グーグル先生講義録 その5

 このページもひきつづき Google 翻訳からお送りしましょう。


・君主の名前
 グーグル先生は世界展開ですから、当然非英語圏の歴史上の君主の名前も一発で正しく翻訳してくれます。


一発で正しく……

あれ?

気を取り直して、こんな単語を訳してみましょうか。

第一義的にそれですか!

さらに

The・天皇はあのお方なのだ!と断言するグーグル先生。

じゃあ今の人は?

うーん、いいのだろうか。


偉大なるファシスト統領閣下を入れてみると……

うわぁ!!ち、違う!!


時代を戻して、ローマ皇帝行ってみましょうか。





なるほど、ダキアを征服したのはトラヤヌスですから、ルーマニア語からの翻訳になるのですね。


なんと!グーグル先生はハドリアヌス大帝の帝位を承認していないようです! しかも、アイスランド語からの翻訳という冷遇ぶり。


・東欧の地名
 旧ドイツまたはハプスブルク領で、現在は現地名になっている都市の名前を試してみました。


おおっ、グーグル先生はドイツびいきなようです。

以下この通り











おや?

さらに



先生はチェコの方がドイツより好きなのでしょうか。


イタリアもドイツより好きなようですね。

さらに



強情ですね。先生はスロヴァキアが大好きなようです。


・その他
 クトゥルフの邪神たちの中に、きちんと翻訳されるものとそうでないものがあることを発見した。くわしくは危険なのでここには記さないが、これらの扱いの差には……
 おや、外から何か奇妙な音g


(その1へ)  (その2へ)   (その3へ)  (その4へ)  (その6へ)  (その7へ)



目次ページにもどる


25. Sept. 2010
7. Nov. 2010 加筆