駆逐艦「フィッツジェラルド」「マケイン」衝突事故続報
アメリカ海軍協会 U.S. Naval Institute 発行のニュースより、この衝突事故と、そののちに発生した駆逐艦「ジョン・S・マケイン」の事故に関連した記事3本を翻訳しました。
 本件事故についての以前の記事はこちら:「駆逐艦「フィッツジェラルド」衝突事故について二題」



ハンティントン・インガルス重工、
「フィッツジェラルド」の再生工事を仮受注、受注額2940万ドル
最終修理コストは3億7000万ドルに


2017年10月2日、サム・ラグローン


 誘導ミサイル駆逐艦「フィッツジェラルド」(DDG-62)の再生を請け負った造船所は、艦の修理にあたっての初期計画に対し2940万ドルで契約した、と国防総省調達契約筋は述べた。

 同筋は、艦の修理は8月からミシシッピ州のハンティントン・インガルス重工にて行われると公表した。

 「フィッツジェラルド」は6月17日に日本沖の航路において商船と衝突し、水兵7人が死亡した。これによって水線下に破口が開いたほか、統合通信室やA/N-SPY1D(v)対空捜索レーダーの右舷前部アレイを含むいくつかの高度な電子装備システムが損傷した。

 公式発表によると、「この初期計画と準備段階は、「フィッツジェラルド」の再生と近代化の総合工事に含まれるものである。「フィッツジェラルド」は2017年12月に重量物運搬船によってインガルス造船所に到着する予定である」ということである。

 また、「全体的な再生を含む近代化工事については、12月に契約が結ばれるであろう」とも発表された。

 海軍協会ニュースが先に入手した海軍当局の見積もりによると、「フィッツジェラルド」修理の総工費は約3億6700万ドルに達する(運搬費、近代化工事費を含む)とされていた。修理は1年以上を要し、衝突事故の前から予定されていた近代化工事と並行して進められるであろうということである。

 また、海軍当局は、8月21日にシンガポール沖で民間タンカーと衝突して水兵10人の死者を出した「ジョン・S・マケイン(DDG-56)の修理についての見積もりも発表している。艦は日本の横須賀にあるアメリカ海軍基地に重量物運搬船によって運ばねばならないが、その費用については別枠となる。初期見積もりとしては2億2300万ドルが提示されている。修理のために米本国へ送らねばならないかについては明らかにされていない。

 以下は契約発表文の全文である。

 ハンティントン・インガルス株式会社インガルス造船所(ミシシッピ州パスカグーラ)は、軍艦「フィッツジェラルド」号(DDG-62)の事故修理及び近代化の初期計画を、コスト・プラス・定額契約として2937万8128ドルで受注する運びとなった。  この初期計画と準備段階は、同艦の再生と近代化の複合工事に含まれるものである。同艦はインガルス造船所に2017年12月に重量物運搬船によって運ばれる予定である。再生と近代化工事の総工費に関する契約は、2017年12月に締結される見通しである。
 工事の初期段階はミシシッピ州パスカグーラにおいて行われ、2017年12月31日までに完了するであろう。
 総額2937万8128ドルは海軍の2017年会計年度作戦整備予算によって賄われ、同年度中に執行される。同契約は競争入札によって決定されたものではなく、単独指名によって締結されたものである。この根拠は連邦調達規則6.302-2項の特別緊急基準によるものであり、2017年8月28日の正当性認可41320号によって承認された。
 本契約の契約主体は海軍システム本部(コロンビア特別区ワシントン市)である。契約番号N00024-17-C-4444号。


The original article is here:
“ HII Awarded $29.4M Planning Contract for USS Fitzgerald Restoration; Total Repairs Estimated at $370M”




損傷した駆逐艦「ジョン・S・マケイン」は日本で修理される

2017年10月4日、サム・ラグローン


 (国防総省筋)去る8月21日にシンガポール沖で民間タンカーと衝突した駆逐艦は日本で修理されると、海軍当局は本日海軍協会ニュース記者に語った。

 当局者が本協会記者に語ったところによると、海軍当局は軍艦「ジョン・S・マケイン」は、米本土へ運ばずに日本の横須賀にある海軍の整備施設で修理されることになるだろうということである。

 アメリカ太平洋艦隊は、以下の通り声明を発した。
 「8月21日の衝突事故からシンガポールに係留されている状態で進められていた損傷の評価作業によると、修理は日本においてより低いコストで完了することが可能で、この修理によって艦はより早い時期に完全に任務に復帰するであろう。
 横須賀基地はアメリカ第7艦隊に所属する海軍前方展開部隊(FDNF)の一部であり、そこで修理することは、乗組員とその家族を長期的かつ安定的に扱うにも利便性が高い」

 「マケイン」はタンカー「アルニックMC」と衝突し、タンカーのバルバス・バウは艦の左舷に突っ込んで水線下に浸水を生じさせ、10人の死者を出すに至った。

 海軍協会ニュース調べによると、損傷は重大だが、艦の電子装備に及ぶものではなく、ほとんどが船体構造と機械的な設備にとどまるものであった。

 同調べによると、海軍当局の試算では「マケイン」の修理には2億2300万ドルの費用と約1年の期間を要するとのことである。

 太平洋艦隊によると、艦の乗組員には、修理の支援の他に、艦の早期任務復帰に向けた訓練と試験に関する任務が予定されている。

 海軍当局は、シンガポールから横須賀まで重量物運搬船によって艦を運ぶ作業を、今月末までに実行することを予定している。

 同時に海軍は、より重大な損傷を受けた駆逐艦「フィッツジェラルド」(DDG-62)を12月に横須賀からミシシッピ州パスカグーラのインガルス造船所へ運び、同艦が6月17日に日本沖で商船と衝突して7人の死者を出した事故による損傷のより高度な修理を行うことになっている。

 両艦とも第15駆逐艦戦隊に属し、前方展開している空母「ロナルド・レーガン」(CVN-76)の護衛とともに、北朝鮮をはじめとする脅威から同盟国を守る戦域弾道弾防御任務にあたっていた。


The original article is here:
”Stricken Destroyer USS John S. McCain to be Repaired in Japan”




軍艦「ジョン・S・マケイン」、修理のためシンガポールから日本へ向かう

2017年10月5日、サム・ラグローン


 1ヶ月以上に及ぶシンガポールでの停泊を終え、誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」(DDG-56)は、修理のため日本の横須賀へ運搬されるべく出港した、と、海軍当局は本日発表した。

 「マケイン」は重量物運搬船「トレジャー」号によってチャンギ海軍基地から日本へと運ばれることとなる。

 当局の発表によると、
 「数日間は「ジョン・S・マケイン」は水深の深い海域へ向けて曳航され、そこで重量物運搬船は船体を沈下させて駆逐艦をその上に安全に搭載し、再び水面上へ浮かび上がる。搭載作業が終わり次第、「トレジャー」は「ジョン・S・マケイン」を横須賀海軍基地へ運び、そこで同艦は修理される」
ということである。

 先に4日、当局は同艦は米本国ではなく横須賀で修理されるだろう、と発表したところであった。

 海軍協会ニュースが入手した海軍の見積もりによると、修理には2億2300万ドルの費用と約1年の期間がかかる見込みである。

 同艦は、マラッカ海峡において民間オイルタンカーと衝突して10人の死者を出した事故のあと、8月21日にシンガポールに入港して同港に停泊していた。

 「マケイン」はシンガポールまでは自艦の動力によって航行でき、その後タンカーのバルバス・バウによって穴があけられた左舷区画の応急修理にあたっていた。

 公式発表によると、
 「シンガポール出発に先立つ数週間、乗組員と作業員、潜水士たちは運搬に備えて、損傷の検証や運搬時にも必要な艦の基幹システムの整備に追われていた。損傷した区画の水密性確保のため、パッチ板が当てられている」
ということである。

 公式画像には、船体の破口に当てられた25フィート大の応急パッチが認められる。

 「マケイン」に加えて、海軍は駆逐艦「フィッツジェラルド」(DDG-62)を修理のためミシシッピ州パスカグーラのインガルス造船所へ運ぶ計画を立てている。これは同艦が6月17日に日本沖で起こした商船との別の衝突事故(死者7名)に伴うものである。

(リンク:「マケイン」の重量物運搬船への搭載作業の動画)


The original article is here:
“USS John S. McCain Leaves Singapore for Repairs in Japan”


( 7. Oct. 2017 translated by Daimyoshibo)



目次ページにもどる