グーグル先生講義録 その4


 このページでは、「Google翻訳」におけるグーグル先生の博識ぶりをお目にかけます。

・サンライズ作品

 グーグル先生が映画の題名についてきわめて博識なのはよく知られています。たとえば、「史上最大の作戦」とか「空軍大戦略」などと打ち込んでやれば、たちどころに正しい原題を答えてくれます。さらには、「戦艦シュペー号の最後」などというかなりマイナーな映画までカバーしているのは、まさに驚きといっていいでしょう(2010年9月20日現在、ちょっと精度が落ちているようです。復活を期待します)。
 では、アニメの題名についてはどうでしょうか? 日本アニメを代表するサンライズ作品クラシックの題名を、アルファベットで打ち込んで日本語に変換してみましょう。


さすがにこれは一発です。


これも完璧です。

以下、サクサクと訳してくれます。







これは惜しい。しかし、なぜフランス語?


ところが、これはなぜか翻訳不能。イデの導きが足りないようです。

・その他のアニメ


タイ語では本当にこういう意味なのか?


アニメでしかありえないと力強く断言するグーグル先生。

・その他の題名


先生!それはちょっと違います!似てるけど違います!


先生!!その間違い方は諸方面に非常にまずいです!!


ジプシーつながり。


先生、あんまり深く考えなくてもいいのですが……。


行くですか。


これは解説が必要かも。
ふつう「青春の輝き」といえば、カーペンターズの名曲 “I Need to be in Love” の邦題なのですが、1992年公開のどマイナー青春映画 “School Ties” という作品も、邦題を「青春の輝き」とつけられてしまったのです。グーグル先生は映画が大好きらしく、映画優先で考えてしまった結果がこれです。

・むかしむかし……
先生、それは「日本語訳」でしょうか?

・メリー・クリスマス!

先生、それは「日本語訳」でしょうか(その2)?

・まあカタカナでいいんですが

先生、それは「日本語訳」でしょうか(その3)?

・squire

中国語→日本語の翻訳。それはスクワイア。

・総統閣下は

中国語→日本語の翻訳。閣下は変態なんでしょうか。

目次ページにもどる