グーグル先生講義録 その6

 Google 翻訳で、ローマ字で書いた日本語を訳してみると、かなりすごいことになります。
 その例をいくつか見てみましょう。


古池や

「ふるい、または鞭を振れ。」

さみだれや

「嘆きやなんかを決して忘れるな。」

村の鎮守の

「ちらちらする光のちらちらするちらちらする光」

勝って兜の

「私に向かって、火のことを話すのをやめたいと思う」

インドの山奥で

「少し猫背になって本の手入れをする」

リアルタイム翻訳を

「レンタルカーペットを通過しよう」

ドキュメントを

「みんなを狩りに行くところだ」物騒だな。

グーグルは

そんなに興奮するなよ。

おお明治

なんか明治に恨みでもあるのか?


・その他の英訳


「長い間逮捕された人たち」



「南の英雄」……一文字しか合ってない。



「パパイヤ」……なぜ?



としのぶって誰だーっ!


・中国語の和訳では


本当に中国語ではこんな意味なのか??



それは日本語ですか?



後半を訳していない気が。



ちょっと待て、その部分は削ったはずだぞ!


(その1へ)  (その2へ)   (その3へ)  (その4へ)  (その5へ)  (その7へ)



目次ページにもどる


27. Nov. 2016
22. Mai 2017
17. Juni 2017
13. Juli 2017