WGIP論の矛盾


 「WGIP」ということばを今日初めて知った。こういうことらしい
 アホかと思った。

 日本占領軍が宣撫工作として民主主義化政策、脱軍国主義政策を行うのは、そば屋がそばをゆでるのと同じくらい当然のことである。ポツダム宣言にも書いてあるのだから、彼らがそれをやらないわけがない
 今さらそれを裏づける資料が発掘された、と聞かされても、はあそうですか、そうでしょうね、としか言いようがない。

 それはそれとして、それを受け入れるかどうかは日本国民の側の問題である。
 占領は7年続いた。日本国民が不服なら、その間にあらゆる手段で占領軍の政策を妨害し、停止させ、骨抜きにしようとしたであろう。
 そのような活動を日本国民はしただろうか? フランス人がナチスドイツに対して行ったように。

 一国の国民の意識をむりやりにまるごと書き換えようとするのは至難の業である。
 現に、「小中華意識」にどっぷりつかった朝鮮人民の意識を、日本の都合のいいように書き換えて皇民化を定着させることは、35年かけても日本はなし得なかった。
 もし、軍国主義にどっぷりつかった日本人の意識を、GHQがむりやりに自分たちに都合よく書き換え、反発も受けず、その影響を70年後も保ち続けたのだったら、それは世界史上に残る奇跡であろう。
 SCAPマジ有能じゃん! マッカーサー天才じゃん! 朝鮮総督府は無能!

 しかしどう考えても、GHQがそれをなし得たというのには無理がある。

 だれかに強制されて、あるいはだまされて、日本人が先の大戦を反省「させられる」ことになった、というよりは、日本国民はもうちょっと自分の頭で考える力を持ち、「軍部に過大な力を与えて無謀な戦争に突っ込んだ俺たちは、どうも間違っていたらしい」ということに、自分で気がついていたと考える方が無理のない解釈である。

 あれほど悲惨な戦災を受けておきながら、「戦争はいいものだ」という考えを変えず、GHQの洗脳でやっと平和主義に目覚めた、というのであれば、日本国民はよほどの石頭だったということにならないか。
 「戦争はもうこりごり」「軍部主導より民主主義がいいんじゃないか」日本人側にそういう素地がなければ、日本国憲法も、戦後の諸改革も、占領軍の占領そのものもうまくいかなかったであろうというのは、それほど突飛な感覚だろうか。

 WGIPを言い立てる人々は、自分の父母や祖父母の世代が、占領軍の洗脳なるものにころりとだまされてしまうような情けない国民だったと言いたいのだろうか。私は曲がりなりにも愛国心と長上を敬う心があるので、とてもそういうことを言おうとは思わない。
 少なくとも戦後日本の民主化、脱軍事化においては、日本人そのものの能動的選択があったと思うのである。WGIP論者はその可能性を考えなかったのであろうか。

 もし日本人がそのように主体性のない、宣伝にだまされやすい国民だったとしたなら、戦前の世論はどのようにできあがっていたのだろうか。これも軍部の宣伝にころりとだまされていたから――というのなら、それはWGIP論者の言うGHQの宣伝の内容と変わらない。
 そうでないなら、すなわち戦前の日本人の思想は日本人の本質にもとづいた自発的かつ確固たるものだった、とするならば、それがGHQのたかだか7年の政策で覆されてしまったことの説明がつかない。

 いったい日本人は政府の宣伝にだまされ続けるような愚かな人々だったのか。それともその時その時の事情によって考えを変えられる――必ずしも常に正しい選択ができたわけではないが――主体性のある国民だったのか。
 WGIP論者はどうもそのところで首尾一貫しない話をしているように思う。



 ところで、日本がマッカーサーに占領されているころ、はるか西ではドイツも連合軍に占領されていたのだが、ではドイツではWGIPやそれに類する政治宣伝は行われていたのだろうか。

 自称保守派の論者はこう説いている。
「ドイツ人は英米と結託して、全ての戦争責任をナチスとヒトラーに押しつけ、自分たちは全体主義の犠牲者だったと主張して罪を逃れた

 あれ?これってどこかで聞いたことがある。
「米英は、悪い軍部が国民をだまして侵略戦争に引きずり込んだ、民衆は軍部の被害者である、と言い立てた」……これってWGIP論者が言ってることだよね。

 しかしその後段では、「そう宣伝することによって日本の指導者と国民を分断し、日本の思想的統一を妨げ、日本を空洞化・弱体化する陰謀だった」「日本人に一億総懺悔、過去の歴史の否定史観を植えつけた」と続くようだが……あれ?

 責任を指導部に押しつけることが、ドイツにおいては国民の責任逃れだったといい、日本においては一億総懺悔につながるという。
 どっちなの? ねえどっちなの?
 どなたか首尾一貫した説明をしていただけないであろうか。



 WGIPというものがアメリカなどではどうとらえられているのか知りたくて、“War Guilt Information Program” でぐぐってみて思わず笑いたくなった。
 みごとに日本語のページしかヒットしないのだ。ノイズを減らそうと “SCAP”(日本でいう「GHQ」の英語的表現、Supreme Commander for the Allied Powers 連合国軍最高司令官)を加えてみても、日本語か日本人が書いたと思しきサイトしかヒットしない。
 「war guilt Hirohito」などの検索語なら「ニューヨーク・タイムズ」や「インディペンデント」などの英米の新聞や、オーストラリア政府機関のサイトなどがすぐにヒットするのだが。
 そもそも war guilt とは「戦争責任」という意味で、「戦争への罪悪感」ではない。ドイツ語の Kriegsschuld (第一次世界大戦の惨禍に対する責任を指す)の訳語にも用いられている。(参考ページ)



参考サイト:
http://eumajapan.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
http://blog.goo.ne.jp/emmym2/e/922a4144cf44ccb94a99745918434000
https://blogs.yahoo.co.jp/kim123hiro/59607046.html
http://web-wac.co.jp/book/bunko/324
http://www.seisaku-center.net/node/249


(29. April 2018 Daimyoshibo)



目次ページにもどる