということになる。
 同じく論文全文検索では6件ヒットするが、中東史の専門論文はそのうち1件のみ。学術用語としてはほとんど使用されていないことばであることがわかる。

 英語でぐぐってみると、たしかにこの3つの協定は英語圏でもセットで出てくるもののようだが、そのセットに対してひとことで表現できることばというのはなさそうである。
 ウィキペディアを頼りに3つの協定・宣言名を中国語訳して and 検索してみたが、中国語にもこの時の英国外交をどう称するかという成語はないようだ。
 ヘブライ語・アラビア語ではどうなるかというのは残念ながら私にはわからない。
(14. 7. 2017)


 ドイツ軍の Walther von Seydlitz-Kurzbach 大将の項目の日本語版項目名が、「ヴァルター・フォン・ザイリッツ=クルツバッハ」になっているが、これはおかしい。
 Seydlitz「ザイリッツ」である。ドゥーデン発音辞典もそう言っている。
 この人のご先祖、プロイセンの Friedrich Wilhelm Freiherr von Seydlitz-Kurzbach 将軍の項目も「ザイリッツ」になっているな。出典は何だ?

 (解説)ドイツ語では音節末の d がすべて無声化するわけではない。Seydlitz の場合、次に来る音節の頭が有声音の l であるから、 d は有声音のままである。Schindler, Friedrich, Heydrich も同じ。
 ただし、音節の切れ目に意味上の大きな切れ目がある場合は無声化することもある。Friedmann(人名)では「フリートマン」になる。
 人名の例をもう少しあげれば、Gudrun は「グードルーン」、Gudmund は「グトムント」、Hedwig は「ヘートヴィヒ」。
 切れ目かどうかというのは判断が難しいが、ドイツ人にはわかるものらしい。

 この一方で、駆逐艦 Z 21 Wilhelm Heidkamp の項目名を「ハイトカンプ」とすると、「そんな表記は前例がない!「ハイカンプ」にしろ!」と言われてしまうのが日本語ウィキペディアの不可解なところである。こちらは後に来る音節が無声音の k から始まり、切れ目も大きいので、「ハイトカンプ」となるのが正しい

 それにしても、Z 21 Wilhelm Heidkamp の項目名に「Z 21」が入っていないのはどういうわけだ? 姉妹艦の個人名がついた駆逐艦すべてにおいて、艦番号が記載されていない。艦番号込みの艦名だと思うのだが?
(20. 4. 2016)


 ノート:シャルンホルスト級戦艦 がぐだぐだで情けない。残念ながらこれが日本語ウィキペディアの軍事エディターのレベルであり、日本の軍艦ファンのレベルである、ということだろうか。
(20. 4. 2016)


 駆逐艦ホーエル(DD-533)の項、“baby flattops”「赤ん坊の刈り込んだ短髪」としているのはまぬけな誤訳。「ベビー空母」か、せいぜい「赤ん坊空母」だ。
 前後関係を考えて訳せよと思うが、辞書を引いて訳したのなら、“flattop” に「空母」の意味があるというのが載ってたと思うのだが……。Google 翻訳付属の辞書にも、excite 英和にも載ってるぞ。
(8. 4. 2016)

 2016年4月26日の改版で変な訳語は改正された。
 ただ、末尾にあるキントバーガー艦長の碑文の訳はおかしい。
 「かくも圧倒的に優勢な敵に立ち向かうことの避け得ぬ結果をはっきりと認識していながら、彼ら乗組員は、命ぜられた任務を冷静にかつ効率的に、艦が沈み行くまで果たし続けた」
くらいの意味ではないのか。私もこの訳にはあまり自信はないけれども、“Fully cognizant of the inevitable result of engaging such vastly superior forces” の訳は私の方が正しいと思う。


 「キング・ジョージ5世級戦艦」の項と「ラ・ガリソニエール級軽巡洋艦」の項に、「スターン・バウ」なる用語が用いられている。いったいそれは艦首なのか艦尾なのか
 ごていねいに、前者では艦首を指して「垂直に切り立ったスターン・バウ」と書き、後者では艦尾を指して「切り落としたかのようなスターン・バウ」と書いてある。
 正しくは、艦首については「プラム(鉛直の)・ステム」、艦尾については「トランサム・スターン」であろう。
 ついでに言うなら、「キング・ジョージ5世」級の前部砲塔がウェットになる問題は、艦首材の角度によるというよりは、低い艦首乾舷とシーアのない形状による浮力の不足によるものではないだろうか。
 本級の反省によって設計された「ヴァンガード」の艦首も、ストレート・ステム(直線艦首材)、せいぜいレイクト・バウ(傾斜艦首)である。フリードマン先生もそう書いている。
 「ヴァンガード(戦艦)」の項にある「強く傾斜したクリッパー型艦首」という記述は何かの誤りだろう。
(16. 3. 2016)

 2017年3月4日の編集で「キング・ジョージ5世級戦艦」の項からは変な用語は削除された。


 中東、ヨルダンにアンマン大学という大学がある。そこにウィキペディアのミラーサイト?のようなものがあり、Google検索でもかなり上位にランクされている。
 http://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ で始まるページ群だ。
 このサイトはどういうわけで存在し、本家ウィキペディアとはどういう関係なのだろうか? 日本語サイトでこれを説明しているものがないのだが……。
 ちょっと掘ってみたところ、日本語・アラビア語・ドイツ語・ロシヤ語・スペイン語・イタリア語版のトップページはあるが、英語・フランス語・中国語・ポルトガル語版のトップはない。
 保存されている版は2008年の版らしいが、このサイトがGoogle上に現れたのは2015年になってからである。
 いったいだれが何のために作り、Google先生公認のサイトになっているのか、非常に謎が深いサイトなのであった。
(29. 10. 2015)


 異様にくわしいドイツの小都市ノイルピーンの記事。
 どういうわけでここまで細かいのか……。
 どうやら、編集者「HTTH」さんが、ブランデンブルクの自治体の項目をドイツ語版を準拠に大々的に翻訳・編集しているらしい。ご苦労様としか言いようがないが、ドイツ全土にわたってこれを進めるつもりなのだろうか?
(29. 10. 2015)


 「軽巡洋艦」の項が少し間違っている。
 軽度の舷側装甲を持つ軽快巡洋艦、すなわちチャーチルの言う「軽装甲巡洋艦」の最初として、「軽巡洋艦」の項では「ブリストル」級を挙げているが、「ブリストル」の項を見ると防御はまだ防御甲板のみである。
 舷側に軽度の装甲を張ったのは、タウン級第3グループの「チャタム」型からであり、イギリス海軍における「軽装甲巡洋艦」の始祖は「チャタム」というのが正しい。しかしどういうわけか、「チャタム級軽巡洋艦」の項には、同級が舷側装甲を持つことが特筆されていない。
 さらに言うなら、上記のチャーチルの発言は「アリシューザ」級の予算を通す時の議会での発言である。それより前の級に「軽装甲巡洋艦」というキャッチフレーズを安易に当てはめてよいかどうかには疑問が残る。まあ、そう言うと「巡洋戦艦」もそうなのだが。
(29. 8. 2015)


 フランス潜水艦 Surcouf の項名は「スルクフ」になっているが、これは適当だろうか?
 「ノート」を見ると、フランス語ネイティヴから「シュルクーフではおかしい」とクレームがついたとのことだが、それは「頭の子音は sh ではない」ということを指摘されただけのことではないだろうか。
 フランスにあまたある sur の入る地名(Châlons-sur-MarneSaint-Laurent-sur-Mer など)や、Sucy-en-Brie, Suresnes 市などにある /sy/ のカタカナ書きはすべて「シュ」で統一されている。日本語におけるフランス外来語カタカナ表記の規則では、/sy/ は「シュ」なのであるsurréalisme「シュルレアリスム」だよね?
 もちろん、原音を忠実に区別しようと思ったら、/sy/「スュ」と書くべきかと(ドイツ語脳では)思うのだが、日本のフランス語関係者の間での慣用は圧倒的に「シュ」であって、これは崩しようがない。
 フランス語関係者の間では、/sy/ を「ス」と書くことで /su/sous など)や /sœ/sœur など)と同じ表記になってしまうよりは、前後関係で識別しやすい /∫u/chou など)といっしょに「シュ」と書くことが選ばれているのである。
 よって、Surcouf のカナ書きも、「シュルクーフ」の方がより慣用にかなっていてふさわしい、と思うのだが。
(15. 6. 2015)

 フランス海軍歴代の艦名 Suffren「シュフラン」のままだなあ。
(13. 6. 2016)


 一部で有名らしい記事「政教分離の歴史」を開いてみた。
 すごい。全く読む気がしない。これだけ膨大な記述をしながら、フランス革命もケマル・アタチュルクも出てこないという未完の大作。「ノート」を開くと、執筆者すら完成をあきらめて放置状態らしい。ウィキペディア界の「日露戦争物語」とでも評しようか。
 これに比して、現代史上非常に重要な、トルコ共和国における政教分離については、項目「ライクリッキ」にわずかに記述があるだけで、しかも「歴史」の節は未着手である。
 この項目自体、2015年1月に初めて日本語版ができたというありさまで、それまでトルコにおける政教分離については、ウィキペディア上にほとんど記述がなかったということになる。
(23. 5. 2015)


 英語 Wikipedia SS Kiche Maru 『キッチェ丸』」という記事がある。
 この奇妙な名前の汽船は、大正元年(1912年)9月22日の台風で沈没し、1000人以上が死亡したという。
 この海難の記事は、後年になって発行された米英の海事事典に載っているのだが、日本の記録に該当する記事がない
 当日沈没した船の中で有名なのは、関釜連絡船の「梅ヶ香丸」という船だが、この船に関する新聞記事を例によって「神戸大学附属図書館新聞記事文庫」で見ると、問題になったのは海難保険の支払いに関することばかりで、多数の死者が出たというような話は見当たらない。
 その他のサイトでこの海難について書いてあるのは、海難審判庁のウェブサイトで、ここにも死者が出たという話は書いていない。
 ウィキペディアのこの記事の「talk」欄でも、本当にこの海難はあったのか、こんな船は存在したのか、という疑義が出されているが、結論は出ていない。どういうわけでこの船が米英の本に載っているのか、謎は深まるばかりなのである。
(5. 5. 2015)

 どういうわけか、2018年11月22日に、日本語版にこの記事が訳出された。しかもその実在に疑義がある、という注釈なしで、実在の船として書かれている。
 これはおかしいだろう。少なくとも、英語版にある「日本側にはこの船の記録はなく、この船の存在そのものにも疑義が持たれている」という内容くらいは書いておかなければならないと思う。
(21. 4. 2019)


 「純宗(朝鮮王)」の「ノート」で、この項目の項目名について激論がかわされている。
 「純宗(大韓皇帝)」一択だと思うけどねえ。少なくとも現状の「純宗(朝鮮王)」はありえない。「ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(サルデーニャ王)」と書くようなもんだ。改名反対派は何が気に入らなくて反対しているのだろうか?
(9. 2. 2015)


 2014年11月17日に、「アドミラル・グラーフ・シュペー」、「アドミラル・シェーア」、「アドミラル・ヒッパー」の項目に「ドイツ語では「アトミラール」である」旨の記述が追加され、異論なく定着したようだ。
 恐るべし「艦これ」の威力……。
(21. 12. 2014)


 非常に驚いたことに、「ミハイル・バルクライ・ド・トーリ」の項に、彼が1814年戦役においてロシヤ軍の最高指揮官だったことが載っていない
 ナポレオン戦争史としては幕間劇のフィンランド戦争のあとは、祖国戦争の記述が1行、その次の行ではいきなり戦後に飛んでしまう。
 彼のキャリアの中でのハイライトは、クトゥーゾフ・ベニグセンのあとを継いでロシヤ軍の最高指揮官になり、ナポレオンをパリまで追いつめて倒した時期ではないか? それがごっそり抜けているのだ。
 さらには、祖国戦争(ナポレオンのロシヤ遠征)に際して撤退作戦をとって降格され、クトゥーゾフに指揮権が移ってボロジノに至る、というのも有名な話だと思うが、これも一切記述がない。
 英語版でも1813-1814年戦役の記述は非常に少ないのだが、それでも全く記述がないというわけではない。
 この非常に不当な扱いに対して、バルクライ元帥に代わって抗議するものである。

 ついでに言うと、日本語版の「ライプツィヒの戦い」の「指揮官」の欄にはベニグセンもバルクライも載っていない。何なんだこの差別待遇は。
(21. 11. 2014)

 救済のために、弊サイトの中にバルクライ元帥の略歴のページを作成した。ウィキペディアンは反省してほしい。
(18. 10. 2015)

 2016年5月4日の改版で、「ライプツィヒの戦い」の項、指揮官の表にバルクライとベニグセンが加えられた。


 驚いたことに、日本語版ウィキペディアの「プシェムィシル」の項に、第一次世界大戦における要塞争奪戦の記述は一切ない。
 別項で「プシェムィシルの戦い」という項目があるが、これはなんと独立ポーランド軍と西ウクライナ人民共和国軍の間で1918年に起こった戦いの項目である。
(31. 10. 2014)

 2017年5月29日に「プシェムィシル包囲戦」(第一次世界大戦)の項が新設。「プシェムィシル」の項からのリンクはまだ。

 とりあえず、「プシェムィシル包囲戦」へのリンクが2017年8月13日の編集で貼られた。


 たかがこれしきのことで、なぜここまで熱く議論できるのか……。(「豚カツ」の項の「ノート」)
(12. 9. 2014)


 日本海軍の装甲巡洋艦「常磐」のドイツ語版のページに、この艦の艦名の由来は山口県宇部市の「常盤池」という池だ、と書いてある。
 なんでそんなマイナーな地名を持ち出してくるんだ、と思って調べたら、hush さんの艦名辞典に書いてあるんですな。そこまでよく調べたドイツ人はある意味えらい。
 実際には歌枕の「常磐山」から取ってあるのだと思う。
(25. 5. 2014)


 日露戦争において日本はロシヤから何隻かの軍艦を鹵獲してその後自国で使っているが、ウィキペディア日本語版におけるこれら鹵獲艦の項目名が統一されていない。
 基本的にそれらの軍艦は「日本のもの」とみなされて、項目名も日本艦としての名前――「丹後」「石見」「相模」「周防」「阿蘇」「宗谷」「鈴谷」で載っているが、「パルラーダ(津軽)」と「レトヴィザン(肥前)」だけはロシヤ名で項目が立っている。
 いずれにせよ内容は日本艦としてのものしかない。それでウィキペディアンのロシヤ海軍フリークは、困った末に、ロシヤ艦としての特徴や履歴はその艦の属するクラスの記事(「ペトロパヴロフスク級戦艦」など)に押しこめている。
 個人的には、これらの艦がもっとも注目されるのは日露戦争で日本と戦っている時のことなのだから、項目名はロシヤ名で統一して、章立てで日本艦としての履歴を書き添えることにするのがよいと思う。

 よく見たら、「石見」は「オリョール」としても項目が立っている。どうなのかねえ、この扱い。
(21. 3. 2014)

 「レトヴィザン」と「肥前」も重複して立項してある。


 ウィキペディアではウクライナの専門家が盛んに活動していて、日本では従来ロシヤ語カナ表記されていたウクライナの地名や人名を根こそぎウクライナ語カナ表記に改めるべく努力しておられる。
 現在ウクライナ共和国ではウクライナ語が唯一の公用語なので、この態度は正しいとは思うが、ロシヤ語由来の表記からのリダイレクトはちゃんと貼っておいてほしいものだ。おかげで「クリヴォイ・ログ」市のページがどこにあるか探し回ってしまった(「クルィヴィーイ・リーフ」になっている)。
 南方軍集団の戦跡はかなり影響を受けており、「ロヴノ」も「ベーラヤ・ツェルコフ」も「カメネツ・ポドリスキー」も「チェルニゴフ」もウィキペには載っていない(それぞれ、「リウネ」、「ビーラ・ツェールクヴァ」、「カームヤネツィ=ポジーリシクィイ」、「チェルニーヒウ」)。「コルスン」は解放直後に改名されていて今では「コールスニ=シェウチェーンキウシクィイ」。ウクライナの専門家はドイツ軍には冷たい。

 海軍の造船所で有名な Николаев Nikolayev の読み方はふつう「ニコライエフ」だろうと思っていたが、ウィキペの「ムィコラーイウ」Миколаїв Mykokayiv の項では「まれにニコライエフなどとも書かれる」などと言われている。「ニコライエフ」は軍艦マニアの間の「方言」だったのか。

 一方、私の専門分野のドイツ語には、「慣用」という大きな壁が立ちはだかっている。「ミュンヒェン」は「ミュンヘン」に、「ヴィーン」は「ウィーン」に直されてしまい、「マクデブルク」や「デュースブルク」も危うく直されるところだった。「ベルリーン」「ドレースデン」は検討された形跡すらない。
 下にも書いたが、「アドミラル・グラーフ・シュペー」も一時は「アトミラール」だったのだが、「慣用になく、出典もない」とつぶされてしまった。「ヴィーンヌィツャ」などという表記が許されるウクライナの世界が少しうらやましく思えなくもない。

 Leipzig は「ライプツィヒ」なのに Zürich は「チューリッヒ」なんだな。
(23. 2. 2014)


 Lothar Rendulic 将軍の名前が、日本語ウィキペでは「レンデュリック」になっている。フランス人じゃあるまいし……。
 彼はクロアチア人なので、「レンドゥリッチ」がもともとの呼び方。ドイツ化しても「レンドゥリック」にしかならない。
(17. 2. 2014)

 「レンドゥリック」に一時改められたが、「出典がない」と言うことで差し戻されている。


 暦のことをちょっと知りたくてウィキペをぱらぱらとながめていたら、「旧暦2033年問題」という項目を発見した。
 なんでも、天保暦の規定に従うと、西暦2033年から2034年にかけての閏月の置き方がおかしくなり、さらには月の順番が飛んだりしかねない、ということなのだそうだ。
 これは非常におもしろい話だった。みなさんにもご一読をおすすめする。
 こちらも参照。ウィキペより簡略にまとめてある。
(11. 11. 2013)


 「遊星歯車機構」の項、「応用」の欄に、重要な用途である航空用ターボプロップエンジンへの言及がない。
(18. 08. 2012)


 日本語ウィキペディアの「スコッチボイラー」の記述が不適当。
 この記述では、スコッチボイラーは煙管式ボイラーではないように読めるが、スコッチボイラーは煙管式ボイラーの一種である。
 また、スコッチボイラー=円缶 ではなく、円缶のうち「戻り細煙管を持つ」ものだけを「スコッチボイラー」というのである。
 また、スコッチボイラーについて書くなら、「片面式」と「両面式」の区別くらいは書いてほしい。
 この項目には関係ない艦本缶のことなんかを書く前に、こうした必要なことをきちんと書くべきだろう。それに、宮原缶のことを忘れているぞ。
 何度も言うようだが、この程度のことは英語版の Scotch marine boiler の項を読めばすぐわかることである。それなのに英語版にリンクも貼っていないというのは怠慢としか言いようがない。
(07. 07. 2012)


 日本語ウィキペディアの「はつゆき型護衛艦」の項と「広開土大王級駆逐艦」の項を読みくらべるとなかなかおもしろい。ダブルスタンダードだよJAP!
(19. 3. 2011)


 英語やフランス語のウィキペディアを引いてみると、明治時代の巡洋艦「畝傍」は 「"Forges et Chantiers de la Gironde" 「ジロンド鉄工造船所」で設計建造された」と書いてある。
 ジロンド造船の造船所はその名の通りボルドー近郊のジロンド川沿いにあるので、「畝傍」が、日本で知られているようにル・アーヴルで建造されたことが確かならば、英仏語ウィキペの記述は誤りである。
 ジロンド造船は有名な火砲メーカーのシュナイダー社(カネー技師もシュナイダー社の社員である)の系列なので、ジロンド造船で船体を建造してわざわざメディテラネ造船で艤装するというのも不自然だ。
 英仏語の記述は何をもとにしているのだろうか?
(9. Sept. 2010)


 翻訳のネタ用に、ナポレオニックの会戦の記事をあさっているのだが、案外いいものがない。
 思うに、英語 Wikipedia の記事があまりに詳細でかつまとまっているので、他の人が何か書こうという意欲をそいでしまっているのではないか。
 実際、英語 Wikipedia のナポレオニック記事は実に充実している。ライター(エディター)にかなりのマニアがいるようだ。
 といって、Wikipedia を翻訳するのもなー。
 ちょっと困っているこのごろなのであった。
(6. 8. 2010)


 2010年6月末現在、驚いたことに、日本語Wikipedia にシュヴァルツェンベルク元帥の項目はない。
(3. 7. 2010)





・改善された項目


 ウィキペディアンは第二次世界大戦では太平洋戦域にしか興味がないのか、ラプラタ沖海戦の参加艦艇のうち、「エクセター」には個別ページがあるが、「エイジャックス」と「アキリーズ」には個別ページがない。装甲巡洋艦「アキリーズ」と甲鉄艦「エイジャックス」にはページがあるのに……。
 それにしても、「アキリーズ」はニュージーランド海軍所属で、ソロモン諸島にも出撃して日本軍の空襲で損傷したりしてるんだがなあ。
 「アキリーズ」のページは変なページで、英語以外に存在する言語版は、チェコ・ドイツ・ハンガリー・ノルウェー・ロシア・フィンランド・ベトナムという変な取り合わせである。あの変態民族ポーランドがないのも珍しい。
(7. 2. 2012)

 2014年6月27日に「アキリーズ」の日本語版開設。「エイジャックス」のページはまだない。

 2019年5月15日、ようやく「エイジャックス(軽巡洋艦)」のページができた。


 「ユタ戦争」の項に、
「1850年には米合衆国としての連邦政府はまだできていない。また米全域に適用する連邦法もできていなかった」
という記述あり。1750年と勘違いしてないか?
(10. 11. 2019)

 2020年4月9日の編集により誤りは除去された。


 「黄海海戦」(日清戦争)の項が大幅に加筆されているが、かなりの部分が独自研究じゃないかと思われる。
 黄海海戦の戦術の影響がジュットランド海戦に及んだりする一方で、速射砲の効果はこの海戦限りで、装甲艦の効果は記述なしというのはどういうことだろうか。
 この海戦以降、世界中の海軍の中小口径砲はすべて速射砲となっているし、そのおかげで戦闘距離も伸びた。マニラ湾では無防御巡洋艦という存在に引導を渡している。装甲巡洋艦の登場も速射砲の影響だ。
 重装甲艦の防御力も世界中に印象づけられて、この後の「戦艦の時代」を現出させることになる。
 また、坪井の単縦陣戦術が「イギリス発」とされているが、そんなにイギリス海軍は単縦陣を重んじていただろうか。ひと世代前には主砲梯形配置の装甲艦も多いぞ。
 戦艦「富士」「八島」の購入が「極めて非効率」というのもすごい評価である。日露戦争でも十分第一線で働いた戦艦だし、購入当時としては、ロシヤ海軍に太平洋艦隊の大増強を決意させたという点で大きなインパクトを与えているはずだ。
(7. 9. 2019)

 どうもこの編集を行ったのは、近年同様の無根拠編集を多数行っている「札付き」の執筆者らしい。すでに資格停止を含めた措置が検討されているようだ。→資格停止及び編集内容の巻き戻しが実行された。
(13. 9. 2019)


 「臥薪嘗胆」の項、冒頭部分に、
「「臥薪嘗胆」と揃った形では蘇軾(1037年 - 1101年)の詩『擬孫権答曹操書』中の句「僕受遺以来 臥薪嘗胆』(14世紀前半に成立)に求められる。」
とある。だれか気づかなかったのか……。
(29. 6. 2019)

 2019年8月15日の編集で「11世紀後半」になった。


 「ル・ヴィジラン」(フランスの原子力潜水艦)の項に、艦名の由来として
「艦名は周到を意味するフランス語から。」
と書いてあるが、vigilant は「警戒を怠らない」あるいは「目ざとい」という意味じゃないかなあと思う。
 フランス語はわからないけど、ラルース辞典をぐぐる翻訳してみても、vigilant の訳が「周到」であるとは思えない。ネット上の仏英単語帳を引いてみても、watchful とか alert とかが訳語として出てくる。
 三省堂の「クラウン仏和辞典」によると「警戒怠りない、用心深い、細心の」とある。
(11. 5. 2019)

 2019年8月8日の編集で「用心」となった。


 「ジェームズ・ポーク」の項に、
「ポークは合衆国の「最も知られていないゆゆしい大統領」と呼ばれた。」
とあるが、原文は “the least known consequential president” である。 consequential は「重要な」くらいの意味だが、なんでそれに「ゆゆしい」という訳をつける? なんでそこだけ古文?
(29. 7. 2019)

 2019年8月8日の編集で普通の訳になった。


 「大艦巨砲主義」の項にある「戦艦及び航空母艦数」の表はおかしくないか。
 開戦時のイギリス保有の空母数が14隻になっているが、「開戦時」を1941年12月まで引き延ばし、護衛空母まで勘定に入れても13隻しか建造しておらず、うち4隻は日米開戦前に戦没している。
・開戦時保有 Argus, Hermes, Eagle, Furious, Courageous, Glorious, Ark Royal
・1939-1941竣工 Illustrious, Formidable, Victorious, Indomitable, / Audacity, Archer
・1939-1941戦没 Courageous, Glorious, Ark Royal, Audacity

 この表そのものの作り方も少しおかしい。
 戦艦は戦時中の建造数を載せているのに空母には載せておらず、米英の空母建造数が実際より大幅に小さく見えるように細工してある。
 日本海軍の欄には多数の改装空母計画の数が入っているが、米英の改装空母は開戦後の計画のため載っておらず、日本の空母数が実際よりも強調されている。
 そもそも戦艦の建造と比較して意味があるのは正規空母の建造であり、これでくらべると日本は戦時中の建造は「大鳳」「雲竜」「天城」「葛城」(うち3隻は中型)+改装完成の「信濃」+「雲竜」型未成3隻だけである。戦時中に大型正規空母を1隻しか造らなかった日本海軍は、空母主兵主義に乗り遅れた海軍なのではないだろうか。
 戦時中に大型正規空母10隻と中型空母16隻を起工したイギリス海軍とくらべても、この数は大きく見劣りする。
 このように、切り取り方でものの見え方は大きく変えることができる。その意味で、この表は読者の誤解を誘う表であると言えるのではないか。
(6. 4. 2018)

 2018年8月26日の編集によって、変な表は削除され、だいぶすっきりしたものになった。


 「ポテュオ(装甲巡洋艦)」の項にはいろいろと問題がある。
 まず冒頭の「ポテュオ (Armored Croiseur Pothuau)だが、英仏語がごちゃ混ぜ。
 フランス語で統一するなら Croiseur cuirassé だし、英語で統一するなら Armoured / Armored cruiser である。
 船型の説明のところの
「舷側甲板よりも水線部装甲の部分が突出する」
というのは意味不明な一文。「上甲板よりも」と言いたかったのか。
 「当時の装甲配置方式では……船体の軽量化が出来る」
というのもよくわからない。タンブルホーム船型は別に船体長を縮める効果はない。
 4.7cm機関砲」とあるが、オチキス M1885 47mm砲は機関砲ではなくて速射砲である。
 「機関」の節、
「欧州水域での艦隊任務をこなすためにフランス帝国の各地に散らばる港を利用できるために航続性能は大西洋で行動するに充分な4,000海里程度に抑えて設計された」
というのは意味不明。当時フランスは共和国である。
 「防御」の節、
「舷側装甲は5000トン台の船体としては破格の58mmが張られた」
とあるが、同時期のオーストリアの「K.u.K.マリア・テレジア」は5330トンの船体に100ミリの装甲を張っている。
 イタリアの「マルコ・ポーロ」も、排水量4583トンに対し舷側装甲102ミリ(4インチ)である。
 「艦歴」の節、
「ラ・セーヌのメデュテラネ社で起工」
とあるが、フランス語版には「ル・アーヴルで建造された」とあり、英語版には「グランヴィルで」とある。後者はおそらくル・アーヴル市内にある「グラヴィル Graville」の誤りだろう。
 いずれにせよ、地中海岸のラ・セーヌで建造されたのではないようだ。それと、社名は「メディテラネ Meditérranée 社」である。
(15. 7. 2018)

 2018年8月24日の編集で正しくなった。


 「オード・ウィンゲート」の項、死亡時の様子くらいは書いてほしい。
 「アーリントン国立墓地」の項に「オード・ウィンゲイト、イギリス海軍少将、司令官」というでたらめな説明つきで赤リンクになっている。
(25. 3. 2018)

 2018年5月29日の編集で、「アーリントン国立墓地」の説明書きだけは正しくなった。

 2018年8月24日の編集で、死亡時のようすが書き足された。


 「江戸藩邸」の項に、
「なお、京都や大坂の屋敷については、京都藩邸、大坂藩邸よりも京屋敷、大坂屋敷といった呼び方が現在も一般的である。」
とあるが、幕末時代小説などでは「○○家(藩)京屋敷」より「(京都)○○藩邸」の方が一般的ではないか?
 Google 先生に聞いてみると、「土佐藩京屋敷」という検索語句でヒットするサイトのトップ10のうち8件がタイトルで「土佐藩邸」という表現をしているのだが。学術方面では違うのだろうか?

 Cinii で検索してみると、"京都" "藩邸" では11ヒット、"京屋敷" では5ヒット。どちらも学術用語として用いられているようだが。
(19. 3. 2018)

 2018年3月20日の編集で修正された。


 「オマハ級軽巡洋艦」の項にもうひとつバグを発見。
 「舷側ケースメイトのうち後部の4基のうち上部の2基を撤去して……片舷指向門数は12門から10門に減少した」とあるが、オマハ級の新造時の片舷指向門数は8門。片舷1門ずつ撤去して7門になる、というのが正しい。
 また、Navweaps を見ると、1940年以前に撤去したのは後部上側ではなく下側の2門である(波浪の影響を受けやすい方)。
 この改装を行ったのは「シンシナティ」、「ローリー」、「デトロイト」、「リッチモンド」、「マーブルヘッド」の5隻。装備数は連装単装あわせて10門になる。
 「シンシナティ」の撤去前写真撤去後写真
 「マーブルヘッド」のみは、後部砲の撤去の際に、後部上構中心線上に1門を装備し直している。12−2+1=11門装備となり、片舷火力は8門のままとなる(ウィキペの後段にある「一部の艦」と言うのは本艦のこと)。戦時中にこの1門は撤去され、他の10門艦と同一になっている。
 「マーブルヘッド」の11門時代の写真
 さらに、「デトロイト」のみは1945年に前部上側の2門も撤去している。装備数8門、片舷火力は6門となる。
 「デトロイト」1945年の改装部を示した写真
 このへんの改装の細目については、英語版の Wikipedia もきちんと書いていない。
 この項からリンクした写真はすべて Navsource Naval History 所載のもの。
(3. 3. 2018)

 2018年3月20日の編集で修正された。


 「ライスワイン」の項、「朝鮮半島」の節の「チョンジュ(清酒)」のリンクを押すと、地名の「チョンジュ」の曖昧さ回避の項へ飛んでしまう。

 この項の冒頭に「主として日本酒を指す」と書いてあるが、項目の内容はアジア各地の米から作る酒の一覧になっており、概要と内容が乖離している。

 「中国」の節、「黄酒」が「福州の酒」となっているが、華中以南のどこでも作っているのではないか?
(9. 2. 2018)

 2018年3月20日の編集で修正された。


 「ヴィットリオ・ヴェネトの戦い」の項、「戦闘」の節の「渡河作戦」の小節に、「ロドルフォ・グラツィアーニ司令官率いる伊第12軍」とあるが、この時イタリア陸軍第12軍を指揮していたのはフランス陸軍のジャン・セザール・グラジャーニ Jean César Graziani 将軍である。
 グラジャーニ将軍はコルシカの出で名前もイタリア風なので混乱するが、のちのイタリア北アフリカ派遣軍司令官ロドルフォ・グラツィアーニ Rodolfo Graziani 将軍とは別人である。
 グラツィアーニはこの時まだ大佐になったばかりで、軍司令官になるには若すぎた。
(26. 1. 2018)

 2018年3月20日の編集で修正された。


 「パリ砲」の項に、
「同様に、より小さい「ランゲ・マクス砲」(独:Lange Max)[2]とも混同される。」
「[2] Lange MaxLong Max と等価で「最大射程」。」

とあるが、ドイツ語ウィキペによると、「マックス」は男性名なので、正しくは「ランガー・マックス Langer Max」または定冠詞をつけて「デア・ランゲ・マックス der Lange Max」となる。
 ランガー・マックスは海軍の380mm砲の転用なので、口径はパリ砲(210mm)より大きい。砲身長は「マックス」の17mに対しパリ砲は37mもあるが。
 また、「マックス」という名前は海軍省兵器部長のマクシミリアン・ロッゲ Maximillian Rogge 中将に由来する、とある。
 まあ、どう見ても Langer Max は「長いマックス」であって、「最大射程」という意味にはなりそうにない。ドイツ語で「最大射程」は maximale Entfernung または maximale Reichweite という。
(4. 1. 2018)

 2018年3月20日の編集で修正された。


 「ビュルガーブロイケラー」の項、開店当初の経営母体を「ビュルガーリッヒ・ブロイハウス」と書いているが、添えてあるドイツ語つづり „Bürgerliches Brauhaus” を素直に読めばわかる通り、「ビュルガーリッヒェス・ブラウハウス」が正しい。
 そこに書いてあることくらいは正しく書いてほしい。
(29. 12. 2017)

 2018年3月20日の編集で修正された。


 「ネーベルヴェルファー」の項に「ディグリィコール発射薬」なるものが出てくるので、これは何ぞと思って検索してみたら、化学方面では「ジエチレングリコール二硝酸エステル」と呼ぶ物質らしい。
英語ウィキペディア「モノプロペラント」
英語ウィキペディア「二硝酸ジエチレングリコール」
ケミカルブック「二硝酸3-オキサペンタン-1,5-ジイル」
 しかし、ロケットの燃料に「発射薬」という訳語をあてるのはどうかなあ。「ジグリコール推進剤」くらいが適訳ではないか。
 英語では「発射薬」も「推進剤」も propellant なのは確かだけどねえ。
 そのへんの日英の語感の差については、日本語ウィキペの「プロペラント」の項で歯切れ悪く説明している。
 うーん、ドイツ語では Diglykoltreibsatz で、Treibsatz は「発射薬」寄りの用語なのか。「ロケット燃料」を特に指す場合には Treibstoff というらしい。
ドイツ語ウィキペディア「推進剤」
 自衛隊の用語としては「ジエチレングリコールナイトレート」「二硝酸ジエチレングリコール」と表現するようだ。
(29. 12. 2017)

 2018年3月20日の編集で「ディグリィコール発射薬」から「二硝酸ジエチレングリコール」に用語が変更された。


 「西郷隆盛」の項の冒頭概要の節、大久保利通が突然「大久保の後押しで復帰し」と説明なく登場しており、リンクも貼ってない。
(13. 2. 2018)

 2018年2月13日の編集でリンクが貼られた。


 「オレンブルク中央空港」の項、空港名として(ロシア語: Аэропорт Центральныйと書いてあるが、これでは「中央空港」という意味しかない。
 ロシヤ語版を開いてみると、この空港の正式名称は「Аэропорт Оренбург-Центральный имени Юрия Алексеевича Гагарина (ユーリー・アレクセイエヴィチ・ガガーリン記念オレンブルク中央空港)」となっている。
 この欠落は英語版も同様であり、おそらく日本語版は英語版の翻訳なのだろう。ドイツ語版ではちゃんと „Flughafen Orenburg - Zentralny Ju. A. Gagarin” となっている。
(9. 12. 2017)

 2017年12月10日の編集で正しくなった。


 「サンチャゴ・デ・キューバ海戦」の項の末尾に、各国の観戦武官の名前が列記してあるが、よほど古い資料を使ったらしく、名前が正確でない。
 検索の末、“In Cuba with Shafter” という本の中につづりが載っていたのでここに記しておく。
 ロシヤ陸軍:イェルモロフ大佐 Colonel Yermoloff
 フランス陸軍:クレマン・ド・グランプレ少佐 Major Clement de Grandpre
 日本陸軍:柴(五郎)少佐
 スウェーデン陸軍:ウェステル大尉 Captain Wester
 ノルウェー陸軍:アビルゴール大尉 Captain Abildgaard
 イギリス陸軍:アーサー・H・リー大尉 Arthur H. Lee
 ドイツ陸軍:伯爵フォン・ゲッツェン大尉 Count Von Goetzen, First Lieutenant
 オーストリア海軍:J・レードラー大尉 Lieutenant J. Roedler
 ドイツ海軍:フォン・レボイル=パシュヴィッツ少佐 Commander Lieutenant Von Rebeur Paschwitz
 スウェーデン海軍:ダールグレン中佐 Commander Dahlgren
 日本海軍:秋山真之大尉

 フーベルト・フォン・レボイル=パシュヴィッツ少佐はのちに海軍中将、第一次大戦時のドイツ地中海艦隊司令長官。グスタフ・アドルフ・フォン・ゲッツェン大尉 Graf Gustav Adolf von Götzen はのちにドイツ東アフリカ植民地総督。
 「レードラー大尉」は正しくは「ロドラー大尉」 Josef Rodler らしい。第一次大戦時には大佐〜少将、海軍総司令官ハウス提督の副官。
 リー大尉はのちに政界に入り、農林水産大臣、海軍大臣などを務める。功によりフェアラム子爵を授かる。引退後は美術の後援者として知られる。
 イェルモロフ大佐は駐英武官を務めたニコライ・セルゲイエヴィチ・イェルモロフ中将だろうか?
(20. 5. 2014)

 2017年8月13日の編集で、カタカナ表記が改善された。


 「水野信元」の項、「今川氏との戦い」の節に桶狭間の時に丹下砦の守将として出てくる「水野帯刀左衛門忠光」のリンクを押すと、江戸時代中期の唐津藩主、水野式部少輔忠光(水野忠邦の実父)のページに飛んでしまう。
(16.7. 2017)

 2017年7月28日の編集でリンク修正。赤リンクだけど。


 「古鷹型重巡洋艦」の項、5500t型軽巡の武装が「14cm砲8門(片舷7門)」だと書いているぞ。いつの間に1門増えた?
(13. 7. 2017)

 2017年7月15日の編集で修正された。


 日本語ウィキペで「マニラ湾海戦」を引くと、英語名称が “Battle of Manira Bay” と書いてある……。
 もちろん「マニラ」の正しいつづりは "Manila" である。
 あと気になるのが、「スペインのアジア艦隊はこの戦いで全滅した」とあるところで、在フィリピンのスペイン艦隊の名称は「太平洋艦隊 la Flota Española del Pacífico」であったはずである。
 ウィキペディアの編集なんて、すぐそこにつづりや用語を確認できる手段があるのに、この惨状はどういうことか。
(7. 2. 2012)

 2015年12月11日の改版で、やっと「マニラ」のつづりが正しくなった。
 2017年7月11日の編集で艦隊名も正しくなった。


 「人間魚雷」の項、「マイアーレ」が赤リンクになっているが、とりあえずイタリア語版の “Siluro a lenta corsa” にリンクしておいたらいいと思う。
(2. 7. 2017)

 2017年7月8日の編集によりイタリア語版へのリンクが貼られた。


 「鈴木貫太郎」の項に、日清戦争の威海衛襲撃の話が出てこない。魚雷を当てたわけじゃないが、偵察や防材破壊で活躍してるんだけどなあ。
(17. 6. 2017)

 2017年7月8日の編集により日清戦争中の活動が追加され、関連項目へのリンクも貼られた。


 「海軍指揮幕僚監部」の項、「元フリゲート艦長のカール=アドルフ・ツェンカー」と書いてあるが、これは明らかに Fregattenkapitän の訳し間違いだろう。この単語の意味は「海軍中佐」である。
 また、文中さらっと「副総監」と訳してある職名は、原語では「Stellvertreter Inspekteur der Marine und Chef des Stabes Führungsstab der Marine 海軍副総監兼海軍指揮幕僚監部幕僚長」という長い長い職名になる。
(17. 6. 2017)

 2017年6月17日の編集で訳語が正しくなり、副総監の職名も詳細になった。


 「Z計画」の項、読みが「ゼットけいかく」になってるのはどうにかならないか。
(10. 6. 2017)

 2017年6月16日の編集で読みがドイツ語準拠となった。


 「アルジェリー(重巡洋艦」の項に、
「4月に地中海に戻ると、イタリアのフランスに対する宣戦布告後の6月14日に重巡洋艦フォッシュなどとともにヴァード・リーグレに対して砲撃を行った。列強の本土へ海軍艦艇が艦砲射撃を行った初めての事例である。」
 とあるが、本土への艦砲射撃なんか第一次世界大戦でさんざんやっている。「第二次世界大戦において」とつけるべきであろう。
(10. 6. 2017)

 2017年6月15日の編集で正しくなった。


 「有機硫黄化合物」の項、
 「鋼鉄の製造に用いる「純粋な炭素」(コークス)を作るため、硫黄化合物などの揮発性物質を取り除く処理を石炭に対して行う際」
とあるが、要するに「コークス製造の際に石炭を乾留するとき」と言えばすむのではないか。
 ついでに言うと、「鋼鉄の製造」にコークスは使わない。銑鉄の製造(いわゆる「製鉄」)に使うものである。
(18. 5. 2017)

 2017年6月15日の編集で記述が簡潔かつ詳細になった。


 「プリュトン(軽巡洋艦)」の項、いくつか誤りが見られる。
 冒頭に
「プリュトン (軽巡洋艦) (croiseur protégé Pluton) は、フランス海軍が最後に建造した防護巡洋艦で、フランス海軍では一等巡洋艦に分類していた。」
とあるが、本艦には防御甲板はなく、防護巡洋艦ではない。分類は一等巡洋艦ではなく、おそらく敷設巡洋艦(croiseur mouilleur de mines)である。
 改名後の艦名を「ラ・トゥール・ヴェルニュLa Tour d'auvergue)」と書いているが、正しくは「ラ・トゥール・ドーヴェルニュLa Tour d'Auvergne)」。他言語版をきちんと見てくれよ。
 ボイラーについて、日本語版には「コルテ式」とあるが、英仏語版には記述がない。Navypediaには「ジロンド缶2基、ノルマン缶2基」とある。
(5. 5. 2017)

 2017年5月9日の編集で正しい記述となった。


 「ジュリアン・ド・ラ・グラヴィエール(防護巡洋艦)」の項、艦名のフランス語つづりにアクサンがついてない(Gravière)。また、
「本艦は防護巡洋艦用としては世界的に見ても最も強力な部類に属する16cm砲を搭載したばかりでなく」
とあるが、イギリス海軍の大型防護巡洋艦は23.4cm砲を、アメリカ海軍の大型防護巡洋艦や日本海軍の中型防護巡洋艦は20.3cm砲を装備しているので、「最も強力な部類」とはいえないのではないか。
(5. 5. 2017)

 2017年5月9日の編集で正しい記述となった。


 「巡洋戦艦」の項、
「ドイツ海軍の大巡洋艦とは、他国海軍でいう装甲巡洋艦や重巡洋艦も含む艦種名である。」
「ドイツ海軍には巡洋戦艦という艦種は無く、第一次世界大戦までは重巡洋艦や装甲巡洋艦を含めて、全て「大型巡洋艦」に分類されている。」

とあるが、ドイツ唯一の重巡洋艦である「アトミラール・ヒッパー」級の類別は「重巡洋艦」schwerer Kreuzer であるし、第一次大戦前には「重巡洋艦」と呼ばれるような艦は世界のどこにもない。

 「英国のレナウン級「レパルス」と「レナウン」は、世界恐慌で改装する予算が付かず、朽ちかけていたが、ドイツのポケット戦艦に対抗するために予算が付き、第一次改装(舷側装甲が152mm→240mm)が実施され防御力強化された。」
とあるが、「リパルス」の第一次改装と装甲強化は1918年。「リナウン」の改装は1926年。いずれも大恐慌の前である。ちなみに「ドイチラント」は1928年計画でこれも大恐慌の前。
 「リパルス」と「リナウン」は、その後も戦間期を通じてちょこちょこと改装・改修が行われ、“HMS Repair” “HMS Refit”(軍艦「修理」、軍艦「改修」)とあだ名されたことは有名な逸話。
 また、「リパルス」「リナウン」の改装後の舷側装甲は240ミリではなく229ミリである。
 さらに、「「レナウン」の改装中に第二次世界大戦が勃発したため」とあるが、「リナウン」の改装完成は1939年8月29日で、ぎりぎり大戦前である。

 「「フッド」は、(中略)その速力も戦艦並みに劣化していた。」とあるが、英語版によると1940年ごろの最高速力は26.5ノットであったという。「戦艦並み」というのはあいまいな基準だが、「ネルソン」級や「クイーン・エリザベス」級よりは速かったのは確かである。
(9. 4. 2017)

 2017年5月9日の編集で正しい記述となった。


 「ゲパール級大型駆逐艦」の項、「ヴォーバン」の艦名つづりが “Vooban” になっているぞ。正しくは “Vauban”
(9. 4. 2017)

 2017年4月25日の編集で正しく修正された。


 「重巡洋艦」の項、
「日本海軍の正式な分類では、前者が一等巡洋艦、後者が二等巡洋艦である。非公式には甲巡、乙巡とも呼ばれた。」
とあるが、「甲級巡洋艦」「乙級巡洋艦」は、条約文言や建造計画においては「公式」の用語ではないか。
(9. 4. 2017)

 2017年4月25日の編集で正しく修正された。


 「軽巡洋艦」の項、「ドイツ」の節に、
「ドイツ海軍の場合、巡洋艦には他国でいうポケット戦艦をも含めた大型巡洋艦 /それ以外の小型巡洋艦という独自の分類が行われていた。」
という記述があるが、ポケット戦艦の分類は当初「装甲艦」、のちに「重巡洋艦」であり、「大型巡洋艦」に分類されたことはない。
 正しくは、「第一次世界大戦当時の帝政ドイツ海軍では、巡洋艦を装甲巡洋艦及び巡洋戦艦を含む「大型巡洋艦」と、小型防護巡洋艦と軽巡洋艦を含む「小型巡洋艦」の2種類に類別していた」ということになる。
 巡洋艦の分類は各国さまざまであり、特にドイツのこの分類が特筆すべき「独自の」ものであるわけでもない。
(7. 2. 2017)

 上は2017年3月6日の編集で正しく修正された。

 「各国の軽巡洋艦」の節、日本の段に「香取」型がない。編集履歴を見ると、2015年11月18日に「香取は練習巡洋艦であって軽巡ではない」などというばかげた理由で削られていた。
 それを言うなら、「ジャンヌ・ダルク」も軽巡ではなく練習巡洋艦だし、「プリュトン」は敷設巡洋艦だし、そもそも日本海軍の軽巡はすべて「二等巡洋艦」であって「軽巡」ではない。
 「軽巡」「重巡」というのは、そういう各国の分類呼称とは別の分け方の名前であり、基準は基本的にはロンドン軍縮条約である。
 基準排水量5890トンで、14サンチ主砲を装備した「香取」「鹿島」「香椎」は、どう見てもロンドン条約上の「軽巡洋艦」である。くだらないお役所主義を百科事典に持ち込まないでほしいものだ。
(9. 4. 2017)

 2017年4月25日の編集で修正された。


 「カイゼリン・アウグスタ(防護巡洋艦)」の項に、「ドイツ海軍では小型巡洋艦(Kleiner Kreuzer)に類別された。」とあるが、ドイツ語版の「Kleiner Kreuzer」の項には「5500トンより小さい艦が類別された」とある。
 「カイゼリン・アウグスタ」は6000トンを超える大きな巡洋艦であり、上記基準に照らすと「大型巡洋艦」Großer Kreuzer になる。
 「Großer Kreuzer」の項にも、「カイゼリン・アウグスタ」は「大型巡洋艦」であったと明記してある。
(7. 2. 2017)

 2017年3月6日の編集で正しく修正された。


 「軍集団」の項、「第一次世界大戦においては、指揮・統制・通信の問題から軍集団の編制はなかった」とあるが、フランス語版を見てみると、「1914-1918年におけるフランス軍の軍集団」という節があって、5個軍集団+BEFについて説明がある。
(27. 1. 2017)

 2017年5月9日の編集で大幅に加筆され、正しい記述となった。


 ノース・カロライナの “Cape Fear” の項、日本語版の項目名が「ケープフェア」になってるぞ。映画のことを知らないのかな。正しい発音表記は「ケープ・フィア」である。
(16. 11. 2016)

 2016年11月16日の編集により、項目名が「ケープフィア(地域)」となった。


 「エースをねらえ!」の項の「関連項目」に「トップをねらえ!」がないな。
(22. 10. 2016)

 2016年10月31日の編集でリンクが貼られた。


 「マレー沖海戦」の項の冒頭に、「別名:マレー洋作戦」とあるが、そんな別名は聞いたことがない。この語でぐぐるとこのウィキペディアの記事とその派生ページしかヒットしない。根拠のない造語では?
 2015年9月11日の改版からこの語が挿入されている。

 2016年7月21日の改版で上記の不具合は除去された。

 この項、英独語その他の版では「「プリンス・オヴ・ウェールズ」と「リパルス」の撃沈」という項目名で、海戦の名前はついていない。ちょっと意外。ポーランド語などでは「クアンタン沖海戦」となっている。
(12. 7. 2016)


 「ル・ノルマン級フリゲート」の項、艦名カタカナが相当いいかげん。
Le Lorrain ル・ロラン
Le Bourguignon ル・ブルギニョン
Le Champenois ル・シャンプノワ
Le Savoyard ル・サヴォワヤール
Le Béarnais ル・ベアルネ
L'Alsacien ラルザシアン
Le Provençal ル・プロヴァンサル
Le Vendéen ル・ヴァンデアン
だろう。つづりをちゃんと見て、辞書を引いてほしいものである。
(12. 7. 2016)

 2016年7月19日の改版で正しく書き換えられた。


 「戦闘爆撃機」の項から「爆戦」の項(爆装零戦)へリンクが貼ってない。

 「戦闘爆撃機」の項、「黎明期の戦闘機にとって、爆弾を搭載して地上攻撃を行う事は特別な事ではなかった」とあるが、フォッカー単葉機や D.H.2 は爆撃をやらないだろう。
 黎明期の軍用機から、まず専用機として分かれたのが戦闘機であり、戦闘機は他の機種の任務を行わないものだと思う。
 その中で特に爆撃能力を持つ戦闘機の初期のものといえば、ブリストルF.2B 複座戦闘機を挙げるべきだと思うが、この項には記載がない。
(3. 7. 2016)

 2016年8月25日の編集で上記の不具合はほぼ是正された。


 「爆撃機」の項、
「この時代(第一次世界大戦期)の機体は……200〜250馬力の水冷式エンジンを使用していた」とあるが、イギリス軍の主力軽爆である D.H.4 は375hp のエンジンを、フランス軍の主力軽爆ブレゲXIV は300hp のエンジンを積んでいる。
・「冷戦後」の節、戦略爆撃機の利点である大航続力について記述がない。あと、北爆についてひとこと記述がほしい。
・「主な爆撃機」の節、「第一次世界大戦」「第二次世界大戦」の副節があるが、中身はごちゃごちゃである。
 そもそも、この節自体不必要なものではなかろうか。別項に「爆撃機一覧」の項があるのだから、そこへリンクすればすむ話である。
(3. 7. 2016)

 2016年10月31日の編集で、上記の不具合はなくなり、大きく改善された。


 「駆逐艦」の項、
・日露戦争開戦劈頭の旅順口襲撃を「失敗に終わっている」とかたづけるのはいかがなものか。
・日露戦争における駆逐艦の主戦場は日本海海戦よりも旅順口封鎖作戦だろう。敷設、掃海、襲撃、護衛と、駆逐艦は多彩な任務に頻繁に使われている。その中でロシア軍の駆逐艦も「不活発だった」とはかたづけられない活躍をしている。
・ロシア海軍の艦種類別のことをややこしく書いているが、それを書くならヨーロッパ各国での水雷艇/駆逐艦の分類名についてまとめて書くべきであって、「日露戦争」の節に書くべきではない。
・護衛駆逐艦は第一次大戦直後にはまだ存在しない。第二次大戦前夜のイギリスの「ハント」級がそのはじめではないか。
「特型駆逐艦就役以降、各国で大型、重武装の駆逐艦が建造されるようになった」とあるが、フランスのいわゆる「超駆逐艦」の就役は特型より早い。
「欧米各国に比べて低い駆逐艦保有率を義務付けられた日本海軍」とあるが、日本より駆逐艦を多く持っていたのは英米だけだろう。
「駆逐艦の対潜艦艇としての位置付けはこの戦争(第二次世界大戦)以降後退した」とあるが、そんな事実はないだろう。
「駆逐艦による輸送」の節にはドイツ海軍のノルウェー侵攻のことも書くべきだと思う。
「あとは潮の流れで陸地に打ち寄せられたドラム缶を待機していた陸上部隊が回収する」わけではないと思う。陸上部隊も迎えの舟や大発小発を出すはず。
(3. 7. 2016)

 2016年9月18日の改版で上記の事項は改正され、大きく改善された。


 「海軍休日」の項、「海軍休日時代の終わりはロンドン条約が失効した1936年末」と書いているが、ロンドン条約は第二次ロンドン条約に引き継がれて1939年まで有効である。1936年という年はただ単に日本が脱退した年というだけだ。
 それより大事なのは、1934年に日本がワシントン条約不延長通告を行ったことに伴う、1936年末のワシントン条約失効である。
 これによって列国は戦艦の建造を再開したのだから、ネイヴァル・ホリデイの終焉はワシントン条約失効、とする方がふさわしい。
 「海軍休日」と「条約時代」はぴったりと重なるわけではないのである。
(13. 6. 2016)

 2016年10月31日の改版でワシントン条約の失効について加筆され、改善された。


 「フランス元帥」の項にこういう記述があるが、
「現在、1972年7月13日の法律第4条に「フランス元帥の称号は国の尊厳たるフランスの提督である」と定められている。したがって、フランス元帥は軍隊の階級ではなく称号や権威である。それは(五つ星が最高の陸軍大将に対して)七つ星の臂章を身につける。さらに、星をちりばめた青い筒が象徴とされている。筒には「Terror belli, decus pacis」(戦争の恐れ、平和の誉れ)と銘記されている。」
あまりにお粗末な訳ではないかと思う。私はフランス語はわからないけれども、ほぼフランス語版の記述の訳になっているようだが、日本語としてひどすぎる。
 Google 翻訳の助けを借りると、だいたいこういうことを言っているように思う。
……「フランス陸軍元帥及びフランス海軍元帥の称号は、国家より与えられる栄誉である」……「元帥位のもうひとつの象徴は、星をちりばめた青いビロード張りの(元帥)杖であり、そこにはこう書かれている:「戦時には恐るべく、平時には輝かしく」」
(28. 5. 2016)

 2017年5月11日の編集で訳文が大きく改善された。


 「海防戦艦」の項に、アメリカのBMナンバーのモニターが載ってない。「アーカンソー」級モニターは、「モニター」の項にも載っていないという不当な扱いである。

 デンマーク海防戦艦 “Herluf Trolle” は、「ヘルルフ・トロル」という名前で立項されているが、この単語集(pdf)によると「ヘアロフ・トロレ」であるらしい。
(12. 5. 2016)

 2016年5月14日の改版で、「モニター艦」の項の一覧に「アーカンソー」が加えられた。


 日本語ウィキペディアの「エース・パイロット」の項目にある「エース・パイロットのリスト」には、オーストリア・ハンガリー軍トップエースのゴドヴィン・ブルモフスキ大尉が載っていない。35機も撃墜してるのに……。
 英語版のリストを見ると、日本語版はかなり恣意的に取捨選択をしていることがわかる。どういう料簡だ。一覧表なんてものは機械的にスコア上位から載せていけばいいんだよ。その上で、ベルケとかインメルマンとかホーカーとかは別項で書いておけばいい。
(9. 5. 2016)

 2016年5月12日の改版で、ブルモフスキ大尉がリストに掲載された。


 「アルバトロスD.III」「アルバトロスD.V」の項に、アルバトロス社の所在地として「ヨハニシュタール」という地名が出てくるが、これのつづりは Johannisthal であり、発音は「ヨハニスタール」である。
 ドイツ語では語頭の st- は「シュト」になるが、語中のものはそうならない。また、JohannisthalJohannis / thal と分かれるものであり、st- の連続とはみなされない。
(29. 4. 2016)

 なんと、上の指摘をした当日の4月29日の改版で「ヨハニスタール」に修正された。


 「ヘルゴラント・バイト海戦」という項目名はおかしい。
 Helgoland はドイツ語、Bight は英語のまぜこぜになっている。
 英語で統一するなら Battle of Heligoland Bight 「ヘリゴランド・バイト海戦」、ドイツ語で統一するなら Seegefecht bei Helgoland 「ヘルゴラント海戦」である。

 「英語で「Heligoland Bight」と呼ばれるものは、ドイツ語では「Deutsche Bucht(ドイツ湾)」と呼ばれ、ヘルゴラント島からオストフリースラント、つまりドイツとオランダの国境寄りの地方のエルベ川河口を指す。軍事衝突が起きたイェーデはその真っ只中にある。」
とあるが、いろいろおかしな記述である。
 ヘリゴランド・バイトは東をユトランド半島と北フリージエン諸島に、南をオストフリースラントに、北西をヘリゴランド島に囲まれた湾である。
 エルベ河口はユトランド半島の付け根にあって、当時の国境線で見ると、「オランダ国境寄り」ともデンマーク国境寄りとも言えない、ちょうど中間点である。
 また、戦闘が行われたのはヘリゴランド島の西の海上であり、ヴィルヘルムスハーフェン軍港があるヤーデ湾 Jadebucht, Jadebusen からはかなり遠い(そのせいもあってドイツの巡洋戦艦は戦闘に間に合わなかったのである)。
 ヤーデ湾はヘリゴランド・バイトの南西側を占める湾で、エルベ河口ではなくヴェーザー川とヤーデ川の河口である。
 正しく書き直すならば、
 「英語でヘリゴランド・バイトと呼ばれる湾は、ユトランド半島南部、ホルシュタイン地方からオランダ国境までの北海に面したドイツ領がかたちづくる湾のことで、ドイツでは一般的にドイツ湾と呼ばれる。その入り口にヘリゴランド島(独:ヘルゴラント島)があることからその名がついた。
 ヘリゴランド・バイトには東からエルベ川が、南からヴェーザー川が流れ込んでおり、エルベ河口にはブルンスビュッテル軍港が、ヴェーザー河口に近いヤーデ湾にはヴィルヘルムスハーフェン軍港がある。」

となるだろうか。

 OstfrieslandOst-Friesland は厳密に言うと違うんだな。前者は「オストフリースラント公国領」で、ヴィルヘルムスハーフェン側の海岸地方を含まない。後者は「東フリースラント半島地方」で、半島の東海岸を含む。ややこしい。

 「大英帝国艦隊 Grand Fleets」とはどういう書き方だろうか。まず原語は Grand Fleet (単数形)だし、「大英帝国艦隊」という訳語は見たことがない。ふつう「大艦隊」か「グランド・フリート」だろう。このへんてこな訳語の出典は何だ?
 ジェリコーのことを「海軍提督で艦隊最高司令官サー・ジョン・ジェリコー」と書いたのもあまりいいとは思えない訳語だ。「大艦隊司令長官サー・ジョン・ジェリコー海軍大将」と書くべきではなかろうか。

 ビーティ提督のことを「ベアッティ」と書いてあるところがひとつある。また、Harwich「ハリッチ」「ハリッジ」とふた通りの書き方で書いている。

 「巡洋戦艦は、老朽化した小型駆逐艦に至近距離から砲火を浴びせ、わずか15分足らずの間にそれらを赤く焼けた屑鉄の固まりに変えた」
とあるが、巡洋戦艦群はドイツ駆逐艦を撃沈していないのではないか。ドイツの喪失した唯一の駆逐艦、V187 は前の部分で書かれているように、駆逐艦同士の戦闘で撃沈されている。

 冒頭に「ヘルゴラント島に湾はない」などとわけのわからないことが書いてあるが、ヘリゴランド・バイトは「その中にヘリゴランド島がある湾」であることは地図を見れば明らかである。執筆者は、「東京湾」は房総半島が形成している湾だから「千葉湾」が正しいとでもいうのか? 「レイテ湾」だって、「レイテ島が湾入してできた湾」ではないのである。
(27. 4. 2016) (7. 5. 2016 加筆)

 「ヘルゴラント島の湾」については2016年4月29日の改版で削除された。

 2016年5月27日の改版で、どういうわけか、ほぼ私が上に書いた通りに修正された。

 ちなみにスターディー中将の役職は “Chief of the War Staff at the Admiralty” であり、これをどう訳すかは非常に難しい問題である。
 日本の海軍軍令部長にほぼ当たる役職は、スターディ―の上司であった “First Sea Lord” (当時はジョン・フィッシャー元帥)であり、海軍の作戦について最終責任を負うのはこの「ファースト・シー・ロード」であった。
 しかし「ファースト・シー・ロード」は海軍の補給や造兵、造艦などにも責任を持つ役職であり、「チーフ・オヴ・ザ・ウォー・スタッフ」は、その下で作戦のみを受け持つ部門の長として1910年代に新設された役職であった。
 19世紀から20世紀初頭の欧米海軍にくわしい、サイト「三脚檣」主宰の新見志郎氏は「海軍本部作戦部長」としており、私もこの訳はいい訳だと思うが、定訳というものはないと思う。
 一般的に言って、イギリス軍の高級役職の役職名は日本語に訳出不能なものが多い。ジョージ・ザンベラス」の項などは、無理に翻訳してしまって、わかりにくいことはなはだしい。
(2. 6. 2016)

 2016年12月3日の編集により、項目名が「ヘルゴラント海戦(1914)」となった。


 「扶桑(戦艦)」の項、スリガオ海峡海戦の節で、「重巡洋艦「ルイスビル」(USS Louisville CL/CA-28)」 としてあるのは何の冗談だろうか。1944年に重巡がCLのはずがないだろう。当然ながらこの当時の艦番号は CA-28 である。
(20. 4. 2016)

 2016年4月26日の改版で「CL」が除去されて正しくなった。


 「空軍」の項、第一次世界大戦の節に
「この時期にイギリス陸軍航空隊(ロイヤル・エア・コープス)、フランス空軍(アルメ・デレア)とドイツ空軍(ルフトシュトライトクレフテ)が組織として誕生した。」
とあるが、正しくは
「「イギリス陸軍飛行隊(ロイヤル・フライング・コー Royal Flying Corps, RFC) 」→「イギリス空軍(ロイヤル・エア・フォース Royal Air Force, RAF)」と「フランス陸軍航空隊(アエロノーティク・ミリテール Aéronautique Militaire)」および「ドイツ陸軍航空隊(ルフトシュトライトクレフテ Luftstreitkräfte)」が組織として誕生した。」
となる。何一つ正しくない。
 ドイツ空軍(ルフトヴァッフェ Luftwaffe)の創設は1935年の再軍備の時、フランス空軍(アルメ・ド・レール Armée de l’Air)の独立は1934年のことである。
(16. 11. 2015)

 2016年3月13日の改版で正しい内容となった。


 「東艦」の項、「甲鉄艦」が日本に来るまでのいきさつのところで、デンマーク海軍が購入するとしたときの艦名が「スタークデル」Stærkodder)となっているが、“Stærkodder” ならおそらく「ステルクオザー」だろう。
 「スタークデル」とは、何か日本の当時の文書に基づくところがあるのだろうか?
(13. 11. 2015)


 「バレンツ海海戦」の項の艦名表記がひどい。
 イギリス側の護衛艦艇の名前はそれぞれ Achates, Orwell, Oribi, Onslow, Obedient, Obdurate, Rhododendron, Hyderabad, Bramble, Vizalma, Northern Gemなのだが、「アカテス」、「オーウェル」、「オリービ」、「オンスロウ」、「オビーディアント」、「オブディレイト」、「ロードデンドラン」、「ハイデラバード」、「ブランブル」、「ヴィルザマ」、「オーシャン・ジェム」という表記になっている。
 正しくは Achates 「アケイティーズ」Obdurate 「オブデュレイト」Vizalma 「ヴィザルマ」Northern Gem 「ノーザン・ジェム」だろう。
 さらに、もしもあいまい母音は「ア」と書くのなら、Oribi「オラビー」Hyderabad「ハイダラーバード」だろう。不統一は困る。
 ハヤカワ文庫の「バレンツ海海戦」(ハードカバー「北緯73度」)にはどの艦名もちゃんと正しく書いてあるのに、ウィキペディアンは読んでいないのだろうか? 読んでいないんだろうなあ、末尾に参考資料としてあげてはあるが、作者名が「ダドリー・ホープ」になっている。「ポープ」だ「ポープ」!
 ひどいのは、「アケイティーズ」はかつて正しく表記されていたのが、「アカテス」に改悪された形跡があることだ。(2009年5月18日、曾禰越後守氏の編集にて改悪)
 ギリシャ神話由来の艦名でも、イギリス海軍の軍艦なら英語読みするというのが一般の慣習だと思うが、ウィキペディアの作法では違うのか?
(13. 11. 2015)

 2016年3月25日の編集で修正が入り、かなりよくなった。ポープ先生、よかったですね。

 2016年12月3日の編集により、艦名が「アケイティーズ」となった。


 「キング・ジョージ5世」(戦艦)の項に、「ウィンストン・チャーチルをして「われわれは戦艦のような物で今大戦を戦った」と言わしめてしまった艦である」との記述があるが、これは英語版・フランス語版・ロシヤ語版・ドイツ語版・ポーランド語版には存在しない一節である。
 グーグルで “like a battleship”, “Churchill”, “King George” などで検索してみても、このような発言はヒットしない。
 これも例によって「日本でしか流布していない俗説」の類ではないのだろうか?
 日本語の出典が何なのか知りたいものである。ウィキペディア上には2005年3月1日12:44時のK−SYAN氏の編集からこの一節が加えられている。
(2. 9. 2015)

 「ワシントン条約に縛られた設計の為に性能で列強海軍の戦艦よりも大きく見劣りし」とあるが、本艦はワシントン条約失効後の起工である。失効した条約に縛られるほどイギリスは律儀ではない。正しくは「エスカレーター条項発効前の第二次ロンドン条約に」である。
(6. 2. 2017)

 2017年3月3日の編集で、疑いのある部分がばっさりと削除された。


 「香取型練習巡洋艦」の項、「建造費をケチったから戦闘力が低くて、役立たずだから後方で司令部乗せてたよ」みたいな扱いになっていて泣ける。
 「司令部要員を乗せる十分なスペースがあり、航洋性と居住性にすぐれた艦だったから、直接戦闘に関与しない旗艦任務に重宝された」と書いてあげてほしい。
(7. 6. 2015)

 2016年2月11日の改版でやっと「正当な」評価になった。編集した方に感謝。


 「倒幕運動」の項に、「佐賀藩は表高三十五万石だが実高六万石程度」という驚くべき記述がある。
 ええーっ、六万石?さすがにそれじゃ家来を抱えていられないし、あの佐賀城も維持できないだろう。長崎警備も近代化も不可能だ。
 「佐賀藩」の項を見ると、六万石だったのは実高ではなく江戸期初期の蔵入地の石高(表高)である。鍋島氏は地生えの大名で一門の支藩や旧主の竜造寺氏系の支藩が多く、直轄地が少なかったのは事実である。
 しかし江戸期を通じて支藩予算の本藩への支出と中央集権化が進んでおり、幕末佐賀藩の実質収入が六万石、ということではなかった。
 蔵入地六万石、というのも、「佐賀藩確立期の財政構造に関する一考察」長野暹 を見ると、本来の直轄地十一万石から公儀普請用の積み立て分五万石を控除した可処分所得であり、収入が六万石しかなかったわけではない。
 佐賀藩の本家と支藩の関係については、「佐賀市史」より「佐賀藩の成立」 も参照。
 ウィキペディアに戻って「石高」の項を見ると、明治二年の内高としては佐賀藩は約八十九万石(支藩分を含む)となっている。
(7. 6. 2015)

 2016年4月29日の改版で記述が改善された。


 「制海権」の項、日本語・英語・ドイツ語版で、書いてある内容が違いすぎ。個人的には、ドイツ語版の記述が簡潔にして広範囲をカバーしていてすぐれていると思う。
 日本語版の「制海権」のページは英語の Thalassocracy のページにリンクしているのだが、 Thalassocracy は「制海権」ではなく「海上覇権」ではないかと思う。「地中海貿易におけるジェノヴァの制海権」とはあまり言わない。
 英語版には Thalassocracy の項とは別に Command of the sea の項もあり(日本語には後者の項はない)、この両項をあわせると過不足ない説明になるのではないだろうか。困ったことに、この両項の間にはリンクが貼ってないのであるが。

 日本語版「制海権」の中に、「(フォークランド紛争で、)イギリス海軍の潜水艦によってアルゼンチン海軍の前進を食い止めるための12マイルに及ぶ阻止線が形成された。」とあるが、あまりに短い阻止線じゃないか? 
 「フォークランド紛争」の項目には「イギリス政府はフォークランド諸島の半径200海里(370km)を封鎖海域とし、以後この海域に他国籍の艦船の侵入を禁じた。」とあるぞ。半径200海里の円の円周は1200海里(マイル)あるのだが。
(23. 5. 2015)

 2016年3月12日の改版で「1200マイル」になった。

 リンクは “command of the sea” の項に貼り直されている。


 「海軍コマンド」の項の文章がひどい。
 そもそもこの項はフランスの特殊部隊を扱っているのだが、この項目名ではそれがわからない。「フランス海軍コマンドー」か「海軍コマンドー(フランス)」にすべきだろう。
 また、「コマンド」では英語の Command(司令本部)とまぎらわしいので、「コマンドー」と書くべきだろう。
 冒頭の「フランスフュージリア海兵作戦コマンド」というのもわけのわからない訳語である。原語 “Force maritime des fusiliers marins et commandos”「海兵フュージリエとコマンドーからなる海上部隊」なのだから、「海軍陸戦・コマンドー部隊」くらいの訳でいいのではないか。上の訳語では語順がめちゃくちゃである。「作戦」なんてどこから出てきたのやら。
 さらに、各個別部隊の隊名だが、「先の戦争で活躍した将軍の名前が付けられている。」というのが変な文で、まずフランスにとって「先の戦争」とは何を指すのか不明。英語版を見ると、実際には第二次世界大戦とインドシナ戦争である。
 さらに英語版を見ると “named after former commando officers killed in action”だから、「戦死したコマンドー部隊の将校の名前を取って名付けられている」が正しい文。名前のもとになった将校には少尉や中尉がいたりするので「将軍」ではない
 各部隊の名前のカナ書きにもひどいものがある。それぞれ以下の通りであろう。
Commando Jaubert コマンドー・ジョベール
Commando de Montfort コマンドー・ド・モンフォール
Commando de Penfentenyo コマンドー・ド・パンファンテニョ
Commando Trepel コマンドー・トレペル
Commando Hubert コマンドー・ユベール
Commando Kieffer コマンドー・キフェル
 コマンドー・トレペルの説明である「アサルト部隊」というのもよくわからない。英語版を見ると、「直接武力行使、陸海における突入任務、敵中救出(回収)任務、近接格闘」となっている。
(23. 5. 2015)

 2016年3月12日の改版で訳語等が改善された。


 イギリスの重巡「ヨーク」と「巡洋艦ヨークの撃破」の項に、イタリア爆装艇の母艦として2隻の駆逐艦の名前があがっているが、 Quintino Sella「クンティノ・セーラ」としているのはいただけない。「クインティーノ・セッラ」が妥当なところだろう。
 当該艦の項は「クインティノ・セラ」となっているのでまだ許せる。その項目を見なかったのだろうか? 軍事関係のウィキペディアンは、関係する項目を見ずに執筆する人が多くて困る。
(18. 7. 2014)

 2015年6月23日に項目名が「巡洋艦ヨークの撃破」から「スダ湾襲撃」に変更。そして2016年2月11日の改版で駆逐艦の艦名が「クインティノ・セラ」に修正。編集した方に感謝。


 南北戦争の南軍の Richard Ewell 将軍の名前は「ユーエル」であり、ウィキペディア中文版やロシヤ語版は正しくその発音を写している(理査・尤爾、Ричард Юэлл )が、日本語版では「イーウェル」という誤った表記になっている。
 おもしろいことに、朝鮮語版の表記は「I-wel」である。定めし日本語版を見て訳したものに違いない。楽なところから訳したな、韓国人?
(18. 4. 2014)

 2016年12月3日の編集により、項目名が「リチャード・ユーエル」となった。


 「仁川沖海戦」の項に、当時仁川に在泊の艦船として、「ロシア商船スリンガー」と書いてある……。「スリンガー」はないでしょう、「スリンガー」は。正しくは「スンガリー」である。
(21. 3. 2014)

 2015年12月6日の改版で「スンガリ」に直っていた。編集した方に感謝。


 「オマハ級軽巡洋艦」の項に、「本級は第二次世界大戦に参加したアメリカ艦艇のうち最も古く……」などと書いてある。
 もちろんそんなことはなく、「コロラド」「ウェストヴァージニア」を除く旧戦艦群すべてが「オマハ」より先に就役しているし、かなりの数の第一次大戦型四本煙突駆逐艦が第二次大戦にも参加している。
(23. 2. 2014)

 2016年2月11日の改版で「第二次世界大戦に参加したアメリカ海軍の巡洋艦で最も古く」という正しい記述に直っていた。編集した方に感謝。


 「蔚山沖海戦」の項、「八雲」から水平線上の艦影をウラジオ艦隊だと思って撮影したら実はそれは先行する「出雲」だった、という逸話が載っていて「要出典」がついているが、これの出典を見つけた。
 東京日日/大阪毎日新聞が編集した「参戦二十提督 日露大海戦を語る」という本に、佐藤鉄太郎提督の話としてこう載っている。
「あの戦で山本英輔大将の持っている写真に面白いのがある。これは余り書かれると困るが、浦塩艦隊を発見したときに旗艦の出雲が一生懸命先に行った。私はちっとも知らなかったが、写真に撮ったのを見ると、敵の三艦を撮ったのだと見たが、その三艘は味方だった。それほど出雲と外三艘との距離があったくらいで、出雲が一生懸命だったのです。尤も戦いが始まると直ぐ後から来ましたけれども……」
 ウィキペ、話が逆じゃん! 「出雲」からほかの3隻を撮った写真なんじゃないか。書き写すくらいのことはきちんとやってくれよ。

 それからこの項、「ノート」がぐだぐだで情けない。
(14. 2. 2014)

 2016年4月29日の改版で、「撮影したら実は味方」の逸話が正しくなり、出典も記載された。


 「ジョン・ビング」の項、彼が銃殺されたのは、墓碑銘に “March 14” とある通り3月14日のことだが、なぜか本文では「5月14日」になっている。墓碑銘の訳まで「5月」になっているのはどういうことか。「生没年」の欄は正しいのに……。
(26. 1. 2014)

 2016年3月12日の改版で日付が正しくなった。


 「シェフィールド(駆逐艦)」の項、被弾から沈没までの経緯がでたらめばかり
・ミサイルが止まったのは前部機械室。
・戦死者は20名。
・ダメコンを阻害した有毒ガスのほとんどはミサイルのロケット燃料から発生したもの。その他も、「配電盤のビニール」ではなく、電路の被覆や艦内調度品が発生源。また、有毒ガスとともに黒煙も作業の阻害となった。
・「フライ料理の食用油」云々は全く意味不明。司厨室の戦死者は被弾と同時に即死している。その他の戦死者は窒息によるものであり、食用油は関係ない。「油に引火した」のは確かだが、その油は機械室のディーゼル燃料油である。
・総員退艦は被弾後約8時間の1750時。
・船体の曳航先は英本土ではなくサウスジョージア島。
 これらはみな英語版や英語版の参考資料で読める内容である。やはりウィキペディアンは英語が読めないとしか思えない。
(13. 11. 2013)

 2014年7月18日の更新で、「食用油」の記述は取り除かれ、細部も正しくなった。重畳至極である。
(9. 2. 2015)


 プラグマーティッシェ・ザンクツィオーン Pragmatische Sanktion, 国事詔書 はなぜ日本語ウィキペディアに項目がないのだろうか。中文版にもない。朝鮮語版はあるがスタブだ。アジア人ウィキペディアンはオーストリア史に興味がないのだろうか?
(18. 05. 2013)

 「国事詔書」(Pragmatische Sanktion)の項、2015年11月26日にようやく日本語版に収載。


 「鎮台」の項目を見たら、「鎮台はオランダ陸軍に範をとった陸軍編成である。」と断言していた(2012年6月10日改版)。
 私の推測と同じ意見の人がいて心強い限りだが、ウィキペディアに載せる以上は、何かしっかりした根拠があったのだろうか? 脚注などがないので確認することができない。しかし特に議論の種にもなっていないようなので、オランダ説はもう堅固な定説なのだろうか? どうもよくわからない。
(15. 03. 2013)

 2016年3月26日の改版で「オランダ陸軍に」の部分が出典不明ということで削除。まあ、これがウィキペディアの正しい姿ではある。


 日本語ウィキペディア「ユトランド沖海戦」の項にあるひどい誤訳。
「インディファティガブルとクイーン・メリーの轟沈を見たビーティーは、「血塗れになった今日の我が艦隊は、何かがおかしいんじゃないか」(There seems to be something wrong with our bloody ships today)と旗艦ライオンの艦長に語っている。」
 Bloody をそのまんま訳すなよ。じゃあどう訳すんだ、といわれると困るけど。
 「畜生め、今日のうちの艦隊は、何かおかしいんじゃないか」くらいかな。
(25. 08. 2012)

 2015年2月27日の改版でやっと “bloody” がまともな訳になった。


 日本語ウィキペディアには「准佐」という項目があり、佐官の一階級であるとされているが、もっと大事な「准海佐」の項はない(「海尉」の項に記述がある)。
 陸軍で准佐官があった軍隊ってどこだろう? 私は聞いたことがない。
(23. 08. 2012)

 2016年5月に見たところ、この項目はなくなっており、「上級大尉」へのリダイレクトになっていた。また、「佐官」の項に「SFやアニメでは准佐があることがある」という注意書きが入っていた。


 「銀河英雄伝説」のビッテンフェルト提督の名前のもとになったと思われる、エーベルハルト・ヘルヴァルト・フォン・ビッテンフェルトという将軍がいる。プロイセンの軍人で、普墺戦争でエルベ軍を指揮していた人だ。
 日本語ウィキペディアではプロイセン軍「左翼」を指揮していた、と書かれているが、エルベ川とシュレージエンの位置関係を見れば明らかなように、正しくは「右翼」の指揮官である。(地図)左上から迫るのがプロイセン軍、中央〜右下で守るのがオーストリア軍。地図左下に “Elbe-Armee” とあるのがプロイセン軍のエルベ軍。
 ちなみに、何と言うことか、ケーニヒグレーツの会戦のページは日本語ウィキペディアには存在しない。(2012年8月1日に新規掲載された。やっと!)
(24. 05. 2012)

 2016年3月12日の改版で「右翼」に訂正。


 「首都」の項目を見ると、オランダのベアトリクス女王が亡くなって、ウィレム・アレクサンダー王太子が暫定政権を立てているようなことが書いてある! まだ元気だぞ、女王様。
(17. 2. 2012)

 更新履歴を見ると、この「ベアトリクス女王崩御事件」は一時の気の迷いだったらしい。わずか数日間の誤りの時期にたまたま私がページを開いたのだ。修正されて一安心である。
(12. 06. 2012)


 「バーケンヘッド級軽巡洋艦」の項のカナ書きがおかしい。
 このクラスはギリシャ向け建造艦を買収したものだが、原名を Αντιναυαρχος  Κουντουριωτης Antinauarchos Kountouriotis と、 Λαμπρος Κατσωνης Lampros Katsonis という。
 これを日本語ウィキペディアでは「アンティノアクロス・コンドーリオティス」「ランブロス・カトソニス」と表記しているのだが、どう見ても「アンディナヴァルホス・クンドゥリオティス」と「ランブロス・カツォニス」である。「アンティノアクロス」なんてどこから出てきたのか。
 別にギリシャ文字を読めなんて言ってない。英語版を開いてラテン文字を読めばいいだけである。やっぱりウィキペディアンはアルファベットが読め(ry
 Antinauarchos も、anti- nau- archos と分離すれば、「前」「航海の」「長官」=海軍中将、ということがわかるが、まあそこまではウィキペディアンには問うまい。しかし書いてある文字をそのまま読む努力はしてほしいものである。
(15. 2. 2012)

 2016年5月5日の改版で、カナ書きが改善された。


 2012年2月現在、ウィキペディア日本語版には「JDAM」という項目と「統合直接攻撃弾薬」という項目の二つが同時に存在するが、この二つは同じものである。他言語版へのリンクは両方とも同じ項目へのリンクになっているし、後者にはご丁寧にも前者へのリンクまで貼ってある。

 2016年までにこの二重項目は「JDAM」に統合された。


 「レオニード・ニコラビッチ・ゴッドヤット」という項目がある。日露戦争の旅順攻防戦で、ロシア側で迫撃砲を発明した人だ。
 しかしこの人の名前は Леонид Николаевич Гобято Leonid Nikolayevich Gobyato なので、明らかに「レオニード・ニコライエヴィチ・ゴビャート」だと思う。d と b を間違えてるぞ!
 英語版もあるのだから、やはりウィキペディアンはアルファベットが読めないのではないか。

 関連項目として「迫撃砲」の項を見てみたら、ゴビャートの迫撃砲の呼び名“Бомбомёт”「ボーンプィエ」というカナが振ってあった。キリル文字が読めないなら読めないでいいから、むちゃくちゃなカナを振るのはやめてほしい。おそらくこれの読み方は「ボンボミョート」である。
(5. 2. 2012)

 2014年5月8日に改版があり、やっと正しい「レオニード・ゴビャート」という項目になった。


 以前、「モニター艦」の項目の内容が非常にひどくて、北軍の「モニター」の直系の初期のモニターまでもが対地砲撃用であるかのように書かれていた。
 それが、この前開いてみたら、ちゃんと初期の対艦モニターとその衰微の話と、第一次大戦に登場した対地モニターの話が、しっかり分けて書いてあるように直っていたので感心した
(5. 2. 2012)


 2012年1月18日現在、「ウィーナー・ノイシュタット」Wiener Neustadt の項の地図上の市の位置がまちがっている。
 地図上で赤く示されている町は、ヴィーナー・ノイシュタットではなく、ヴァイトホーフェン・アン・デア・イプス Waidhofen an der Ybbs である(ドイツ語版が正しい)。

 2016年9月25日の改版で正しくなった。


 なに人が書いたのか知らないが、オーストリアのフォアアールベルク Vorarlberg 州の町(ドルンビルンとかルステナウ)を引くと、「フォアアールベルク」を「フォラールベアーク」と書いてある。
 アレマン語ではそう言うのだそうだが、オーストリアの地名は標準ドイツ語で書くべきじゃないのかね。Salzburg 「ザルツブルク」としか、Sankt Pölten「ザンクト・ペルテン」としか書いてないぞ。現地発音ではルツブルク」「ンクト・ペルテン」なのだが。
 Hohenems の項が一番ひどい。
“「ホーエネムス」はアレマン語のうちシュヴァーベン語に属する現地のオーストリアアレマン語の表記で、標準ドイツ語では「ホーヘネムス」と表記される。”
 逆だろう。Hohen 「ホーン」と発音するのがオーストリア風だ。ヴィーン西駅で Lehen 駅まで切符を買おうと思って「レーエン」と言ったら通じなかった。「レーヘン」だったのだ。
 それと、「ホーヘネムス」ではなく「ホーエンエムス」だろう。リエゾンさせるなよ。
(19. 01. 2012)

 2013年6月の改版でいずれも「フォアアールベルク」に直っているようだ。


 ソ連の軽巡「クラスヌイ・クリム」を検索した時、ウィキペディアのページはヒットしなかった。
 さすがにこんなマイナー艦はページがないか、と思って Красный Крым で検索し、ロシヤ語ウィキペディアのページを開くと、なんと日本語版へのリンクがあるではないか。
 おかしいな、と思ってリンクを開くと、ページの題名は「クラースヌィイ・クルィーム」
……確かにそれが正しいのは認める。しかし、日本人が検索する時にどんな文字列を入力するか考えれば、その表記でしかヒットしないのでは困るだろう。「クラスヌイ・クリム」「クラスニイ・クリム」「クラスヌイ・クルイム」あたりもリダイレクトでそのページに飛ばすようにしないとまずいんじゃないの?
 私の守備範囲のドイツ語で言えば、「アドミラル・グラフ・シュペー」ではヒットせず、「アトミラール・グラーフ・シュペー」と入力しなくてはいけない、ということになっているようなページがあったら、それは百科事典としては落第だと思う。
(ちなみにシュペーの日本語ウィキペディア表記は「アドミラル・グラーフ・シュペー」である。)
(6. 12. 2011)

 2016年5月5日に「クラスヌイ・クリム」「クラスニイ・クリム」からのリダイレクトが貼られた。


 ウィキペディアに「マイゼン・シュレーディン効果」という項目がある。クレイモア地雷に応用されている現象のことらしい。
 この「マイゼン・シュレーディン」だが、英語ウィキペディアを見ると、つづりは“Misznay-Schardin effect”であり、どう見ても「ミスナイ・シャルディン効果」としか読めない。特に「マイゼン」の「ゼン」なんてどこをどう読んだものなのか。ウィキペディアンはラテンアルファベットが読めないのか?
 ロシヤ語版を見ると、эффекта Мижней-Шардина, effekta Mizhney-Shardina とある。これを見ても、どう考えても「マイゼン・シュレーディン」にはなりそうにない。
(6. 10. 2011)

 その後、
「名称は第二次世界大戦中にこれを発見したハンガリーの爆発物研究者ヨゼフ・ミズネ(József Misznay、マイゼンはドイツ語読み)とドイツの弾道学者フーベルト・シュレーディン(Hubert Schardin)に由来する。」
 という言い訳がついたが、残念ながら Misznay はドイツ風に読んでも「ミスナイ」である。「シュレーディン」については言わずもがな。ドイツ語読みならどう見ても「シャルディン」である。
 英語版やハンガリー語のサイト によると、MisznayMisnay ともつづられるようで、その場合は「ミシュナイ」になる。ハンガリー人の人名は姓が先になるから、Misnay József「ミシュナイ・ヨージェフ」となる。
(7. 8. 2015)

 2016年11月18日の編集により、項目名が「ミスナイ・シャルディン効果」となった。


 ふと思いついてウィキペディアの「蔚山沖海戦」「黄海海戦」の項を開いてみて、そのあまりのお粗末さに驚いた。
 「蔚山沖」は出典未詳の逸話ばかり載っていて(「出典厨」はこのページを見てないのかね?)戦闘の経過がまるで不明、時系列に誤りもあるひどい内容だ。
 「黄海海戦」は参加艦艇の一覧すらない上に戦闘の経過も極めておざなり、別名の「8月10日の海戦」という名前も載っていない。さらには本海戦の経過がイギリス海軍に遠距離射撃の重要性を印象づけて砲術の革命の一因となったということも書いていない。
 一方、英語版Wikipediaの記述は実に詳細で、なぜ日本語版はこれの全訳を載せないのだろうと思うほどだ。
 「日本海海戦」の項も、一節ごとにツッコミどころがあるトホホな出来で、とても人にお見せできる代物ではない。「(三笠の)三番砲塔」などと書いてあるぞ。
 NHK「坂の上の雲」で日露戦争に世間の興味が集まるであろうこの時に、日本語ウィキペディアがこのありさまとは恥ずかしい限りである。

 ちなみに日清戦争の黄海海戦の項もこれに輪をかけてお粗末なものである。
 しかもこの項の英語版は一貫して清国艦隊側から戦闘を描いていて(それはそれで興味深いが)、日本艦隊の意図その他がまるでわからない。
 ウィキペディアンには明治海軍を愛している人がまるでいないらしい。
 じゃあお前が書けって? とんでもない、ウィキペに書くくらいなら自分のサイトに書きますわな。

 驚いたことに、日本語ウィキペディアにはサンティアゴ・デ・クーバ海戦の項がない。ポーランド語版にはあるのに……。
(5. 12. 2010)

 ようやく「サンチャゴ・デ・キューバ海戦」の項ができていた。2012年2月12日のこと。

 最近見たら、日露戦争関係の各項目は、ゴミが除去され必要な事項が書き足されて、かなりよくなっていた。
 やはりNHKの影響で多くの人たちがこれらの項目を見る機会があったのであろう。
 結果としては喜ばしいことである。
(30. 08. 2012)


 ウィキペディアの「黒井悌次郎」の項目が少し変。海軍陸戦重砲隊配属が明治38年1月(旅順陥落後!)になっているように読める。
 これは直前の記載と照らし合わせて考えると、重砲隊編成とともに隊長に任ぜられ、二〇三高地奪取・旅順艦隊壊滅後の37年12月中旬以降に香港丸に帰任、38年1月まで南遣艦隊に勤務して、旅順陥落後の38年1月12日に旅順口工作廠長に任ぜらる、というのが正しい順序だろう。
 香港丸の行動とあわせ考えると、南遣艦隊には結局行ってない可能性もある。

 「明治三十七八年海戦史」を開いてみた。
 黒井中佐は重砲隊編成前から第二軍上陸地点警備のための陸戦隊指揮官をやっており、6月23日の重砲隊編成とともに隊長に任じられている。
 そのまま旅順陥落まで重砲隊指揮官を務め、陥落後は海軍物件の受領委員長を兼務している。
 その後2月7日に旅順口鎮守府が開府され、黒井中佐は旅順の海軍物件を鎮守府に引き渡している。重砲隊が最終的にどう解隊されたかは不明。規模を縮小してそのまま鎮守府所属なのかな?
 一方、香港丸は11月29日には南方警備を命ぜられて12月13日に出撃している(南遣艦隊所属ではなく、連合艦隊直属の独立部隊らしい)から、黒井中佐は南方警備には参加していない。この警備行動は38年1月まで行われ、香港丸は1月18日に佐世保に帰着している。
(1. 12. 2010)

 2011年6月7日の改版で経歴修正。


 ウィキペの「オーストリア・ドイツ語」の項に、「オーストリア・ドイツ語と標準ドイツ語の対比表」がある。
 その中に、Palatschinken = Pfannkuchen = ホットケーキ とあるのだが、パラチンケンはホットケーキじゃないぞ。もっと薄くて、中に具を巻き込んで食べる、クレープに近いものだ。
 もう片方の「プファンクーヘン」を画像でぐぐってみても、出てくるのは、パラチンケンのような、薄手の、具をはさむやつだ。Pancake でぐぐってみると、そのちがいがよくわかる。
 日本語の部分だけ「クレープ」にすればいいんじゃないかな。

 2015年12月10日の改版で「パンケーキ」になった。これならまだましか。

 そういえば母とヴィーンに旅行に行ったときに、一度食べてみるかと思ってシュヴェーデンプラッツ近くのパラチンケン屋に入り、適当に頼んでみたら、何が入っているのか、きわめて異様な味とにおいがしてほとんど食べられなかった、ということがあったなあ。あれはいったい何が入っていたのだろう。名前をメモしておくのだった。いまならデジカメで撮っておくところだったのだが。
(1. 12. 2010)


 なんかここだけアンサイクロペディア。
(1. 12. 2010)

 削除されちゃった……。
 「鉄道路線や駅・施設に関する俗称」という項目があったのである。
(30. 08. 2012)



もとのページにもどる

目次にもどる