Hahnenrippen

 日々思いつること。
 "Hahnenrippen" とは、「鶏の肋骨」という意味です。念のため。
(5. 3. 2017 更新)





(5. 3. 2017)

 イギリス軍のギリシャ到着記念日。(1941)ビラ・スタンモア夜戦記念日。(1943)


 「ブレストファイヤー」“Breast Fire” と書くと「胸の火」という意味なので、“Chest Fire”「チェストファイヤー」でも似たようなものになるかと思うが、後者は字面があまりに薩摩力高いので困る。


 「厭離穢土」“only Ed” と書くしゃれをだれか書いてるだろうと思ったら、グーグルヒットなしだった。意外だな。


 Alternative für Deutschland を「アルテルナティーヴェ・フュア・ドイチラント」とカタカナ表記する例を見ないなあ。やっぱり長いからか。それとも政党名は一般的に訳することになっているからか。
 この党名の定訳は「ドイツのための選択肢」になっているようだが、「ドイツのための代替案」の方がより原義に近くないか。


 ドズルの「宇宙攻撃軍」って、「地球防衛軍」の対義語として思いついた用語じゃないだろうか。


 俳人の鷹羽狩行と漫画家のあびゅうきょのペンネームの作り方は似ている。


 教育勅語を読んでみると、その基本は「忠君報国」なのだなあと感じる。「愛国」ではない。「愛国心」というようなことを言い始めたのは大正より後か?


 「横断歩道」ならぬ「縦断歩道」ってないかなー、と思って検索したら、「生駒縦断歩道」「八ヶ岳縦断歩道」という文字列がヒットしたが、どうやらどちらも「縦走歩道」の誤記らしい。
 「車道を縦断する歩道」があるとすれば、鎌倉の若宮大路の真ん中にある歩道がそれにあたるか。


 トランプ政権になって、より一層対米ポチ外交に励まなくてはならないことになったのには日本人として忸怩たるものがなくはないが、考えてみれば、総理大臣の木の葉のように軽いプライドを売り払えば安全保障が手に入るのならば、それはそれでいい取引ではないかとも思う。あとゴルフクラブ代ね。
 現在の日本政界で、トランプさんの靴をなめるのに適当な人は誰か、と考えた場合、安倍晋三氏はトップクラスに適任なのだから、適材を適所に得たとも言えるだろう。


 ロシヤ革命の時、ドイツは封印列車レーニンをスイスからロシヤまで送り届けるが、レーニンが帰国して祖国の土を踏んだのはペトログラートのフィンランド駅であった。「牧場の少女カトリ」でも描かれたように、レーニンはフィンランドを通って帰ってきたのである。
 以前からなんとなくこれが不思議だった。ドイツを通って列車に乗って帰ってきたのに、西からではなく北から帰ってくるって変じゃないか? それに1917年春だとフィンランドはまだドイツ占領下でもないだろう。
 このたびウィキペを引いてみてやっとそのわけがわかった。
 封印列車が走ったのはチューリヒからポンメルンのザスニッツまでで、レーニン一行はそこから船に乗ってバルト海を渡り、中立国スウェーデンに上陸して、そこからロシヤの首都へ向かったのである。
 考えてみれば敵対国へ人を送るには中立国を通すのが当然である。今までそこに思い至らなかったのは不覚であった。


 Yahoo の人気Q&Aサイト、「Yahoo!知恵袋」が近ごろ仕様を変更している。
 従来はブラウザ上で完結するシステムだったが、昨年の中ごろになって、モバイルからは、専用アプリを入れないと事実上利用できないほどに、一般ブラウザ版の機能を制限するようになっている。
 これは Yahoo の利益からは理解できる変更で、知恵袋の質問・回答内容は個人データの宝庫のようなものだから、それを採集できるようにアプリを作って使わせたいという気持ちはよくわかる。
 しかし、利用者側としてみれば、ちょっとした質問をするにも、ひまつぶしに回答するにも、アプリをインストールして個人情報をだだ漏れにしないといけないというのは、ちょっと二の足を踏むところがある。
 そこでためらいもなくアプリをインストールするのは、「知恵袋」が最大の趣味であるようなへヴィーユーザーか、Google 検索を駆使して自分の望む情報を見つける能力を持たない層だけだろう。
 そもそも、「知恵袋」は、アプリのインストールに二の足を踏む程度のライトユーザーによって質が保たれていたのではなかったか。
 人生相談などはいざ知らず、技術情報や健康相談、特殊な分野の英訳依頼などにおいて、「知恵袋」に一日中張り付いているようなへヴィーユーザーは無益な存在だろう。
 そこは、いつもは一般社会で活動していて、たまにひまつぶしで自分の得意分野に回答してくれるライトユーザーがいてくれてこその「知恵袋」であったのではないかと思う。
 そういう層を切り捨ててしまう結果、質問−回答の質は顕著に低下するだろう。そうなれば、ネット検索から「知恵袋」を訪れる人も減り(どうせ役に立たないのだから)、新規の参加者、良質な回答者の数は減っていく。
 Yahoo は、知恵袋マニアと、Google を使いこなせないネットリテラシーの低い層を囲い込むことで、多くのデータを手に入れられるが、そのデータの質と価値はどんどん下がっていくのである。
 一般社会に暮らし、ネットリテラシーが高く、生業とともにそれぞれの専門的知識を持つ層、すなわち購買力も高いであろう層を切り捨てることによって、Yahoo はかえって市場でのチャンスを失ってしまったのではないかと思わなくもない。


 「おんな城主直虎」
 井伊谷は武具にしても調度にしても50年くらい時代が古くはないか。
 みんな太刀を佩いているんだよね。具足も元康が当世具足なのに井伊家は古めかしい。

 阿部サダヲというと「清盛」での信西入道のイメージがあまりに強いので、信康(先週出てきた)に「自害せよ。切腹じゃ」と顔色一つ変えずに言いそうだ。

 ドラマでもそうだが、史実でもおとわさんではなく母様(祐椿尼)が一族の頭だったのではないか。

 で、意外と早い桶狭間。ほとんど自然災害並みの扱い。「正面攻撃説」「迂回奇襲説」も華麗にスルー。
 まあ井伊直盛の視点からだとこんなもんかもしれないけど。

 今回の作品、かなりストイックに「おとわの見たもの以外は書かない」に徹しているので、信長も出やしない。元康の内心もほとんど描かない。
 それはいいけど、もうちょっと近隣の国人とのつき合いとかをていねいに書いておくべきじゃなかったのかな。「何の説明もなく曳馬城攻撃」とかやるのはまずいだろ。
 菅沼氏との関係も、平和な時にしっかり押さえておくべきだったのではないか。




(5. 2. 2017)

 北アフリカ、ベダ・フォム戦開始記念日(1941)。


 羊羹の「とらや」ののれんを見ると、つい「宇宙戦艦やらと」と言ってしまいたくなるのだが、ネット上ではそれほどヒットしない。


 「ハーマン・ニャー・フュアーハンド・ランタン」と書いてあるのを見て、ニャー? ニャーって何だ。何語? と思ってよく見たら、なんとドイツ語だった。
 „Hermann Nier Feuerhand Sturmlaterne” なので、「ヘルマン・ニーア・フォイアーハント・シュトゥルムラテルネ」ということになる。


 広島県らしい事案。


 「レベルを上げて化学で殴る」は1ヒットしたが、「レベルを上げて地学で殴る」「レベルを上げて生物で殴る」はノーヒットだった。


 「一ノ蔵」ってなんとなくロシヤ語っぽい響き。イチノークラ


 "ディスレクシア" "ディスクレシア" で(両方を必ず含むように)検索すると、かなりの数がヒットする。笑っちゃいけないがちょっと笑ってしまう。
 正しくは dyslexia 「ディスレクシア」(識字障害)ね。
 ギリシャ医学用語で dyscrasia(悪液質)という病気もある。ただし標準的な発音は「ディスクレイジア」。
 [ディ- -シア] の枠内を順列組み合わせすると、スレク/スクレ/レスク/レクス/クレス/クスレ の6通りの文字列が得られるが、ネット上にはすべての例が見いだせる。


 いそへのしほひ みおろせは こきよりにけん あまをふね えぬるうなさち わかつゆゑ めらもむれゐて たすくとや
 どの本だったか忘れたが、暗号法の初歩の本に収録してあった「新いろは歌」のひとつ。
 「磯辺の潮干 見下ろせば 漕ぎ寄りにけん 海人男舟 得ぬる海幸 分かつ故 女等も群れ居て 助くとや」


 「艦これ」劇場版は、太平洋戦争の映画ではなく「ゲーム「艦これ」の映画」なのだからしかたがないのだが、史実厨としては、第一次ソロモン海戦から第6戦隊が帰って来たら「夕張」がお留守番してた、という話にはすさまじい違和感を感じた。
 あと夜戦が好きらしい「川内」や「綾波」が第三次ソロモン海戦でまるで活躍しないのも。
 「綾波」って劇中出てきたのかな? 顔で名前が識別できないのでわからなかった。


 勤めている会社の取引銀行から、外貨送金に関してこんなメールが来た。
「OFAC規制上の理由により、弊行でお取り扱いができないお取引(平成28年10月現在)
■以下の@Aのいずれかに該当する、米ドル建のお取引
@ お取引の当事者の所在地・関係国・関係地等に、イラン、スーダン共和国、キューバ、北朝鮮、シリア、クリミア地域が含まれている場合
A 米国政府により特定されている、テロリスト、麻薬取引者、大量破壊兵器取引者、多国籍犯罪組織などの関与するお取引
 テロリストがかかわっていても「お取引」なのか……。まあ、銀行からすれば「お客様」には変わりないということか。


 日本語の動詞には、名詞に「する」をつけて作る「サ行変格動詞」という一群がある。「使用する」「破壊する」「回転する」など、非常に仲間の多い一群だ。
 しかし世の中には、この形の動詞の使用を避けて、名詞部分のあとに必ず「を」を入れて話す人がいる。
 「使用をする」「破壊をする」「回転をする」「お示しをする」「ご説明をする」の類の言い回しである。
 これは政治家、特に安倍晋三総理大臣が多用する(「多用をする」?)ので、近年さらに耳につくようになった。
 この手の言い回しを初めて聞いたのはたしか「機動戦士Zガンダム」のライラ・ミラ・ライラ大尉が「了解をした。攻撃をする」と言ったセリフで、その時は「何じゃこの言い方は。さすがトミノ節だなあ」と思ったのだが、最近は実に多くの政治家の愛用する(「愛用をする」?)言い回しとなっている。
 なぜこのような言い方になるのだろうかねえ。
 すっきり「検討します」と言ってしまうとほんとうに検討しなければいけなくなるが、「検討をします」と言えば「あなたの検討と私の検討は違う。私は私なりの「検討という作業」をしているからいいのだ」と言い抜けられるからかとも思ったが、深読みすぎるか。

 他にもこの言い回しについて書いている方がおられる。(リンク1) (リンク2)


 ワシントン条約制限下の世界に7隻だけあった16インチ砲戦艦を指して「ビッグ・セブン」“Big Seven” と呼ぶ用法は、いつごろからあったのだろうか。
 例によって例のごとく「神戸大学附属図書館新聞記事文庫」を検索してみると、「ビッグ・セブン」は該当なし。「七大戦艦」は昭和8年と11年に1ヒットずつ。「七戦艦」は該当なし。
 Google の期間限定検索を1995/01/01〜2013/01/01に設定して "big seven" "Mutsu" で検索すると、ヒットするのは中国語サイトのみ。
 日本語サイトを検索すると、2003年に「ビッグ7」の記述があるので、ネット時代以前からそういった呼び名はありそうである。
 「世界の艦船」を調べてみると、第449集(1992年4月号)の「特集・大口径砲」p98に「ビッグ7と謳われた巨艦たち」という記事がある。
 しかし1988年の「日本戦艦史」、1990年の「アメリカ戦艦史」「イギリス戦艦史」にはこの語は見られない。
 第378集(1987年4月号)「特集・海軍と軍縮」の記事にも「ビッグ・セブン」は見出すことができない。
 1975年の「軍艦長門の生涯」(阿川弘之)には「ビッグ・セブン」「世界七大戦艦」のどちらも出てこない。
 これらをもとに考えると、「ビッグ・セブン」の呼び名は、前世紀末葉に、日本の軍艦趣味者の間で呼び始めたのがその最初ではないかと思われる。
 アメリカ海軍には、「メリーランド」級と「テネシー」級の計5隻を指して “the Big Five” と呼ぶ用法が早くからあるが、その影響があるかどうかは不明。
 日本語ウィキペディアでは、「ワシントン海軍軍縮条約」の項、2005年2月3日の編集から「ビック7」(表記そのまま)という一句が記載されている。
 ウィキペディアには「ビッグ・セブン」の出典は戦前の「平易に説いた陸海軍の知識」という本だ、とあるが、その本には「世界の七大戦艦」としか書いていない。(リンク、143コマめ)
 http://npn.co.jp/article/detail/05723939/ にもくわしい考察あり。

 「赤城」「加賀」「レキシントン」「サラトガ」を「ビッグ・フォー」と呼ぶ、という呼び名もあるが、これは検索しても英語サイトには見出すことのできない用語である。
 ミッドウェイで沈んだ「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」を指して “big four” と呼んでいる例ならわずかながら見つかる。
 検索範囲を欧文サイト全体に広げると、「赤城」「加賀」「レキシントン」「サラトガ」を “Big 4” と呼んでいるクロアチア語の掲示板(2006年2月25日書き込み)がヒットするが、これはハセガワの1/700「加賀」のキットの紹介記事である。
 日本のサイトだと、1998年以前に書かれたサイトに「ビッグ4」は出てくるので、そのころからある呼び名ではあるようだ。


 「おんな城主直虎」(2話〜5話)
 前年のテンポフル回転のドラマに慣れてしまっているので、今回の話のテンポはどうもとろくさく感じてしまう。
 蹴鞠の回だが、なんか「雪斎チョロい」という感じがする。実際は裏で佐名様が根回しをしてくれていたからこそ、寿桂尼が蹴鞠を見せてくれてあの話に持って行けたわけだが、そのへんのテンポが悪いので、あの場を支配しているのが寿桂尼だということがわかりにくい。
 あそこは、雪斎には原則論を語らせて今川家の実務は雪斎が握っていることを見せつつ、寿桂尼の圧力で義元がおとわ解放を命ずる、というのをもっとわかりやすく見せるべきではなかったか。
 あとは、いきなり寿桂尼がやさしいのには違和感があるので、あらかじめひそかに寿桂尼がおとわを見かけるシーンを作っておくとか。よくある手法だけどね。

 上記の寿桂尼の配慮の話、「視聴者とおとわには蹴鞠の褒美で帰してもらったと思わせておいて、あとで種明かしする演出はうまい」との評あり。それもそうかもしれない。

 太守様ご自筆の書状の扱いがぞんざいすぎないか? 一応拝んでから開けるとかした方がいい気がする。

 義元も龍王丸も俗説的な公家スメルを出しすぎ。せっかく「風林火山」で「武家の今川」イメージを広めておいたのに、逆戻りをしてしまった感がある。

 義元は文弱な公家キャラ、雪斎は線の細い秀才キャラ、これでは今川家の荒事は誰が担当しているのだろうか。

 こんなことで龍王丸の恨みを買ってしまうから、後年氏真が井伊につらく当たるのじゃ。因果応報よのう。

 しかし、今川家の井伊家に対する態度はブレすぎではないか。一度は継嗣候補の男子の首を要求しておきながら、今度は人質も出させずにすますというのは理解に苦しむ。
 想像すると、今川家には以下のようなシナリオがあったのではないか。
 まず、敵国に内通した直満は斬るとして、直満の男子(亀之丞)の首を要求する。
 まあこれは拒否されるだろうから、そこでその男子は駿府に人質として出させるということでひとまず丸くおさめる。
 松平氏の例もあるので、配下の領主の継嗣候補を駿府で龍王丸とともに育てるというのは筋が通った話でもある。
 おとわの婿は亀之丞にしてもよいし、今川家連枝から適当な子を見つくろってあてがってもよい。それは今後の井伊の出方次第。
――とまあ、このくらいのシナリオか。
 ところが、井伊は何を血迷ったか、亀之丞を逃亡させてしまう。
 そこでシナリオが狂い、目下新しいシナリオを作成中。人質候補をだれにするか、南渓和尚と雪斎で考える。とりあえずおとわを駿府に呼んでみるか。
 というところだろうか?

 駿府での人質話なのに松平竹千代を出さなかったなあ。時期的には合わないのは確かだけど、築山殿は出したのだから、ドラマ的に出して損はなかったろうに。元康の初登場は桶狭間?(下も見よ)

 竹千代の生母って慶長七年まで生きたのか! これまでドラマにまともに出たことがないので知らなかった。

 4話(出家の話)は、なんというか、月並みな話だったので感想を書くほどのことがない。直盛さんはよかったけどね。

 結局子役のかわいさだけでひと月過ごしてしまった気がする。

 吹っ飛ばされた9年間に、小豆坂の合戦も竹千代の駿府人質生活も信秀の死と信長の抹香投げつけも平手政秀の自害も入っている。

 あれよあれよという間に柴崎コウ登場。この回は顔見せだね。おとわとの演技の継続を考えているなあ。
 しかし、「まあ、子役の時期だから」「まあ、顔見せだから」で5回も過ぎてしまった。今後のペースはどうなるのだろうか。

 竹千代出たね。かわいい子役じゃなかったけど。翌年元服して元信、のちに元康か。しかし、将棋ならともかく、囲碁は反対側に回らなくてもいいんじゃないか?



目次にもどる